【外伝・原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す “外伝3章” 283話 284話 ネタバレと感想。悪女は貴族令嬢も手中に入れる。

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す原作小説版  外伝(サイドストーリー)1章 283話・284話(漫画版は93話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

休日に至福の漫画・映画三昧が送れます…(あぁ幸せ…)

電子書籍

↓↓↓

\31日間無料で最新漫画も読める/
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

・お試し中でも600ポイント付与!
・期間中に解約すれば完全無料!

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 283話 284話 ネタバレ

・・・の前の管理人のつぶやき。

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【外伝・原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す "外伝3章" 281話 282話 ネタバレと感想。こうして悪女は再び悪女になった。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版  外伝(サイドストーリー)1章 281話・2...

283話

管理人halu
管理人halu

前話では聖女になった悪女が再び悪女になる兆しが見えて・・?笑

それ以来、貴族の女性たちとの会話は、アリアにとってとても有益な時間となった。

それは、誰もが軽率な発言をしなくなったたからだ。
表面的には相変わらず温和な笑顔を見せているが、アリアの先ほどの一言一言が自分たちへ大きな警告を与えていることに気づいたのか、初対面の時と比べて饒舌な人はいなくなっていた。
管理人halu
管理人halu

怖かったからね・・笑

その上でアリアは、貴族の女性たちに
「”私は”貴方たちが好きですよ」と惜しみない優しさを見せた。

もうそれだけで、彼女らを相手にするには十分だった。
管理人halu
管理人halu

もう舐められない、と。

もちろん、ビジネスだけに明け暮れていたアリアが皇太子妃として戴冠した途端に、自分へのこの圧力に不満を持つ貴婦人もいただろうが、アリアは彼女らを効果的にコントロールする方法を知っていたのだ。

管理人halu
管理人halu

貴族たちはいつも貴族言葉で会話(皮肉の応酬だね)してるから直接的な表現とか圧力・脅しに弱い。

『…ところで、しばらく皇城に馴染むために後回しにしていた書類を再考したのですが…。そこには非常に興味深いビジネスがありましたよ。』

そしてアリアは貴族令嬢たちをコントロールした上で、貴婦人たちの自己満足を満たす情報を投げた。

実際、これは虚偽ではなく、アリアはいくつかの書類を見て面白い商売を見つけたのだ。

『・・・どんな商売なのですか?』
『気になりますね。』

何人かの貴婦人がアリアに興味のある事業について尋ね、アリアに視線を固定した。

その視線に向き合ったアリアは、優しい微笑みを浮かべて言った。

『まだあくまで”気になる”段階、なのですが、特別な場所にある新しいジュエリーを集めるプロジェクトです。』

『新しいジュエリー?』

『はい、海のように美しい宝石、だそうで。
宝石を研磨して髪やドレスに散りばめると、ほのかな輝きを放つようですよ。』

その海のように美しい宝石は、海から採取する貴重な宝物だった。
海の奥深くにしか存在しないため、特別な技術や装置がなければ採取することはできない。

管理人halu
管理人halu

ふむ・・。
ジュエリーのプロジェクト・・。

もちろん、アリアは自身の目で確かめてはなかったが、この企画を提案したのが宝石店の店主であることから、手紙に書かれていることと大差ないだろうと判断した。

ただ、宝石店のオーナーとはいえ、
別に投資を受けずとも一人で宝石を集めて売ることは難しいことではない。

しかし、彼(宝石店のオーナー)がビジネスプランを手紙で送り、協力を求めた理由は明白だった。

(これは)私の知名度を利用しようと考えているのね…

と、アリアは考えた。

皇太子妃が投資した宝石皇太子妃が身につけた宝石…。

管理人halu
管理人halu

なるほどね。
今で言うインフルエンサーだ。”案件”ってやつだね?笑

それは適正価格の数倍の値段で売れるだろう。
また、他国との交易も容易だろう。

明らかにこの事業家は自分を利用して利益を上げるつもりでいるのだろうと、断ろうかと思ったが、「実物を見て判断します」と答えた。

これが庶民のための商売ならば断ったけど、貴族のための商売だから、ね。
管理人halu
管理人halu

・・・。

貴族たちのお金はあふれんばかりだった。

しかも、多くの貴族は、他の人が持っているものよりも少しでも高価で珍しいものを買って自慢することに喜びを感じていた。

管理人halu
管理人halu

不健全な悲しい競争よね・・飽くなき虚栄心よ・・。

それならば、高価で貴重なものを希望通りに提供するのが筋よね?
管理人halu
管理人halu

たっぷり利益乗せて、ね?笑

『とても美しい宝石だと思いますよ。まだ秘密なのですが……手紙をくれた人は、帝国で一番大きな宝石店を経営していますから…。彼は目利きもできるので、無意味なことは言わないでしょうし。』

帝国で一番大きな宝石店を経営している人・・?

貴婦人たちの目が再び輝き始めたのは、アリアが宝石店の場所を言わなかったり、名前を言わなかったりしたものの、どうやらその”彼”に聞き覚えがあるようだったからだ。

『…(その宝石は)いつ市場で見ることができるのですか?』

『そうですね、まず彼に会ってみないといけませんね。
どんなに信頼できる人でも、実物を見てみないと投資を確定できないですから。』

『その彼を皇城に呼ぶつもりなのですか?』

『えぇそうですね。』

アリアの答えに、貴族の女性たちは無駄に喉を鳴らしながらお茶を飲み始めた。

彼女らは、市場に出る前にまず見てみたいと思っているようだった。
その時にもう一度呼んでくれと言わんばかりの勢いである。

管理人halu
管理人halu

自分も一口噛めないか、ってことだよね。

『さらに…採集場所が特別に綺麗な場所なので…、少量であれば食用になると聞いています。それに、飾り付けにも最適でしょう。』

管理人halu
管理人halu

食用!すげぇな。金粉みたいな?

その言葉に、コリジーン伯爵夫人は大きく目を開いた。
というのも、彼女の夫であるコリジーン伯爵は、宝石や金を散りばめたデザートを売る商売をしていたからだ。
もちろん、それらはパーティをもてなすための装飾として使われていただけで、食べることそのものが目的ではなかったが。

とはいえ、価格は宝石よりも高いので、高価な装飾品と変わりはなかった。

しかし、”実際に食べられる宝石 “となると……。

『いろいろな色があるそうなので、とても楽しみなのです。』

『こ、皇太子妃殿下…!!』

コレジーン伯爵夫人は非常に焦った声でアリアを呼んだ。
それ以上は何も続けなかったが、宝石が皇城に入るときはすぐに呼んで欲しいようだった。

『…ああ、残念ですが今日のお話はもう終わりにしましょう。まだ検討中の他のビジネスもたくさんありますので。』

アリアが会話の終わりを告げると、貴族の女性たちの顔には残念そうな色が浮かんだ。

情報を得たとはいえ、ほんの少ししか得られなかった。
それでも情報は無視できないものだった。

『今日は少し短い会ですが、
これが最後ではありませんので、次の機会にお会いしましょう。』

貴婦人たちに希望の光を植え付けたアリアは、名残惜しそうに庭園を後にした。

去る彼女にいち早く敬礼した貴婦人たちには目もくれなかった。
最初から最後まで無礼な振る舞いだったが、誰もアリアに文句を言わなかった。

むしろ、最後にアリアが植え付けてくれた希望に、とても明るい表情を浮かべていた。
管理人halu
管理人halu

最初は警告と圧力を与えて、去る時には当人たちが喜ぶ情報を与えて去るアリア。貴族令嬢を手のひらコロコロしてるね笑

__

284話

ただ、一方的に話を終わらせてしまったアリアを見て、ジェシーは少し不安になった。

過去も現在も、ジェシーはいつもアリアのことで心配でいっぱいだった。

それは、アリアがミエールとのいざこざで、人はいつでも裏切るのだということを教えてくれたからでもある。

こんな様子のジェシーにアリアが何も言わなかったのは、
ただ楽観的に考えているよりも、心配していた方が危機に対処しやすいと考えたからである。

管理人halu
管理人halu

周りを注意深く見てくれるジェシーはアリアにとっても、ありがたい、と。

ジェシーとは違い、一方のアニーは勝ち誇ったような顔をしていた。

アリアが傲慢な貴婦人たちを一言で黙らせたことを喜んでいるようだった。
管理人halu
管理人halu

アニーは通常運転で笑う。

それはルビーも同じだった。

アリアは皇城に入ってからずっと慈悲深い態度ばかりを見せていたので、ルビーはこんなに簡単にアリアが目の前の状況を解決できるとは思っていなかった。

『さぁて…あとは使用人たちかしら?』

皇城で起きたことを軽率に口にした愚か者には罰が下る。

アリアは噂を流布したもの一人一人探し出して償わせようと思ったが、帝都城内に散らばる多数の使用人をすべて見つけることはできないので、今回の一度だけ静かにやり過ごすことにした。

一人一人見つけて叱っていては、使用人を苦しめた皇太子妃という汚名を着せられるだけだ。

それよりも、ジェシーやアニーの価値を高めて、これ以上の陰口が出ないようにした方がいい。

さらに、ルビーの表情を見ていると、以前のアニーのように皇城の使用人たちを扇動してくれるつもりのようにも見えた。

管理人halu
管理人halu

うん、このお役目はルビーが引き継ぐっぽいね。笑

貴婦人たちと何度も会っているうちに、こうした世論はどんどん変わっていった。

それは、貴婦人たちに違う情報を流したからではなく、同じ情報を別の貴婦人たちに何度も流して貴婦人たちを競わせたからである。

貴婦人たちは、アリアに少しでも良いところを見せて、他の人が知らない情報をいち早く得ようと躍起になっていた。

__

__

『…最近は、どこでも皇太子妃のことばかり言われていて、とても不思議な気分です。』

アースは、とても不機嫌な顔で、困ったようにアリアに言った。

管理人halu
管理人halu

おっ、アースおひおひ(お久しぶり

それは、アリアが貴族たちの間に競争をもたらしたからではなく、単にアリアのことが街中で話題になっているからである。

どうやらアースはは苛立っているようだった。

『そのことが…私が安心できる唯一の方法だったので…。』

管理人halu
管理人halu

自分を守るために好意的な話題を貴族たちの間で流れるように行動したって言う”テイ”だよね。(いや、まぁそうなんだけど・・笑 ※アリアは守られずとも自分でなんとかできるからね笑

そうアリアが少し困ったように答えると、アースの目は険しくなった。

『…それでは、私が彼女らを排除しましょうか?』

『は、排除?』

『皇太子妃が家でくつろぎたいのであれば、あなたの目に彼女らが触れないようにしなければなりません。』

管理人halu
管理人halu

排除。笑

『・・・貴婦人たちを・・?』

アースのその表情はとても真剣で、アリアが尋ねると、アースはすぐにうなずいた。

『あなたが望むなら、私はそうすべきです。』

『い、いえ・・・!!そんなことをしたら、稀代の暴君として歴史の1ページを飾ることになってしまうから、私が対処します…!』

管理人halu
管理人halu

笑う。

アリアがフォークを下ろしてそう答えた途端、アースはとても楽しそうな笑い声をあげた。

幸いなことに、先ほどの言葉には冗談が混じっていたようだった。

管理人halu
管理人halu

皇太子ブラックジョーク。

『ははは、私も自制しないといけないですね。』

『もう、夢の中ですら考えないでください。』

『あぁ、考えないように、よく注意しますね。』

それが本心であるかのように、アースの目は濃くなっていった。

今までアリアは貴族との関係で優位に立つために、アースを放置しすぎたからだ。

管理人halu
管理人halu

アースは嫉妬深くてかまってちゃんだから・・・笑
“考えないように注意”しないといっつも考えちゃうわけだね?笑

別にアリアは貴族たちとこのように争うために皇太子妃になったのではない。

自分は幸せになりたくてアースと結婚し、そのアースがたまたま皇太子だったので、いつのまにか皇太子妃になっていただが、自分とアースの立場がいつの間にか逆転してしまったのだ。
管理人halu
管理人halu

手のひらコロコロしてるからなぁ。笑

『・・・その・・ごめんなさい。』

『謝らなくて大丈夫ですよ。私もアリア様の凛々しい姿は好きですから。好きなようになさってください。…その代わり、私をあまり一人にしないでくださいね。私は…寂しくて飢え乾いてしまうかもしれないですから。』

管理人halu
管理人halu

嫉妬の化身で笑う。

アースのその言葉にやがて食べるのをやめたアリアは、アースのそばに移動した。

途端に食欲がなくなったのか、アースもフォークを置いてアリアの手を取った。

管理人halu
管理人halu

お・・・?

『…部屋に…上がりましょうか?』

『えぇそうしましょう。
食事は……後で二階で食べましょうか。』

管理人halu
管理人halu

あ・・・///

アリアが待ち望んでいた言葉を持ち出すと、アースは席から立ち上がるように素早く動いた。

普段の彼にはなかなか見られない機敏さだった。

管理人halu
管理人halu

笑う。

アリアはそんなアースの慌てぶりを「かわいい」と言って気に入り、アースに続いて席を立ち、名案を思いついたかのようにアースを呼んだ。

『アースさん?』

『はい?』

『私に早く対処してほしいのでしょう?』

『ええ、それに私だけを見て欲しいのです。
アリア様のことを話題に出す人間は好きではありません…。』

早める方法があるのかどうかを伝えるように、アースは彼女に答えを促した。

『じゃあ、私の言うとおりにして欲しいのです。』

『…と言いますと…?』

『私の話題をする人を責めないでください。』

『…』

アリアは、ここで解決する方法ではなく、アースに邪魔しないようにしてほしいと願った。

管理人halu
管理人halu

自分で解決できる、と。

アリアがそう言うと、アースは不本意そうな顔をした。
どうやら、アリアの話をしている人間はアリアを責めているに違いないからだ。

『アリア様は…アリア様のことを責める誰かと話したいですか?
それともアリア様のことを褒めてくれる人と遊びたいですか?』

管理人halu
管理人halu

なんだこの2択・・笑
しかも後者はアース自身ね。笑

『遊ぶのを選ばないわけじゃないけれど…、私の話を持ち出す人を止めないでほしいのです。』

管理人halu
管理人halu

・・・これアリアにも何かしら策がありそうね・・。

『…』

アースが答えずに少し額をひそめていると、アリアは仕方がないとばかりに言った。

『…(私のしたいことが)終わるまで持っていてくれたら、アース様の願い事を叶えてあげますから。』

『・・・願い事?』

『そう、願い事です。』

『どんな願いでも?』

『えぇ、私にできることなら何でも、です。』

管理人halu
管理人halu

おぉ・・。今度はアリアがアースの願いをひとつ叶えるわけだね?(アースの願いゲスそうでゲス・・。笑

この時ばかりは、額に溜まっていたアースの不満が消え、目が輝いてきた。
管理人halu
管理人halu

笑う。

『だから、私を信じてください。』

アリアの問いに当然、アースは「わかりました。」と答えた。

アースは、アリアに自分の願い事をするという決意のもと、歯を食いしばってこの状況に耐えることを決めた。

すると、アリアの目論見通り、たちまち貴族たちの間でアリアの話が何度も交わされ、アリアは自身の望む状況へと着実に歩を進めることができたのだった。

↓↓↓

\31日間無料で最新漫画も読める/
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

・お試し中でも600ポイント付与!
・期間中に解約すれば完全無料!

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 283話 284話 感想・考察

前話、聖女から悪女へと一時的に舞い戻ったアリアがその片鱗を見せたところで終わりましたが、今話は一転、貴族たちが喜ぶ投資話などを挟みながら、貴族たちをその手中に入れていきます。

管理人halu
管理人halu

貴族令嬢もコロコロ。

一方のアースも貴族たちの間で勝手気ままに話されるアリアの噂話に嫌気が刺し、またアリアがその対応に当たって自分との時間が取れにくくなっている現状に鬱憤も溜まり、貴族たちを”排除(本人は冗談って言ってますが)”しに動こうとしたアースもアリアは静止させます。

管理人halu
管理人halu

アースもいつも通りコロコロ。
てゆかアースのお願い叶えてあげるってまだ約束しちゃったアリア。(大丈夫か・・?笑

ただ、ここでアリアが貴族たちの噂話を好き勝手話させるままにしている理由は明かされませんでした。

管理人halu
管理人halu

良いことも悪いことも話されているなかで、悪い噂話は止めたって良いと思うんだけどね・・?なんか策があるみたいね。

次回楽しみですな・・!!

↓↓↓

\31日間無料で最新漫画も読める/
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

・お試し中でも600ポイント付与!
・期間中に解約すれば完全無料!

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから!

↓↓↓

【外伝・原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す "外伝3章" 285話 286話 ネタバレと感想。その悪女インフルエンサーにつき。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版  外伝(サイドストーリー)1章 285話・2...

コメント

タイトルとURLをコピーしました