【完結】青楼オペラ12巻ネタバレと感想。最終巻を無料で読む。諦めない惣右助・二人が吉原で出会い惹かれ合い、 その先にたどり着いた結末

さ行

こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。
今回は桜小路かのこ 先生の「青楼オペラ最終巻12巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、【無料】で先回りされてもいいかもです。
【無料】で本編を読む方はこちらから♪

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓
「青楼オペラ」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

青楼オペラ最終巻12巻 あらすじ

前巻はこちら↓↓↓

青楼オペラ 11巻ネタバレと感想。惣右助と一晩限りの夜
今回は桜小路かのこ 先生の「青楼オペラ」11巻を読んだので紹介したいと思います。 高確率でネタバレを含みますので、【無料】で先回りされてもいいかもです。 ...

見世で惣右助と利一は青い顔をしながら棄損令がでた近江屋の商売の話をします。
惣右助が近江屋がすぐに傾くということはないと言うが、
利一が茜の身請け金を支度するのは無理ですねというとくやしさを露わにします。

2万両を帳消しにしろとはふざけるなと怒鳴ります。
利一が声をかけると惣右助は茜のことはなんとかすると言います。

惣右助は親父殿も奉公人も倒れそうだが自分は茜を出す方法をおもいつかなきゃいけない、もう時間がないと吐き捨てます。

そこに茜が現れて惣右助に謝ります。

そして自分と関わるとみんな不幸になる、惣右助ももう自分に関わってはいけないと言うと惣右助の呼ぶ声も聞かず立ち去ってしまいます。

↓↓↓
「青楼オペラ」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

青楼オペラ最終巻12巻 ネタバレ

見世で利一と惣右助は青い顔をして話をしています。
利一が棄損令が出て近江屋はどうなるのかと尋ねます。

惣右助は寺院の名目金にも手を広げているからすぐに店が傾くということはないといいます。
利一が言葉を繋いで
「お嬢の身請け金を都合するのは無理ですね」
と言うと惣右助が
「2万両を帳消しにしろだと ふざけやがって・・・!!」
と怒りを露わにします。

利一が惣右助に寝てないのではないかと気遣うと寝てはいられないと惣右助は答えます。
惣右助は
「俺は思いつかなくちゃならねェだろ 茜を出してやる手段を 新年まで あとふた月もねェんだから・・・!」
と声を絞り出します。

沈黙した二人に雨音だけが響きます。
惣右助は茜はどうしているかと聞くと利一は今来るでしょうと答えます。
酷い顔色をした茜は入ってくるなり惣右助に手をついて謝ります。

自分のせいで惣右助にまで不幸が及んでしまったと沈んだ声で言います。
惣右助は誠二郎の「疫病神」と言った戯言なんて気にするなと声をかけますが、
茜は自分と関わった両親、葵、利一郎、そして惣右助とみんな不幸になるではないかと言います。

管理人halu
管理人halu

そんなこと・・

茜はもう自分に関わってはいけないとだけ言うと席を立ってしまいました。
惣右助が呼んでも振り返りもしません。
利一は暗い表情でずっとあの調子で自分の言葉にも耳を貸そうとしないと暗い表情をします。

惣右助は
「誠二郎 あの野郎・・・!」
と頭を抱えて吐き捨てるのでした。

雨が上がった道を惣右助は歩いていますが、水溜まりに足を取られてしまいました。
菊之丞が心配そうに声をかけてきました。

茶屋で菊之丞は茜の足抜けを手伝ってもいいと提案しますが、すぐ自分のことにいるとばれて取っ捕まるだけだと言います。

菊之丞が「悪ィ 浅知恵だったな」と謝ると
惣右助は「いや気持ちはありがてェよ 菊」と答えます。

今度は菊之丞が松坂屋や三橋に頼めないのかと聞いてきます。
惣右助が「返せるかもわからねェ金を貸してくれって?言えるかよ」と言うと
「言えよ!」と菊之丞が声を荒げます。

それを聞いた惣右助は
「こうなりゃ恥も外聞もねェ 泣きつくだけ泣きついてみるか」と答えるのでした。

見世では利一が茜を問い詰めていました。
茜は松坂屋や三橋の申し出を断ってしまっていたのでした。
茜は今惣右助が女郎を請け出すことは許されないでしょうと言います。

利一が幕府から札差に貸し下げ金はほんの少しだと言っても、
茜はそれでも公金で女郎を買ったとあらぬ疑いをかけられると言います。
利一はこのまま女郎になるのかと問い詰めます。
そんな風に自分を責める姿を見るのはつらいと利一が言うと、
茜はじゃあ離れなさいと答えます。

「本気で仰っているんですか」利一は茜を見つめます。
利一は「貴女を連れて逃げましょう」と茜に言います。

ほとぼりが冷めた後に惣右助の元に行けばいいというと茜は利一をたしなめます。
茜は自分といると無茶をする、これ以上不幸にはしたくないと目に涙を浮かべます。

利一は茜の袖を掴んで
「・・・離れませんよ お嬢が行こうとなさるのなら 地獄までもお供します」
と決心します。

茜は涙を流して
「おまえまで道連れにしてしまったら 私は真実疫病神だわ・・・」
と利一にしがみつきます。

菊之丞が芝居見物に茜や見世のみんなを招待してくれました。
茜は初めての芝居見物ですが気持ちは一向に晴れません。
こんな絵空事にどうしてこうも熱狂するのかと茜は思うだけでした。
ふと気配を感じて目を上げると

「よう」

惣右助が隣に座りました。

菊之丞が気を利かせたのでした。
茜は近江屋がこうなっては廓通いはできないからだと思うと涙が止まりません。
惣右助会うのが最後になっても、
この人を不幸にするよりずっといいと思っていると惣右助が手を握ってきました。

茜が手を抜こうとすると惣右助が離れないように力を入れます。
茜は惣右助の肩にもたれかかりました。

みんな芝居に夢中で二人の様子は気になっていないようです。
茜は「あの仙人のように 雲に乗って どこへでも行けたら 愛しい人の妻になれたら」

現世が哀しくてままならないことばかりだから絵空事に夢を見るのかと思います。
芝居がクライマックスになってみんなが舞台を見つめるなか二人は何も言わずにキスを交わします。
芝居が終わると二人は手を放して別々の方向に帰りました。

管理人halu
管理人halu

・・・。(泣)

__

もうすぐ師走になるというのでめっきり寒くなってきました。
姉さんたちは客や間夫の話をしています。茜は惣右助を思います。
まるで一本の芝居を見ているようだったが、
もう私たちは終わってしまったんだと惣右助が握った手を見つめます。

内儀さんに茜の水揚げの話を聞かされますが、茜は気分が悪く顔色が優れません。
そのあとも胸が悪く朝餉も残してしまいます。
茜はこんな体たらくでやっていけるのか心細くなります。
惣右助とまた会えると思っていなければ耐えられない、
勝手だとはわかっていても、でも惣右助を想ってしまいます。

紫に呼ばれて見世の裏に来ると利一もやってきます。
紫は「茜ちゃん 正直に言いなんし 腹にやや子がいるんじゃないかえ?」
と言われて茜は顔がほころびます。
茜はそういえば月のものが遅れていて本当にそうなのかと喜びが沸いてきます。

しかし紫の「まずいことになったわいな」という声に現実に引き戻されます。
振新が産めるはずはない、と言葉を続けます。
紫が知ってるしくじった姉さんは小見世に替えさせられて結局年季を待たずに投げ込み寺に言ったのだと教えられます。

「流すんじゃ」と諭す紫に茜は利一に助けを求めます。
しかし利一はしばらく黙ったあと「・・・無念ですが」と言います。

管理人halu
管理人halu

えっ・・・!

紫は利一に病院の算段を話します。
茜は二人に「嫌よ 嫌だったら!この子を失うのは嫌・・・!!」と懸命に言います。

利一は「吉原を抜けますか それならば従います」と答えるのを聞いて
紫が「阿呆が二人もおる わっちらしくもないことをして ほんに損した・・・」
そう言って立ち去ろうとすると、

茜は「親切で言ってくれてるの わかってる」と心からの感謝を伝えます。
茜は惣右助と会えなくなっても生きていく支えがほしくて子どもを願ったのです。
それが叶ったのならまたあの時と同じ道を選ぼうと利一に使いを頼むのでした。

茜は真木村に会いに行きます。
真木村が茜の身請け代が200両と聞いて驚きます。
茜は親戚筋に自分を請け出してくれるように文を出したと真木村に言います。
しかし家禄が高くないので真木村に助けてほしいと頭を下ました。
真木村はそれはかなうと思うが、そうすると茜は武家の娘に戻るのでもう近江屋の顔を見ることも叶わなくなるのだと言われます。

茜は寂しそうに微笑むだけです。
真木村は「お腹の子のことは近江屋は・・・」というと、
茜は知らせるつもりはないと答えるのでした。

__

茜は九郎助稲荷で手を合わせています。
惣右助の闊達な笑い声が今も耳に残っています。
どうか幸せになってほしいと思ったあとに心にもないことを顔を覆います。
そこにほっかむりをした男が現れます。
どきりとする茜ですがすぐに惣右助と分かります。

管理人halu
管理人halu

まさかの!!!

驚く茜に惣右助は「ようやく顔が見られた」と手を伸ばします。
顔をそむける茜に惣右助は「別れる気はさらさらねェ」と怒った顔で言います。
惣右助が松坂屋から200両借りる約束をしてきたというと茜は嫌がります。
しかし惣右助は自分が決めたんだと「謗られようが構やしねェよ」不敵な笑みを浮かべます。

惣右助は真木村から武家に戻ると聞いたと茜に言います。
「おまえはいつも なんだってそう容易く俺の手を放すんだ・・・」
惣右助は怒ります。

「おまえと一緒になれるンなら 世間を敵に回そうが それは不幸じゃねェんだよ・・・」
惣右助は茜を抱きしめます。

茜は惣右助の胸の中で大粒の涙を流します。
茜は惣右助の顔に手を回し自分からキスをします。

「幸せにしたい 私の この手で」
という想いにあふれていました。キスの後急に口元を覆う茜に惣右助は怒りますが、様子がおかしい茜を心配します。

茜がほほを染めるので
「・・・まさか」惣右助のつぶやきに茜は顔を赤くしたまま俯きます。

すると惣右助も顔を赤くして嬉しそうな顔をします。
二人は何も言えないでいます。
惣右助が茜にキスをするとお金を用意するために走り出そうとします。
それはダメだと言う茜に惣右助はどうするんだと声を荒げます。

茜は二人の新しい物語を始めるために諦めないと決心するのでした__

 

特別編

「なんでぇ惣の字 浮かねぇ顔だな」菊之丞にそう言われても惣右助は悪態をつくばかりです。

菊之丞が呼ばれているからと席をたつと惣右助が怪訝な顔します。
「・・・違ぇよ」と菊之丞は惣右助が紹介した吉田屋に会うのだと説明します。
惣右助に殴られてからもう3年になるのかとつぶやいて菊之丞は昔を思い出します。

近頃評判の近江屋の若旦那に呼ばれた菊之丞は贔屓になってもらおうと出向きます。
贔屓になる代わりに自分を差し出せということになんだろうと考えていました。
自分はもう17だからそんな出番は減るかと思ったけどなと廊下を歩きながら思案していました。

惣右助に挨拶しながら「へぇこいつがね」と思います。
調子よく惣右助のそばに寄り膝に手を添えようとするとその手を叩かれました。
惣右助に「妙な手管を使うんじゃねェ」と怒られ菊之丞は驚きます。

「てめェが売るのは色か 違うだろ 芸だろ」と説教を始めます。
とうとう我慢できなくなった菊之丞が惣右助を殴ります。

すると「悔しかったらまちっと精進してみやがれ!」と言われてしまします。
菊之丞はその後惣右助を見返すために稽古に励むうちに立女形になり色じゃなく芸に贔屓がつくようになっていたのでした。

惣右助は「ちょっと待て 殴られたなァ俺じゃねェか」と合点がいかない様子です。
菊之丞がその前に手を叩いたじゃないか、
俺がこうやって裾割ろうとしたらと本当に惣右助の裾に手を入れて「オットお宝」と触ります。

「ヤメロ!!」惣右助は怒ります。
菊之丞はいっそ抱いてくれりゃあいいのになと思います。
その想いを胸にしまって席を立つと惣右助が軽く手を上げて見送ります。
そんな惣右助を横目で見ながら
「おまえの頼みなら断らねぇよ なんだってきいてやる おまえが心から笑っていられるように」と胸に秘めるのでした。

江戸の街では吉原の番付で曙楼の深雪野花魁が天辺をとった話が聞こえてきます。
昼間から吉原に行く気なのかと言われた男は今日は芝居を見に行くと答えます。
数年前に菊之丞が大当たりを取った芝居がかかっているのだと言うとあれは良かったよなと相手も答えます。
札差商が客人と話をしています。
棄損令で札差は痛手を被ったが近江屋が仲間を盛り立てて立ち直しを図ってくださったと話しています。
この度代替わりするそうで吉原にも通わなくなり松坂屋の遠縁の娘を嫁にもらって子宝にも次々恵まれて何よりですと満足そうな顔を浮かべていました。

近江屋では惣右助が走り回っていました。
「あいつァどこだ!」と奉公人にすごい剣幕で聞いています。
いつものことで慣れている奉公人は散歩に出掛けましたと答えます。
惣右助も外に出ていきました。

道行く人に聞くとその足跡をたどることができますが、
それでもまだ探し人までたどり着きません。

そのとき「おい!朱音!」とようやく惣右助は妻を見つけます。
しかしまたも口喧嘩を始めますがその時通りで騒ぎが起きました。
娘を拐かそうとしたと叫ぶ声に二人は走り出します。

惣右助が男に足をかけると追いかけてきた男どもが捕らえようとします。
しかし男は脇差を振り回します。
丸腰の惣右助が男に向かったその時、男の脇差が落とされました。
朱音が得物で男にさらに一撃を与えると男は無事捕まりました。

「おいコラ!」と惣右助は朱音が無茶をしたことを怒りますが、
朱音は子どもを廓に売ろうとしたんだと涙を浮かべます。

惣右助は朱音の肩をやさしく抱き寄せ子どもを救えてよかったと慰めました。
周りの男たちに朱音は褒められます。
得物で男を倒す姿は朱姫のようだと言われて二人はぎくっとします。

男たちは菊之丞演じる朱姫は武家の出だが不幸が重なって吉原に落ちるのだが見事敵討ちを果たす「傾城夜明英」という今評判の芝居について教えてくれました。

二人はそそくさとその場を立ち去りますが、朱音はまた違う男に声をかけられます。
「俺を覚えてないか 絵師の菊川英水だ」と男は名乗ります。

朱音が曙楼の「茜」だと言ってきます。
とぼける茜に菊川は絵師をごまかせると思うのか、それにとある噂を聞いたといいます。

あの今話題の菊之丞の芝居の元は、
茜のことで芝居小屋の太夫元や狂言作者に本当にあったことを話して芝居にする権利を売ったんだろうと菊川はペラペラと話します。
茜と惣右助は何もいわずじっとしていました。
その時「そこまでだ」と止めに入る男がいました。真木村でした。

真木村は菊川の手を取って
「絵師が筆を握れなくなっては困るだろう」と指を持ちました。

菊川を追い払うと朱音は噂になっているのかと心配を口にします。
朱音は菊之丞の力添えもあって半生を売って自分で身請け代を支度したのでした。

真木村は心配には及ばないといい今度お城でお役目を賜ったのでしばらくお目にかかることはないと思うと挨拶すると去っていきました。

朱音は大門を出たあと松坂屋の好意で養女にしてもらって近江屋に嫁いだのでした。
二人の娘の初音を抱いた利一郎と落ちあいました。

利一郎は寺には戻らず近江屋の奉公人になっていました。
惣右助は利一郎と顔を合わせまた口喧嘩を始めると娘に「りーちをいじめないで!」と言われてしまいます。

ショックを受ける惣右助ですが、初音は利一郎のひざで楽しそうにしています。
奥から深雪野花魁の話が聞こえてきます。
紫は池田の藩主の身請け話が流れて深雪野花魁となりとうとう一番になったのでした。
朱音は嬉しそうです。

惣右助が初音を抱き上げてデレデレしています。
その様子をじっと見ていた朱音は惣右助の袖をひっぱります。
「娘に妬く馬鹿はいないと思ってる?」ちょっと拗ねた様子の朱音をみて惣右助は赤くなります。

「ん」と右腕を伸ばして朱音を抱き寄せます。
朱音は幸せそうに惣右助に寄り添います。
「さぁ 家に帰るぞ」と橋を渡ります。

橋の上で初音の顔を見ていた惣右助が朱音には似ていないなとつぶやきます。
父親似なんでしょうと朱音が答えると
「それよりもっと 誰かに似ている・・・」
惣右助がぽつりといいます。

朱音は落ち着いたら川越にいる朝明野に挨拶に遠出したいと惣右助にせがみます。
朱音は自分たちが幸せに暮らしている姿をみせたいと言うと
「・・・まぁいいけど」と答えます。

惣右助が「行こうぜ」と声をかけてみなで家路につくのでした__

↓↓↓
「青楼オペラ」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

青楼オペラ最終巻12巻 みどころ

今度は惣右助にピンチが訪れ二人が一緒になれるのか最後まではらはらします。

札差の惣右助にとって自分が身請け金を支度できないという、
ここまできてお金の問題が出るとは思ってもみないことだったと思います。

茜も惣右助を諦めようと思ったり、
やっぱりどうにか会いたいと思ったり気持ちが揺れる様子がせつないです。

管理人halu
管理人halu

でも諦めなかった惣右助が本当にかっこよかった・・!

その頑張りがあったから、
茜もやっぱり自分がこの人を幸せにしたいと思えたんだと思いました。

二人が吉原で出会って惹かれあってでも敵討ちがあって、
その先にたどり着いた結末を最後まで見届けてほしいと思います!

↓↓↓
「青楼オペラ」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

第1巻から振り返りたい方はこちら!

青楼オペラ1巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。
こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。 今回は桜小路かのこ 先生の「青楼オペラ」1巻を読んだので紹介したいと思います。 高確率...

コメント

タイトルとURLをコピーしました