【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 14章134話135話ネタバレと感想。第一近衛隊隊長に就任したアイノとルクソスのすれ違い

【小説版】皇帝と女騎士

今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の

皇帝と女騎士原作小説(ノベル)134話135話※海外版準拠(ピッコマ漫画版は79話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
またhaluの解釈が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

皇帝と女騎士 134話 135話 ネタバレ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 14章132話133話ネタバレと感想。ポリアナに爵位が与えられ・ルクソスの宣言『アクレアの帝国の首都をナナバよりヤパに移す』
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の132話※海外版準拠(ピ...

134話

アイノ卿を隊長とした、第一近衛隊は厳選された騎士たちで構成されていた。
隊長のアイノ・セキは、
部隊をその人柄や家柄、階級などは一切考慮せず実力主義で選んでいた。

管理人halu
管理人halu

そのため、騎士たちはみんな優秀だけれど、
人格・性格がヤバいものたち揃いだった。笑

ポリアナはそんなアイノに似た人間たちが集まる第一近衛隊を面白おかしく見ていた。

__

心機一転、騎士団の紋章も刷新しようと
ルクソスは騎士団の紋章を
”忠誠心と勇気を象徴とする犬のデザイン”にするよう依頼
していたが、

アイノ卿が持ってきたその紋章のデザインは…明らかにトカゲ、だった。

『犬はどこにいったのだ!』

ルクソスは思わず声を上げた。
このトカゲのデザインは不愉快に巨大で、まるでワニのようにも見えた。

管理人halu
管理人halu

爬虫類苦手なルクソスにトカゲとワニ・・笑

するとアイノは声をあげた。

『いいですね!ではこれからこの紋章をワニ犬と呼びましょう!

我々騎士団は犬の忠誠とワニの獰猛さで皇帝に仕えるのです!』

管理人halu
管理人halu

ワニ犬!!笑
あとトカゲどこいった笑

___

アイノ卿は自分の周りに未婚の男性が少なくなってきていることに徐々に気付き始めていた。

彼は………一人になりつつあった。
以前は仕事が終わった後、一緒に飲みに行ったり、
街を楽しんだりできる男性がたくさんいたが、今は状況が変わってきいた。

管理人halu
管理人halu

みんなツレなくなってきたわけね。
本人も40歳を超えてから結婚すると言っていた手前もあるし・・

ハウとドナウが婚約したこともあり、2人は新しい家を設け離れていく。
アイノはハウがいなくなることを残念がっていた。

管理人halu
管理人halu

ハウは優秀は騎士だったからね。

またアイノはルクソスが周りの貴族たちと談笑している最中でさえも
ポリアナのことをチラチラと見ているのに気付いていた。
これはアイノ以外誰も気付いていないことだった。

男性貴族とポリアナが会話するのをずっと見ているルクソスを見て、
アイノがルクソスが何を考えているのかがわかり、憤りのあまり首を振った。

管理人halu
管理人halu

ルクソスがポリアナに近づく男たちに嫉妬している、って考えているアイノ。

先ほど、ワニの犬の件で皇帝をに無礼を働いたことに、
少なからず罪悪感を感じていたアイノだが、
今ではルクソスに同情する気持ちは全くなくなっていた__

管理人halu
管理人halu

自分で言ったのに引きずってたアイノ。笑
でもなんか不穏な空気が少しするわね・・

__

__

135話

新首都が設立されたヤパではアクレアの各地域からヤパへ皇帝への献上品が届き始めた。

そんな献上品の背景の意味には、
各地域の貴族たちはルクソスが未婚であることを知っていたので、
自分たちの娘が妻に選ばれるよう祈って贈答品を送っていたのだった。

実際に各地域からがルクソスの側室になろうと、
様々な貴族の女性たちも来訪していた。

管理人halu
管理人halu

中には13歳のまだ女の子が訪れることもあって、
ルクソスが”俺はそういう趣味はない!”って怒鳴るシーンも。笑
みんな妻じゃなくて側室だろうと、皇帝に気に入られようと必死。

そんななか、側室候補の女性に紛れて
スパイや皇帝暗殺を目論む輩が出てきても不思議ではない、
と考えたルクソスはポリアナに主に女性の部屋の警備を依頼した。

管理人halu
管理人halu

騎士たちが入れない女性の部屋が暗殺者も一番隠れやすかったりするからだね。

ルクソスはポリアナを愛していたが、
そんな彼女に、将来の妻候補(側室)を警備してもらうなんて変な話だったが、
彼女を置いて他に適任はいなかったので、ポリアナに依頼するしかなかった。

『お前は女性だから、
周りの側室候補たちもリラックスできるだろう。
そして側室候補たちはお前を過小評価しているはずだから、
お前のことをより信頼するだろう。』

『えぇ、陛下。
私を頼りにしてください。』

『…失望したか?』

管理人halu
管理人halu

ルクソスの護衛ならまだしも、”ルクソスの側室候補”の護衛、だからね。ポリアナからしてみたら感情的にもいやだろうし、立場的にも降格されたと思ってもおかしくないよね・・。

『いえ、陛下にお支えできるのであれば何をしようと構いません。
お役に立てるのであれば、それだけで充分です。』

__

一方で皇帝ルクソスの護衛は第一近衛隊に任されることになった。
ポリアナは不信感を持ってアイノ卿を見ていた。

『陛下をよろしくお願いします。』

確かに武力面では彼が一番だと知っていたが、皇帝の友人でもあるため、
ポリアナはアイノ卿が時折ルクソスを困らせていることに気付いていた。

そんなアイノもポリアナを見てこう言った。

『えぇ、陛下の護衛は以前より”私の”仕事なので、お任せください。』

管理人halu
管理人halu

もともとポリアナはルクソスを護衛してたからね・・
バ、バチバチやぁ・・!!

ただポリアナの今の仕事はルクソスの側室たちを守り、
スパイや暗殺者を見つけ出すこと。

管理人halu
管理人halu

納得がいかない心境だったが、その場を立ち去るポリアナ。
アイノと2人になったけど、じっとポリアナがいた場所を見ているルクソス。

一方でアイノは大陸一の権力者であるルクソス
どんなに力を持ったとしても愛する人間と結婚することすらできない現実を皮肉めいて見ていた。

その視線に気付いたルクソスはアイノに呟いた。

『お前は私に何をさせたいのだ?思い通りに元老会の奴らを皆殺しにするのか?
そして、ポリアナを早く私のベッドに連れて行けというのか?

アイノ、それはするべきではない。
私はこれまで充分に血を流してきたし、これ以上は望まない。』

『しかし 殿下には私がいます。御命令くだされば私は何でもします。
必要ならば誰でも殺します』

ルクソスは弱々しく微笑んで、

『私はいつもポリアナを困らせ、いつも彼女を失望させてしまう。
彼女は表には出さないが降格されたことに動揺しているに違いない』

アイノは不機嫌そうにため息をついた__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

皇帝と女騎士 134話 135話 感想・考察

なんだかアイノから不穏な空気を感じるのですが、大丈夫でしょうか。

管理人halu
管理人halu

アイノとしては武力で国を統一して欲しいのに、
ルクソスはポリアナのことばっかり気に掛けて、なんだか不服そうだよね。

今話ではアイノとルクソスのすれ違いが徐々に起きつつありますね。

管理人halu
管理人halu

これアイノがは第一近衛隊の隊長ってのも結構危ないよね。
なんだかやばいやつ揃いなのに、一番皇帝の近くにいるっていう。

まぁアイノとルクソスは長年のパートナーなので何事もないことを祈りますが・・!
一方、ポリアナとアイノの対立は広がるばかりですね。笑

管理人halu
管理人halu

今回はアイノに焦点が置かれた話だったけど、
アイノの周りの仲間たちはみんな結婚してアイノと付き合いが悪くなっていって、長年連れ添っているルクソスまでも、ポリアナと結婚して離れちゃうのでは・・?っていう不安がどうやらアイノにはありそうだよね。

次回も気になります!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第136話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】皇帝と女騎士 14章136話137話ネタバレと感想。ルクソスの妻候補3人決定・皇后は?ポリアナへの想い。
今回はピッコマで連載中のTeam IYAK (winter・heyum) / G.M先生の 「皇帝と女騎士」原作小説(ノベル)版の136話137話※海外版...

コメント

タイトルとURLをコピーしました