【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 14章186話187話ネタバレと感想。シーケルに本気のアイノ。ルクソスに結婚の許可を取りに行く・・?

【小説版】皇帝と女騎士

今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の

皇帝と女騎士原作小説(ノベル)186話187話※海外版準拠(ピッコマ漫画版は103話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

皇帝と女騎士 186話 187話 ネタバレ

…の前の管理人のつぶやき…

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 14章184話185話ネタバレと感想。ポリアナとプラウ着実に距離を縮め・・
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の184話185話※海外版...

186話

管理人halu
管理人halu

ポリアナとプラウは着実に愛を育んでいますが、そんななかナナバへの遠征が始まります。

アイノは、ナナバへの旅路の護衛計画をルクソスに報告していた。

アイノはこれまで素晴らしい働きをしてきたので、ルクソスは何も異議を唱えず、黙ってそれを承認した。

公務の話が終わるとみるや、アイノはルクソスに突然

『俺は結婚しようと思っている』

と言った。

管理人halu
管理人halu

なっ・・・!!!!
相手はシーケルだよね・・?あれ・・?合意は・・?取れてないよね・・?笑

アイノは、大したことではないと平静を装っていた。

ルクソスは驚いて「誰と?」と尋ねた。

しかしルクソスは、アイノとシーケルの間に何が起こっているのかをすでに知ってはいた。

アイノはシーケルを追いかけていたが、なかなか成果が上がっていないようだった。

どうやらシーケルはシーケルで、アイノを避けようと頑張っているようだった。

では、何が起こっている…?
アイノが…結婚する?

意味不明な発言だったが、
ルクソスはこのアイノの親友であり、もちろんよく知っている。

しかし、ルクソスはアイノを知りすぎているあまり、本気でなければこのような話はしないだろうと思っていた。

アイノは、

『シーケル・イングレータと、だ。』

と答えた。

管理人halu
管理人halu

…うおいおいおいおいおい笑!!

__

__

しかし、俺の知る限り、アイノとシーケルの間には何も起こっていないはずだが…。俺の記憶が間違っているのか…?

ルクソスはそう考えながら、アイノには知らないふりをしていた。

アイノに何かを知っていることを知られたくなかったのだ。
ルクソスはアイノが苦しむ姿を楽しみ、アイノはルクソスがもだえる姿を密かに楽しんでいた。

そうやって二人はずっと親友でいられたのだ。

管理人halu
管理人halu

悪友で笑う。笑

突然、アイノは冷たく答えた。

『お前はもう何でも知っているのに、どうして知らないふりをするんだ?知ってるのはわかってるからそんな素振りはしなくていい。』

管理人halu
管理人halu

ルクソスが全部知ってたことを知ってたアイノ。

『そうか。お前がすでにシーケルの愛情を得ることができたとは思ってなかった。お前がどれほど彼女を愛しているかは知っているから、うまくいってよかったよ。おめでとう、イノ。でも、どうやって彼女の心を掴んだのかは気になる。教えてくれよ。』

ルクソスも言ってみればアイノと同じような状況で、女性の心をつかむ秘訣を知りたいと思っていた。ポリアナに同じ戦術は使えないかもしれないが、それでも知りたいと思っていた。

するとアイノは驚いて首を振って言った。

『何を言っているんだ。』

管理人halu
管理人halu

・・・え?

『まだ何もない、シーケルは未だに俺を嫌っている』

と答えた。

管理人halu
管理人halu

・・・・?はい??笑

『・・・なに?』

__

__

187話

アイノが皇帝に説明したところによると、

『彼女は全く動かず、予想以上に難しい。コーエモン川の渡り方を考えた時よりも大変だ。俺は彼女の愛情を得ることができていないのだ。』

管理人halu
管理人halu

懐かしのコーエモン川に例えんなww

『でも、さっき結婚するって言ったじゃないか。』

『あぁその通りだ、俺は結婚する。』

管理人halu
管理人halu

意味わかんねぇww

皇帝ルクソスの前で、アクレアの最高の騎士であるアイノは

『殿下、俺は愛する女性と必ず結婚します』

と改めて宣言した。

『…愛されていないのに?』

『…いつから結婚には感情を伴うようになった?』

管理人halu
管理人halu

うお、なんか目が本気そうでやべぇ!

__

__

『イノ…そんなこと言ってないで。本当に彼女を愛しているのなら、彼女に優しくするべきだ。純粋に彼女からの愛情を得られるように努めろ。それが本当の男のすることだ。』

『殿下、俺は殿下のような立派な男ではありませんので、そんな律儀なことはできません。』

アイノは、確かに言葉ではなく行動で示すタイプの人間だった。

だからルクソスの真似をしようとするのは間違いだった。

ルクソスが愛する女性の愛を待つのは筋が通っているが、アイノにとっては筋が通らない。

誰かを憎んでいるなら、その人を殴るべきだ。
愛しているなら、その人にキスをするべきだ。
管理人halu
管理人halu

これがアイノ。
素直でよろしいね。笑

愛がこんなにも強いものだとは、アイノは知らなかった。

皇帝ルクソスに涙を見せさせ、今は生きたまま燃やしているのだから。

ルクソスは、自分を愛してくれない女性を愛することがどれほど難しいかを知っていた。しかし、ルクソスは、権力者が恋に落ちることがどれほど危険なことかも知っていた。

ルクソスがポリアナの愛を考えなかったら、彼は簡単に彼女と結婚できただろう。

もっともらしい言い訳をして彼女を納得させることもできただろう。ルクソスが命じればポリアナはルクソスと結婚する、そのことをよく知っていたからこそ、ルクソスは彼女に頼めなかったのだ。

ルクソスはアイノに、

『イノ、難しいと思う。』

と言った。

__

__

ルクソスはアイノに正しいことをしてほしいと思ったが、偉大な騎士アイノはルクソスに懇願した。

『ルクソス、どうか彼女と結婚させてください。俺は彼女を愛しています。』

アイノがルクソスをファーストネームで呼ぶのは珍しいことだった。

これは、アイノがシーケルとの結婚をいかに真剣に考えているのかが窺えた。

しかしルクソスも引かずに、

『自分の気持ちを押し付けるのは、変なやり方だとは思わないか』

と答えた。

『しかし、俺が何をしても彼女は私の愛を受け入れてくれない!どうすればいいというのだ!』

とアイノは返した。

残念ながら、アイノには恋愛の才能はなかった。
三十代になっても、これまで誰とも付き合ったことがない。

シーケルは彼の初恋の人だった。

そんなアイノにルクソスは

『イノ、女性の心を掴む方法を教えてやろうか』

と申し出た。

『殿下、申し訳ありませんが、女性たちはあなたの容姿に惹かれているだけです』

アイノはルクソスをよく知っていた。
ルクソスが女性に言い寄るために努力する必要がないことも知っていた。

何しろ、世界で最も華やかな男でもある皇帝なのだから。
それに、ルクソスもポリアナの愛情を得ることに失敗しているのに、なぜ自分はルクソスの助言を受けるのだろうか。

管理人halu
管理人halu

辛辣でワロ

アイノはルクソスに

『シーケルの愛が得られないのなら、せめて法律上の妻にしたいのだ。だから、どうか俺の願いを聞いてくれ、お願いだ!』と言った。

管理人halu
管理人halu

アイノもどうしてここまで・・。

『イノ、君が思っている通り、君がシーケルをどう思っているかはすでに知っていたよ。俺は、もしイノが彼女を自分に惚れさせることができれば、結婚を許してあげようと思っていたのだが、これでは…結婚を許せない…。』

アイノ卿は口を尖らせ、ルクソスは親友を怒らせたことを悟った。

__

__

ルクソスは少し汗をかき始めた。アイノは意地悪なろくでなしで、怒らせるとさらにひどくなるのだ。

イノは…私を殴るのだろうか?机をひっくり返されるのではないか?トカゲを投げつけられたらどうしよう。いや、イノはそんなことはしないだろう・・・そうだよな…?
管理人halu
管理人halu

むっちゃ不安がるルクソス。笑

そんな思いもあってルクソスはあることを思いついた。

『イノよ、イングレーター子爵の許可を得られたのならば、シーケルとの結婚を認めよう。』

管理人halu
管理人halu

おおーなるほどね。シーケルの親公認になれってことね。

するとすぐにアイノは大げさに頭を下げた。

『殿下、本当にありがとうございます!!!!』

__

__

__

アイノの両親と兄弟はまだナナバにいた。
アイノは、シーケルとの結婚計画をまず自分の両親に話すことにした。

自分の両親に許可を求めるのではなく、あくまで”決めた”と発表するつもりだが。

ルクソスは、そんなアイノをうらやましそうに、そして心配そうに見ていた__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

皇帝と女騎士 186話 187話 感想・考察

今話はルクソスとアイノのシーケルをめぐるお話でした!

管理人halu
管理人halu

いやぁ楽しめた!
アイノがシーケルとのことで既成事実を作ろうとしてるのに笑った。

アイノは強引なところもありますが、
努力家でそれだけ真っ直ぐで個人的にはとっても魅力的に見えて好きな人物です。

管理人halu
管理人halu

ルクソスが手助けしようか?って言った時に、お前はポリアナをまだ捕らえて無いじゃないか、断る。的な感じで返したのには笑った。笑

でも法律の関係(戸籍)だけでも良いんだ!
って言っていたところにはちょっと”おやっ?”ってなりました。

せっかくだからお互い愛し合えれば良いと思うのですが・・

管理人halu
管理人halu

籍入れちゃったらシーケルもいずれ変わるって思ってるのかな。他の男に取られないように唾つけておきたい?それとも別の理由がある・・?

どうなるでしょうか、次回も気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

 

次回第188話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 14章188話189話ネタバレと感想。一同ナナバへ到着。ルクソス、ルゾ公爵の甥っ子と対面。
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の188話189話※海外版...

コメント

タイトルとURLをコピーしました