【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 328話 329話ネタバレと感想。愛は親友をも裏切る。寂しさと羨ましさと悔しさで身震いするルクソス

【小説版】皇帝と女騎士

今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の

皇帝と女騎士原作小説(ノベル)328話 329話※海外版準拠(ピッコマ漫画版は172話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

過去話を読みたい方へ管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【皇帝と女騎士 原作漫画1巻】を
U-NEXT無料登録で一気に振り返る!

管理人halu
管理人halu

(1巻のポリアナ可愛すぎワロタァ…)

皇帝と女騎士 328話 329話 ネタバレ

の前の管理人のひとこと・・

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 326話 327話ネタバレと感想。レベッカに会いに。イチャつくアイノ・嫉妬に狂うルクソス。
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の326話 327話※海外...

328話

管理人halu
管理人halu

目の前でイチャつくアイノとシーケル(アイノの一方通行のイチャ)を見て嫉妬するルクソス笑 お前ら皇帝の執務室で何しとんねん…。

俺はポルにも同じことをするつもりだからな!
もうすぐだ!そう、とても近いうちに! 今に見ていろ!!

ルクソスは、アイノ卿を羨望の眼差しで見つめていた。

ルクソスは下唇を噛み続けていたが、
ルクソスは(このまま噛んでいると)唇が血まみれになって美しさを保てないことに気付いたため、すぐにやめた。

一方、シーケルは、キスを続ける夫の手を叩いた。

管理人halu
管理人halu

ペシ

その後、彼女は皇帝に近づき、報告をした。

現在、シーケルは2つの役職を兼任している。
メイドたちの長であると同時に、非公式には諜報部員でもあるのだ。
管理人halu
管理人halu

えっ!シーケル情報部隊も兼任してるんだ!

ルクソスは、時々ぼーっとしている兄のディーク卿よりも、シーケルのほうがいい仕事ができると判断したのだ。
管理人halu
管理人halu

お兄ちゃんお役御免・・笑

これまでのところ、ルクソスはシーケルの仕事に満足していた。
彼女は論理的で分別のある女性で、愚かなことを信じない。
管理人halu
管理人halu

愚かなこと=信憑性のない流布される噂、とかだね。

彼女はチャイルとのゴシップに時間を費やしたり、情報部の一部のメンバーのように暗号のようなメッセージを送って楽しんだりはしなかった。

これまでのところ、主に情報収集を行っていたのはディーク卿であり、シーケルは皇帝に報告する中間者として働いていた。

シーケルは非常に有能なメッセンジャーで、皇帝の時間を無駄にすることはなかった。

シーケルは彼に

『陛下、ウィンター侯爵はレベッカ様のお墓に向かっています。』

と言った。

管理人halu
管理人halu

ふむ…やっぱりシーケルの役目はポリアナの状況を逐一ルクソスに報告することか…確かにこういうのは女性の方がやりやすいからね…

『ふむ・・・なるほど。』

皇帝の顔には苦笑いが浮かんでいた。

古都ナナバにある王家の墓所には、自分の祖先の墓がたくさんあった。
しかし、ヤパには一つしかなかった。
それが若き日の妻のものであることは、彼にとって大きな悲しみであった。
管理人halu
管理人halu

・・・。

ルクソスは罪悪感を感じずにはいられなかった。
自分の妻が娘を産んで死んだのに、自分はその娘の親友に言い寄っているのだ。

ただ少なくとも、彼には一つの言い訳があった。
彼のポリアナへの愛は、レベッカとポリアナが友達になるずっと前から始まっていたのだ。

『シーケル夫人、貴族たちは噂にどう反応しているのだ?』

『ほとんどの人が好意的な反応を示しています。純粋に王国のためを思う人たちは、ウィンター侯爵のお身体を心配していますが、結婚自体には反対していません。もっと疑っている人は、これは殿下の力を強めるための策だと思っていますが、そういう人も別に結婚に反対まではしていません。』

怪しいグループの中で最も力を持っていたのはルゾー公爵だったが、ジェラルドのことを聞いた途端、黙ってしまった。

ポリアナが皇帝の後継者を産んだと知るや否や、彼は結婚に大賛成した。

管理人halu
管理人halu

ルゾーよかったよかった。
これあれだね、自分が後継者にならなくて(もっと言えばハゲなくて)済むからだね・・笑

ジェラルドのことを聞いたベンティエ卿も、ため息をつきながら結婚計画について尋ねただけだった。

__

__

元老たちがいなくなった今、皇帝に反対する者は誰もおらず、それはルクソスにとって嬉しい状況だった。

しかし、ルクソスは、貴族たちの反応に疑問を感じずにはいられなかった。

皇帝の新妻という一大事の話をしているのに、誰も意見を言わないのだ。
このままでは、これから先、皇帝が何をしようと反対されることはないだろう。

これは決して慢心しろということではない。
ただ、自分の決断にもっと考えを巡らせるべきだということだ。
もっと慎重に、もっと警戒する必要があるのだ。

管理人halu
管理人halu

独裁政治まっしぐらになりかねないからね。あと、みんなルクソスがいないと何にもできなくなっちゃう。

『私は貴族や民の誰にも強制的に口止めをしたわけではないんだけどな…』

『いえ、陛下。市民は陛下のご決断には思慮深い論理があるのだ、と皆が思っています』

アイノ卿は苦笑しながら

『思慮深い論理?ん?おかしいな。』

と言った。

管理人halu
管理人halu

笑う。
まぁ、確かに本人は“美しさで魅了するのだ!”しか考えてないからね…笑

なんて失礼な騎士なんだ。
管理人halu
管理人halu

笑う。

ルクソスは、アイノ卿に文鎮を投げつけた。

王家の文鎮はとても重く、先がとがっていた。
そんなものを人に投げつけるのは非常に危険極まりないことだが、ルクソスは友人を傷つけようとしたわけではない。

この文鎮を投げつけるのは彼らの習慣だった。

アイノ卿はいつもそれをキャッチして、ジョークとして皇帝にも投げ返していた。

管理人halu
管理人halu

何してんのよ・・笑

ドスッ

しかし、今日は。

文鎮の先端が、アイノ卿の額の真ん中に当たった。

王国至高の騎士は

『アーッ!』

と大きなうめき声を上げた。

ルクソスはショックで叫んだ。

『イノー!』

管理人halu
管理人halu

いやほんと何してんのよ・・笑

シーケルはショックを受けて夫の方に走っていった。

ああああッ!何てことなの…!あなた、大丈夫?!!』

管理人halu
管理人halu

おっ…。

アイノ卿はゆっくりと、
しかしわざと妻の方に身を乗り出し、シーケルに抱きつくようにした。

アイノ卿の動きはあまりにも自然で、皇帝はそれにひっかかりそうになった。

ちょっと待て!! イノがたかが文鎮だけであんなによろけるはずがない!

皇帝は友人を見抜いていたが、シーケルは知らなかった。

彼女は夫を撫でながら、

『陛下!夫の発言が無礼だったのはわかりますが、文鎮を投げつけるのは正しい罰とは思えません!!』

と皇帝に言った。

管理人halu
管理人halu

シーケル見事に騙される。そしてコレが愛の力なのか、皇帝に向かってですら強気…強ぇ。Love is power…

__

__

文鎮を投げ返すという遊びは、皇帝とアイノ卿が二人きりの時にしか行われなかった。

ルクソスは、この状況があまりにも不公平で、言い訳も思いつかなかった。

『私は…』

と言おうとしたが、シーケルは続けて、

『陛下はこの人を停職させることもできたし、彼が許せないと思えば、鞭打ちを命じることもできました。しかし、このように文鎮を投げつけることは、許されることではありません、陛下!』

『だが…』

管理人halu
管理人halu

文鎮:『でも…』

アイノ卿はシーケルの夫であるから、当然彼の味方をしたのである。

それに、今の状況だけを見れば、誰もがルクソスの過ちを認めるだろう。
たとえ皇帝であっても、怒って物を投げるのは良い習慣ではない。

シーケルの腕の中で幸せそうにしているアイノ卿は、苦しそうに額に手を当てた。

管理人halu
管理人halu

幸せそうにしている奴が、苦しそうに・・。笑
たった一行で矛盾するという。笑

皇帝は、友人が演技をしているだけだとわかっていたが、何も言えなかった。

アイノ卿は明らかにシーケルの同情と愛情を得るために全力を尽くしていた。
誰もが知っているように、アイノ卿は最もタフな男だった。
痛いところを見せてはいけないとよく言っていたが、ここではうめき声をあげていた。

アイノ卿は弱々しく妻に言った。

『大丈夫だ…。俺の…せい…だから。』

管理人halu
管理人halu

笑う。

『額に当たったのでしょう…!大丈夫だ、なんて嘘言わないで・・・。』

『少し…めまいがしたような気がするだけだ…』

ああああっ…。

管理人halu
管理人halu

んだよこれ…笑

アイノ卿は、皇帝に知った顔をした。
二人は長い間友人だったので、ルクソスはアイノが自分に何を求めているかわかった。

管理人halu
管理人halu

おっ?

皇帝は歯を食いしばった。

アイノ卿は愛のためには友人すらも裏切るタイプだと冗談で言っていたが、本当にそうなってしまったようだ。

皇帝は寂しさと羨ましさと悔しさで身震いした。

管理人halu
管理人halu

寂しさと羨ましさと悔しさw

ルクソスが最後につぶやいた。

『今日は二人とも早く帰った方がいい。明日までに体調が回復しなければ、アイノ卿は家にいてもよい。シーケル夫人もだ。そなたはアイノ卿の妻なのだから、彼のそばで彼の世話をするべきだ。』

管理人halu
管理人halu

笑笑
アイノ、(シーケルと一緒に居られる)休暇が欲しかった笑笑
なんなら文鎮も自分で当たりにいったろコレ・・笑

確かに、新婚夫婦は明日は一日中ベッドにいるべきかもしれない。

皇帝は寂しさのあまり机をかきむしっていた。

ポリアナが必要なのは、寂しいからだけではなく、彼女と一緒にアイノ卿の噂話をしたかったのだ。

ポリアナがここにいれば、シーケルに何が起きているのかを話しただろう。
ポリアナならば、アイノ卿が妻の面前でどのように嘘をついているかを正確に伝えただろう。

シーケルはポリアナを信頼していたから、騎士を信じていたのだろう。

皇帝は最も忠実な騎士を必要としていた。
騎士のポリアナ・ウィンターだ。
管理人halu
管理人halu

ここで・・笑

彼はすぐに仕事に取り掛からなければならなかった。

もう落ち込んでいる暇はない。親友を見てみろ。 アイノ卿は妻に気に入られるために何でもやっていた。皇帝である親友を裏切ってまで、だ。

ルクソスはアイノ卿を殴りたいと思ったが、親友から学ぶべきことが多いこともわかっていた。

『ポリアナ!!!!!!』

もう、我慢している時間はなかった。

__

329話

ルクソスはポリアナを探しに行った。

ポリアナ・ウィンターは今、ヤパ城の中で最も有名な人物だったので、それほど難しい探索ではなかった。

一方、そのポリアナは護衛と話をしていた。

護衛らはポリアナに

『ボス、あなたの成功の秘訣は何ですか?』
『ボス、起こったことを全部話してください!』
『いつ退職パーティを開いてほしいですか?』
などと尋ねていた。

ポリアナは、個人的な理由で第二師団を見捨てて放置していたことに罪悪感を感じていた。

第二師団の休憩室を訪ねると、部下たちが群がってきた。

第二師団の彼らはポリアナを歓迎し、ポリアナはすぐにドアを閉めた。

彼らは自分たちの上官にたくさんの質問をしたがっていたので、ポリアナは罪悪感から、彼らの好奇心が満たされるまで部屋の中に閉じ込もり、受けて立とうと思ったのだ。

さあ、質問タイムの始まりだ。
管理人halu
管理人halu

ナレーションww

__

__

ポリアナは、自分の部下たちが噂を真に受けていることを知ってショックを受けた。

第二師団の衛兵たちは、ルクソスが自分たちの上官に惚れたという話に夢中になっていた。

『陛下が私に惚れているという噂を本当に信じたのか?…お前たちはアクレアの王室の衛兵だぞ…?』

『でもボス!私たちは王室の護衛であり、皇帝の身辺警護をしていた騎士です!真実を見聞きしていたのですから、信じないわけがありません!』

その噂を聞いた第二師団の衛兵たちは、実は疑っては、いた。

それは、ポリアナが自分たちの上官だからではなく、彼女をよく知っているからだった。

__

__

彼女の護衛たちは、上級貴族たちよりもずっとポリアナのことをよく知っていた。

貴族たちはポリアナを侯爵として知っていたが、彼女の部下たちは彼女を第二師団長という自分たちの上司として知っていた。

実際のところ、ポリアナは侯爵というよりも騎士に近い存在だった。

そのため、最初にこの噂を聞いたとき、部下たちは政治的な目的で流されたものだと思った。

ポリアナが引退するのは寂しいが、皇帝が望むことならば仕方がない。

しかし、この騎士たちはすぐに真実を知ることになる。

第一師団は元の持ち場に戻され、第二師団の騎士たちは皇帝と皇女の保護のために召集された。

皇帝の近くで仕事をしていた騎士たちは、ルクソスが本当に恋をしていて、その気持ちを隠そうともしなかったことをすぐに知った。

皇帝は本当に自分たちのボスに恋をしていたのだ。

管理人halu
管理人halu

実際に悶えるルクソスを見てたのね。笑

もちろん、中には、皇帝の真意を疑う者もいた。
陛下はよほど趣味が悪くない限り、ポリアナのような女性を好きになることはないだろう。

管理人halu
管理人halu

おい。笑

しかし、ポリアナの名前が出てきたときの皇帝の顔は、明らかに彼女への思いが深いことを示していた。

それなのに、なぜ今まで誰も気づかなかったのか。

私たちは知らなかった・・!

騎士たちは知らなかった。
ポリアナ自身も知らなかった。
ポリアナは皇帝と長い時間を過ごしていても、誰も何も疑っていなかった。

ルクソスの告白によると、ポリアナへの恋は、世界を征服した後の崖の上で始まったという。

皇帝が詳細を説明するまで、誰もこのことを知らなかった。

ストラ以外は誰も。

衛兵の中にはまだ疑っている者もいたが、第二師団の中でこの結婚に反対する者はいなかった。

正直なところ、ポリアナは衛兵たちに

『では、結婚式はいつですか?』

と聞かれて、少し裏切られたような気がした。

お前たちは私に引退して欲しいというのか…!?

王国の皇后が軍部の長を兼ねることはできないので、結婚したからには引退しなければならない。

以前は、ポリアナが「もう、引退する」と冗談を言うと、部下は

『ボス、あと30年はここにいてくださいよ。息子が騎士になったときにもボスに教えて頂けるように、ずっとここにいなければなりません!』

と抗議したものだ。

この時期が懐かしい。

ポリアナは副司令官を見てニヤリと笑い、次の第二師団長になるのかと尋ねた。

彼女は、かつて自分が彼の立場だったので、彼の興奮を理解していた。

若者に出世のチャンスを与えることは良いことだと思う。

しかし、ポリアナはどうしても動揺してしまった。

『お前たちは私を退職させたくないのではなかったか…?』

とこぼしてしまった。

いつものように屈強な男たちは、

『ボス、そろそろ幸せになってくださいよ。』

と笑顔で言った。

管理人halu
管理人halu

ええなぁ…。

__

__

またかよ!幸せ・・・バカみたいに”幸せ”“幸せ””幸せ”・・・。
管理人halu
管理人halu

グゥ・・。

騎士たちは、彼女に「そろそろ幸せになってください」と言った。

幸せになる必要があると。
じゃあ、今までずっと不幸だったってことなのか。

ポリアナは、

『じゃあ、陛下と結婚すれば幸せになれるのか?』

『そうですよ!むしろ、なぜそうならないのでしょうか?!
あの若くて美しい唯一の皇帝がボスに恋しているのですから!』

ポリアナは、若くて美しい女性の愛があれば全て彼らを幸せにするかどうかを尋ねたかったが、気にしなかった。

管理人halu
管理人halu

なるほどね・・確かに・・。

彼女は答えを知っていた。
男たちは皆、うなずきながら、そんなことを言えば“きっと幸せになれる”と言うに違いないからだ。

そして部下は口々に騒ぎ始めた。

『ボス!ご自身の年齢を考えてください。男があなたを好きになる最後のチャンスなんですよ!』

『頼みます! 真剣に考えてください!』

『でもあの医者は?』

『金目当てだったんだろう 陛下は純粋にボスを愛している!』

『信じられない! 皇帝の趣味は変わっている。なぜ皇帝はボスに恋をしたのか?!』

『男と女が長い間、多くの時間を過ごしていると、時には愛が芽生えることがあるのさ!』

『でも、私たちはボスと長い時間を過ごしても恋に落ちなかった!!!

管理人halu
管理人halu

最後・・笑笑

ろくでなしどもが…。

もうポリアナが自分たちの上官にならないことを知っていたから、こんなに無礼なことを言っているのだろう。

ポリアナは、

長い間休んでいたから、親切にしようと思っていたのに、これではダメだ。

と困っていた。

懲らしめてやらないと…。

と。

管理人halu
管理人halu

ガクブル:(;゙゚’ω゚’):
今日は申し訳ないから全部の質問に受けて立つってあなた言った…ガクブル:(;゙゚’ω゚’):罰しにきたんじゃない…ガクブル:(;゙゚’ω゚’):

__

__

彼女が彼らに何かしらの罰を命じようとしたとき、突然、ドアがノックされた。

コンコン…

扉は許可を得ずに開かれたが、部屋に入ってきたのは王国で最も美しい存在だったので、騎士たちは誰も侵入者に腹を立てることができなかった。
管理人halu
管理人halu

き・・・た・・・笑

妖精にも似た金髪の人物が現れ、『ポル卿はいるか?』と尋ねた。

騎士たちは皆、すぐに膝をついて、

『陛下にご挨拶をおお!!』

と叫んだ。

衛兵たちはショックを受けて、「ああ、大変だ!」と思った。

『陛下は俺たちのボスに会うためにわざわざここに来たのか!!』

と。

思いがけない出来事に、男たちは興奮した。
今夜家に帰ったら、妻にこのことを話そうと。

衛兵たちがニヤニヤしている間、ポリアナは皇帝を直視することができなかった。

昨日の着飾った姿を見て、その美しさにはもう慣れたと思っていたが、それは間違いだったことに気づいた。

今日のルクソスはさらに美しかった。

皇帝と女騎士 328話 329話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

美しさの化身・ルクソス更にキメてキタアアアア!!笑

序盤ではアイノとシーケルの戯れ(イチャ方向は不可逆)にイライラしていたルクソスがアイノのいつものジョークに思わず文鎮を投げつけ、アイノがぶっ倒れる事態に・・笑

管理人halu
管理人halu

絶対わざと当たりにいった・・笑
“アーッ!””イノー!”には笑ったわ・・笑
アイノにかかれば文鎮は休暇を取るための、道具。
でもシーケルは見事に騙されて、アイノを必死に看病してた。愛からなのかルクソスにも怯まずにシーケルは”これは、いけません!”って言ってたよね。

アイノの魂胆が全て分かったルクソスは仕方なくアイノとシーケルに休暇を出します。笑

管理人halu
管理人halu

てゆかシーケル情報部隊も兼任してたんね。ポリアナの情報筒抜けかぁ…シーケル優秀だからな…。でも芯はある人だから言うべきでないことはちゃんと言わなそう。

そして、この状況を見てポリアナが更に恋しくなるルクソス・・。

管理人halu
管理人halu

この後キメに(オシャレしに)行ったんだろうね。
そしてポリアナが自分の衛兵たちに質問コーナー(という名の懲罰選考者会議)してる時にキメッキメで入ってきた。

思わずその美しさで目も合わせられないポリアナですが・・

次回も気になります・・!!

 

管理人halu
管理人halu

いつもコメントくださる皆様、本当に感謝です・・!!
ぜひ気軽に書き込んでってくださいませ!!イエイ!

↓↓↓

【皇帝と女騎士 原作漫画1巻】を
U-NEXT無料登録で一気に振り返る!

次回第330話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 330話 331話ネタバレと感想。それだけで、もう幸せだ。
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の330話 331話※海外...

コメント

  1. NORA より:

    更新ありがとうございます!

    早く明日にな〜れ(笑)
    ポリアナにソッポ向かれればいいなんて思ったけど、沢山の花を背負ってもっと行動力見せて欲しい♬
    いや〜、アイノいい仕事してますね!

    • マシュマロ より:

      今回も笑わせていただきました。ありがとうのざいます!!

      アイノの 惚気イチャイチャがルクソスへの見せつけでもあり、煽りでもあるようで微笑ましい(笑)

      ジェラルドの親友?となるべくBABY誕生も早く見られるのかな?なんて期待しちゃいますね。

      妖精に似た金髪男は何を見せてくれるのか…次も楽しみです(^-^)/

  2. より:

    ル「だが、、」
    文鎮「でも、、」
    やめて文鎮まで言い訳しないで笑笑笑
    haluさんのコメントいつも笑いすぎて!笑

    今日も更新ありがとうございます♪

  3. 毎日続きが楽しみで待ってる より:

    陛下に媚びつらう事もなく、対等に冗談を放てあえる親友がいて
    本当に良かったです。アイノの演技に大ウケでした。
    シーケル、自分の夫が演技派っていつ気がつくのかな?笑

  4. ドナウおばさん より:

    更新ありがとうございます!
    アイノはまさしく【愛の狂戦士(バーサーカー)】ですね。
    文鎮に自らあたりに行き、しかもおでこで受けるとはw

  5. amabile より:

    寂しさと 羨ましさと くやぁしぃいさと~~~♪♪(字足らず)

  6. 諒子 より:

    haluさん、今日もありがとう。ポリアナ愛されてますね❣️自分の気持ちが隠せなくなったルクソス可愛すぎる❣️ ルクソス、孔雀は良いから、素直に愛を〜!!

  7. ラム より:

    更新ありがとうございます。
    ニヤニヤが止まりません~

  8. こえだ より:

    更新ありがとうございます!

    当たり屋アイノ卿ウケます(笑)恋がこんなにも人を変えるとは…

    次回も楽しみです♪

  9. しほ より:

    更新ありがとうございます!

    アイノ、イチャイチャの為なら手段を選ばないですねw
    何かシーケルに責められる陛下が気の毒です。
    次こそポリアナと仲良しシーンが見られるかな?陛下とポリアナのやりとりが大好きです。

  10. ひめ より:

    halu様、ツッコミ絶好調で楽しい回でした笑。アイノ卿のお陰で、鏡とにらめっこしてる場合ではないと気づいた陛下の次なる一手はどうなる?ワクワク♡ポリアナは目を合わせられないくらい意識しだして…いよいよ恋のはじまり?(〃ω〃)続きが待ち遠しい~~~っ 笑

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました