【韓国原作小説翻訳】再婚承認を要求します 小説版95話ネタバレと感想。大人しく引き下がるクリスタ・カフメン大公の招待・不安がるハインリ

【小説版】再婚承認を要求します

今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の

再婚承認を要求します原作小説版95話(漫画版は88話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説95話 あらすじ

前話、原作小説第94話のネタバレはこちら

↓↓↓

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版94話ネタバレと感想。盛大な結婚式を決意するソビエシュ・エルギの暗躍再開
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の94話(漫画版は87話?)を読...

ラスタ企画のティーパーティ。招待したラスタの偽の母親が失踪した娘の話題になり突然嗚咽を上げて泣き始めてしまいます。

その後、その娘の話題を偽母親に振った貴族の男性とエルギ公爵が
人目をはばかって真剣に話し合っているのを目撃してしまうラスタ。

心にわだかまりを感じながらも、その場を後にするラスタ。
その夜、その話題を提供した貴族の男性がラスタを訪ねてやってきます__

一方ナビエは、
結婚式の準備のことを相談しにハインリの元へ行きますが・・

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説 95話 ネタバレ

管理人halu
管理人halu

貴族の男性とエルギが真剣に話しているのを目撃するラスタの場面から物語が始まります。

会話は聞き取れなかったものの、二人とも真剣な表情をしていた。

何の話をしているの…?

ラスタはその様子を黙って見ていた。

近づいて盗み聞きしたいと思っていたが、
地面は草むらで、近づこうとすると音がしてしまう。

ラスタは目を細めた。

エルギ公爵は社交界の寵児だったが、
噂では女たらしで、常に女性とつるんでいたという。

エルギ公爵が本当にスキャンダルを起こしたかはさておいても、
彼の友人はほとんどが女性だった。

少なくともラスタの知る限りでは。

さっきのお茶会でも女性ばかりに話しかけていたよね・・?

しかし、エルギが今話していた人は貴族の男性だった。

なぜ彼は男性の貴族と真剣な会話をするためにわざわざここまで来たのだろうか。

普通ならおかしいと思わなかったかもしれないが
しかし今のこと(ラスタの偽母の発狂)があったからこそ、
ラスタは心にわだかまりを感じていた__

__

__

しかし、その夜。
偽の両親の前で行方不明となった娘たちの話を持ち出した
あの貴族の男性が謝罪のためにラスタの部屋に来ると、ラスタは安堵した。

なぜなら、
彼自身が謝罪の中でエルギ公爵の名前を挙げていたからだ。

『エルギ公爵がとても怒っていました…』

『エルギ公爵が?』

『お茶会での私の発言はあなたのお母様だけでなく、ラスタさんにも失礼なことでした』

『いいえ、それほどではありません。
ただお母様も、いきなり感傷的な話題となったのでつい声を上げてしまっただけでしょう。』

『申し訳ありませんでした…ラスタさん』

つまり、あのときの二人はこのことを会話をしていたのね

ラスタはホッとしたのか、安堵のため息をついた。

彼女が完全に信頼できる人物は一人だけで、それがエルギ公爵だったのだ。

自分の秘密をすべて打ち明けてくれたエルギ公爵に
信頼を置くべきでは”なかった”のではないか。
しばらくの間、彼女は不安を感じていた。

だが幸いなことに、今のことで誤解が解けた。

美しいラスタのため息を見ながら、
不適切な発言をした貴族は思慮深く言った。

『ところで、エルギ公爵はラスタさんのことがとても好きなようですね?』

『どういう意味ですか?』
とラスタはためらいながら尋ねた。

『いえ…。私はただ、謝りに行ってくれ、
と彼に言われただけだったのですが…』

貴族は皮肉を込めて微笑んだ。
ラスタとエルギ公爵の間に何かあるのではないかと疑うかのように。

『ラスタさんのような魅力的な美女が男の心をつかむのは簡単です』

『…』

ラスタは返事をしなかった。
しかし、貴族が去った後、彼女は赤面して頭を下げた。

でも…エルギ公爵は、ハインリ国王と”そういう関係”だったのではないか?

管理人halu
管理人halu

うん、ラスタの記憶はここで更新されてないのね、まだ。笑
※ハインリのナビエへの手紙をラスタが拾っちゃう事件:72話参照

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版72話ネタバレと感想。窓枠の青い羽・血痕・ソビエシュからの贈り物。
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の72話(漫画版は66話?)を読...
そうではない…のかしら?
あの手紙はただの友人同士の冗談だったの…?

そういえば、エルギ公爵は多くの女性と不祥事を起こしていると噂されている。

ハインリ国王とそのような関係にあったのであれば、
あんなに頻繁に不祥事に巻き込まれることはなかっただろう。

それに……エルギ公爵は出会った時から特に私に優しくしてくれていた。
私でさえ、エルギ公爵が私のことを好きだと彼の口から聞いたことがあったけど、
私はただの冗談だと思っていた…。
管理人halu
管理人halu

・・・。
8割エルギの策略だと思うけど、
なんか2割くらいはまじでラスタのこと気にかけてるんじゃないかって思ってしまうわ・・。

ラスタは恥ずかしそうに唇を噛みながら地面を見た。

先ほどの貴族の言葉が彼女の耳をくすぐった。

いや、そんなことはないと思う…。

内心で考え込んでいるうちに、
ラスタはさらに赤面し、手で自分の体をなでた。

…ところで、結婚式はいつ行われるのかな?
管理人halu
管理人halu

幸せなことよの・・

__

__

管理人halu
管理人halu

ナビエの場面に移ります。

『できるだけ早く開催されるようです。
国王が個人的に準備すると言っておりました。』

次の日、夜明けと同時に来たローズは、私に食事を出しながら、
兄から聞いたことを話してくれた。

彼女が持ってきた食事は、

  • 透明なかぼちゃのスープ
  • スクランブルエッグ
  • 三種類のジャムと
  • カットされていないバゲット

だった。

彼女が小さなテーブルの上に置いた可愛いお皿を眺めながら私は、

『本当にハインリは自分で結婚式の準備をすると言っていたの?』

とローズに聞いた。

ハインリ自身が『結婚式はなるべく早くやりたい』
と言っていたし、私もそれに同意はした。
しでも、ハインリが自分から結婚式の準備をすると聞いたのは少し意外だった。

『はい。』

ローズは小さなテーブルの上にすべての食器を置き、
私の表情に気付いて静かに尋ねた。

『王妃殿下は……自分で準備されたいですか?』

『そうじゃないの』

『それならば、どうしてそんなに驚くのですか?』

『国王殿下は今大変お忙しいのです』

『そうなのですか?』

しかし、とは言っても結婚式の準備をクリスタに任せるわけにはいかない。
なぜならクリスタが準備を行うと、
クリスタ自身の優位性をさらに広げてしまうかもしれないからだ。

管理人halu
管理人halu

クリスタ好みの結婚式にされるし、
何より宮廷人たちはほぼ全員クリスタの味方だしね。

しかし、私は思わず微笑んでしまった。
なぜなら頭に浮かんだのは昨夜のハインリの光景で、私はすぐに緩んだ顔を真面目な顔に戻した。

『王妃殿下、本当にご自分で準備されなくてもいいのですか?』

私の真剣な表情にローズは再び不安そうに尋ねた。

『えぇ。』

私は笑顔で答え、スプーンを掴んだ。
しかし、頭の中に浮かんでいたハインリの姿は消えなかった。

ハインリが結婚式の話を持ち出してきたのだから、彼に会って話を聞いてみよう。
でもこんなに気まずい思いをしながら、どうやって彼とまともな会話ができるのだろうか。

彼のことを考えないようにして食事に集中していたが、
料理に目をやると、またもや彼の姿が強烈に頭に浮かんできた。

管理人halu
管理人halu

何しても出てくるハインリの裸体。笑

澄んだスープをスプーンで数杯飲んだ後、スプーンを置いて立ち上がった。

『それだけでよろしいのですか?』

『ちょっと、考えたいことがあって。』

『西王国の料理が嫌いだからじゃない…ですよね?』

『そんなことないわよ』

私はわざと微笑み、
今日ハインリに会う予定だったので、正確な時間を教えてくれと頼んだ__

管理人halu
管理人halu

ローズ、やっぱり気を遣ってくれてるよね、いい子説出てきたな。

__

__

2時間ほど部屋で過ごした後、ハインリとの待ち合わせに間に合うように部屋を出た。

ハインリの顔を見るのは恥ずかしくてたまらないが、
それでもどうしようもなかった。

私は頭の中で1から100まで、
100から1までと何度も数えながら歩いた。

管理人halu
管理人halu

ナビエ、ハインリの裸体を無心で数字を数え追い出す作戦。

しかし、ハインリのオフィスの前に着いた途端、
ドアの前で思いがけない人物に出会った時には、恥ずかしさは消えていた。

『ナビエさん、お久しぶりです、お元気でしたか?』

それはクリスタ、前王妃だった。
彼女は私を見てから、笑顔で後ろに立っていたローズを見た。

しかし、私は特に何も答えなかった。

管理人halu
管理人halu

ナビエ、無言の邂逅・・。

するとハインリの執務室のドアが開いたので、
二人ともそれ以上会話することなくオフィスに入っていった。

ハインリは机から立ち上がると、
私たちが一緒に入っていくのを見て目を大きくした__

__

__

『どうして…お二人がご一緒にいるのですか…?』

『たまたま玄関で会ったので』

私が簡単な説明をした後、
ハインリはすぐに状況を把握し、

『あぁ…』
とだけ言った。

クリスタは黙っていたが、
ハインリが机の後ろからこちら側へ出てくるとすぐに心の中を話した。

『国王殿下、結婚式の準備はご自身でされる予定だそうですが、本当でしょうか?』

ハインリは机の横で立ち止まり、真剣な顔で彼女を見た。

『ええ、聞いていたのですね、義姉様』

私もクリスタを見た。

彼女は私と同じ理由でここに来たのね

クリスタは少し緊張した様子だった。

ハインリの視線と私の視線を受けた時、
彼女はさらに緊張した様子になった。
彼女は気まずそうに微笑み、慎重に話した。

『国王殿下、よろしければ 結婚式の準備は私に任せてください』

ハインリは眉をひそめた

『義姉様に?』

『国王がご自身で結婚式の準備をされるのは異例のことです。
義理の姉であり元王妃である私がお二人に代わって結婚式の準備をするのが最適だと考えているのですが…。』

ハインリは気まずそうに微笑んで口を開いた。

彼は明らかにNoと言いたいようだった。

ハインリが口を開く前に、私が先に言った。

『他の人とは違った形で始まった結婚ですので、
その式の準備も違った方がいいと思います。
私たちが最初に決めた内容で進めましょう。ハインリ』

私が介入しなければ、ハインリも自分で拒否していただろうが、
彼にとってクリスタは早死にした兄の妻だった。

彼がクリスタと直接対決するのは気まずいだろう。
自分がこれを断ることを伝えた方がいいと思った。

クリスタは、
私が反対するとは想像もしていなかったようで、眉を上げて私を見た。

彼女は怒っているようには見えなかったが、
少し驚いたような顔をしていた。

言い争うどころか、
視線を下げて「そうですか…」と呟いてから、謝った。

管理人halu
管理人halu

ふむ・・。

『私は、あなたの義理の姉であり、
元王妃として、結婚式の準備をするのが適切だと思われたので、今日ここに来ました。
でも…どうやら私がきちんと空気を読めていなかったようです。申し訳ありませんでした。』

彼女は無力感と落胆の表情を浮かべた。
顔色はすでに青ざめていた。

彼女が静かに謝るとき、なぜか不思議な感じがした。
それ以上何も言わずに、彼女は無言で事務所を出て行った。

管理人halu
管理人halu

なんか、もっとこう張り合ってくると思ったけど・・
案外おとなしい・・?でも・・。

私は顔をしかめてドアを見つめた。

何か自分が彼女を脅したような気がしてしまっていた。
自分が歯をむき出しにして、弱々しい動物を壁に押し付けているような気がした。

でも、奇妙だった。

クリスタよりも可哀想な立場にいるラスタに対して、こんな風に感じたことはなかった。

ある意味、クリスタと対峙した後は特に悪い気がして、私は顔をしかめた。
よく考えてみると、それは東西の礼儀作法の違いによるもののように思えた。

ラスタは私の常識を超えた発言をすることが多かった。

行ってはいけない場所に行きたがったり、
私のものに触ったり、私を姉のように扱うことを望んだり。
彼女があからさまに私の真似をして鳥肌が立つこともあった。

でも、クリスタの弱い部分は私の常識の中にあった。
だからこそ、嫌な気持ちになったのかもしれない。

もちろん、人間の心は複雑なので、はっきりとしたことはわからないが….

『クイーン?』

私の考えが深すぎたのだろう。
ハインリが近づいて声をかけてきたとき、私は驚いてすぐにハインリを見た。

ハインリは心配そうな表情で私を見た。

『不機嫌そうな顔をしていますが大丈夫ですか?』

『えぇ、大丈夫。』

ハインリは私の言葉に顔をしかめて、
私が全く大丈夫そうに見えないかのように言った。

『関わらないでと言われていたのですが…
私の考えでは、クイーン。義姉様に私の執務室に来るのを控えるよう言うべきだと思います。そう思いませんか?』

ハインリは慎重に私に質問した。

『いいえ、気にしないで。』

私は首を振った。

彼がこの件に首を突っ込むのは良くなかった。

私はクリスタの話をする代わりに、目的の話に移った。

『ああ、そうよ、私もこの件について相談したくて来たの』

『クイーン、あなたもご自身の結婚式の準備をしたかったのですか?』

『違うわ、でも何か手伝えることがないかと思って来たの』

『そうですか…!
でも、これはクイーンのためなので、私が自分で準備したいのです。』

『理解していますが…』

『もちろんウェディングドレスの用意は手伝ってください。
私の目の採寸では厳しいので…!』

ハインリは遊び心たっぷりに付け加え、甘く微笑んだ。

しかし、彼が『採寸』と言った瞬間、
クリスタを見て一瞬忘れていた噴水の中の彼の裸体を思い出し、顔が熱くなった。

管理人halu
管理人halu

まーた出てきた。笑

気付かれないように慌てて頭を下げたが、
火照りが治らず下を向いたままになってしまった。

『クイーン…?怒っているのですか?』

私はしばらくの間、このままでいる必要があった。

ハインリは膝を曲げて、私の視線に入ってきた。

そして、彼は私の目をじっと見つめた。

彼の紫色の目を直接見ると、私の顔はさらに熱くなった。

私が下唇を噛んで横を向くと、
ハインリは戸惑いながらも再び私と向き合うように動いた。

管理人halu
管理人halu

ハインリ・・笑

『クイーン?本当に怒っていませんか?』

『…』

『クイーン?』

2人でぐるっと一周した後、
これでは何も解決しないと考えた。

管理人halu
管理人halu

視線を避け続けてぐるっと一周。笑

その通りだ。
いつまでも私が恥ずかしい思いをするようなことではない。
素直にハインリにチャンスを与えようと心に決めていた。

管理人halu
管理人halu

ハインリが”自分がクイーンだったのを隠していたこと”を
素直に謝ってくれるんなら良いよ、ってことね。

恥ずかしいけど、このまま騙され続けるわけにはいかなかった。
それを続けることは、ハインリ自身にも迷惑だし、
ハインリにも気まずい思いをさせることになる。

私は意を決してついに声を上げることにした__

__

__

『ハインリ、ひょっとして…』

”私は何かに騙されているのではないか”、と聞こうとしていた。

でも、彼の心配そうな表情を見た瞬間に__
私の口から出てきたものは、全く違ったものだった。

『…カフメン大公も招待して』

管理人halu
管理人halu

ズコーーーーー

ハインリの表情は硬直した__

『何…ですか?』

どこからともなく出てきた大公の名前にハインリは困惑したようだ。
私も困惑した。

管理人halu
管理人halu

ナビエも笑

カフメン大公のことは結婚式が終わってから話すつもりだったのに。

なぜ急にカフメン大公の話をしてしまったのだろうか。
内心では自責の念に駆られたが、もう話してしまったのだ。

私は最初からこの話をするつもりだったかのように冷静な顔をして、
数週間後に言おうと思っていたことを口にしただけだと思い直すことにした。

『カフメン大公を覚えていますか?
新年のお祝いの時にお会いしたと思いますが』

『覚えていないわけがないです。』

ハインリは奇妙な笑みを浮かべて呟いた。
ハインリが彼と喧嘩をしそうになったからかもしれない。

ハインリは目の前にいるので怒ることはできなかったが、
表情が歪むのを抑えることはできなかった。

『クイーン、彼を招待したいのですか?』

『私が東大帝国にいた時、
二国間の大陸間貿易を確立するために協力したの』

『大陸間…貿易?』

しかし、彼の歪んだ表情は、
私が貿易について言及すると、すぐに彼の表情は深刻なものに変わった。
私は話し続けた。

『しかし、陛下と喧嘩をしたことで台無しになってしまったの』

『ああ、それは聞いたことがあります。それに…

ハインリの目が私の拳にちらついた。

『あれは…本当ですか?』

そして、彼は自分の頬に指を触れた。

彼はカフメン大公がソビエシュに与えた一撃のことを言っているようだった。

管理人halu
管理人halu

えと、恋の妙薬を飲んでしまっていたカフメンが
ソビエシュとまぁ色々あって殴っちゃったんだよね。笑
※ハインリとカフメンのバチバチもどちらも38話参照

再婚承認を要求します。38話ネタバレと感想。カフメンがソビエシュを殴り・ハインリには速達が
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」38話を読んだので紹介したいと思います。 ...

『えぇ、本当よ。』

『私は彼の気持ちは理解することができますが…
でも本当だったなんて…あまりにも無謀でしたね…』

カフメン大公は当時、惚れ薬の効果を受けていた。

そういえば、彼はその効果を取り除くことができたのかしら?
管理人halu
管理人halu

え!!?笑
解けてないなんてことあるの??笑
(これ、フラグ・・?

私が内省していると、ハインリが私の手を取った。

『座ってください。ずっと立たれているので』

彼は私を机に案内して椅子に座るように言った
私は机の端にもたれかかるようにして座った。

わざとではないかもしれないが、
自然とハインリの下半身が私の目線の高さに並んだ。

『・・・・!!!』

私は拳を握りしめ、椅子を窓の方に向けた。
またしても顔の角度が微妙だった。

私はカーテンの隙間から窓の外を見ているふりをして尋ねた。

『貿易を成功させたいの。
彼を誘ってくれれば、ルイフトと西王国との貿易を成功させられるように頑張ります』

ハインリは、ややこもった声でつぶやいた。

『クイーンが取り組んでいただけるのであれば、もちろん成功する確率は高いでしょう…』

『この全大陸において国家主導の貿易は初めてのことです。
ルイフトと直接貿易をすること自体はメリットがありますが、
この大陸での両国の貿易が盛んになれば、ルイフトと西王国を以後の全貿易の仲介国にします。』

管理人halu
管理人halu

ルイフトと西王国のことだけじゃなくて、
全大陸の貿易を支配しようとするナビエ、才気溢れすぎる・・!

『…』

『これで今まで商売に手を出しにくかった商人も、
国が主導する事業に手を出すと安心します。各々事業を始め、活気あふれるでしょう。』

私は決意を持って窓に向かって話した。
東大帝国で既に私の中でこの事業の実行可能性が徹底的に吟味されていた。

しかし言い終わったあと、ハインリは悲しそうな声でつぶやいた。

『でもクイーン、向こうを見て話さないとダメなんですか…?』

『!』

『話す時は私を見てください…』

『…』

『本当に怒ってないなら、視線を避けるのはおかしい…です』

『私はあなたの視線を避けていませんよ』

『本当ですか…?』

管理人halu
管理人halu

あぁ・・!
ナビエがちょっと恥ずかしがるからなんか最後ハインリとちょっと気まずい感じになってしまった・・!!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説95話 感想・考察

まず、冒頭。
貴族の男性の話題提供は完全にエルギ公爵の策略だと思いましたが、違うのでしょうか。

管理人halu
管理人halu

エルギが描いている大きな絵から考えると、
東大帝国を潰す、その為に、今皇后になったラスタを潰す、
その為に、偽の母親とラスタがボロを出すように誘導した、
って考えるのが普通だけど、貴族は謝りにきた・・?
ワンチャンラスタにマジで惚れてる説もあるん・・かな・・

一方で前王妃クリスタ。
結婚式の準備を巡ってナビエと戦うのかと思っていましたが、
なんだか肩透かしを食らったような気持ちになりました。

管理人halu
管理人halu

特に、ナビエの発言に苛立つわけでなく、
申し訳なさそうにして、帰ったクリスタ・・。
でも顔合わせの時、発狂してたし、
ナビエの感じるようになんか裏はありそうだよね・・

そして、ハインリとナビエはクイーンの話題を出す…
かと思ったら懐かしのカフメン大公の話になります。

管理人halu
管理人halu

いつになったらクイーンの話できるんや。笑
しかもカフメン恋の妙薬の効果解けてるのかまだわかってないとか・・笑(自分で作ったのに。。

いち早く、大陸間貿易をルイフトとの間で行い、
実績を作って他国に展開するときに、そのルールに従うようにさせる
(ルイフトと西王国に話を通す(仲介)ようにする)なんて、

これむしろ東大帝国の時のナビエが行っていたら、
西王国は弱体化してたかもしれないので、
ソビエシュはつくづくもったいないことをしたな、と。。

管理人halu
管理人halu

まぁ、彼の失態はこの貿易の利益だけじゃ到底ないんだけど。笑

でもラストシーンでは、
あんまりにもナビエがハインリに顔を合わせないので、
さすがのハインリも不安がってしまっています。

管理人halu
管理人halu

違うんよ・・ハインリ・・!

変な流れにならないことを祈り次回を楽しみにします・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回原作小説版第96話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作小説翻訳】再婚承認を要求します 小説版96話ネタバレと感想。ナビエ・ラスタのウェディングドレス選び・クリスタとの衝突
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の96話(漫画版は89話?)を読...

コメント

  1. ゆう より:

    今日このサイトに行きつき、一気に読みました!
    気になっていた続きがわかり嬉しいです。ナビエとハインリのイチャラブ展開が楽しみです^ ^

    • halu halu より:

      ゆう様
      コメントありがとうございます!
      私もワクワクしながら翻訳しています!また見にきてくれると嬉しいです。
      ナビエとハインリのイチャラブ展開、はよこい(屮゜Д゜)屮

タイトルとURLをコピーしました