小説の中の悪女皇帝になった 66話ネタバレと感想。ピラターには無期限の労役刑が課されることが決定

さ行

今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の

小説の中の悪女皇帝になった66話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 66話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 65話ネタバレと感想。ついにピラター糾弾へ!
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」65話を読んだので紹介したいと思います。 管理...
バレーナによる告発にもピラターは動じず、他の騎士たちにも証言させるよう求めてきました。
ピラターの言動を見越していたつぐみは、罪人として囚われていた領民たちを新たな証人として連れて来ます。
そうして彼らの訴えやある騎士の証言のおかげでようやくピラターは罪を認めざる得なくなり、罰が下されることとなりました。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 66話 ネタバレ

バレーナという証人の登場によって隠されていた本性がとうとう白日の下にさらされたピラターですが、本人は余程これまで築いてきた人間関係に自信があるらしく、バレーナ以外の者からも話を聞くべきだと笑みさえ浮かべながら主張してきました。
管理人halu
管理人halu

・・・ケッ。

悪あがきにしか思えないそんな彼の反応は当然想定内だったようで、つぐみの合図でフェリックスがさらなる証人をこの場に召喚します。

しかし彼らは納税を怠った罪などで捕らえられていた領民たちだったため、顔色の変わったピラターと違い、騎士団の面々は一様に戸惑ったような表情を浮かべました。

領民たちが口々にピラターから受けた仕打ちを訴え始めても、残念ながら彼らがピラターへ寄せている信頼はなかなか揺るがないようでした。

ですが、何よりの証拠としてバレーナが自身の体に残るピラターから振るわれた暴力の痕を見せると、ようやく1人の騎士が声をあげます。

彼はピラターの指示に従って、皇帝の旗を掲げた使者をためらいつつも門前払いした騎士でした。

その騎士によって、自分がれっきとした皇帝の使者を偽者呼ばわりしたことを暴露されたピラターは、さらにテルン領主とは異母兄弟であることまで言及されてしまいます。

するとつい先ほどまで彼を慕っているそぶりを見せていた騎士たちは、一転して化けの皮がはがれたピラターを非難し始めたのです。

つぐみはそんな彼らを制し、テルン領主の明らかな横暴や圧政に苦しむ領民らに対して見て見ぬフリをしてきた者たちも反省が必要ではないか?と問いかけます。

同様の言葉は騎士たちだけでなく、互いに助け合うべき領民たちにも投げかけられました。

そして最後につぐみは「罪を自覚する者は自ら告げるがよい。それが命をつなぎとめる唯一の方法だ」と皆に向かって告げたのです。

管理人halu
管理人halu

カッケえええええええ!!

後日、騎士たちには20年の、ピラターには無期限の労役刑が課されることが決まりました。

しかし、後者の罰が執行されるまでに時間があることについて、ユーストとフェリックスが揃って難色を示します。

無論それには訳があり、実はつぐみはベヌース伯爵と相談した結果、ピラターを囮にすることにしたのです。

つぐみはバレーナから聞いた、ピラターがテルン領主に毎晩酒と薬を飲ませていた・・・という話が気にかかっていました。
もしも彼が領主に投与していた薬が「ユリア」が盛られていたものと同じならば、ピラターはかつてフェーズ公爵に協力していた者と繋がっている可能性があります。

そこでつぐみは領主自身を詳しく調べさせると共に、あえて隙を見せてピラターを脱走させることで、彼が誰かと接触を図ろうとするかどうか見定めようとしていたのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 66話 感想・考察

66話で注目したいポイントは、考え方が最もつぐみに近く、彼女の思想を一番に理解して寄り添えるのはベヌース伯爵だということがさり気なく描かれている点です。

しかも今は自分が「ユリア」だと開き直って以降も、おそらくは無意識にユーストやフェリックスの前では威厳ある皇帝らしく振る舞おうとしているように感じられる彼女が、ベヌース伯爵とは今話でも素のままで会話していて、

管理人halu
管理人halu

つぐみが行う国政のサポート役としては、一を聞いて十を知る彼こそ最高の人材であることが今話の短いやり取りからも良く伝わってきます。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第67話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 67話ネタバレと感想。ビレス伯爵に関する詳細が少しずつですが明かされ・・!
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」67話を読んだので紹介したいと思います。 管理...

コメント

タイトルとURLをコピーしました