君の全てを奪いたい 105話 ネタバレと感想。メーデイアの寝室に忍び込む青年の影。

か行

今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の

君の全てを奪いたい105を読んだので紹介したいと思います。

この記事はネタバレを含みます。
物語の先の展開を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませっ!

君の全てを奪いたい 105話 あらすじ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

君の全てを奪いたい 104話 ネタバレと感想。ヘリオの膝の上で深い口づけを受けるメーデイア
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」104話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...
叙任式の日に起きた城壁崩落事故の被害状況や世論についてメーデイアから教えてもらったプシュケーは、我が身の無力を嘆きました。
しかし、メーデイアのおかげでこれ以上クヨクヨと悩むことはやめ、イアロスに対するせめてもの意趣返しとして、彼が贈って寄越したプレゼントは全て寄付するつもりだと笑って打ち明けます。
イアロスのスパイであるポリー伯爵家の乳母は、当然そんな2人の会話を盗み聞きしようとしました。
しかしその目論見は、メーデイアが罠を仕掛けておいたおかげで失敗に終わります。
この時メーデイアは乳母の無礼を咎めますが、ベリアード公爵家でも負けず劣らず無礼な者と相対することになりました。
叔母の息子だという青年が勝手に寝室へ侵入し、色仕掛けでメーデイアを籠絡しようとしてきたのです。

君の全てを奪いたい 105話 ネタバレ

新たな枢機卿の叙任式という晴れがましい日に起きた惨劇について、被害者たちの詳細や国民の反応をメーデイアから聞き出したプシュケーは、「亡くなった人たちも死にたくなかったはずです・・・私が彼らを助けられたでしょうか?」と後悔を口にします。

管理人halu
管理人halu

プシュケー・・。

メーデイアはそんな彼女を「自分を責めるな。過去にとらわれると前にすすめぬ。そう教えたのはお前だろう」と言って励ましますが、同時に

(心のどこかではプシュケーに同調する自分がいる)

と己の胸の内を冷静に見極めていました。

管理人halu
管理人halu

・・・。

それでも敬愛するメーデイアの言葉はプシュケーに力を与えてくれたのでしょう。

不意に表情を引き締めた彼女は、イアロスから贈られた大量のプレゼントについて「全て貧民街の人たちに寄付するつもりです」と明かします。

管理人halu
管理人halu

・・・笑

するとメーデイアが「奴の反応が楽しみだ」と言ってその計画に賛同してくれたため、プシュケーは嬉しくなり、思わず声を立てて笑ってしまいました。

管理人halu
管理人halu

よかったよかった。

そんな2人の様子を部屋の外から必死の形相でうかがっていたのは、先ほどその場から追い出されてしまったプシュケーの乳母です。

ただ、さすがに会話の内容までは聞き取れず、浅はかにも

(もし気づかれたら閉め忘れたとシラを切れば済むことだ)

などと考えて、ほんの少しだけ扉を開けたのが彼女の運の尽きでした。

誰かがそうした場合、内側に立てかけたプレゼントの箱が倒れてすぐにそうと知れるよう、メーデイアが細工していたのです。

管理人halu
管理人halu

さすが、メーデイア様・・。

まんまと罠にかかった乳母に対し、メーデイアは「扉の陰で盗み聞きするとはさすが伯爵邸らしい」という皮肉を、プシュケーは「どうしたのよ乳母・・・この前のこともそうだけど・・・ガッカリさせられてばかりね」という痛烈な言葉を、それぞれ容赦なく浴びせます。

乳母は己の失態に震えながら、「私はお嬢様が心配で・・・!」と弁解の言葉を紡ぐのでした。

管理人halu
管理人halu

よくもまぁ・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました