【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 185話 186話ネタバレと感想。ドナドナされるミエール。

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す原作小説版 185話・186話(漫画版は65話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 185話 186話 ネタバレ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 183話 184話ネタバレと感想。目覚めたロースチェント伯爵が思うこと。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」183話・184話(漫画版は64話?)を読んだので紹介し...

185話

『伯爵の覚醒を考慮して、ローゼント・ミエールに5年間の軟禁を宣告します』
フレイの宣告に、ミエールは再び床に倒れ込んだ。
『軟禁?父が死んでもいないのに、なぜ私がまだ処罰されなければならないのですか?そして、なぜ父は慈悲の嘆願を求めなかったのでしょうか…!!』
管理人halu
管理人halu

ミエールは5年の軟禁判決を言い渡されたんだよね。刑期・・短くなったし、軟禁、か・・。さすが貴族ね・・。

『ミエール、屋敷に残ってお父様を説得しよう。お前が反省している姿を見せれば、すぐに許してくれると思う。お屋敷に着いたら、すぐにお父様に会った方がいい。』

カインはミエールに静かにささやいた。

貴族にとって、軟禁は悪い判決ではなかった。
ミエールは客を招いて庭でティータイムを過ごすこともできた。
つまり、外に出ることができないだけで、屋敷内では自由に過ごすことができたのである。
管理人halu
管理人halu

・・・。

それに、刑期も20年から5年に短縮されたのではないか。
さらに一貫して保釈申請をすれば、彼女は刑期を終える前に釈放されることは明らかだった。

その前に、伯爵はミエールを許してくれるかもしれない。
カインの言葉に、ミエールは安心したように頷いた。

管理人halu
管理人halu

判決、甘すぎるわ・・。人を本気で殺そうとした上に、その罪を明確な悪意持って他人になすりつけたってのに・・。

『・・・わかりました。
ところで、イシース公女様からお返事は来ましたか?…彼女は何と言っていましたか?』

『それは…』

カインが答えるのをためらっているうちに、
ミエールはイシースが自分を拒絶していることに気づいた。

フレイは、ミエールがこのことにショックを受けていることを気にも止めることなく、判決に例外を付け加えた。

『ただし、二人の被害者(伯爵・アリア)と一緒に屋敷に滞在しなければならないため、軟禁は今までミエール様が使っていた部屋に限らせていただきます。』

管理人halu
管理人halu

おっ・・・!

『・・・どういうことですか?』

部屋から出てはならない、ということです。加えて、皇室からの要請がありました。あなたはまだ幻覚剤についての尋問を受けていないので、特別な調査が必要です。』

なによこれ・・?これは、とんでもなく不当な判決よ・・。
屋敷の使用人や客が見ている中で、飲んでもいない幻覚剤のことを聞かれるとでもいうの?部屋に閉じ込められて、あの下賤な女の笑い声を聞かされるというの?

看守や調査員が私の部屋を出入りしたり、
使用人が私を不審に思うのを見たりしなければならないというの・・?

前例のない判決に、ミエールは床に突っ伏してしまった。

管理人halu
管理人halu

実質ミエールの部屋が牢屋、ってことだね。ティーパーティとか開かせないのは幸いか・・。でも手紙とか色々できるんだろうな・・。まだ甘いな・・。

ミエールは目眩がした。

無意識のうちに、彼女の涙が床を濡らしていた。
こんな恥ずかしい思いをするくらいなら、死んだ方がましだ。
自分の力ですべてを成し遂げたのに、アリアが原因で全てが崩壊したのだ。
管理人halu
管理人halu

・・・成し遂げた?
あぁ…”秘技・伯爵落とし”のこと?(テニプリの羆落としみたいに言うな・・

あの女を絶対に許さない…!!!

その言葉を無意識に呟くと、ミエールはすぐに次の行動に移ることにした。

管理人halu
管理人halu

ここでもう馬車の御者とか使用人とはみんなミエールの噂をしてる。伯爵落としして、アリアに罪を被せたってことは皆に広まったみたい。

__

__

しかし、屋敷に到着してからもミエールの状態は改善されなかった。

『どうか、どうか父に会わせてください!』

ミエールは泣きながら、唯一のチャンスだからと、伯爵に許しを請おうとした。

しかし、ミエールは伯爵夫人の冷たい答えを聞いただけだった。

『残念ながら、彼はあなたに会いたくない、とのことです。』

『・・・はっ?それは父から直接聞きたいです!』

伯爵夫人のもとに駆けつけようとしたミエールの前に、突然アリアが現れて体をすくめた。

『あら、怖いわね。お母さん、離れていてね。』

管理人halu
管理人halu

アリアキタァ!

『・・・貴様…!貴様、よくもそんなことを!』

虫けらのように見つめるアリアの視線にミエールが悲鳴を上げていると、馬車で屋敷に到着していた衛兵たちが慌ててミエールの口を塞ぎ、彼女を制圧した。

管理人halu
管理人halu

もう屋敷に衛兵待機してくれるようになるんかね、なら安泰や。

『あぁ…”幻覚剤 “は本当に怖いわ。あのミエールをこんなにまで変えてしまうなんて……!一刻も早く調査と治療を開始しなければならないわ…。そうですよね、お兄さま?』

よりによって、アリアがカインの横に立ってそう言うと、ミエールを助けるカインは口を閉ざして腕組みをして状況を見ていた。

アリアがこのように自分にまとわりつくことはほとんどないので、カインはかなり恥ずかしそうにしていた。
管理人halu
管理人halu

お前、期待を裏切らねぇな・・笑

どうしてこんなことになるのよ・・?

悲しみと怒りに満ちた目からは、血が流れ出しそうだった。

引きずられるように部屋に捕まったミエールは、使用人やメイドたちの冷たい目にさらされることになった。

『お嬢様、無駄なことは考えない方がいいですよ。これから調査が始まりますから。』

衛兵の冷たい声とともに、閉ざされた扉の外で鎖を巻くような音がした。

管理人halu
管理人halu

あっ・・もうドア開かないやん・・笑
トイレとかどうするんだろうね。

遠のく足音がしないのを見ると、
先ほど警告した衛兵は、外で待機してこの部屋を警備しているようだ。

『どうして、どうしてこうなるの!?すべては、あの下賤な女を元いた場所に戻すためなのに!』

でも、今の状況はどうなんだ。
すべてを失い、汚名を着せられ、部屋に閉じこめられてしまった。
自分を助けてくれると信じていたイシースやカインは、まるで彼女を知らないかのように振る舞っていた。
管理人halu
管理人halu

・・・”自分を助けてくれると信じていた”ねぇ・・。

危険物をすべて片付けたかのようなきれいな部屋に閉じ込められた彼女は、しばらく悲鳴を上げて涙を絞り出していた。

恨みを晴らす場所も道具もないからである。

__

一日中、声が枯れるほど涙を絞り出していたミエールは、何かが起きたかのように突然、自分の秘密の空間を開いた。

アリアと同じように、彼女の部屋にも一人分の秘密の空間があった。

その空間である箱を取り出したミエールは、こみ上げてきた涙を拭った。

管理人halu
管理人halu

箱・・・?

この箱の中身は、彼女を救うことができる唯一のものだった。__

__

『イシースさま。また手紙が届きました。』

『本当に?誰がどうやって送っているの?』

『それは…』

イシースの質問に執事は言葉を失った。
イシースも、気の置けない相手が手紙を送ってきたことに気づいて、ため息をついた。

もう捨てたはずなのに、どうしてあの子は私を悩ませるのかしら。
管理人halu
管理人halu

・・ミエールからの手紙、だね。。

しかも、ミエールの噂はひどいもので、
無駄に彼女と関わってしまうと、自分にまで無駄な噂が立ってしまう。
クロア王国に行くまでの間、彼女は極力知らないふりをしていたが、ミエールが毎日のように手紙を送ってくるので頭が痛くなってきた。

『彼女(ミエール)がこのような手紙を送り続けるのであれば、返信を送ればよいのではないでしょうか?』

執事の丁寧なアドバイスを受け、イシースは見ていた書類を置いた。

このまま面倒なやりとりを続けるよりも、一刀両断で断った方がいいと思ったのだ。

『…大まかに読んで、概要を教えて。』

『わかりました。』

そう命じたイシースは、その文書を手に取り戻した。

そうしてイシースの隣で手紙を開き、内容を確認した執事の顔が青ざめてきた。

『お嬢様・・・お嬢様・・・イシース様。お手紙はご自身でご覧になった方がよろしいかと…!』

イシースが額をひそめて理由を尋ねたのは、
常に威厳があり、まさに公爵家の執事のような風貌をしていたその男が顔に見合わず、吃驚したからだった。

『どうしたの?何て書いてあるの?』

『それは…』

イシースに促されても、執事はすぐには答えられなかった。

結局、苛立ちを抑えきれないイシースは、彼から手紙を受け取り、執事をこれほどまでに驚かせた内容を自分で読み始めた__
管理人halu
管理人halu

・・・ふむ・・ドキドキするわね・・。”箱”に関係ある・・?

__

186話

{イシース公女様。 あなたが私を見捨てていることは理解しています。大きな過ちを犯したことは認めますが、私一人の仕業ではないことをお忘れなく、公女様とやり取りした手紙もありますので。その手紙の中には、あの女と皇太子殿下の話も書かれています。公女様が今後どうするかも書かれていましたよね。今回もこの手紙を無視したら…私が何を言うか覚悟しておいてくださいね。}
管理人halu
管理人halu

・・胸糞すぎるな・・。
周りから誰もいなくなっちゃうわこんなん・・

『..ハッ!』

なんて邪悪なのよ!

イシースは手紙を手でくしゃくしゃにして、床に投げつけた。

私を脅す勇気があるとでも言うの?

すぐにでもローセント伯爵邸に行って首をひねってやりたいと思ったが、彼女はかろうじてその思いを堪え、震える手で温かい紅茶を空けた。

執事は事前に手紙を読んでいたので彼女の心を察し、慌てて冷水を用意した。
冷たい水を一気に飲み干したイシースは、恥ずかしそうに笑い出した。

『あの子はどうやって殺せばいいの?ハァ・・?』

管理人halu
管理人halu

・・ヒィ!

『イシース様…』

問題は、自分がミエール自身のことを絶対に裏切らないと思っていたからこそ、躊躇なく手紙にすべてを書いていたことだ。
ミエールがこんなにも愚かだと知っていたら、イシースはそもそもこんなこと(伯爵落としの示唆)を伝えなかっただろう。

手紙に残された内容をはっきりと覚えていたイシースは、目を閉じてソファに深く身を埋めた。

これを無視するにはあまりにも危険なので、彼女は考慮する必要があった。

いや、悶々としていても仕方がないわね。

最初から、ミエールは裏切らないはず、と考えて始めた計画だった。

そして、あの下賤な女と、かかしの皇太子とで、こんな返り討ちを受けるとは。

手紙にはミエールの直接の指示はなかったが、かなりの数の比喩が含まれており、皇太子が口実をつけて自分を攻撃するには十分だった。

もし、罪人として調べられていたミエールがそれを明かしていたら、今回の事件に巻き込まれていただろう。

チッ…どうしようもないわね。…まずは、ミエールの希望を聞かないと』。

もはや自分の力を弱めることはできないと、深いため息をついたイシースは、姿勢を正して執事に言った。

『・・・紙とペンを。』

『・・・はい。』

管理人halu
管理人halu

・・・。

イシースはミエールの望みを聞いた書面を執事に渡すと、
頭を抱えて邪悪なネズミをどうやって仕留めるか考えていた。

__

__

{ミエール様を捨てたりはしませんよ。クロア王国に行くのにちょっと忙しかっただけです。すぐに戻ってきますわ。}

ミエールは、イシースに何度も手紙を出してようやく手に入れた希望に顔を赤らめた。

そのような脅しを使うことになるとは、ミエールにとって愚かなことだった。

事態が悪化する前からイシースに、“交換した手紙を焼却するよう”に言われていたが、念のために集めておいて、ようやく望みを叶えられたのだ。

まぁ、ここに置いておけば、誰にも見つからないでしょ。
管理人halu
管理人halu

・・・そういうことね。”謎の空間”にある”箱”とはイシースとの手紙だったわけか。

ミエールは念のためにカインにこのことを打ち明けていた。
(自分が)失敗したらイシースにも一緒に罰してほしいと言っていたのだ。

管理人halu
管理人halu

自分が牢屋に拘留されて何も出来なくなったら、ってことね。囚人のジレンマ(どちらかが得する)ですらない、ただの”THE 連帯責任”。最悪っす・・。

娼婦の娘にもはや魅了されたカインに任せるのは心苦しかったが、残念ながら彼女には他に頼れる人がいなかったのだ。

ミエールは父に助けを求めたかったが、伯爵は彼女を助けるつもりは全くないようだった。

伯爵はなかなか動いてくれないと聞いていたが、どんなに頑張っても彼女を呼ぶことはなかった。

そしてミエールは悲しみで泣いたのではなく、不正と怒りを感じたのだ。

父が先に私を捨てたのよ。
こんなことになるとわかっていたら、もっと早くやっていたのに。

ひどい想像をして、ミエールは歯を食いしばった。

今、ミエールが頼れるのはカインだけである。

管理人halu
管理人halu

カインだけ・・(笑ってしまう・・笑笑

いくら娼婦の娘に取り憑かれていても、自分の妹を見捨てることはないだろう。
そうしてイシースからの連絡を延々と待っていると、突然外が騒がしくなった。

管理人halu
管理人halu

取り憑かれて。笑

ミエールが固く閉ざされた窓から外を見ると、なかなか見ることのできないカラフルな馬車が見えた。

それは、少し離れてはいるが、ミエールが知っている印鑑を持った馬車だった。

管理人halu
管理人halu

皇帝の印鑑・玉璽(ギョクジ)、だね。。笑
きたか・・!!!

『まさか……!。』

馬車から降りたのは、他でもない皇太子だった。

管理人halu
管理人halu

アースきたあ!!

__

__

事前に連絡を取っていたのか、いつも忙しくしていたアリアが、外出を断ってまで喜び勇んで出迎えている姿が目に飛び込んだ。その隣には伯爵夫人もいた。

逃げられないように窓の内外に鉄格子が付けられていたので詳しくは見えなかったが、二人は馬車の前で久々の再会の喜びを味わっていた。それがとても気になった。

管理人halu
管理人halu

・・久々の・・。

皇太子の後ろに徹底的に武装した二人の騎士の姿が見えた。単にアリアに会うことが目的ならば、従者は同行しないはずである。何か別の目的があることは明らかだった。
管理人halu
管理人halu

・・・。

そして、ミエールが目を細めて疑っていると、
アリアとの再会を終えたアースが頭を上げてどうやらどこかの部屋に向かったようだ。

罪の意識を持ったミエールは、心が重く沈むのを感じた。
その時初めて、ミエールは彼が自分に会いに来たのだと気づいた。
管理人halu
管理人halu

うお・・・笑

『アリアお嬢様、今日予定がないなら、私に付き合ってくれませんか?』

『予定がないわけではありません…。アカデミーに行こうと思っていたのです。サラが今日は授業があると言っていたので…。』

管理人halu
管理人halu

サラ、すっかり講師なのね!

『・・・あぁ、間違った日に訪問してしまった。事前に確認しておけばよかった。』

しばらくして、ドアの外から聞こえてきたそうしたアリアとアースの声に、ミエールの全身が緊張した。

しばらくイシースに集中していたため、
幻覚剤の調査を忘れていたのだが、皇太子がその件以外で自ら訪ねてくるとは思えない。

管理人halu
管理人halu

なるほど、幻覚剤の調査ね。

『少しだけ、お時間をいただけませんか…?もし時間がないのなら、私も一緒にアカデミーに行きます。』

『あら、そうすればみんな驚くわよ』

『構いません。そうすれば、あなたに近づくことができる人が少なくなりますので。このことをいつも心配しているのです。』

管理人halu
管理人halu

・・・アースちょっとヤキモチノトコロアリ。

アリアは少し微笑みながら、子供をなだめるように優しい声で彼の言葉を切った。

『仕事が終わってから話しましょう?私はも準備をしなければならないわ。アースさんの馬車で出かけるのも悪くないですから。』

二人の会話が終わると、ミエールは驚いたように扉から一番遠い壁に身を引いた。

案の定、しっかりとロックされていた鉄の鎖がガシャッっと緩む音がした。
その音は長い間聞こえていた。

そしてしばらくして、窓から見えていた皇太子と二人の騎士、それに見知らぬ貴族が姿を現した。

その隣にはメイドを伴ったアリアがいた。
ミエールの記憶にあるアースとは全く違う、クールな顔立ちのアースが、彼女を指差して騎士たちに命じた。

まるで厄介な荷物を見ているかのような表情だった。

『彼女を引きずり出せ』

管理人halu
管理人halu

うおっ・・・アリアとの態度の温度差がやばいことになってて風邪ひくわね・・笑

アースの命令が下るとすぐに、二人の騎士が部屋に入り、ミエールの腕を掴んだ。

アースの命令なので、本気で彼女を引きずり出そうとしているようだった。

『はっ?!待ってどこ、どこに行けばいいのよ?!』

恥ずかしそうに尋ねるミエールだったが、誰も気にしなかった。

彼らは必要以上にミエールの腕を強く握って、無理やり部屋から連れ出した。

『一人で行けますので……!!!』

『犯罪者にそんな選択肢があるはずがないだろう。』

管理人halu
管理人halu

ヒィ!

ミエールの目には涙が浮かんだ。

どこに引きずられているのか分からないが、
このままでは下々の者の娯楽として消費されてしまうのは明らかだった。

『随分と痩せたのでは?と思ったけど、元気そうね。苦労もしていないのでしょうね。』

管理人halu
管理人halu

ヒィ!!

耳元で流れるアリアの声に、ミエールの怒りが爆発した。
それは、アリアが悪女として殺される前にミエールに言ったことと、とても似ていた。

『全部、お前のせいだろう!? お前がいなければ…!!! お前さえがいなければ……!!!』

突然、ミエールが騒ぎ出したので、アリアは知らないふりをして恐怖に身を縮めた。

それは明らかに被害者の表情としぐさだった。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 185話 186話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

ドナドナドーナードーナー♪運ばれてゆくーミエールー♪

イシース公女へもクソリプ(失礼。手紙ですね)を送りつけ、自分から四面楚歌になっていくミエール。

管理人halu
管理人halu

どうして”自分を”助けてくれないんだ!って終始一貫して言ってたよねミエール。まずお前がなんでもいいから周りをそもそも助けようとしたかよ・・。世の中そんなんじゃお前のために回ってくれんで・・。

そんなミエールのもとに幻覚剤調査のためアースが来訪します。

管理人halu
管理人halu

まぁこの場の関係者全員別にミエールが本当に幻覚剤やってるなんて思ってないから、幻覚剤調査は単なる”テイ”だよね・・ヒィ!!

ドナドナされたミエールどうなるでしょうか・・

次回も気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 187話 188話ネタバレと感想。イシースからの手紙。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版 187話・188話(漫画版は66話?)を読ん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました