君の全てを奪いたい 108話 ネタバレと感想。黒幕を知るオディレイ国王の意志。

か行

今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の

君の全てを奪いたい108を読んだので紹介したいと思います。

この記事はネタバレを含みます。
物語の先の展開を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませっ!

君の全てを奪いたい 108話 あらすじ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

君の全てを奪いたい 107話 ネタバレと感想。本性を曝け出し合うイアロスとプシュケー
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」107話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...
枢機卿叙任式の日に亡くなった人々のための告別式にはオディレイ国王も出席していましたが、彼女は憎しみのこもった眼差しでイアロスを睨み付けていました。
そんな国王の姿を見たメーデイアは彼女に接触を図り、協力する意志があることをこっそりと伝えます。
オディレイ国王は多少なり戸惑った様子を見せていましたが、守るべき国民のため立ち上がり、差し伸べられたメーデイアの手をとることを決めたようです。
国王が帝国内にいるオディレイ人たちのもとへ行き、卑劣なイアロスに屈しないことを宣言する様子を、メーデイアは満足げに眺めるのでした。

君の全てを奪いたい 108話 ネタバレ

城壁崩落事故の被害者を弔う告別式に出席したメーデイアは、そこでわなわなと怒りに身を震わせるオディレイ国王の姿を見つけます。
管理人halu
管理人halu

オディレイ国王ももう誰が計画したのか気付いてるってわけね・・。

相手を射殺さんばかりに強い彼女の眼差しは、慈悲深い笑みをたたえて被害者遺族らに手を差し伸べるイアロスへ向けてまっすぐに注がれていました。

それを見てオディレイ国王も黒幕が誰か気が付いているのだと察したメーデイアは、ほんの少しの逡巡の後、彼女に声をかけることを決めます。

管理人halu
管理人halu

接触を図るメーデイア。

正直なところ、オディレイ公国に手を貸してもメーデイアに利はありません。
それどころか国王がなにかしらしくじり、メーデイアが彼女に協力していたことが露見した場合、敵国と通じていた裏切り者とされて間違いなく命を奪われるでしょう。
管理人halu
管理人halu

・・・。

そんなリスクを負ってまでオディレイ国王に近付く理由は、メーデイア自身、良くわかっていませんでした。

もしかすると、このままなにもかもイアロスの思い通りにことを運ばせてなるものか・・・

という、彼に対する反発心が背中を押したのかもしれません。

なんにせよ、以前交流を図っておいたおかげか難なくオディレイ国王と言葉を交わすことに成功したメーデイアは、表面上は当たり障りのない会話を続けながら、隠し持っていた筆記具で「国王が民から目を背けていいのですか?」とこっそりしたためたハンカチをさり気なく彼女へ手渡しました。

管理人halu
管理人halu

ハンカチに、・・。

そして、その一文を読んで戸惑うオディレイ国王に向けて「目的地を決め海に出た船を動かすのはひと吹きの風です」と告げたのです。

管理人halu
管理人halu

これは・・!!

すなわちメーデイアは、現在いわれなき罪に問われそうになっている帝国に住むオディレイ公国出身者たちに今後どうするかを決断させ、彼らの奮起を促すのは国王の「ひと言」である・・・ということを暗に伝えたのでした。

管理人halu
管理人halu

戦いが始まる・・?!

その結果、オディレイ国王は

(まだ我が国民が潔白だという確信はない)

とわずかに迷いを残しながらも、病院での治療を拒否されるなど確実に迫害を受けつつあるオディレイ人たちがひそかに集まり、身を隠して生活している場所へ、その夜さっそく足を運ぶことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました