【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 205話 206話ネタバレと感想。決戦前夜・”アリア”の名前の本当の意味

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す原作小説版 205話・206話(漫画版は70話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 205話 206話 ネタバレ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 203話 204話ネタバレと感想。全てを話したアリア・馬車から降りた男に見えるアリアの影。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版 203話・204話(漫画版は70話?)を読ん...

205話

伯爵邸を出ていく前に男は、確認するように
イシースをはじめとする公爵家のメンバーをちらりと見上げた。
一目見て、男の端正で美しい容姿を見たイシースは、唾を飲み込んだ。
(…!!!!
どうしてあの下賤な女に似ているのよ…!?)
男の顔は男性にしてはとても美しく、そしてどこかアリアに似ていた。
管理人halu
管理人halu

ローハン、ミエールと一緒に来た謎の男、この男はどこかアリアに似ていて・・(クロエか・・?クロエなのか・・・?!

イシースは、不安な気持ちになって、消えていく男を目で追った。

それはオスカーがそばにいても同じだった。
イシースは慌てて、わずかな笑顔でローハンの後を追って屋敷に入っていくミエールの手首をつかんだ。

『ちょっと話したいことがあるの。』

『…何かご用ですか?』

管理人halu
管理人halu

・・・なんかミエール冷めてんな。

イシースには、ミエールがクロアに旅立った時とは違い、彼女の冷たい態度を気にする余裕はなかった。

人通りの少ない場所にミエールを連れて行ったイシースは、ミエールに先ほど去っていった男のことを尋ねた。

イシースは焦っているようだった。

『さっきの男は誰よ?』

『はい?誰のことを言っているのです?』

『陛下の許可を得て、家を出て行った男よ!』

何も知らずに聞き返したミエールに、彼女は声を荒げた。
ミエールはそれを知っているかのようにさりげなく答えた。

『…知らないです。途中から急に同行されたので、ちゃんと顔を見ていないんです。ある家の跡取りだと聞いていますが……あまり重要な人物ではなさそうでしたよ。気にもしていませんでした。』

管理人halu
管理人halu

・・・ミエールは何も聞いてない、か?(それか嘘言ってるか、だね。でもアリアにそんなに似てるなら気付いてもいいはずだけど。

この子はどこまでバカなのよ…!

イシースは歯を食いしばって再度質問した。

『・・・本当に彼の顔を見なかったの?誰も思い浮かばない?』

『あなたが何を言っているのかわからないです。で?私に聞きたいのはそれだけですか?私は陛下のところに戻りますね。陛下が私を探しているかもしれません。』

管理人halu
管理人halu

wwwww
なんかミエールの態度に笑ってしまう。少なくとも公女に対してやばすぎだろ・・笑

『ハァ…!?』

いくら若くて世間を知らないとはいえ、貴族の中では学識のある女性だったのに、どうしてこの娘は何も気付かないのだろうか。途中で合流したということは、何か理由があるに決まっているだろう。

イシースは急いでミエールの後を追った。

それを見ていたかのように、オスカーは彼女の後に続いて尋ねた。

『…姉さん、(あの男は)誰、だと言っていましたか?』

『何も知らない、らしいわ。』

その答えにオスカーが顔をしかめると、
イシースは「ローハンに直接聞いたほうが簡単かも」とだけ伝えて先を急いだ。

しかし、思いがけずラウンジに入ってきたローハンを見てイシースの体は硬直した。

『…もう時間がないから、明日、帝都城を奪還するのもいいかもしれないですね。』

管理人halu
管理人halu

明日・・!!!

『…明日、ですか?』

『ええ、あなたのご尽力のおかげで兵士の士気も十分ですし、もう時間もお金も使わなくていいのですよ。準備は完璧です。』

確かに、かなりの金額が費やされていると、公爵と公爵夫人は同意し、それ以上の反論はなく、「急ぎすぎではないか」と言いかけたイシースも口を閉ざしてしまった。

『だから、明日は忙しくなるから、今夜はディナーに出かけようと思うのです。
イシース様、私と最後のディナーを楽しむのはいかがでしょうか?』

管理人halu
管理人halu

・・・。

急に戻ってきた自分への矢に驚いて、イシースは聞き返した。

『…私と二人きりで、ですか?』

『ええ、あなたと一緒に食事をしたいのです。
私たちは結婚することになっていますが、一緒に過ごしたことはありませんよね?』

管理人halu
管理人halu

・・・やっぱりこの2人は結婚するんか・・?

久しくまともに話してすらいない国王からの提案だったので、イシースは不思議な気持ちで頷いた。

『それでは、夕方までに明日のための仕事をしましょう。その前に、キースト伯爵に、明日の計画のための、兵士たちの宿泊場所のリストを渡してください』

『はい、すぐに発注します。』

『そしてイシース様、条件の再検討とまとめをしなければなりませんので、今までやり取りした手紙や書類を持ってきていただき、以前指示した支出の書類も集めてください。それと、そろそろ諸々のお支払いをお願いします。』

『はい…!はい…!!』

ローハンがようやく信頼できる様相で、
長い間抱えていた問題に対処すると言ったので、イシースは興奮して答えた。
だからこそ、イシースは部下を貴族の家に派遣して、すべての書類や手紙、支出書類を集め、それらを丁寧に調べてローハンに渡した。

それを見たローハンの顔には笑顔が浮かんでいた。

管理人halu
管理人halu

・・・これ”やっぱり”、な可能性が濃厚になってきたわね。(うええええええい

『えぇ、完璧ですね。抜け漏れはありません。イシース様は、さすがに頭が良くて聡明ですね。』

『…ありがとうございます!国王陛下。』

少し顔を赤らめながらイシースが言うと、
ローハンは微笑みながら彼女を褒め、その書類に大満足していたようだった。

そんなイシースを、笑顔のまましばらく見つめていたローハンは、

『それでは、これからお食事はどうですか?』
と席を立った。

『そして、もう予約しておきました。私がよく知っているレストランがあるのです。』

『…国王陛下はお一人でいらしたのですか?それに帝国を訪れたことがあったのですね?』

『えぇ、もちろんです。父が亡くなるまではよく来ていたのです。ここには知り合いがいましてね。がよく行くところです。』

管理人halu
管理人halu

これは・・・!!!笑

国王陛下にはここ帝国にご友人がいるの…?

イシースは疑問に思ったが、それが誰なのかを聞けるような親しい関係ではなかったので、ただうなずいて彼の話を聞いていた。

『…それでは、出発しましょうか。明日に向けての最後の晩餐に。』

『はい、ローハン陛下。』

差し出されたローハンの手に自らの手を添えて、イシースは優しく笑いかけた。

最後の晩餐への歩みは軽やかだった。

管理人halu
管理人halu

これは…楽しみになってきあああああああ(ゾワゾワ

__

__

アリアは外の雪景色を眺めながら、温かい紅茶を一口飲んだ。

明日は大事な日だし、今晩はアースとの約束があるので、彼女はそろそろ一息つきたいと思っていた。

そこでアリアは、ドレスを着た後でアースを待っている間、残りの時間は本を読もうとしたのだが、アースが発した言葉や表情が気になって本に集中できなかったのだ。

すでに時間が経っていたが、アリアは口元に笑みを浮かべて思った。

・・・人に踊らされていたとはいえ、私は昔は確かにひどい悪女で、ミエールに振り回されるばかりの愚かなあの現実を繰り返さないように身を隠していただけだった・・・でも今は…ミエール、あなたは騙されたような気分になっているでしょうね・・。

そしてアリアは、この前自分がアースに過去は悪女であったことを告白し、同情してもらった。

すると、アースはアリアの予想通りの反応を示した。
アースは、何かに打ちのめされたような悲しい顔をして、自分の手を握ったのだ。

『あなたが誰であったかは問題ではありません。過去のことはどうでもいい。ただ、私のそばにいてください。だから、どうか自分を責めないでください…。』
管理人halu
管理人halu

アース・・(しかしこれは見事にアリアの手玉とも取れるけど・・笑

アースが自分だけを見つめる愛に、アリアの指先は震えていた。

アリアが何度も思い出してやまないアースのその熱烈な表情を思い出していると、誰かがドアをノックして彼女の休息を邪魔した。

管理人halu
管理人halu

・・・?

__

__

『どなたでしょうか?』

『アリア、ちょっと大丈夫?』

『お母様…?』

それは、昼間は準備や外出で忙しくしていた伯爵夫人だった。

管理人halu
管理人halu

伯爵夫人・・。
これ、”あのこと”かな…。

仕事を終えて戻ってきたようだった。

『入ってください』と返事をすると、美しく飾られた母がアリアの顔色をみながら入ってきた。

アリアは、甘美な思い出に耽っていたのだが、母に何かあったのではないかと心配になり、慌てて尋ねた。

『何かあったのですか?』

『…えっ?!あ、いいえ。何もないわ…。いつものことよ…?』

何気ない質問に、母親はかなり激しい反応を示し、それがアリアの心配をさらに深めることになった。

何かが起こったのは明らかだった。
管理人halu
管理人halu

・・・。
ピアスト侯爵に言われたあのことで確定っぽいね…

ストレートに聞いても教えてくれなさそうなことに気づいたアリアは、お茶を勧めた。

『座ってください。ここは寒いですから、暖かいお茶を今出しますね。』

『・・・そうね。』

断ることなく向こう側に座った母親を見てアリアは、母が自分に何か言いたいことがあるのだと、改めて確信した。

ジェシーに新しいお茶を持ってきてもらった後、アリアはしばらくその場の雰囲気を見ながら、母が隠していることを聞こうとしたが、母の方から突然思いがけない質問をしてきた。

『…アリア、もしお父さんがいたらどう思う?』

管理人halu
管理人halu

・・・きたね・・(ゴクリ。

『…え?

お父さん?お父様なら、既にいるじゃない…?

今や体を制御できない役立たずの父親ではあるが、とにかく名目上存在してはいるはずだ__

管理人halu
管理人halu

相変わらず表現辛辣で笑う・・笑

__

206話

アリアが目を大きく見開いて、何のことかわからないと答えると、伯爵夫人は質問を訂正して再び尋ねた。

『再婚してできた父親ではなく、あなたの本当の父親のこと、よ。つまりあなたと血のつながりのある父親ってこと。』

私の…本当の父親ということ…?

考えたこともない質問だったので、困惑したアリアは何も答えられなかった。

管理人halu
管理人halu

・・・。

母にもどうすればいいかわからなかった。

沈黙を守りながら、質問の意図を考えていくと、アリアはすぐにある仮説にたどり着いた。

それはとても気持ちの悪い仮説だった。
しかしそれは、もっともらしい仮説だったので、アリアは目を細めて母に尋ねた。

『私の本当のお父様が現れたの…?そして財産欲しさに親権を主張した…?』

かなりとげとげしい口調になってしまっていた。

というのも、もしこの時点で実父が現れたとしたら、その意図は疑う余地もない。

悪名高かったアリアの過去においては、二十歳半ばまでは全く姿を見せなかったのに、今回は大人になる前(18歳)に富と名声を得たアリアになった途端現れたのだから、その意図が純粋なものであるとは思えなかった。

しかし伯爵夫人は手を振って強く否定した。

『そうではないわ。私はすぐに離婚してしまったし、ただ考えただけよ。』

しかし、あまりにも激しく否定されたことが逆効果となり、アリアの目は不信感に染まってしまった。アリアは母の言い訳は嘘だろうと思った。
管理人halu
管理人halu

ゴクリ。

一体、何を隠しているって言うの…?
私の本当の父親は現れなんじゃなかったの…?
この母さまをこれほど心配させるような父親が…。

そしてアリアは、アースもこう言っていたことを思い出した。

『さて、これはかなりぶっきらぼうな質問なのですが…。もし、あなたの実の父親が突然現れて、あなたを連れて行きたいと言ったら、どう思いますか?』
管理人halu
管理人halu

(参照)197話だね・・
アリアはその時はアースに付いていくって話してたよね。

やはり本当の父親は現れたってことよね…。

ただ、そうは言っても、何も変わらない。

いずれにしても、アリアもうすぐアースと結婚するのだから、私の本当の父親が誰であろうと、彼女の将来の人生を左右するほどの偉人ではないだろう。
また、実父の愛を受けたことのない彼女にとって、「父」という言葉はあまりにも馴染みがなかった。
親族に対する信頼も信用もないのだ。

__

__

『…私は大人になったら結婚して家を出るつもりだから、あまり関心はない、かな。』

『・・・そうなの?』

『えぇ、だから今から本当のお父さんに会っても何も変わらないと思う。』

『その人が助けてくれる人、だったらどう?』

『・・・助ける?何を助けてくれるの?…それでもお願いすることは何もないわ。今まで私は自分で全部やってきた、だから助けてもらう必要なんてないわ。だから、もし本当の父が現れても、邪魔をしないでほしい、というのが私の願いかしら。』

管理人halu
管理人halu

・・・カッコいいね、アリア。

その冷ややかな答えに対して、伯爵夫人は申し訳ない気持ちになった。
実の父のことを冷たく語る娘を、母はとても可哀想だと感じているようだった。
アリアは、他の誰でもない母親に同情されたことをとても残念に思ったが、その気持ちを表に出さず、理由を尋ねた。

『これが私の答えです。でも…どうしてこんなことを聞くの?』

『・・・いいえ、特に深い意味はなかったわ。えぇ、そうね、何も気にしないで。でも、もしその人があなたを助けてくれるなら…それを受け取るだけでいいからね。』

『ええ、それは有難いことですね。…ただ、もしその人が私の邪魔をしたり、道を塞いだりしたら、たとえその人が実の父親であっても、私は許しませんので。』

管理人halu
管理人halu

ヒィ!!

伯爵夫人は、娘のその毅然とした態度に対して、また沈黙した。

お母様は今どう思っているの?
私の”実父が役に立つかどうか”、計算しているの…?

アリアも黙っていて、しばらく無言の時間が経った。

すると、窓の外で馬のひづめの音が聞こえ、アニーがドアをノックして声を張り上げた。

『お、お嬢様!?殿下がいらっしゃいました!』

管理人halu
管理人halu

アースキタァ!

『皇太子様がすでにお越しくださりました。私は夕食の約束をしているの。お母様、申し訳ないのだけど、質問は終わり?もう…何も言うことはない?』

『・・・えぇ。ちょっと聞いただけなの。
だから早く行きなさい。殿下をお待たせするわけにはいきませんから。』

伯爵夫人は、自分のせいでアリアが遅刻するのではないかと心配して、出かけるように促した。

アリアは急いで出かけようとしたが、急に立ち止まった。

母が実父の話を持ち出したために、
このように冷ややかに会話を終えたことに罪悪感を覚えたのである。

アリアの実父は、アリアが誰だか知らないかもしれないし、きっと嫌な存在に違いないが、実母である伯爵夫人は違う。

夫人はあまり愛情を注いでくれなかったかもしれないが、アリアを産み、伯爵家にアリアを連れていき、育ててくれたのだ。

アリアは、部屋を出る前に口を開いた。

『…これはあくまで私の意見、なのですが、実の父が現れてお母様心が揺れているのなら、好きなようにしていいからね。』

『・・・えっ?』

伯爵夫人は驚いた顔で聞き返した。
どうやら意味が分からなかったようだ。そこでアリアは本心を見せた。

『私は誰の助けも借りずに生きていけるようになったのだから、お母様は財産や身分を気にせず、好きなように生きてください。周りに誰がいるかで人生が変わることを最近実感していますから。』

『アリア…』

管理人halu
管理人halu

アリア・・。

その時初めて伯爵夫人は「アリア」の意味を理解し、掌で口を覆った。

夫人の目は波のように動いていた。

管理人halu
管理人halu

・・これ最初意味わからなくて思わず調べたんだけど、『アリア』には「オペラなどの中で、”1人で歌われる曲”」の意味があるみたい・・アリアが自分の力でひとりで生きていけるように、って願って名付けたのかな。。素敵だね。

__

__

会話を終えて1階に降りると、アースがチューリップの花束を抱えてアリアを待っていた。

管理人halu
管理人halu

アース、今日はちゃんと1階にいるじゃん、珍しい。(いつも、気付いたらソコにいる、と言う暗殺者か亡霊かのやばすぎる登場だから普通に来るのが違和感)笑

・・私はどうせ出かけるから、馬車の中で待っていてくださっていいのに…。

アリアはそう思っていたが、アースは腕に抱えた大きな花束を見せるように、あえてホールに立っていた。

『アース様』

『アリア様』

アースは、明るく微笑んで彼女に向かって一歩踏み出した。

一瞬でも飼い主を待っていた犬のようなその姿に、傍らにいた使用人たちは顔を赤らめてアースをちらりと盗み見ていた。

馬車に移り、アースはアリアと向かい合って座り、しばらくアリアの美しい顔を見つめていたが、急に彼女のそばに移動した。

そして、二人の指を絡めて、『手を握ってもいいですか?』とアリアに尋ねた。

『あなたはすでに握っているのに私に尋ねるのですね?』

管理人halu
管理人halu

オッフ。

アリアは小さく笑い出した。

『私が…嫌だったら(手を)離してくれるのですか?』

『いいえ。』

アリアはアースの毅然とした答えがとても気に入った。

『私は、過去も含めて30歳くらいだと説明しましたが、手をつなぐだけ、なのですか?』

そこでアリアはまずアースに寄り添い、残った方の手で彼の耳に触れてみた。

管理人halu
管理人halu

いやああああああああああん大人の色気ええええええ

『あら?耳の先が赤くなっていますが、熱いですか?窓を開けてあげましょうか?』

アースは、体をくっつけてきたアリアのあやしい手つきと目線にゴクッと喉を鳴らして答えた。

『…その、このままで大丈夫…、です。』

 

管理人halu
管理人halu

wwwww
見事に手のひらコロコロされるアース笑

『・・・そうですか?』

管理人halu
管理人halu

アリアもクッソ楽しそう笑

アリアが精神的に10歳年上であることをすでに告白していたからであろうか。

昔ならば、アースはアリアのこう言った行動は意味のないことだと考えられたかもしれないが、今はそうではない。

全てが計算された行動であることを知り、アリアの突然の行動を避けることも、変に悩むこともなくなった。

そしてアース自身も以前とは違い、交わった指の反対側の指で、アリアの頬を優しく撫でた。
管理人halu
管理人halu

あああああああああああああああああああああ

そんな狭い空間で二人だけの時間を過ごしていたが、しばらくすると馬車のスピードが落ちてきて、やがて動かなくなった。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 205話 206話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

最後・・最後いいよおおおおおお!!!

たまに来るドッキドキの展開が堪らないですな・・!!
しかもアリアは30歳の大人のレディであることをアースに告白したので、もう全力でいきますね・・笑

 

管理人halu
管理人halu

そしてそれに頑張って答える20歳のアースよ・・・オッフぅううう

まず序盤ではローハンがイシースに計画の実行が”明日”だと言うことを伝えます。

そして、全ての支払い等々や契約書の記入をイシースにさせた後、その前夜祭としてローハンの”帝国の知り合い”とよく来ていたと言うお店にディナーに行くことになります・・。

管理人halu
管理人halu

これ私の推測が当たってたら今話の最後の展開と重なる、よね?そしたら激アツ、だよね・・?! でも外れてたら(ローハンがガチ敵なら)明日とんでもない戦争になるよね・・・?

これ、アースとアリアが馬車で向かった先。
ローハンの”帝都の知り合い”、イシースとの会話。
色々妄想どころがあるのですが、余計に次回が気になります・・・!!!

管理人halu
管理人halu

アリアの名前の本当の意味がわかった瞬間も鳥肌ものだったわ・・

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 207話 208話ネタバレと感想。これが"最後の晩餐"・重要人物が一同に会し
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版 207話・208話(漫画版は71話?)を読ん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました