葬送のフリーレン 1巻ネタバレと感想。数百年を生きるエルフのフリーレン・かつての勇者ヒンメルの葬儀に参加し・・物語の始まり

さ行

今回は山田鐘人/アベツカサ先生の

葬送のフリーレン1巻を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【葬送のフリーレン】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

葬送のフリーレン 1巻 あらすじ

魔王を倒した勇者パーティーにおいて、魔法使いとして参加した「フリーレン」。

エルフであるフリーレンにとっては、勇者ヒンメル達と共に歩んだ10年間の旅もあっという間の出来事で、彼女の長い長い人生のほんの一部に過ぎませんでした。

しかし旅の終わりから約50年後、再会してすぐに亡くなってしまったヒンメルの葬儀に参列したフリーレンは、もっと彼を知るべきだったと後悔します。

フリーレンは趣味である魔法蒐集の旅を続けながら、ヒンメルが世界各地に遺していった痕跡を辿ります。

その過程でかつての仲間達の所にも顔を出し、彼らに頼まれて魔法使いの少女フェルンを弟子にとるようにも。

そして、その昔の仲間からの情報で「魔王城へ行けば死者――ヒンメルと対話する事ができるかもしれない」という情報を得るのでした。

↓↓↓

【葬送のフリーレン】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

葬送のフリーレン 1巻 ネタバレ

王都へ向かう簡素な作りの荷馬車の荷台。
4人の男女が座り込んで今後の話をしています。彼らは魔王を倒した勇者の一行。「勇者ヒンメル」「戦士アイゼン」「僧侶ハイター」「魔法使いフリーレン」。

10年かかった旅だけど、
これから先の人生の方が長いんだから……とヒンメルは言いました。

同時に「エルフのフリーレンはもっと長い人生になるんだろうな」とも。

凱旋パーティー後、
半世紀に一度だけ流れる流星群を見ながら

「50年後にまた集まって流星群を見よう」

と約束し、解散した四人。
それからフリーレンは趣味の魔法蒐集のために世界を回ります。

数百年を生きるエルフのフリーレンにとって、
ヒンメル達との10年間の旅はあっという間の短いもので、その別れにも特に感慨はありませんでした。

そして50年後に約束を守るため王都へ戻ってみると、
そこには年老いた姿のヒンメルがありました。

他の二人とも合流して約束の流星群を見届けるも、
そのすぐ後にヒンメルは天寿を全うしてしまいます。

その葬儀に参列しながら、「人間の寿命は短いって知っていたのに、どうしてもっとヒンメルの事を知ろうとしなかったんだろう……」と後悔の涙を流すフリーレン。
彼女はこの経験から、もっと人間について知ろうと考え始めます。

__

ヒンメルの死から更に20年が経った頃、フリーレンがハイターの住む森を訪ねます。

そこには年老いたハイターの他に、
彼が面倒を見ているという「見習い魔法使いの少女フェルン」がいました。

冒険時代の借りを返しに来たというフリーレンに、
ハイターは「フェルンを貴女の弟子にしてあげてほしい」と頼んできます。

フリーレンが「未熟な子を旅に同行させても死なせてしまう」と断ると、ハイターは代わりに不死の魔導書の解読を依頼。

そして、数年かかるであろう魔導書解析の合間でいいから、フェルンに魔法の指導をしてほしいのだとも。

そんなハイターからの頼みを素直に聞いて、
魔導書の解析とフェルンの修行を並行して行っていくフリーレン。

実は、魔導書解析はハイターにとってどうでもよく、その間にフェルンを一人前に育ててもらい、フリーレンの旅に同行させようという目論見がありました。

そこから約5年、魔導書に不死の秘法は記されていない事が分かった一方、フェルンの修行も完了。
「一人前なら旅に連れても行けますね」と言ってくるハイターに「諮ったな」と言い返しつつ、フリーレンはフェルンを弟子に取る事を了承します。

そしてハイターに天からの迎えが来るまでの間、森に留まって彼とフェルンのお別れの時を見守りました。

ハイターがフェルンを引き取って育てるという善行を働いたのは、勇者ヒンメルと旅をした影響でした。
生前は、その真っすぐな心で多くの人々に救いをもたらしたヒンメル。
ハイター自身もまた彼と出会って救われた一人です。

そんな彼はある日ふと「このまま何もせずに私が死んだら、彼が与えてくれたものは彼との思い出も消え去ってしまう」と気付いたと言います。

そして、亡くなった両親の後を追おうとしていたフェルンに手を差し伸べたのだそうです。

__

ヒンメルの死から26年後、
今度はフェルンを連れた形で趣味の魔法蒐集に戻るフリーレン。
彼女の目的の一つは「人間を知る事」であり、そのためになるべくヒンメル達と旅をした際に立ち寄った場所を再訪するようにしていました。

半世紀以上前に立てられた勇者ヒンメルの銅像などを眺めつつ、彼との旅の思い出を振り返っていきます。

訪れた先にはヒンメルの事を覚えている人もまだ残っていて、彼がフリーレンやハイター達だけでなく、多くの人を助けていたのだと改めて知る事に。

またヒンメル達がかつて封じた強大な魔物「クヴァール」の封印が解ける時期に来ていたため、それを退治する戦いも。

80年前は恐ろしい魔法の使い手であったクヴァールも、この80年の魔法技術の進歩によって今や雑兵に成り下がっており、フリーレンとフェルンはあっさりと撃退。
そうして、フリーレンとフェルンは様々な形で時代の流れを感じ取っていきます。

__

ヒンメルの死から28年後、かつての仲間でドワーフのアイゼンに会いに行くフリーレン。
彼もまた長寿族ではありましたが、エルフほど長生きではないのか年老いてきています。

30年ぶりに再会した二人は、「大魔法使いフランメ」の手記があるとされる遺跡探しへ。
これはアイゼンからの依頼でした。

手記には「使者と対話する方法」が記されていると噂され、
アイゼンはそれでフリーレンがヒンメルと話をする事で切るのではないかと思ったのです

ヒンメルの葬儀の際、アイゼンは彼の横で

「彼をもっと知っておきたかった」

と泣いたフリーレンの事をずっと気にしていたのです。

問題の遺跡はどうにか見つかり、
またフランメが実は大昔のフリーレンの師匠でもあったため、遺跡の結界もあっさりと突破。

そうして手に入れたフランメの手記には、
たしかに死者との対話についての記述が残されていました。

どうやら対話には特定の場所に行く必要があり、
そこは現在「魔王城が建てられている場所」と判明。

こうしてフリーレンは再び、魔王城へと向かうことになるのでした。

↓↓↓

【葬送のフリーレン】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

葬送のフリーレン 1巻 感想・考察

第1話から「勇者ヒンメルの凱旋から葬儀までの50年間」が一気に描かれる驚きのスタートでしたが、そこから1巻ラストまでの間に更に30年弱が経過します。

 

管理人halu
管理人halu

時間の流れるスピードが凄まじい漫画。
でも、ひとつひとつの物語の進行はとても穏やかで・・。

エルフのフリーレンは見た目が全然変わりませんし、淡々と生きていますが、その分だけ周囲の変化の激しさが際立ちますね。

勇者ヒンメル・僧侶ハイターとの永遠の別れと、彼らが生前に世界のあちこちに遺してくれていったものの輝きを、フリーレンと共に静かに味わっていくのが面白いです。

また1巻の最後には「再び魔王城を目指す」というフリーレンにも目的が。

フリーレンとフェルンの旅がどのような過程を辿り、どんな結末に行きつくのかがとても楽しみになりました。

管理人halu
管理人halu

魔王を倒した勇者一行のその後……という少し変わった題材のお話ですが、興味の湧いた方にはぜひ読んでもらいたい作品です。

↓↓↓

【葬送のフリーレン】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第2巻ネタバレはこちらから

↓↓↓

葬送のフリーレン 2巻ネタバレと感想。新たな仲間「シュタルク」との出会い・魔族との戦いが始まり・・?
今回は山田鐘人/アベツカサ先生の 「葬送のフリーレン」2巻を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu この記事は高確率...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました