君の全てを奪いたい 102話 ネタバレと感想。ペロンの人柄に惹かれるプシュケー

か行

今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の

君の全てを奪いたい102を読んだので紹介したいと思います。

この記事はネタバレを含みます。
物語の先の展開を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませっ!

君の全てを奪いたい 102話 あらすじ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

君の全てを奪いたい 101話 ネタバレと感想。血まみれのプシュケーの元にペロンが。
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」101話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...
イアロスは自分を愛しているのだと確信したメーデイアは、非常に驚きながらもこれで彼の言動につじつまが合うと納得します。
ただしあくまでシラを切るイアロスに対し、メーデイアはあえて恋愛感情を否定する言葉を口にし、かつて捨てられたお返しとばかりに彼を傷付けたのでした__

君の全てを奪いたい 102話 ネタバレ

イアロスは強い執着の色をペールグレイのその瞳に宿しながら、メーデイアの手首に容赦なく歯を立てました。
管理人halu
管理人halu

やばい・・!!!(ゾワゾワゾワ…!!!

まるで己のものだと主張するようなその行為に、メーデイアは

どうやら彼は自分のことを愛しているらしい・・・

と気が付きます。

かつては婚約者だったイアロスに捨てられた立場であるメーデイアは当然驚きを覚えますが、同時に、これまで彼の不可解な言動に対して抱いていた疑問が氷解し、曰く言い難い複雑な気持ちになったのです。

管理人halu
管理人halu

・・・。
イアロスはずっとメーデイア様に気があった、と。
その思いを抱きながらひどいことしてた、と。(最悪のクソ野郎じゃないか…

イアロスが自身の感情を悟られまいと、メーデイアのことなど愛していないとばかりに振る舞ってきたのは、知られてしまえば確実にそれが「致命的な弱点」となるのが分かっているからでしょう。
ゆえに彼は自分に対しことさら冷淡に、そして事務的に接してくるのだと察したとたん、メーデイアの胸にムカムカと言い知れぬ思いがこみ上げます。
管理人halu
管理人halu

(いいぞー!やってしまえ!笑)

しかしメーデイアはそれを己の唇を噛んでやり過ごし、「殿下が私などを愛されているわけないでしょう。もし愛しているのなら、決して私に惨めな思いをさせなかったはず」と言うことでイアロスに一矢報いました。

するとイアロスはどこか苦しげにも見える笑みを残し、今度こそその場を去ります。
管理人halu
管理人halu

逃げるように・・

そうして1人留まったメーデイアが清々しさを感じることはなく、むしろ彼女の心中に去来したのは、「愛されているのに知らぬフリをして相手を傷つける」ことに対する苦い気持ちでした。

管理人halu
管理人halu

・・・。

一方その頃プシュケーは、窮地を救ってくれた上に「人がどう思おうと関係ない。君のしたことは正しい」と言い切られたことで、ペロンに対して感謝の念を抱くと共に、彼を

(とっても温かい人だわ)

と感じて思わず笑みをこぼしていました。

管理人halu
管理人halu

これは・・・?!

しかも不思議なことに、ペロンに横抱きにされながら移動しているうちに、先ほどまでプシュケーの身の内を蝕んでいた「内臓が焼けるような痛み」が和らいでいたのです。

管理人halu
管理人halu

ほう・・・!

それからほどなくしてプシュケーはリラと合流し、馬車に乗って安全な場所へと避難します。

その際プシュケーは、ペロンが決して警戒を向けることのない対象・・・すなわち「民間人」に気をつけるよう伝えていきました。

そしてその警告は、見事的中してしまいます。

オディレイ公国の言葉を話す人間が崩落現場に現れ、エファラント帝国に対する呪詛を吐きながら自らの体に火を放ったのです。

管理人halu
管理人halu

うおおおお…

駆けつけたペロンは、これが今日の事故を帝国に恨みを持つ公国出身者によるテロだと思わせるために仕組まれた茶番だとすぐさま気付きました。

プシュケーが成り済ましの可能性をあらかじめ示唆してくれていたことに加え、ペロンの特別な「目」が、焼身自殺を図った男が大量虐殺を企てるほどの悪人ではないことを彼に教えてくれたのでした。

君の全てを奪いたい 102話 感想・考察

102話の見どころは、イアロスの想いに気が付いたメーデイアの反応と、プシュケーがペロンの優しさに触れて励まされるシーンです。

管理人halu
管理人halu

いや、え?これ”この2人”が繋がっちゃうの…?みたいな妄想も膨らむ回だったわ…!

前者はメーデイア本人もハッキリと言葉には出来ないような、非常に複雑な心境がありありと伝わってくる彼女の表情がとても見応えがあります。

そして後者は、高潔でありながら思いやりのあるペロンの人柄に惹かれるプシュケーと、プシュケーとの距離の近さにドギマギするペロンとの、新たなロマンスを予感させるやり取りに注目です。

管理人halu
管理人halu

そう!まさかこの2人のロマンスが…?!

次回第103話ネタバレはこちらから

↓↓↓

君の全てを奪いたい 103話 ネタバレと感想。キスを交わすメーデイアとヘリオ。
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」103話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました