【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 253話 254話ネタバレと感想。エピローグ。または、新しい物語の始まり。

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す原作小説版 253話・254話(漫画版は81話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

電子書籍

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を今すぐ無料ポイントで読む

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 253話 254話 ネタバレ

・・・の前の管理人のつぶやき。

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 251話 252話ネタバレと感想。アリア復讐楽章の総仕上げ。ロースチェント家の滅亡。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版 251話・252話(漫画版は80話?)を読ん...

253話 エピローグ

管理人halu
管理人halu

アリアの最終復讐劇のミエールが前話で断罪されて・・ここから終楽章“エピローグ”始まります・・(本当の最後だ・・。

あれほどまで必死に願っていたことが成就したのだが、ミエールが処刑されてからのアリアの生活や世界には、まるで最初から何もなかったかのように大きな変化はなかった。

そんな些細なことは何でもないかのように、世界は静かに流れていた。

誰かにとって、時間を巻き戻すほどの価値のあるものは、
また別の他の誰かにとっては何の価値もないものだったのだ。
管理人halu
管理人halu

・・・深いわね・・。

だからこそ、アリアはもはや過去に縛られることなく、時代に適応し、いつものように新しい事業家を発掘して支援し、貧しい人々に学びの機会を提供し、更なる富と名誉を築いていった。

そうこうしているうちに、帝国の空席はアリアが育てた者やアースが支援している者で少しずつ埋められていき、混沌としていた状況は徐々に安定を取り戻していった。

管理人halu
管理人halu

帝国の空席=アースが断罪した”貴族派”たちの代わりにアカデミーの卒業生たちをその地位に就かせたってことだね。

アリアは時折限られた時間を見つけては、部屋の中でこっそりとアースに会っていたが、ようやくちゃんとした時間をとって外で会うことができる日が来た。

管理人halu
管理人halu

おっ。

そして、慌てて出かける準備をしていると、カリンが現れ、すでに開いていたドアをノックした。

『今、大丈夫?』

『…今?』

アリアが「大丈夫じゃないのだけど…」と眉をひそめて聞き返すと、カリンは渋々ながらも頷いた。

『・・・そうね、後で話した方がいいかしらね?』

『…』

アリアは「はい」と言いたかったが、
カリンは何か大きな決断をしたのか、目はおどおどと、動揺し動いていた。

管理人halu
管理人halu

ふむ。。

だから、”後にしましょう “とは言えなかったのだ。

アリアから肯定の言葉が出ると、カリンは急いでメイドたちを外に出した。

その全員が出ていくのを確認したカリンは顔を赤らめて指を触りながら、ゆっくりと口を開いた。

『あ、あのね……私、離婚したばかりで、こう話すのも何なのだけど……』

管理人halu
管理人halu

これは…!!!

カリンが話し終える前に、アリアは彼女が何を言おうとしているのかを理解した。

再婚、するのね?』

…え?えーと…?えーと・・・うん・・・』

管理人halu
管理人halu

きたああああ!笑
よかったね、カリン。

別に今更真新しいことではなかった。
ほぼ毎日、カリンはクロエと一緒に過ごしていた。
むしろ、なぜすぐに再婚しないのか不思議に思っていたので、アリアは頷いて肯定の意を表した。

『お母様の人生なんだから、好きにすればいいじゃない?』

管理人halu
管理人halu

うむ!

カリンは、お金や地位に執着する必要がなくなった今、自分の人生を精一杯楽しめばいいのだ。

しかし、アリアの許可を得たにもかかわらず、
カリンはまだ言いたいことがあったのか、下唇を噛みながら目を丸くした。
管理人halu
管理人halu

ふむ・・。

『ねぇ、アリア…』

『…?それだけじゃないの?』

アリアは何気なく答えた。

出かけなければならないからと再びカリンを促すと、カリンは大きく息を吐いて慎重に口を開いた。

…再婚したらクロア王国に行こうと思っているの…一緒に来てくれない?

管理人halu
管理人halu

うわ・・本題こっちか・・だからちょっとおどおどしてた目をしてたんだね・・。

カリンの言葉にアリアの顔は固まった。

『クロア王国に…?』

『ええ…、あなたはまだ未成年だから、私と一緒に動いた方がいいと思うのよ…。それに、あなたを置いて一人でクロア王国に行けるわけないでしょう?ピアスト侯爵はきっとあなたを待っていると思うわ…それに…本当の家族の人たちにも会った方がいいんじゃない?戸籍の手配もしないといけないし、クロア王国の他の貴族たちにも顔を見せないといけないし…。クロエが侯爵の称号を継げば、一族の血を引くのはあなただけになるわ。それに…』

管理人halu
管理人halu

アリア侯爵夫人になるわけだね。。
でも…クロア王国の地位と帝国の地位の格差はわからんのだけど、皇太子妃(後の皇后の可能性)の方が絶対上だよね・・?

覚悟を決めて話しているようなカリンとは違い、アリアはまだ冷たく、何の反応も示さなかった。
ここでカリンいきなりクロア王国に帰り親族に会うべきだ、と言ったからではない。
アースがこの状況を恐れていたからである。
…アースが知ったら、とてもがっかりして、悲しむでしょうね…。
管理人halu
管理人halu

アリア・・。

そう考えて何も答えないと、カリンは話をやめてアリアを呼んだ。

『アリア…?聞いてる…?』

『あ…うん…。』

『もしかしたら嫌なのかもしれないけれど…、ずっとクロア王国に、なんて言わないわ。ただ…、一度会って欲しいだけなの。それにあなたのためでもあるのよ…?戸籍の手続きも必要だし…。』

『・・・。』

アリアの返事が無くなったことに気づいたカリンは、
これはすぐには答えられない問題だとも察し、静かに部屋を出て行った。

管理人halu
管理人halu

“行くだけ”ならワンチャンあり、なのかな…
でもそれでもアースは不安だろうね…。

__

__

そろそろアースが到着する時間だった。
しかし、アリアはメイドを部屋に呼び戻そうとも思わず、一人で考えに耽っていた。

カリンが言ったように戸籍を整える必要があったのだ。
ピアスト侯爵の孫娘として、平民のままでいるよりは、いろいろな意味で有利になるだろう。
もちろん、平民のままでも差別や厳しい扱いを受けることはなくなったが、さらなる将来を考えればその方がいい。
平民から皇太子妃になるよりも、異国の侯爵家のお嬢様であった方がいいのだ。
管理人halu
管理人halu

なるほどね。そういうことか。
平民からいきなり皇太子妃だと、また反皇太子派(いるとして)に”平民の血が混じる!”とかどうこう言われそうではあるしね・・。

・・だったら、戸籍の手続きだけ終えてクロア王国からすぐに戻ってくればいいんじゃない?
うん…時間もかからないし、アースも理解してくれるはず…。

アリアはそう思った。

利用できるものは利用した方がいい、と。

管理人halu
管理人halu

・・でもなんか不穏ね。クロアから出られなくなったり、とかさ・・。(あれ?てゆかこれエピローグ だよね?笑 この伏線とか回収できて終わるの??笑

カリンの再婚はすでに決まっているので、どちらにせよそれに立ち会うためにクロア王国を訪れる必要があった。

管理人halu
管理人halu

2人の結婚式はやるんかね?

なら早く解決した方がいい結論に達したアリアは、窓から聞こえてきた馬車の音ですぐに席を立った。

『あら?アリアお嬢様?そのままお出かけですか?』

アニーは、アリアがメイドを呼び戻さず、着替えも済ませていないことを不思議に思って尋ねた。

『えぇ…あまり時間もないし、アース様もすぐにいらっしゃると思うから。』

アリアは曖昧な返事をした。

とにかく朝から忙しかったので、あとは髪を少し梳かしたり、似合うアクセサリーを探したりするくらいしかできなかった。

そんな無駄なことをしている場合ではないのだ。
とにかく、アースに大事な話をしなければならないからだった。

『でも…』

『大丈夫。』

『・・・わかりました、お嬢さま。』

馬車はまだ到着していなかったが、アリアは急いで階下に降りた。

アースの馬車の姿が太陽を反射して、素早く屋敷に近づいていく。

あまりのカラフルさに目が痛くなりそうだったので、アリアが着付け無しで出ていくことで悲しげにについていったメイドたちは、すぐに残念そうな顔を払拭し笑顔になった。

『おや、私に会いに来てくれたのですね…!』

やがてアースの馬車が到着したが、
先回りして待っていたアリアを見て、アースは嬉しそうに笑っていた。

それは、もう心配事などないかのような心地よい笑顔だった。

『…??そのお顔色はどうしたのです?』

管理人halu
管理人halu

アースすぐ気付く。イケメン。

『ううん、なんでもないです。』

しかしすぐに、アリアの表情がおかしいことに気づいたアースは顔をしかめた。

アリアは「なんでもない」と言ったが、彼はそうではないことを知っていた。

『・・・そうですか。』

アースは否定するアリアに手を差し伸べた。

納得したと言いながらも、後で理由を聞くような顔をしていた。

__

__

そして、アリアはアースの手を取り、アースの護衛付きの馬車に乗り込んだ。

すると、屋敷に来たときとは違って、馬車はとてもスムーズに、そして慎重に動き始めた。

このゆっくりとした動きは、久しぶりに会った二人が親しく話ができるようにとの運転手の配慮のようだった。

しかし、そんな運転手の心遣い虚しく、馬車の中では気まずい雰囲気が漂っていた。

それは、アースがアリアが隠していた話を持ち出すのを待ち、アリアがどう話そうかと考えていたからだ。

『・・・。』

『・・・。』

管理人halu
管理人halu

・・・。

会話は完全に止まり、馬車が静かになったので、タイミングを測っていたアリアは慎重に口を開いた。

『…私、クロア王国に行かなくてはならないの。』

『・・・!!!』

彼女の言葉に、アースは息を飲み込んだ。

それは、それだけは、しないでほしいと思っていた。
管理人halu
管理人halu

・・・アース・・。

しかし、そんなことは言えず、口をつぐんでうなずいた。

実父に会った以上、いずれは実父の家族に会いに行かなければならない。

それは当然のことである。

しかし、本人が納得しているのとは裏腹に、残念に思っているのも事実で、その表情はかなり暗いものだった。

『母はこのまま再婚すると思います。なので結婚式が終わったらすぐに戻ってきます。こちたの仕事もたくさんあるので、どちらにせよクロア王国には長くいられません。』

アリアはその後も、言い訳をしようとした。

『いいえ…いいことなのですが…』

しかし、そう思っていないかのように、彼は非常に重要な答えを出した。

アースは、アリアがそうできない状況を想像しているようだった。

『どうか心配しないで、大人になる私にプレゼントを用意して待っていてほしいのです。もうすぐ18歳の誕生日なんですから。』

管理人halu
管理人halu

・・・アースを待たせた上にプレゼントまでねだっちゃうアリア。(まぁアースを安心させたいんだろうけどね笑

その結果、アリアは優しく微笑んで話題を変えた。
18歳の誕生日は、アリアがすべての抑圧から解放される日だった。
それは、アリアとアースが長い間待っていた日でもある。

アースの不安を解消するために、アリアが期待しているプレゼントのことを囁くと、彼は呆然と言葉を失ってアリアを見つめていた。

『…前にもお話しましたが、この馬車よりも、とても豪華で壮大なプレゼントを楽しみにしていますよ?』

管理人halu
管理人halu

・・・更にそのうえ、豪華で壮大なものをねだっちゃうアリア。

すると、アリアが話し終える前から、アリアの手を握っていたアースの手にしっかりと力が込められた。

彼の目の瞳孔が濃紺になり、耳の先が赤くなっているのが見えた。

アリアが微笑むと、アースは意識を取り戻し、握っていたアリアの手にキスをしながら答えた。

『・・・馬車とは比べ物にならないくらいの、素敵で色鮮やかなプレゼントをご用意します。』

『えぇ、楽しみにしていますね。』

アリアは本気でそう思っていた。
(過去と足し合わせて)約30年ぶりに会う親戚に会うよりも、彼の贈るプレゼントに期待していた。

そもそもクロアに旅立つのは、アースと少しでも幸せになるためだったからだ。

管理人halu
管理人halu

爵位を手に入れてから、スムーズに皇太子妃に、だね。

そして、アリアは生前、家族や親族に愛情を感じたことがなかったので、本当に簡単な手続きをすれば戻ってこれると信じていた。
管理人halu
管理人halu

“いた”・・?
だから不穏なナレーションはなんなのよ・・笑

__

254話

クロアへの出発日は、アリアが思っていたよりも早く予定されていた。

まるで母親が最初にすべてを決めて、アリアに通知したかのように、すでにすべてが決まっていたかのような速さだった。

ただ、アリアには特に不満はなかった。
それは、カリンがいつもそうしていたからだ。
アースは「早すぎる」とがっかりしていたが。

管理人halu
管理人halu

アースに笑う。
でも・・どれだけ行く予定なんだろうね。

『本当は隠れてでも一緒に行きたかったのですが…、安全な旅を願っていますね。』

そして出発の日、
アースは丁寧な見送りをアリア一行にしながらアースが手配した騎士たちも、まるで一国の代表団のように頭を下げて敬意を表した。

ピアスト侯爵家からの騎士や使用人も、相当な人数であった。
アースが心配して手配した人たちも加わって、一国の代表団といえるほどの大所帯になったのだ。

管理人halu
管理人halu

すげぇね・・笑

『すぐに戻ってきますから。心配しないでください。』

馬車に乗り込む直前、暗い顔をしたアースに近づいたアリアは、彼の手を取った。

それでもアースの心配は尽きないので、
アリアは踵を上げてアースの頬に優しくキスをした。
管理人halu
管理人halu

オッフ。

『・・・・!!!!』

みんなの前でアリアからこのような行動をとったことないので、驚いてアースはアリアを見ていた。

『アースさん、どうか私のことは心配しないで、そして、”例のモノ”は期待していますね?』

『アリアお嬢様にここまでして頂いて、このまま暗い顔でいるわけにはいきませんね。』

管理人halu
管理人halu

素敵ね。

それでも、アリアの旅立ちを惜しむように、短いため息をついて、アリアを精一杯抱きしめながら「お任せください。」と約束したのだった。
管理人halu
管理人halu

いやー、アリア旅立ちか・・。
アースのプレゼントも気になるけど、クロア王国編ここから始まるのか・・?紙幅大丈夫・・か・・?

__

__

『あぁ…もう!なんてロマンチックなんでしょう…! ボブーン男爵も見習ってほしいものです…!!』

アニーは、全力で走り出した馬車の中で、
アリアを抱きしめていたアースを思い出し、何度も感嘆の声を上げた。

長い距離を移動しなければならないので、アリアはわざとカリンとは別の馬車に乗った。

しかし、主人の安らぎを第一に優先するべきメイドが、なぜその主人を悩ませているのだろうか。
管理人halu
管理人halu

アニーに黙って欲しいって思ってるアリアに笑う。

読んでいた本に蓋をしたアリアは、困ったようにこう答えた。

『アニー?私にはジェシーがいるから、ついてこなくてもよかったのに。』

管理人halu
管理人halu

笑う。

『お嬢様が遠征されるのに、どうして私は屋敷に残っていられるというのです!?』

『でもあなた、その間にボブーン男爵に会うことができないじゃない?』

どんなに短い旅でも、国境を越えるには最低でも1ヶ月はかかることは明らかだった。
管理人halu
管理人halu

予定では1ヶ月以上か・・

アリアの言葉に、アニーはとても残念そうに眉を下げて声を上げた。

『お嬢様…!?ボブーン男爵よりもお嬢様の方が何倍も好きです…!!!』

『・・・わかった、わかった。じゃあ静かに行きましょうね。』

アリアの一見迷惑そうな返事とは裏腹に、アニーはしばらくアースの話をしていた。
アリアは何度も冷たく注意していたが、何の役にも立たなかった。
管理人halu
管理人halu

笑う。

しかも、その2日後には、間もなく皇太子妃となる侯爵家の娘であるアリアを褒める言葉に変わっていたので、堪え性のないアリアは結局、カリンの馬車に移ってしまった。
管理人halu
管理人halu

笑う。

__

__

アースとアリアの二人が移動したのと違って、アースの能力が使えず、また人も多かったので、クロアに到着するまでに一週間以上かかった。

そして、ピアスト侯爵家の屋敷に到着するや否や、
二人を迎えに来たクロエが、馬車から降りたカリンを真っ先に出迎えた。

『カリン!遠いところ苦労して来てくれたんだね。直接迎えに行けなくて、本当にごめんな?』

『何を言っているのよ?
いろいろと準備しなければならないことがあったはずでしょう?』

明るい顔でクロエに答えたカリンは、
平静を装いながらも、背後に広がる大邸宅を見て、唾液を飲み込んでいた。

それは、馬車からカリンを追いかけてきたアリアも同じだった。

帝国でもない王国の侯爵家が、どうしてこんな立派な屋敷を所有しているのよ・・。

そのステータスは、かつてのプレデリック公爵の邸宅に匹敵するものだった。

管理人halu
管理人halu

へーーー!!!

『こちらへどうぞ。お待ちしておりました。』

アリアとカリンが屋敷への感嘆の言葉を飲み込んでいる間に、クロエの後ろからピアスト侯爵とその妻、バイオレットがゆっくりと歩いてきた。

『この子が・・・アリア・・。クロエの子・・・』

初めてアリアに会ったバイオレットは、すでに一度アリアに会っているピアスト侯爵とは違い、今にも泣き出しそうな表情をしていた。

どうして私に向かって、あんなに悲しげで感傷的な表情をしているの・・?

アリアにとっては、とても見慣れない顔だった。

アリアに近づいたバイオレットは、

『手を…お取りしても…?』

と、とても慎重に尋ねた。

『えぇ、奥様。』

アリアが穏やかに頷くと、バイオレットは微かに震える手を差し出し、アリアの手を取った。

『あぁ…なんて美しい…私にはこんなに美しい孫娘がいたのに、全く気がつかなかった…どうしてこんなことが…!』

管理人halu
管理人halu

おばあちゃん・・。

そして、バイオレットは自分の頬に手を当てて泣き、アリアは生まれて初めて感じたとても不思議な感覚に、そしてバイオレットの泣き顔に言葉を発することができなかった。
管理人halu
管理人halu

アリアにとって初めてのおばあちゃん、だもんね。

そうしていると、

『奥様、アリア様は今来たばかりです。
今夜はアリア様のためにご用意したお部屋にご案内してはいかがでしょうか?』

と執事が声をかけた。

『えぇ…、えぇ、そうさせていただきます。
お嬢様、そうさせて頂いてもよろしいですか?』

『…お願いします。』

断る必要はないので、お願いしますと答えると、バイオレットの顔が明るくなった。

『あぁ…!お部屋を案内することがこんなに喜ばしいことなんて…!』

バイオレットだけでなく、ピアスト侯爵もかなり満足した様子だった。

再会の喜びを分かち合ったクロエとカリンも、柔らかい笑顔でバイオレットとアリアを見つめていた。

『見通しの良い部屋なのよ。
暖かい日差しがたくさん入ってくる。気に入ってくれるといいんだけど…。』

そう言ったバイオレットは、とても興奮した様子だった。
まるで、今日をずっと待っていたかのようだった。

いつの間にか再び手を握ったバイオレットの手に引き寄せられて、握られた手にアリアは赤くなってしまっていた。

使用人の手を借りなければ開けられないような大きな扉をくぐると、アンティークな装飾が施された室内が一目で目に飛び込んできた。

金や宝石で作られた装飾品はなかったが、その一つ一つに手が込んでいて贅沢なものであることがわかった。

それらを横目に階段を上ると、バイオレットが用意した部屋にたどり着いた。

彼女がアリアのために用意した部屋は、この屋敷の最上階である3階にあった。
彼女が言うように、屋敷の周りの景色は美しく、周囲を見渡すことができた。

帝国で使われていた部屋の2倍はありそうな広い部屋には、女の子が好きそうな柔らかい色や曲線の家具が整然と配置されていた。

バイオレットは、アリアが自分の飾った部屋を気に入ってくれたことに気づくと、明るい笑顔で

『食事の準備ができたらメイドを送りますね。それまではゆっくり休んでいてください。』

『…はい。』

それでも出て行くのをためらっていたバイオレットは、アリアに休めと言った後もじっとアリアを見つめていたが、扉を閉めて、そっと手を握ったピアスト侯爵と一緒に消えていった。

管理人halu
管理人halu

おばあちゃま、ありがとうね。

__

__

『ああ、なんてことですか…! お嬢様…!?私はこんなに美しい部屋は見たことがありません…!』

扉が閉じられて外から遮断された途端、アニーは悲鳴を上げて大騒ぎした。

管理人halu
管理人halu

またアニー。笑
いいキャラよね、ほんと。笑

それもそのはず、バイオレットがアリアのために用意した部屋は、これまでアニーが仕えてきたどの主人よりもずっと広くて豪華だったからだ。

何千回もその美しさを称賛されてきた今のカリン邸のアリアの部屋よりもずっと素晴らしく、ジェシーも感心して部屋を見回した。

『お嬢さま、お嬢さま、クロアの貴族たちは、みんなこんな立派なお屋敷に住んでいるのですかね?』

『どうだろう…』

そうは思わないけれど…。

アリアは、何も知らない過去の自分のままであれば、「そうね」と答えただろう。

しかし、起業家の支援をしていて、お金の流れや市場に精通してくると、その屋敷が平均的な貴族のレベルをはるかに超えていることがわかるようになった。
管理人halu
管理人halu

ふむ・・。
財源はどこから・・。

アリアは、窓の外に目を向けた。

庭はすでに完璧に整理されていたが、
庭師たちが忙しく動き回り、手入れをしているのが見えた。

それを遠くから見ていたアリアは、この屋敷の一族が自分たちに汚点のひとつも見せないのだ、という意思のように思えて、だからこそ、アリアはずっと目を離すことができなかった__
管理人halu
管理人halu

いや・・笑
なんちゅう不穏な終わり方なのよ・・笑

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を今すぐ無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 253話 254話 感想・考察

いやいやいや・・普通エピローグって今までの登場人物みんなのその後が描かれたり、幸せな物語の終わりに向けてひとつひとつ花を添えていくものですよね・・?笑

管理人halu
管理人halu

誰と誰がくっついて、幸せになって、国も栄えてーみたいなね?笑
“この屋敷の一族が自分たちに汚点のひとつも見せないのだ、という意思のように思えて”(ダミ声)って笑笑 おかしい、おかしいって笑笑

しかも、アースが出立前にむちゃくちゃ不安がってたりしてましたよね・・?笑

管理人halu
管理人halu

“帰ってこれるのか?”って言ってたよね・・。
いや、今思えば“プレゼント用意して待っててね?”は死亡フラグだったのか・・?そうなのか・・?(いやこの物語で”死亡フラグ”とか言うと本当に殺されそうだから、ヤメヨウ・・笑

このままアリア監禁、みたいにならないと良いのですが・・。

管理人halu
管理人halu

まぁ、おばあちゃんもちょっとお節介っぽいけどいい人そうだし、カリンとクロエは幸せそうだし、何事もなければいいんだけどね・・?でもこの豪邸の財源はどこから・・てゆかこのまま物語広がったら回収できなくなっちゃうからね・・?笑

次回も気になります・・・!!!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を今すぐ無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから!

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 255話 256話ネタバレと感想。"家族"や"愛"を初めて知るアリア。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版 255話・256話(漫画版は82話?)を読ん...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました