君の全てを奪いたい 100話 ネタバレと感想。鮮血に染まるプシュケー。

か行

今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の

君の全てを奪いたい100を読んだので紹介したいと思います。

この記事はネタバレを含みます。
物語の先の展開を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませっ!

君の全てを奪いたい 100話 あらすじ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

君の全てを奪いたい 99話 ネタバレと感想。崩れる会場・阿鼻叫喚の地獄絵図。立ち上がるプシュケー
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」99話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu こ...
管理人halu
管理人halu

祝!100話!
おめでとうございます!!

城壁が崩壊し多数の犠牲者が出たことは皇宮にも伝わり、叙任式の会場にいたメーデイアとヘリオは、足止めしようとする騎士らの目を盗んで事故現場へ向かおうとしました。
2人は念の為別行動をとり、メーデイアはイアロスに見つかってしまいますが、ヘリオは無事脱出を果たします。
そうしてメーデイアがイアロスから衝撃の告白を受けている頃、タイミング良くピンチに陥っていたプシュケーを見つけたヘリオはすかさず彼女を救い出しました。
しかしプシュケーは結局ヘリオの手を振り払い、単身人命救助へと向かったのでした。

君の全てを奪いたい 100話 ネタバレ

城壁が崩れた際に鳴り響いた轟音は、新たな枢機卿が到着するのを叙任式の会場で待ちわびていた人々の耳にも届いていました。
管理人halu
管理人halu

たくさんの・・犠牲者が・・マジで一体誰が仕組んだ・・。(いや・・大方予想は着くけど・・

その凄まじさは事故現場の惨状を想像させるに充分で、華やかに飾り付けられた皇宮内はたちまちざわめきに包まれます。
・・。

イアロスの配下の騎士たちは「皆様、移動はお控えください!」と叫んで不慮の事態に動揺する来賓たちを抑え、しばらくは勝手に立ち去ることのないよう言葉巧みに伝え、実質彼らをこの場に縫い止めてしまいました。

管理人halu
管理人halu

こいつらかやっぱ・・。

その中にはメーデイアとヘリオも含まれていましたが、2人は隙を突いて宴会場を抜け出します。

そして、非常に厳重な警備をどちらか一方だけでも突破することが出来るよう、二手に分かれて行動することにしたのです。

管理人halu
管理人halu

うし・・!

その結果メーデイアは、小道へ続く門を目前にしてまさかのイアロス本人と出くわしてしまいました。

管理人halu
管理人halu

いた・・・

しかも彼は白々しく「そんなに急いでどこに行くのだ?」と問いかけてきて、

管理人halu
管理人halu

お前こそ、だよ・・。

メーデイアは苛立ちを笑顔の下に押し隠しながら「公爵としてやるべきことをせねばなりませぬ」ともっともらしく答えます。

しかし、「殿下も率先して現場へ向かわれるところではないでしょうか。お許しいただけるのならお供いたします」と続け殊勝な態度をとってみせた彼女に対し、イアロスが返したのはなんと「悪いが・・・違う」という否定の言葉でした。

管理人halu
管理人halu

え・・?言うの・・?

驚くべきことに彼は、城壁を壊し多くの犠牲者が出るよう仕向けたのは自分だと、メーデイアに向かってハッキリと告げたのです。

 

管理人halu
管理人halu

・・ごくっ。

一方、無事に警戒の目をかいくぐり皇宮から抜け出すことに成功したヘリオは、騎士団に囲まれるプシュケーを発見し、助けを求める民衆が群がってきた機に乗じて彼女をその場から連れ去ります。

管理人halu
管理人halu

プシュケー側だね。

どこからか調達した馬に乗り鮮やかに自分を救い出してくれたヘリオへプシュケーは「おかげで助かりました!!」と満面の笑みで感謝を述べますが、神性を使って騎士たちを退けようとしていたことを咎められると途端に顔をしかめ、「しかたないでしょ!」と噛みつきました。

さらにヘリオの操る馬が事故現場とは逆の方向へ向かっていることに気がつくと「引き返してください!」と叫び、現在の状況下では神性によって人命を救っても彼女の力を隠したいイアロスに目撃者として消されるだけだと冷静に説得を試みる彼に対して攻撃を仕掛け、馬上から突き落としてしまったのです。

こうしてヘリオから奪った馬で怪我人たちのもとへ駆けつけたプシュケーは、早速重傷ながら助かる見込みのある者へ向けて治癒の力を行使します。
管理人halu
管理人halu

使った・・・

しかしその体から黄金色の神々しい光が放たれた次の瞬間、彼女は自身の目や鼻、口から流れ出た鮮血で真っ赤に染まったのでした。

管理人halu
管理人halu

・・・え?

君の全てを奪いたい 100話 感想・考察

100話の見どころは、プシュケーとヘリオのやり取りです。

管理人halu
管理人halu

いや・・プシュケーどうして・・

この組み合わせは少々久しぶりとなりますが、プシュケーと相対した時のヘリオは、メーデイアの隣にいる時の盲目的かつ排他的で幼い残酷性を持つ彼とは違い、言動に年相応の青年らしさが感じられます。

またプシュケーも、同じようにメーデイアを慕う仲間であり共闘した者として、ヘリオには特に気を許し深く信頼しているからこそ、今話のような暴挙にも出ることが出来たのでしょう。

管理人halu
管理人halu

これまではメーデイアありきの仲だった2人ですが、この先その関係性が変わっていく予感がします・・。

次回第101話ネタバレはこちらから

↓↓↓

君の全てを奪いたい 101話 ネタバレと感想。血まみれのプシュケーの元にペロンが。
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」101話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました