シャーロットには5人の弟子がいる 91話ネタバレと感想。魔族の町「モローク」に落ちたシャーロット

さ行

今回はピッコマで連載中のYongYong先生の

シャーロットには5人の弟子がいる91を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

シャーロットには5人の弟子がいる 91話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

シャーロットには5人の弟子がいる 90話ネタバレと感想。シャーロットの手首に伸びる鎖はエヴァンに繋がっていて・・
今回はピッコマで連載中のYongYong先生の 「シャーロットには5人の弟子がいる」90話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu...
シャーロットはなぜか己とエヴァンの手首に取り付けられている魔道具の件や今いる場所、そして自分がどれくらいの間気を失っていたのかをエヴァンに尋ねました。
エヴァンはシャーロットが眠っていたのは1日で、ここは魔族の町「モローク」だと答えます。
そして魔道具を2人に装着したのはネルタンという魔族の男性であることもわかりました。
シャーロットは危害を加える気はないから外してくれと頼んでも頑として頷かないネルタンを怪しみます。
案の定、彼は2人を「供え物」にする気だということが間もなく判明したのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

シャーロットには5人の弟子がいる 90話 ネタバレ

自身の左手とエヴァンの右手を繋ぐ鎖の正体は「マナ封印の術式が付与された高位級の魔道具」だとすぐさま見抜いたシャーロットですが、形状から考えて1人用と思しきそれがなぜ自分たちに装着されているのか・・・その理由まではさすがに思い当たりません。

管理人halu
管理人halu

シャーロットとエヴァンが繋がった・・

どこか気まずげな愛弟子の様子をうかがえばその瞳は鮮やかな赤から見慣れた白銀へと戻っており、目の前にいるのは間違いなく己の知っている「エヴァン」だと判断したシャーロットは、師弟ならではの無言の圧力をかけて彼に現状の説明を求めました。

淡く発光する不思議な鎖はエヴァンに近付くと跡形もなく消え、彼から一定の距離以上に離れると再び出現する仕様になっているようです。

となるとエヴァンがシャーロットを自身のもとから逃がさぬよう用意した・・・

と考えるのが妥当なところでしょう。

しかし予想に反してエヴァンの口からは出てきたのは「これは俺がやったんじゃないです」という否定の言葉でした。

管理人halu
管理人halu

じゃあ誰が・・

ただし続いて投げかけられた「では誰の仕業だ?」という質問にはひとまず沈黙を守り、代わりに「ここはどこだ?イブパトラの城を出てからどのくらい経った?」と矢継ぎ早に繰り出された疑問に「あの城を出てから気を失って1日が経ちました。そしてここは・・・アスタベルの南西に位置する魔族の町「モローク」です」と淡々と答えたのです。

管理人halu
管理人halu

魔族の町「モローク」・・

それからほどなくして、シャーロットは自分たちを魔道具で繋いだ人物と対面します。

この町の権力者と思しき年嵩の男性・ネルタンは、「なぜこんなものをつけたのですか?」というシャーロットの問いかけに「ここは人間に迫害された魔族たちが住む町です。突然人間の魔術師が空から落ちてきたのですから、我々にも最低限の安全装置は必要だと思いませんか?」とそれまで浮かべていた笑みを消して言い募りました。

管理人halu
管理人halu

・・・。

当然シャーロットは「それなら今すぐこの町を出て行きます。だからこれは外していただきたい」と告げますが、なぜかネルタンは「せっかくのお客さんなのでそれはできません」と笑ってその要求を拒みます。

管理人halu
管理人halu

せっかくって・・

さらに含みのある表情で「ご心配なさらずゆっくり休んでください」と言われ

(怪しすぎる)

とシャーロットが警戒していると、2人の世話を任されたらしい魔族の少女・ルーシーがやって来て彼女に町を案内してもらうことになりました。

その結果、シャーロットは拍子抜けするほどあっさりとネルタンたちの思惑を知ることが出来ます。

ルーシーはシャーロットたちに対し非常に好意的な態度で接してくる可愛らしい少女でしたが、人間が魔族の言葉を解するはずがないと高をくくっていたのでしょう。

傍にいる2人が魔族の言葉を理解しているとも知らず、町中で出会った知人相手に彼らが「今回の供え物になる人間」であることを明かしたのでした。

管理人halu
管理人halu

“人間に迫害された魔族たちが住む”とは正反対じゃないか・・

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

シャーロットには5人の弟子がいる 90話 感想・考察

91話では、ネルタンとルーシーという2人の新しいキャラクターが登場します。
彼らは人間たちに忌み嫌われているという設定の魔族ですが、シャーロットたちに対する態度はあくまでにこやかで、あやうく騙されてしまう読者も多いのではないでしょうか。
特に時折真顔になるネルタンと違い、ルーシーの年頃の少女らしい振る舞いは本当に自然で、魔族の言葉で本音をこぼさなければ彼女の悪意には到底気付けなかったでしょう。

管理人halu
管理人halu

シャーロットは現在魔道具のせいで力が抑えられてしまっているようなので、町中の魔族と敵対することになると思うと少々心配です。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第92話ネタバレはこちらから

↓↓↓

シャーロットには5人の弟子がいる 92話ネタバレと感想。ルーシーのペンダント・恐怖の表情
今回はピッコマで連載中のYongYong先生の 「シャーロットには5人の弟子がいる」92話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu...

コメント

タイトルとURLをコピーしました