【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 169話 170話ネタバレと感想。アリアは砂時計を再び手に持ち・・

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す169話・170話(漫画版は61話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 169話 170話 ネタバレ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 167話 168話ネタバレと感想。『無事でいてくれて、本当にありがとう。』
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」167話・168話(漫画版は61話?)を読んだので紹介し...

169話

管理人halu
管理人halu

アリアとアース証拠を残しながらの2人だけの逃避行が始まる・・・?

『この馬車は文字通り証拠のためのものです。出発して国境を越えるときだけ必要な証拠用なのです。だから使用人はいないのです。必要もありませんしね。』
『それって…!』
アリアは自身が砂時計を使うたびにそうだったように、彼も代償を払わなければならないと思っていたので、心配し続けていた。
そう思い、アリアの表情がとても暗くなると、アースは「大丈夫」と付け加えた。

『…代償を払わなければならないとは言わない方が良かったですね。私はずっと前に自分の限界を悟ったので、それ以来、自分の力を使って倒れることはないので、あまり心配なさらないでください。』

『でも…。』

これだけ距離が離れていると、
気づかないうちに限界を超えてしまう可能性だってあるだろう。

アースが何度も説明してもアリアの顔に不安の光が残る中、アースは彼女の手を優しく握った。

『加えて、私は半神と呼ばれた初代皇帝の血を引く者です。代々受け継がれてきた王家の血を継がず、外から連れてこられた者(王家では無い者)は、大変な代償を払うことになるという古文書を見たことがあります…そのため、この程度では私には何の副作用もありませんので、ご安心ください。』

アースの言葉に、アリアはもう反論できなかった。

考えてみれば、彼は昨夜、何度も力を使っていた。
かつて力を使って一日中寝ていなければならなかった自分とは違い、確かにアースは元気そうに見えた。

もちろん、心配するのは別の話だ。自分の能力は全能ではなく、それに頼ると思わぬ災難に見舞われる可能性があることを、今回の事件で実感したからだ。

『・・・わかりました。その代わり、無理はしないでくださいね。』

アリアの心配を理解したアースは、彼女の手の甲にそっとキスをして、そう約束した。

『お嬢様のお言葉をよくよく大切に覚えておきますね。』

アリアは心配事から解放され、アースは砂時計の箱を手に持って言った。

『でも、今日は(力を使っても)大丈夫ですので、先に進みましょう。この馬車は居心地が悪いですので、快適な馬車が手に入ったら、また馬車に乗って移動しよう。』

管理人halu
管理人halu

・・じゃあ今日はアースの力で移動するってことか・・・

『・・・わかりました。そして、この荷物(砂時計)は私が預かりますね。』

アリアがアースの固い意志に諦めて砂時計の箱をアースから取り返すと、アースは待ってましたとばかりに空間を移動させた__

__

__

突然の視界の変化に、アリアはもう驚かなくなっていた。

アリアが村外れの静かな空き地を見学していると、アースは用意していた黒いマントを彼女に手渡した。

『とりあえず、このマントを着てください。まずは服を買って着替えてないと。』

今、着ている服は人目を引くため、アリアは何も言わずにマントを着て全身を隠していた。とても怪しい感じがしてしまっていた。

そこで、アリアたちは服屋に入った。
シンプルなワンピースを買って、すぐに着替えた。

『お嬢様の髪の毛を全部隠したいのですが…、どのようにいたしましょうか…?その…お顔も隠された方がいいと思うのですが…。』

アースは、シンプルなドレスに着替えても消すことのできないアリアの美しさに、額を寄せた。

そんなアースにアリアは微笑みながら、悩みを解消するように声をかけた。

『…髪を結びましょうか?』

『…いや、それだけでは…。』

『じゃあ、帽子をかぶったほうがいいですかね?』

『そうですね…その…人気のないところに行きたいので。』

『人気のないところ?』

そんなところがあるのかしら?

不思議に思ってアリアが聞き返すと、アースはうなずいて答えた。

『まぁ…そうですね、宿を取った方がいいかもしれません。』

『・・・はい?』

予想外の答えに驚いたアリアは一歩下がってよろけてしてしまい、アースは慌てて彼女の腰に手を添えて支えた。

え??宿?人気のない場所?
これは本当に、会うたびに耳を赤らめていた男の口から出てくる言葉なのかしら…?
管理人halu
管理人halu

オッフ。

アリアは、聞き間違いかと思ってもう一度聞いてみた。

『・・・えっと…どこって?』

『お互いが一人きりになれる宿、です。』

管理人halu
管理人halu

・・・。

『…』

ああ、そういう…。

アリアの顔が恥ずかしさで染まったとき、そのとき初めてアースはアリアが誤解していたかもしれない「宿」の意味に気がついた。

管理人halu
管理人halu

ホテry・・

アースはわずかに目を細めて言った。

『ああ、お嬢様がそんなに大胆な女性だとは知らなかったです。もっと早く言ってくれれば…!』

『やめて!!』

管理人halu
管理人halu

笑う

アリアは真っ赤な顔で声を張り上げたので、アリアの行動がとても可愛くてアースは大笑いした。

__

__

アリアの無用な心配や不安とは違い、2箇所の宿が取れた。

日が暮れるとレインの運転する馬車が到着するはずで、宿を2つ取る必要はないのだが、アリアの赤い顔が一向に冷める気配がないので、そのようにした。

さらに、アリアをからかうアースの悪ふざけも混じっていた。

部屋が2つあるにもかかわらず、アースとアリアは部屋にこもっていなかった。

彼らは代わりに別の場所で本を読んだり、書類を見直したりした。

管理人halu
管理人halu

ここでアースはアリアに”外にお散歩でも行きませんか?”って聞く。普段の首都だと気軽に行けないからね。

『それでは、本にしおりをつけて立ち上がってください。』

自分たちのやりたいことが決まると、すぐにアースはアリアに手を伸ばした。

これは、あくまでも散歩である。

『わかりました、では少し出かけてみましょうか。』

『ありがとうございます、アリア様。
それと、申し訳ありませんが、フードだけ被っていただきたいのですが』

『わかりました。』

アリアは、明るい笑顔を浮かべた。
散歩くらい、アースが望んだことなのだから、お望みどおりに、という気になっていた。

__

__

今、散歩に誘われて上から答えていたのは誰だったのか。
宿から出てきたアリアは、目を輝かせ始めた。

管理人halu
管理人halu

散歩誰より楽しんでて笑う

『あら、アースさん!?あれを見てください!』

アリアの手の先には、もっともらしい手品で人々を魅了する男の姿があった。

この人よりももっと美しくて神秘的なマジシャンはいただろうし、路上に出た喜びからか、粗末なマジックにも大興奮していた。

誰よりも散歩を楽しんでいたアリアが、露天商や道に飾られているものを嬉しそうに眺めていると、アースは満足そうに微笑み、彼女の手をそっと握った。

『まるで子供のようですね』

このときばかりは、自分のテンションの高さに気づいたアリアは、赤面して彼の視線を避けた。

『ああ、ごめんなさい。こんな風に外に出るのは初めてで。』

伯爵家に入る前にも、ということですか?』

それは、アリアがまだ平民だった頃のことを指す質問だった。
外出に制限がないはずの頃の質問だ。
管理人halu
管理人halu

ふむ・・これは気になるわね。

アリアはしばらく答えられずにためらっていた。

しかし、彼女はゆっくりと口を開いた。

『当時は・・・貧しくて外に出られませんでした。可愛いものや美味しいものがたくさんあって、いつも買いたいと思っていましたが…。それに、小さな女の子が一人で人混みに行くのは大変でした。…危険だったのです。』

売春婦は貴族だけでなく庶民の間でも恥ずかしい存在だったので、やんちゃな男たちから厳しい言葉をかけられることも多かった。

管理人halu
管理人halu

なるほどね・・

そのせいで外に出るのがおっくうになっていたのだ。

アースは、久しぶりに爽やかなアリアを見たので、話題を変えた__

__

170話

『・・・お嬢様と一緒に出てきて本当に良かった』

『私もです。』

しかし長い間周りを楽しそうに見ていた彼女を止めたのは、地面に倒れて泣き叫ぶ子供の泣き声だった。

騒がしい通りにその絶叫が響き渡ると、アースとアリアの視線もその音の方に向いた。

ああああああッ!!!!
僕のお金が!!僕の足がッ!!!!!あああああああッ!』

地面に転がっている子供の方向に、スルスルと人ごみの中を走って逃げていく男が見えた。

その男は、体が大きい割には素早い。
その男はあっという間に人ごみの中に消えてしまい、泣き叫ぶ子供は汚れた地面から起き上がれずに泣いていた。

いや、正確には子供は起き上がろうとしていたが、起き上がれなかったのだ。

その子のほっそりとした小さな足の片方が、変な方向にねじれていた。
子供は、男の強い力に押されて、突き飛ばされ折れてしまったようだった。
管理人halu
管理人halu

うわうわうわ・・

僕の足がッ!!!!!あああああああッ!

子供はスリにあって怪我をしたのだが、
あまりにもみすぼらしいので周りの誰も助けの手を差し伸べなかった。
管理人halu
管理人halu

・・・。

そんな子供から自分の姿が重なって、アリアの美しい額が自然と険しい顔になっていた。

『大丈夫?!』

アリアは、慌てて手を差し伸べたが、子供は足の骨折の痛みで手を握ることはおろか、地面に転がることしかできなかった。

そんな様子を見ながら、
アリアは唇を噛んで少し躊躇した後、箱から砂時計を取り出した。

管理人halu
管理人halu

えっ・・ここで使うの・・・?!

もし、子供がお金だけを失っていたら、
私は子供にお金を与えてこれを終わらせたでしょうけど…。

こんなスラム街の子供は、足に障害を持っていれば死んでしまうのも時間の問題だった。

そんな子供を何度も見てきた彼女は、失ったからこそ判断できたのだろう。
とにかく今日のスケジュールは、散歩、そして何よりもアースがアリアのそばにいることが大事だったはずだ。

だから、お願い、まだ間に合うから…!

アリアは砂時計をひっくり返した__

管理人halu
管理人halu

使っ・・た・・

__

_

そして、自分以外の時間は戻っていった。

『アリア様?
いつからその砂時計を取り出していたのですか?それよりも、どうして……?』

手を握ったまま、アースにいきなりアリアが持っていた砂時計を指差されたが、彼女には答える余裕がなかった。

まっすぐ振り返って子供の位置を把握したアリアは、危険な男がその子供に近づいてくるのを見つけた。

あいつね…!

アリアはアースの手を振り払い、急いで子供を思いっきり押した__

『痛い!』

『…アリア様!!!?』

管理人halu
管理人halu

結局突き飛ばされる子供・・

突然突き飛ばされた子供は地面に転がり、
代わりにそこに残ったのは、突然激しく動いて息を切らしたアリアだった。

何だ?
何だってんんだ?
彼女はいったい何者なんだ?

突然の出来事のため、人々の視線が集まり、アースは急いでアリアの元へ向かった。

アリアの突然の行動に驚いた男がターゲットを変えたのかもしれないが、その男はとっくにいなくなっていた。

『大丈夫ですか?!!』

『お兄さん、なぜ彼女(アリア)にそんなことを聞くの?!転んだのは僕だよ?!』

強く押されたことに比べれば、怪我をした様子もなく、子供は地面に立ち上がって悲鳴を上げた。

アリアは、安堵のため息をつきながら答えた。

『ごめんね、急に虫が出てきて、びっくりしたから…それに、あなたには本当に申し訳ないと思っているの。これは高価なものではないけれど、お詫びの品よ。』

アリアは自分のブレスレットを手首から外して、子供に渡した。
彼女が持っていた中で一番安いブレスレットだったが、このブレスレットの価値は、その子がこれから数年生活していくのに十分なものだった。

珍しい腕輪をもらった子供は、目を見開いて「本当にこれでいいのか」と何度も彼女に問いかけ、すぐに通りから姿を消した。

『やっぱり返して』と言われるのが怖かったようだ。

『・・ごめんなさい。宿に帰らせていただきます。』

本当はスリを捕まえればよかったのだが、体力を消耗したアリアにはその力もなかった。

そこで、捕まえることをあきらめたアリアは、砂時計を箱に戻した。
ところが、アースの表情がおかしい。

管理人halu
管理人halu

・・?

『・・・アースさん?』

『…アリア様、その指輪の色は…?』

指輪の、色・・?

アースの真剣な反応に、アリアは自分の手に視線を落とした。

『…どうして指輪の色が変わったんだ・・?』

自分の指輪には特に問題がないので、アリアは首をかしげた。

管理人halu
管理人halu

・・・?戻ったってこと・・?

アースはしばらくアリアの指輪を見ていたが、次に彼女を見た。呆然としていた。

『アースさん?』

『色が変わったのは確かだけど…』

管理人halu
管理人halu

・・・ゴクッ。

彼は言葉を濁し、額にしわを寄せた。
指輪の色は何も変わっていないかのように元に戻っていたので、彼はそれ以上話すことができなかった。
管理人halu
管理人halu

なるほど・・力を使うと反応するようになってるのかこの指輪・・。

彼の指輪の色もしばらくすると戻ってきたが、その色が戻るのにはもっと時間がかかった。

能力を使った後、指輪に残ったエネルギーが色を変えることは知っていたが、こんなに早くエネルギーが消えた例は、少なくとも彼の知る限りではなかった。

奇妙なことに、彼は再び目をこすって指輪を確認した。
しかし、指輪の色は変わっていなかった。
この2日間、自身の力を使い倒していたので、錯覚を起こしたのだろう。

『幻を見たに違いない。』

『さすがにお疲れなのでしょう。』

『いや、そんなことはないのですが…』

しかし、アリアの心配そうな目が気になって、彼はうなずいた。
アリアも砂時計を使ってしまったので、休息に戻らなければならなかった。
そうして、二人はすぐに宿舎に向かった。
_

__

__

宿を出てから距離も間もなかったので、すぐに宿舎に着くことができた。

アリアは時間を確認した。
日没までにはまだ時間があったが、砂時計を使った後の代償を払うには不十分だった。
管理人halu
管理人halu

体力を回復しなきゃね。

『時間が来たらドアをノックしますね』

アリアは、部屋に戻ろうとしていたアースを呼んだ。

『申し訳ありませんが、アースさん、馬車が到着したら、で起こしていただけますか?』

『わかりました、そうしましょう。』

『もし私が起きなかったら・・・ 叩いて起こしてください。』

『・・・えっ、叩く?』

叩いて起こしてください、と言われて、アースは大きく目を開いた。

他の人が聞いてもおかしいお願いだと気付いたアリアは、慌てて言い訳を付け加えた。

『私は一度寝ると深く眠ることが多いので、起こすのはなかなか大変なんです。外で呼ぶんじゃなくて、中に入って揺すって起こしてくださるでしょうか・・。』

しかし、問題はそれが良い言い訳にならないことだった。
一人で彼女の部屋に入って起こせと言われたアースは目を細めた。

それはアリアが昨日見た表情だった。
そこで、彼は微妙な口調でその理由を確認した。

『・・・あなたが寝ている間に私が中に入ってもいいということですか?勝手に?』

『ええ、何度も私の部屋に忍び込んだことのあるあなたにとっては、それほど難しいことではないはずですよ。』

管理人halu
管理人halu

笑う

からかわれたのはアースの方だった。
たまに恥ずかしい思いをすることもあったが、基本的にはアースよりも長く生きているので、異性の扱いには長けていた。

案の定、彼は降参の表情でアリアに答えた。

『わかりました。起こしてあげますので、ゆっくりお休みください。』

__

__

アリアが眠りについた後、アースアリアの指輪について考え直す間もなく、それまで読んでいなかった書類に目を通した。

彼が計画していたすべてが最終段階に入っていたので、慎重に検討するために慎重に検討した。
管理人halu
管理人halu
アースの計画・・・。
この逃避行のことじゃないわよね・・?
もうすぐ・・もうすぐだ…。

長い間、貴族の手で支配されていた皇室の権力を取り戻すことができるだろう。

貴族党、さらには他の党を解体する絶好の機会である。

日が西に倒れる直前まで入念に書類をチェックしていたアースの手には、最終報告書があった。

それは、朝のレインからの新しい報告書だった。

アリアと一緒にいたため、詳細を聞いていなかったので、仕事に関する報告だと思っていたが、最初の一文を読んで、そうではないことに気がついた。

なぜ、レインはこんなに早く手に入れたのだろう?
私が命令してから、ほんの数日しか経っていないのに・・。

本当に自分が注文したレポートなのか、何度も確認した。

それは、予想以上に早く届いたからだ。
届いた報告書が正しいものであることを確認した後、アースはそれを、ゆっくりと読み始めた__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 169話 170話 感想・考察

ひょんなことで砂時計を再びひっくり返すことになったアリア。

管理人halu
管理人halu

自分もかつては同じ境遇だった貧民の子供が傷付いちゃったからね・・更に進むアリアの体内時間。そして、変わる指輪の色。

ここでアースは一瞬不可解に思ったものの、自身の計画のことやこの逃避行のこともあり、今回は気に留めませんでした。

管理人halu
管理人halu

アースはこの逃避行中にも今まで同様忙しく”計画”とやらを進めてるっぽいね。同時並行だ。しかし、指輪の色が変わったのは伏線になりそうだね。砂時計との関連にも気付いただろうし。。

さて、アースが進める”計画”とはなんでしょうか。
皇室の復権であることには違いないのですが、どのように進められるでしょうか・・!

次回も気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 171話 172話ネタバレと感想。アースが砂時計から感じる奇妙な感覚。17年前に起こったこと。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」171話・172話(漫画版は61話?)を読んだので紹介し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました