小説の中の悪女皇帝になった 56話ネタバレと感想。「聖女」イーレン伯爵の提案 。

さ行

今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の

小説の中の悪女皇帝になった56話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 56話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 55話ネタバレと感想。古代魔術と海賊と。
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」55話を読んだので紹介したいと思います。 管理...
ベヌース伯爵と話している内に、つぐみは「ユリア」が直々にビレス伯爵の爵位継承を認めたのだということを思い出しました。そして、彼の振る舞いは自分に対して何かを訴えているのかもしれない・・・と思い付きます。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 56話 ネタバレ

時は少しだけ遡り、ビレス伯爵の件をユーストやフェリックスに相談する前の話になります。

ベヌース伯爵と会話していく中で、つぐみは「ユリア」本人がビレス伯爵の爵位継承を認めたことを思い出しました。

すなわち、フェーズ公爵は勝手な独断で彼から伯爵という立場を取り上げたということです。
管理人halu
管理人halu

ウミがどんどん出てくるわ・・

しかも公爵による書類の改竄や杜撰な管理のせいで、その事実は公的にはどこにも記録されていません。

そういった事情を踏まえれば、伯爵の海賊行為は皇帝に対するなんらかのメッセージであるとも考えられるでしょう。

そんなつぐみの推測に頷きながらも、ベヌース伯爵は「どうして今になってそれを思い出したのですか? 」と眉をひそめました。

慌てて「何年も前のことだしフェーズ公爵の薬のせいで記憶がめちゃくちゃなんだ」と誤魔化せば、伯爵も一応納得したようです。

いつものポーカーフェイスに戻った彼は、ビレス伯爵家が長い歴史を誇るウスダン王国の王家に古くから仕えてきた家門であることをつぐみに対して説明します。

つまり、ビレス伯爵家もまたウスダン王国と同じだけ長く続いてきた由緒ある家柄だということです。

いずれにしろ、これ以上は直接ウスダン地域へ赴いて調べるしかないでしょう。

さっそく現地へ向かう支度をしようと腰を浮かせたつぐみでしたが、「出発の前に「決済」をお願い致します」と笑みを浮かべながら書類の山を差し出すベヌース伯爵によって、出端を挫かれてしまうのでした。

管理人halu
管理人halu

・・・笑

そうしてしばらく後に、執務室にこもっていた彼女のもとをイーレン伯爵が訪れます。

どうやら皇帝が直々にウスダン地域へ乗り込んで海賊を討伐する、という話を聞きつけてきたようです。

入室して間もなく満面の笑みで「私も連れて行ってください」と言われたつぐみは、驚きのまま「どうして一緒に来たいんだ?」と素直な疑問を口にします。

イーレン伯爵は、ウスダン地域を治める貴族らが皇帝に対して非協力的であることを知っていました。おそらくは彼らのほとんどが病気と偽って先日の舞踏会を欠席したことで、確信を持ったのでしょう。

伯爵はそんな不安定な情勢を承知の上で、ランチェア帝国への忠誠心が薄い場所では自分の「聖女」という肩書きがなにかしらの役に立つのではないか・・・

と協力を申し出に来てくれたのです。

実際、イーレン伯爵の提案は、帝国にとって非常にありがたいものでした。

「聖女」という称号の効果が大きいことは勿論ですが、彼女は未だ警戒すべき対象なのです。

同じく監視が必要なウェディン伯爵と合わせて皇帝不在の城に残していくのは、留守を預けるつもりのベヌース伯爵に負担をかけることになります。

何より純粋な憧れと好意がふんだんに込められた眼差しを向けられお願いされてしまっては断ることなど出来ず、つぐみはイーレン伯爵を一緒に連れて行くことを決めたのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 56話 感想・考察

56話の見どころは、ベヌース伯爵の前でつぐみがうっかりボロを出しそうになったシーンです。
「ユリア」に対して恋心を抱いているユーストや盲目的に崇敬しているフェリックスと違い、ベヌース伯爵は「ユリア」とは個人的な関係性が薄く、民主主義的な思想を柔軟に受け容れる希有なキャラクターです。そのため彼に対してはつぐみは意識的に「ユリア」らしくあろうとはせず、素のままで接している・・・ということが、今話のうっかりミスからもさり気なく伝わってきます。

管理人halu
管理人halu

もしかしたら彼の存在が、つぐみが抱える「ユリア」へのコンプレックスを解消してくれるのかもしれません。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第57話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 57話ネタバレと感想。ウェディン伯爵の大切なもの。
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」57話を読んだので紹介したいと思います。 管理...

コメント

タイトルとURLをコピーしました