【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 346話 347話ネタバレと感想。今夜だけは。今だけは。

【小説版】皇帝と女騎士

今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の

皇帝と女騎士原作小説(ノベル)346話 347話※海外版準拠(ピッコマ漫画版は180話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

過去話を読みたい方へ管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【皇帝と女騎士 原作漫画1巻】を
U-NEXT無料登録で一気に振り返る!

管理人halu
管理人halu

(1巻のポリアナ可愛すぎワロタァ…)

管理人halu
管理人halu

 本をお手元に置いておきたい方はこちらをどぞ!

皇帝と女騎士 346話 347話 ネタバレ

の前の管理人のひとこと・・

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 344話 345話ネタバレと感想。渦巻ク欲望。 某、月燈リ。
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の344話 345話※海外...

346話

管理人halu
管理人halu

【お断り】“深夜の大ハッスル?!ドキドキ大運動会!”は主催者都合により急遽延期となりプログラムを変更してダンスパーティが開かれますことお詫び申し上げます。

『陛下は昼も夜もずっと一緒にいようって言ったじゃないですか!今夜は寝かせないと言ったじゃないですか!とても精力的な夜になると言ったじゃないですか!』

『一晩中そなたと踊るつもりだったのだ!!』

『・・だったら、もっとちゃんと説明してくださいよ!あぁ、もう!ここで正直に言いましょう!男が女に着るもの・食べるもの・そして寝るところも用意して、“この夜は寝かせない”なんて言えば、誰もが私と同じことを考えるでしょう?!そうでしょう、みんな!!?

ポリアナは周囲を見回し、見晴らし台の周りに隠れていた音楽家たちに尋ねた。

管理人halu
管理人halu

みんなもいた。笑

彼らは長い間、待機していたのだ。
この音楽家たちは、皇帝がポリアナと踊り始めたら演奏を始めることになっていたのだが、どうも計画通りにはいかないようだった。

音楽家たちは皆、うなずいて答えた。

管理人halu
管理人halu

音楽家たち『コクッ…コクッ…!!(戦慄の同意』

ほうら、陛下!!
今夜の陛下の言動は完全に誤解を招くものでした!
だから私が陛下を誤解したのも無理はありません!!』

『でも、私は無実だ!私がそんなに強引に誘うとでも思ったのか?それに外で!!』

ルクソスは、ショックで少しよろめいた。

彼は音楽家全員に退出を命じ、石の椅子にもたれかかった。

管理人halu
管理人halu

音楽家たち:『わい…わいらもうお役御免…?2時間は…ここで待っ…』

あまりの恥ずかしさに激しく反論したポリアナは、今になって自身の言葉を後悔した。

陛下は今、私に怒っているのではないだろうか…。

彼女は長年、皇帝の親衛隊として働いていたので、今、彼を慰めなければ、ルクソスが何日もご機嫌ナナメになる可能性が高いことを知っていた。

管理人halu
管理人halu

ご機嫌ナナメ、可愛いな。笑

彼の気分を良くするには、彼を褒めるのが一番だ。

『…でも陛下。陛下が音楽家を準備してくださるなんてもう信じられないです。
なんてロマンチックなんでしょう。これに関してはとても感激していますし、嬉しいです。』

『・・・。』

管理人halu
管理人halu

(´・ω・`)

もちろん、この音楽家たちは一曲も演奏せずに退席を命じられてしまっていた。

ポリアナは緊張して汗をかき始めた。
周りを見渡して慌てて続けた。

そしてこの場所!なんて美しくてロマンチックな場所なんでしょう。虫の音が静かに響き、加えてこの豪華な見晴らし台……まさにダンスをするのに最適な場所ですね、陛下。』

『・・・。』

管理人halu
管理人halu

ショボ――(´・ω・`)――ン

『そして、今夜は月と星がとても輝いています。
それで、どうでしょう、陛下?私と踊ることをお許しいただけますか?

ポリアナは貴婦人のようにドレスを上げて丁寧にお辞儀をした。

ルクソスはようやく彼女の方を向いた。

管理人halu
管理人halu

|・ω・`)コッショリ

__

__

ため息をついた後、ルクソスは彼女の手を取り、二人は見晴らし台の中央に向かって歩いた。

音楽家たちがいないので、音楽はなかった。
しかし、ルクソスとポリアナは気まずさを感じなかった。
皇帝は片手でそっと彼女の腰を包み込み、スムーズに踊りに導いた。

二人の脚は、まるで一緒に踊るためにあるかのように優雅に動いていた。

管理人halu
管理人halu

あらっ素敵・・

太陽はもうほとんど沈んでいて、空にはわずかに赤みが残っているだけだった。
虫たちは、繁殖期だからと鳴き続けていた。
長い沈黙の後、皇帝はようやく彼女に言った。

『そなたと私はお互いにいい大人でもあり、
すでに一度は一緒に寝たこともあることはわかっている……だが……』

『…はい、陛下。』

『しかし、私は今、そなたに求婚している立場だ。
そなたが許可しない限り、私はそなたが望まない接触をすることはない…!』

管理人halu
管理人halu

うむ、あっぱれ紳士でございまする。

これは本当にその通りだった。
ポリアナがヤパに戻ってきて以来、ルクソスがポリアナを求めてくることはなかった。

ルクソスがしたのは、ポリアナをじっと見つめ、
手の甲にキスしてもいいかと丁寧に尋ねるだけだった。

そして、ポリアナが自分の手を握れるようになるまで、じっと待っていたのだ。

そう話しているうちに最初のダンスが終わってしまったが、ルクソスはポリアナの手を離すことができなかった。

その言葉通り、彼女と踊り始めると止まらなくなってしまったのだ。

今度は、皇帝がポリアナに頭を下げて踊りに誘った。
ポリアナはお辞儀をして彼の手を取った。

ルクソスは、ダンスをするのに絶好の場所を選んだ。
空高く昇った月が、見晴らし台を直接照らしていた。

管理人halu
管理人halu

スポットライトは空高く昇る月+BGMは虫のさざめき = オシャンティー

ポリアナの踊りは、教科書通りの硬い動きだったが、
ルクソスは、滑らかでエレガントな踊りにポリアナをリードした。

踊っている間、二人の呼吸と鼓動はぴったりと合っていた。
ポリアナは皇帝に目を奪われっぱなしだった。
そしてそれは、ルクソスも同じだった。

でもいったい何回踊るつもりなのだろう。

最初に疲労に陥ったのはポリアナだった。

管理人halu
管理人halu

あ・・。笑

昨晩はよく眠れなかったし、先ほどの夕食もあまり食べなかったのだ。

ルクソスは、「ポル卿!もっと踊ろう!」と彼女を励ました。

『もっと踊ろう! そなたならできる!』

と。

管理人halu
管理人halu

踊ろうハラスメント…
そしてどこか熱血の修造感・・笑

『あの…陛下、私はもう、吐き気をもよおしています。できません…。』

彼女はめまいも感じ始めていた。

ポリアナが降参すると、ルクソスはすぐに用意した暖かい毛布を彼女に渡し、彼女は椅子に座った。

管理人halu
管理人halu

デスマーチ回避に、ほっ・・。

『私は大丈夫です、陛下。毛布は必要ありません。』

『最近は夜になるとかなり冷え込む。
そなたは最近出産したばかりだから、常に体を温めておくことが大切だ。』

ルクソスは空を長く見上げて、こう続けた。

『私の母は…、私を産んだ後、体調管理を怠ったから、私が幼い頃に亡くなった。だから、どうか…。…ポル、どうかお願いだから。自分を大切にしてくれ。』

管理人halu
管理人halu

・・・。

皇帝は、亡くなった母親のことを今思いついたように自然に話題にしたわけではない。

これは、彼が事前に準備していた話題であった。
管理人halu
管理人halu

・・・?

また、ルクソスは月の光が顔や髪を照らすような角度で空を見上げていた。

ルクソスは、ポリアナに自分がいかに繊細な男であるかを知ってもらいたかったのだ。

自分は王国の皇帝ではあっても、
心の奥底には幼くして母を失った大きな悲しみがあったのだ。
自分は完璧な男だったかもしれないが、
女性の温かさや同情を必要とする人間でもあったのだ。

と。

これは、ルクソスが友人のアイノ卿から学んだことである。

管理人halu
管理人halu

文鎮”アーッ”どこで使うののかと思ったけどここでだったか。笑
大切なことはすべて親友が(以下略

ポリアナが同情から自分に好意を持ってくれても構わないと思っていた。
皇帝が欲しかったのは、彼女からのどんな強い感情でもよかったのだ。

ルクソスは、ポリアナが自分に興味を示してくれることを望んでいた。
自分を愛してもらいたかったのだ。

彼はひそかに考えていた。

俺は今、ハンサムに見えるだろうか?
ポルは俺がいいと思ってくれているのだろうか?
それともただ可哀想だと思われているのだろうか…?

と。

管理人halu
管理人halu

・・・。(完璧な角度・母性をくすぐる完璧な話題…

『陛下…』

皇帝はとても寂しそうな顔をしていたが、
突然、ポリアナは彼の悲しみを和らげたいという強い衝動に駆られた。

ポリアナは皇帝の痛みを癒す者になりたかった。
孤独ではないということを知ってもらいたかった。
ルクソスに、自分が温もりを与えることができることを知ってもらいたかった。
管理人halu
管理人halu

これは・・!(ゴクッ。

皇帝を見ているうちに、ポリアナの心臓はとても早く鼓動し始めた。

これはなのだろうか…?
管理人halu
管理人halu

“欲望”ではなく、ってことだよね…?!

そうに違いない…よな?
では、口に出して言うべきだろうか?
陛下に…伝えるべきだろうか?

ポリアナは、ルクソスがそれを聞いて感激するだろうとは思った。

しかし、本当に彼に伝えてもいいのだろうか?

ポリアナは椅子から立ち上がって皇帝の横に立った。

管理人halu
管理人halu

・・・ッ!!(伝えてくれ・・の念・・!)

__

__

しかし、ポリアナは立ち上がった瞬間、誤って毛布を踏んでしまった。

管理人halu
管理人halu

へ?

幸い、ポリアナは反射神経が優れていたので、少しよろけてもすぐに体勢を立て直せたはずだ。

しかし、ルクソスの過剰な反応が事態を悪化させた。

皇帝は、ポリアナが何を考えているのだろうか、
などと考えているうちに、ポリアナのつまずくのを見てしまったのだ。

ルクソスはポリアナの手首をつかんで自分の方に引き寄せた。
不運なことに、そのせいで彼女はさらにバランスを崩してしまった。
管理人halu
管理人halu

ほ?

皇帝は彼女を抱きしめようと体の向きを変え、二人はそのまま近くの柱にぶつかってしまった。

ポリアナが目を開けた時には、皇帝と柱の間に挟まれていた。

『大丈夫か?』

ポリアナの目の前でルクソスがささやいた__

管理人halu
管理人halu

これは柱ドンだドン…!!!!(カッ!

__

347話

ルクソスが別に放っておけば、ポリアナの反射神経で何の問題もなかったことが、ルクソスが助けようとしたので、それが何よりもポリアナを驚かせたのだった。

ポリアナはそのことを指摘しようと思ったが、口をつぐんだ。

夜空には満天の星が輝き、その光の下でルクソスの顔が自分に近づいてきた。
管理人halu
管理人halu

え・・?///

ルクソスはまだポリアナの手首を握っており、もう一方の手は彼女の首を支えていた。

完全に挟まれてしまった…。

とポリアナはふいに思った。

そしてこれは、ルクソスが自分にキスをしようとしているのだ、と。

しかし、そう思った瞬間、ルクソスは彼女を解放した。

管理人halu
管理人halu

・・あれ、解放・・。

これでポリアナは自由になったが、依然として彼女の心臓は速く鼓動し続けていた。

皇帝は彼女に「今のは危なかったぞ。もっと気をつけてほしい…」と言った。

また、許可なくポリアナに触れてしまったことを謝罪した。

皇帝は完璧な紳士であったが、
ポリアナが何も答えないので、ルクソスは少しだけ不安になった。

…ポルは怒っているのだろうか。

ルクソスは、彼女が何を考えているのかを知ろうと、不安そうにポリアナをチラ見した。

ポリアナは笑ってもいないし、泣いてもいないので、彼女の真意を知るのは非常に難しい作業だった。

また、特に怒っているようにも見えなかった。

ポリアナは驚いているようだったが、それが突然彼女を抱きしめたからなのか、それとも彼女が倒れそうになったからなのか、皇帝にはわからなかった。

『…ポル卿、考えてみると、以前にも同じようなことがあったな。あの時は…心臓発作を起こすかと思った。死ぬかと思った…。そなたは暗殺者から私を守ろうとしたが、私を殺しかけたのは、むしろそなただった。』

皇帝は、過去の好きな思い出の一つを持ち出した。

それは、彼女が自分を守るために彼を壁に叩きつけた時のことだった。

管理人halu
管理人halu

あったね・・笑
ルクソスがポリアナのところに忍び込んできた時だね。BPMが190になった時の。笑 あの時は壁に挟まれてたのはルクソスの方だった。
(参考:皇帝と女騎士 59話。ルクソスの心臓のBPMは190になったぞ

その時のことを思い出すだけで、今でもルクソスの心臓はドキドキするのだ。

皇帝は気づいていなかったのだが、
ポリアナもあの時のルクソスの感情と同じものを感じていたのだ。

管理人halu
管理人halu

・・・こ、これは…!!

ポリアナが、今この瞬間、ルクソス自身をとてつもなく魅力的に感じているからこそ、心臓がドキドキしているのだということを、ルクソスは知らなかった。
管理人halu
管理人halu

ドッドッドッ・・・!!!!

それどころかポリアナが今感じていることは、以前の皇帝の感じ方よりも強烈だった。

以前、ルクソスは呼吸困難や胸の痛みに悩まされていた。
しかし、ポリアナの身体は今、さらに異常をきたしていた。
手が鎖でつながれているように重く感じられた。
心が檻に閉じ込められているように感じられた。
見晴らし台を照らす月の光が、彼女を無力な動物のように捕らえているようだった。
彼女の魂はもう永遠に変わってしまった。
ポリアナは、この瞬間を死ぬまで忘れないだろうと思った。
彼女はこれから先、何度も何度もこの瞬間のことを考えることになるだろう。
管理人halu
管理人halu

これって・・!!

『陛下…』

ポリアナは怖くて、でも嬉しくて、そして、興奮していた。

ポリアナは逃げ出したいと思いながらも、彼にしがみついていた。

この瞬間が永遠に続くことを願いながらも、
この夜がただの夏の夜の夢であることを望んでいた。

『陛下・・・陛下・・・。』

ポリアナの唇は少し震えていたが、彼女はささやいた。

彼女の声はほとんど聞こえなかったが、ルクソスには聞こえていた。

月の光は、女性をより一層輝かせ、美しく見せるはずなのだが、残念ながらポリアナにはそうではなかった。
激しく踊ったために、彼女の化粧はもうほとんどなくなっていた。
日焼けした肌、目立つ傷跡、そして歪んだ鼻。
彼女が大きく笑うと、欠けた臼歯がとても目立った。

ルクソスでさえポリアナを美しいとは言えなかったが、
ルクソスにとっては王国で最も愛らしい女性だったのである。

ルクソスのポリアナへの愛は日に日に増していった。

ポリアナへの気持ちに気づいた時から、ルクソスは彼女を愛し続けていた。

年齢を重ねると人は見た目が悪くなると言われている。

時間が経つと、毎日同じ顔に飽きてくるというが、
不思議なことに、ルクソスはそのようなことを全く感じなかった。

毎日ポリアナを見るたびに、何度も彼女に恋をした。

愛は通常3年しか続かないと言われるが、皇帝にとってポリアナへの愛は永遠だった。

毎週、毎日、一瞬一瞬……ルクソスは、何度も何度も彼女に恋をした。

ある意味で、それは彼が決して勝つことのできない戦いだった。

ルクソスはこの愛の戦争の敗者ではあったが、
同時に、愛する女性を獲得する勝者になろうとしていた。

ポリアナのような人を愛してしまったがために、彼の戦いは困難なものとなったが、ある意味では容易な戦いであることも、また真実だった。

それは、ポリアナが愛に飢えていたからである。
愛情を注いでくれる人を彼女自身拒むことはできなかったのだ。

だから・・・。

__

__

ポリアナが口を開いた。

『陛下・・・私が陛下を…愛してもいいのですか…?

『…もし、そうなるなら私にとって人生最大の栄誉だ。』

管理人halu
管理人halu

!!!!!!!!!!!!!!!

『…でも、本当に私が陛下を愛してよいのですか?』

『私を愛するのに私の許可を求める必要はない、ポル卿』

本当は、ポリアナはこの質問を皇帝にしていたのではない。
実は彼女は自分自身と社会に問いかけていたのである。
管理人halu
管理人halu

社会に・・・。

自分は本当に皇帝を愛していいのだろうか。

理由はわからないが、ポリアナはそのことに罪悪感を感じていた。

尊敬しているはずの皇帝を欲しがっているような気がしたからだろうか。
亡くなった友人の夫を求めていたからだろうか。
それとも、ルミナエ姫に罪悪感を感じていたからだろうか。

いや、そのどれでもない。

この王国では、ウィンター侯爵は男性の自由をすべて持っている唯一の女性だった。

管理人halu
管理人halu

男性としての”権利”の意だね。

他の女性たちが社会が作った見えない壁の中で生きることを余儀なくされる中、ポリアナだけはその壁から逃れたのだ。

しかし、もし彼女がルクソスを愛してしまったら、もうこの壁の外では生きられない。

自発的に “女のいるべき場所 “に戻らなければならない。

最高に豪華な城の中に住むといっても、この城はこの見えない壁の中に入ることになる。

管理人halu
管理人halu

=この世界の本当の意味での”女性”になるってことだね。常識や、役割もぜんぶ。

本当にこれでいいのだろうか。
どうしてこんなに罪悪感があるんだろうか。
どうして悪いことをしているように感じなければならないのだろうか。

愛のために自分が成し遂げたことをすべて捨ててしまうのは、正しい判断だったのだろうか。
管理人halu
管理人halu

・・・。

トリーは、ポリアナの人生は自分のものだから、ポリアナの好きなようにすればいいと言った。
ストラは、ルクソスとポリアナは素晴らしい夫婦になるだろうと言った。
ドナウ卿は、自分(ポリアナ)の好きなようにすればいいと言った。

二人の結婚に反対する者は一人もおらず、なぜかポリアナはそれが余計に怖くなった。

しかし、ポリアナは自分の欲望を抑えることができなくなった。

__

__

ポリアナはルクソスに突進し、ルクソスを抱きしめた。

管理人halu
管理人halu

!!!!!!!!!!!!!!!!

皇帝もためらいもなく彼女を抱きしめ返した。

管理人halu
管理人halu

ああああああああああああああああああああああ

皇帝の暖かい腕が彼女の体に触れるのを感じた。

ポリアナは目を閉じて、その美しい男に集中した。

この夜が終われば後悔するかもしれないが、
今は……。

ポリアナは目の前のこの男を求めていた。

今だけは…ルクソスを自分だけのものにしたい、と思ったのだ__

皇帝と女騎士 346話 347話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

今は…今だけはああああああああああああ!!!
ギャッ!ギィィイャオオオオオオオオオスオオン‼︎(ハピ★マン島に生息する毒怪鳥

月光射す下での2人だけの静かなダンス・近く距離・完璧な角度・アイノから学んだ母性くすぐる作戦・・

管理人halu
管理人halu

毛布:『そしてわいのアシスト…』

ポリアナの心臓は激しく脈打ちました。

管理人halu
管理人halu

この瞬間を永遠に忘れないって言ってたね・・

身体はルクソスを求めますが、心だけは最後まで抵抗してました・・。

管理人halu
管理人halu

社会的にただの女性に戻ってしまう(壁の中に入る)のが嫌だったことと、そして自分なんかが皇帝と結婚していいかってことだったよね。あとは、ちょっとの罪悪感もあり・・。でもみんなの後押しを思い出して、”今だけは”ルクソスの胸に飛び込んだ・・!!

さてさて、次回も気になります・・!!

 

管理人halu
管理人halu

いつもコメントくださる皆様、本当に感謝です・・!!
ぜひ気軽に書き込んでってくださいませ!!イエイ!

↓↓↓

【皇帝と女騎士 原作漫画1巻】を
U-NEXT無料登録で一気に振り返る!

管理人halu
管理人halu

 本をお手元に置いておきたい方はこちらをどぞ!

次回第348話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 348話 349話ネタバレと感想。承継するもの・しないもの。
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の348話 349話※海外...

コメント

  1. かまと より:

    お願い!!!!!
    このまま何事もなく熱い一夜をパイセンに与えてあげて!
    記憶に残る熱い夜を!!!

    文鎮テクニックがドはまりした今回
    二人のパッションがぶつかり合って…

    いかんいかん、おばちゃん興奮しちゃった。

    次回も楽しみにしてます。

    いつも更新ありがとうございます‼️

  2. マコ より:

    更新ありがとうございます!
    ああ〜ずっと幸せ回です…!何回も読ませていただいています!
    ついに、ついに二人が〜!
    次の更新も楽しみすぎです!

    • まりあ より:

      ピッコマで愛読してました。続きが気になり何度課金しようか迷う日々を送っていました。やっぱり陛下と結ばれるのですね。ずっとポリアナを応援してきたのですごく嬉しいです。来週も楽しみにしてます。

  3. ドナウおばさん より:

    更新感謝です。
    お風呂に入らずに待っていました。
    もうクライマックス一直線ですよね?
    大ドンデン返しなんてないですよね?
    毎日楽しみでなりません!

  4. しほ より:

    更新ありがとうございます!

    やっと、やっとポリアナも自分の気持ちを認められるようになりましたね。
    2人とも良かった!
    前半喧嘩になりそうでどうなることやらと思いましたがw
    楽団も巻き込まれて気の毒です。
    次回もラブラブ楽しみにしています!

  5. 諒子 より:

    haluさん.お疲れ様です。ありがとうございますポリアナ、やっと愛を受け止めましたね!!!めっちゃしやわせやー❣️❣️❣️明日も楽しみ❣️

  6. こここ より:

    恋人たちのやり取りと甘い時間でしたね(///∇///)
    私は、茂みからこっそり覗き見しよう笑

    haluサン、更新ありがとうございます\(^o^)/

  7. なみへい より:

    まさかこのまま外で裸でするタイプの運動を…!?
    眠れません!!!!

  8. ミナミ より:

    あー。読みながらニヤニヤしてます。
    早く続きが読みたい‼︎
    更新ありがとうございます(^^)

  9. くまちょこ より:

    ダンスハラスメント、ワロタ。
    産後の身体は安静にと言いつつ、
    ダンスハラスメントwww

    やっと結ばれた2人に祝福を!
    情熱に身を任せ裸の体操をはじめるのではと妄想してしまうのは真夜中のせい♡♡
    更新ありがとうございます♡

  10. 有海 より:

    更新ありがとうございます!
    何度も何度も更新さてれないか確認しちゃました(笑)
    ポリアナ迷ってますね。。
    自覚してきた気持ちと今までのキャリアを失いたくないっていう気持ち。
    でも今夜だけは♡
    ポリアナに幸せを!

  11. てん より:

    更新お疲れ様です!昔の壁ドンがここで生きてくるとは!!ポリアナもルクソスぱいせんへ気持ちに気付いて今後どうなっていくのか気になります!ダンスハラスメント笑いましたw

  12. ひめ より:

    女性だからこそ悩む「愛のために自分が成し遂げたことをすべて捨ててしまう・・・」不変のテーマ!ポリアナがどう切り開いていくのかが楽しみです。でも、今話の愛を乞う二人の純粋さと謙虚さに涙しました。(感動)更新ありがとうございます。いつもながらナイスアシスト
    !(^^)!

タイトルとURLをコピーしました