小説の中の悪女皇帝になった 65話ネタバレと感想。ついにピラター糾弾へ!

さ行

今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の

小説の中の悪女皇帝になった65話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 65話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 64話ネタバレと感想。諸悪の根源ピラター。
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」64話を読んだので紹介したいと思います。 管理...
イーレン伯爵が垣間見た彼女の過去は「ユリア」が二日酔いで苦しんだ記憶だったため、本物の「ユリア」でないことがバレずに済んだつぐみはホッとします。
その後つぐみはベヌース伯爵に連絡を取り、現状を説明した上でテルンとその周辺地域の関係性を調べるよう彼に指示しました。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 65話 ネタバレ

記憶を読み取られれば自分が「ユリア」ではないことが露見してしまうかもしれない・・・

と考えたつぐみは、遠慮したにもかかわらず手の傷を癒し始めてしまったイーレン伯爵に慌てます。

管理人halu
管理人halu

やばい・・

しかし治療を終えたイーレン伯爵は、しばしの沈黙ののち両手を口に当て急に立ち上がったかと思うと、「失礼します!」と急いでその場から走り去ってしまいました。

管理人halu
管理人halu

あ、あれ・・?逆に・・・?

その後戻ってきた伯爵は、少々言いにくいのかどこか恥ずかしそうにしながら「今後は飲み過ぎないと約束してください」とつぐみに対して進言します。

どうやら聖女の力を行使した代償としてイーレン伯爵が垣間見た彼女の体に宿る「最も辛い記憶」は、「ユリア」が二日酔いのせいで苦しい思いをした際のものだったようです。

管理人halu
管理人halu

・・笑

伯爵の言葉を耳にしたフレーナたちが思わず笑いをこらえる姿を複雑な気持ちで見やりながら、つぐみは自身の正体がバレなかったことにひそかに安堵するのでした。

それからつぐみは通信用の機械を使い、
彼女の留守中城を守っているベヌース伯爵に連絡をとりました。

一行がテルンにいることにベヌース伯爵は当然疑問を持ち、事情を尋ねられたつぐみは気まずげにしながらも一連の出来事を説明します。

ついでに「念のためテルンと他の地域のつながりを調べてほしい」と頼むと、伯爵は意外にも快くそれを引き受けてくれました。

ただしすかさず「ではたまっている仕事の処理をお願いします」と付け加えられてしまい、このところ書類仕事から離れていたつぐみは思わずガクッときてしまうのでした。

管理人halu
管理人halu

笑う。

さてその頃謹慎中のピラターは、領主だけを悪者に仕立てて自身は皇帝に取り入る・・・という目論見が外れてしまった結果、逃亡を企て、行きがけの駄賃とばかりに金庫へと忍び込み金目のものを盗み出そうとしていました。

一騒動あった後のせいか幸いにして警備は甘く、これなら容易にコトが運べそうだとピラターはほくそ笑みます。
しかし扉を開けようとした途端皇帝の声が響き、突如現れた魔法陣によって、ピラターは呆気なくつぐみたちの前に突き出されてしまいました。
管理人halu
管理人halu

まーたこいつは・・

そこで窃盗や暴行等の罪で連行すると言い渡されたピラターですが、彼はあくまでシラを切り、部下である騎士たちに証言させるよう求めます。

すると1人の女性が進み出て彼を糾弾し始めました。

実は彼女はテルン領主の幼馴染みで、ピラターが裏で行っている暴挙や、彼が領主にお酒と薬を毎日飲ませていること等を前夜皇帝に直訴していたのです。

ピラターは自らの悪事に気付いたこの女性・バレーナ卿にも暴力を振るっていましたが、彼女はその恐怖に屈することなく告発を行い、おかげでこうしてピラターの逮捕に踏み切ることが出来たのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 65話 感想・考察

65話は、イーレン伯爵が「ユリア」の記憶を読み取った後のコミカルなやり取りがとても面白いです。
つぐみが「ユリア」に憑依したことに深く関わっていそうなガイアナは別として、とうとう中身が別人であることがこの世界の人間に知られてしまうのか?!という前話から続いた緊張状態からの落差が激しいのがポイントで、しかも最強の皇帝が抱える「最も辛い記憶」が二日酔い・・・というしまらなさも思わず笑ってしまいます。

管理人halu
管理人halu

後半は雰囲気が一転し、ピラターの罪が明らかになるスカッとした展開です。総じてエンターテイメント性の高い回なので、是非読んでいただきたいと思います。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第66話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 66話ネタバレと感想。ピラターには無期限の労役刑が課されることが決定
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」66話を読んだので紹介したいと思います。 管理...

コメント

タイトルとURLをコピーしました