【韓国原作小説翻訳】再婚承認を要求します 小説版127話ネタバレと感想。消えない痕・ルベティのゴールデンプラン。

【小説版】再婚承認を要求します

今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の

再婚承認を要求します原作小説版127話(漫画版は120話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説 127話 あらすじ

…の前の管理人の本日のつぶやき。

前話、原作小説第126話のネタバレはこちら

↓↓↓

【韓国原作小説翻訳】再婚承認を要求します 小説版126話ネタバレと感想。アレン・アン・ジョアンソンの謁見・ラスタが逃げ込む先。
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の126話(漫画版は119話?)...

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説 127話 ネタバレ

管理人halu
管理人halu

アレンとアンの謁見、ジョアンソンの謁見も終了し、エルギはラスタを抱擁し…東大帝国冬の時代。西大帝国春の時代。

この(クリスタの)話題になった途端に執務室を見たときの興奮が急に薄れてしまった。

そして、クリスタはハインリにずっと恋をしていたのかしら……?

その時、私は思わず「クリスタをコンプシャー邸に送ってくれ」と言いたくなった。

管理人halu
管理人halu

コンプシャー邸=クリスタの飛ばし先(都落ち)。いつまでも前皇后のクリスタを西大帝国の皇居に置いておけないからね。しかもこんなことに気付いたら尚更。

ハインリはこの状況でクリスタにどう対処していいかわかっていなかったようだったので、私がこんなことを言えば間違いなくそうなるだろう。
管理人halu
管理人halu

そうなる=クリスタを飛ばす。

私の口は勝手に開いた。

…しかし幸いなことに、何度も考えてから行動するという習慣がその衝動を抑えてくれた。

落ち着きなさい…。

勅命でクリスタをコンプシャー邸に送ることは、今のこの神経をすり減らす状況を打開するための手段ではあるが、長い目で見れば良いことではない。

西大帝国には、クリスタに従う貴族がたくさんいた。
それに、コンプシャーは首都と同じくらい大きな都市で、
芸術家や吟遊詩人が集まる華やかな上流社会の舞台でもある。
たとえコンプシャーに行かざるを得なくなったとしても、
上流社会におけるクリスタの影響力が弱まることはない。
むしろ、寂しい心を慰めるために、彼女はより多くの貴族たちを屋敷に招待するだろう。
そして、貴族社会での彼女の影響力はより大きくなるだろう。
管理人halu
管理人halu

クリスタと和解しないまま飛ばしても状況は悪化するだけ。これがナビエがクリスタを飛ばせない理由だね。

そしてハインリの兄の遺言は、ここでクリスタの世話をするというものだった。

ハインリはウォートン3世の不妊症と急逝の疑いをすでにかけられていた。

そんな中で、ハインリが無理やりクリスタをコンプシャーに行かせれば、人々はさらに疑心暗鬼になってしまうかもしれない。

だからこそ、クリスタには自分の意思で力でコンプシャーに行かせる必要があった。

管理人halu
管理人halu

なかなか難題ね・・・。

『クイーン?』

私が黙って座っていると、ハインリが心配そうに声をかけてきた。

『大丈夫ですか?』

『えぇ、大丈夫よ。』

私は笑顔で答えた。

まだ心に重さを感じていたが、なぜかすべてがうまくいくような気がしていた。

披露宴の翌日、多くの貴族令嬢が私に手紙をくれたことを思い出した。

その時は、何だろうと思ったが…。

今回、ハインリから披露宴での出来事を聞いて、その理由がわかったような気がした。
管理人halu
管理人halu

ナビエさんさすが、理解がお早い・・!

案外、状況はいいのかもしれない。

でも……。

それはさておき、なぜ私はあんなに不安を覚えたのだろうか__

__

__

自分の部屋にあった帳簿や書類を事務所に移動させた後、昼食の時間になった。

せっかく仕事をしたのだから、女性陣でみんなで一緒に食べようと思っていた。

しかし、食事の途中で思いがけないニュースが飛び込んできた。

『皇后陛下に頼まれていた調査の件です。お調べしました。』

話したのはローズだった。

私はスプーンを置いて彼女を見つめた。

私はローズに、なぜ女性たちが急に友好的な手紙を送ってきたのかを調べてほしいと頼んでいた。

どのような意図で送られてきたのかを確認したかったのだ。

しかし、彼女がこんなに早く答えを持ってくるとは思わなかった。

『…それでどうなりました?』

『ひそかに流れている噂があります…』

『噂?』

なぜかローズは言いにくそうにしていた。

『ローズ?』

私が訝しげに声をかけると、彼女はとても不愉快そうな表情で告白した。

皇帝陛下とクリスタが密かに交際しているという噂です。』

管理人halu
管理人halu

ガセです!!!!!!!ガセネタです!!!!!!

ローズが話し終えると同時に、カチンと音がした。

ローラのナイフが銀のボウルに落ちた音だった。

ローラの表情が激しくなると、
マスタスは黙って目の前のナイフを取り、ローラの手の中に戻してあげていた。

ローズは伏し目がちに笑うと、話を続けた。

『…披露宴で、皇帝陛下がクリスタに額を拭かせて、そばでじっとさせていたそうです。何人かの女性がそれを目撃したようで…。』

正気に戻ったローラは、ナイフを強く握りしめ、厳しい声で言った。

『それは本当に披露宴で、あの結婚披露宴で起こったことなのですか!?』

ローズが答えないと、ローラは火を吐きそうな勢いで鼻を鳴らした。

私が黙っているのを見て、ローラはさらに激怒した。

管理人halu
管理人halu

・・・ナビエはでもさっきハインリから真実を聞いてるよね・・?不安はあれど・・。

『皇后陛下!!すぐに彼女をコンプシャーに送ってください!』

と。

『皇帝陛下のご判断を待っていてはいけません!彼はすべて知っていて、見過ごせないだけなのです!!!』

管理人halu
管理人halu

・・・ローラ、こういう時やっぱり感情出ちゃうよね(そこがローラのすっごくいいところでもあるんだけど。

『ローラ!』

ジュベル伯爵夫人に冷たく名前を呼ばれ、ローラは口を閉じた。

しかし、彼女は落ち着くことができず、怒りのままにふてくされていた。

ハインリから聞いていたので、私はわざと笑顔で「誤解です」と言ってみた。

『それは誤解です。陛下からあの日のことは聞いています。』

『本当ですか?!』

『えぇ。』

『それなら良かったです…』

しかし、ローラとジュベル伯爵夫人は、まだとても心配そうな顔をしていた。

ラスタが最初に現れたときも、私はすべてがうまくいくと言った。
ローラとジュベル伯爵夫人は、その記憶のせいで苦しそうな顔をしていた。
管理人halu
管理人halu

・・・。

『大丈夫よ。』

私は彼らを安心させようと何度も笑顔を見せた。

『誤解です。それに、この出来事は不幸中の幸いかもしれません。』

管理人halu
管理人halu

不幸中の・・幸い?

実のところ、私は全く元気はなかった。
ハインリからクリスタの話を聞いた時に感じた、妙な違和感がまだ残っていたからだ。

しかし、この事件は間違いなく不幸中の幸いとなるだろう。

『…不幸中の幸い?』

マスタスは不思議そうに尋ねた。

『ここ(西大帝国)にいる女性たちは皆、最初はクリスタさんのことを気の毒に思っていて、私のことをまともに見ようともしなかったのです。しかし、今では親しみを込めた手紙を送ってくれるようにまでなりました。』

管理人halu
管理人halu

・・・そうだよね。

ローラはうなずいたが、ローズは心配そうな表情で反論した。

『でも、皇后陛下、同情と尊敬は違いますよ』

『その通りです。』

『結局、同情から生じる愛情には限界がありますよね…。皇后陛下は帝国で最も高い地位にある方ですから、いずれはそんな同情の対象として見てはいけないと皆考えて、また心を閉ざしてしまうでしょう…?』

管理人halu
管理人halu

ローズ、核心つくわね。仰る通りで、最初こそ同情されど、同情で培った信頼関係なんてすぐに崩れてしまうよね。

『それでいいのです。少なくとも私にとっては偏見なく見てもらえるチャンスになりますから。』

『えぇ…』

『昔は何をしても偏見を持たれていました。一時的かもしれないですが、今は確かに彼らのが心の中に作っていた壁が崩れてきた気がしています。これは私にとってチャンスであり、それを掴むのは私次第なのです。

管理人halu
管理人halu

ナビエ、強くてたくましいよ。さすがだね。

__

__

_

『帰ってきました、父上。』

アランは疲れた顔をしていたが、屋敷に入ると嬉しさで顔が綻んでていた。

『ラスタには会ったか?』

ロテシュ子爵の質問に、アランは「はい」と無表情で答えた。

『ラスタはどうだった?』

『その….』

『アイツは息子を気に入ったのか?』

『えぇ、気に入ってくれたようです』

アランは、あの時のラスタが赤い目で赤ちゃん(アン)を抱いていたのを思い出した。

彼女の悲しげな弱々しい表情は、喜びから来ているのだと思っていた。

ラスタは当時の妊娠中、赤ちゃんのことが大好きで、一日中その話をしていた。
また、赤ちゃんが死んだと思ったときには、半狂乱になったようにも見えた。
管理人halu
管理人halu

・・・ふむ。過去の話か・・。

アランは、ラスタの赤ちゃんへの大きな愛情が今も続いていると信じていた。

ロテシュ子爵は満足げに笑った。
そして、ひげをなでながらつぶやいた。

『さて、二番目の側室も現れたことだし、あの生意気な娘も従順になるだろうよ。』

アランとルベティは驚いて顔を上げた。

『二番目の側室?』

『お父様、何をおっしゃっているのですか?』

ロテシュ子爵は舌打ちした。

『上流社会で生きていくためには、情報収集を怠るでない!!』

ルベティは唇をすぼめた。

最も尊敬していたナビエ皇后が西帝国に旅立った後、彼女は本当に空虚な気持ちになった。
何にも興味が持てず、最近は新しい友達とも遊んでいなかったのだ。
当然、何が起きているかは知らされていない。
同様に、アランも他の社交界の人々との付き合いよりも、アンの世話をすることを優先していた。
彼は屋敷から出ないので、ルベティよりも情報が少ないのだ。

『…ソビエシュ皇帝が、魔法使いだったと思われる少女を連れてきて、南宮に泊めたそうだ。皆が言うには、彼女は彼の二番目の側室になるそうだ。』

『ラスタがいるのに、まだ側室のことを考えているのか?』

アランは戸惑いながら尋ねた。
皇帝がラスタを傍に置きながら、他の女性に執着することが理解できなかったのだ。

『ラスタも側室でしょう?』

ルベティはその言葉で兄を怒らせてしまったが、ふと名案が浮かんで黙った。

ずっと不機嫌だった娘が目を輝かせているのを見て、ロテシュ子爵はしぶしぶ尋ねた。

『その目の輝きは何を意味している?お前は何を考えている?』

『遠回しに言うのは好きではありませんので正直に伝えます。』

『?』

『お父様、私はソビエシュ陛下の三番目の側室になります!

管理人halu
管理人halu

え!!!!!!!!!!!!!!!

黙ってお茶を飲んでいたアランは、口の中にあったお茶を全部吐き出してしまった。

口から飛び出したお茶は、ロテシュ子爵の顔にかかった。

父の激しい視線に、アランは怖くなり、慌てて頭を下げた。

管理人halu
管理人halu

ちょっと笑う。

ロテシュ子爵はハンカチで顔を拭いながらルベティをたしなめた。

『何をバカなことを言っているんだ!?側室だと?!お前は名家の若き貴族と結婚するのだ。お前にしか目がなく、お前を裏切ったり、欺いたりしない人間と、だ!側室を持たず、誠実で善良な人と、だ!!』

管理人halu
管理人halu

・・・ロテシュお前鏡見てこいよ…。

しかし、ルベティの目は光り続けていた。

『あの皇帝を誘惑して、ラスタの目から血の涙を流させてやります…!そして、無慈悲にもあの皇帝のもとを去ってやるのです…!』

管理人halu
管理人halu

まじソビエシュ多方面から地獄見せられそうで笑う。

『・・・。』

『その時、私はようやく二人に復讐することになる…!ナビエ様にしたことの償いを必ずさせてやる…!!』

管理人halu
管理人halu

いっけええええええええルベティ!!!!笑

ロテシュ子爵は、娘の子供じみた空想的な計画に舌打ちした。

娘の幼稚で空想的な計画に子爵は舌打ちしたが、どうせ無理だろうと思い、止めようともしなかった。

その代わりに、アランはルベティの計画の無意味さを現実的に指摘した。

『皇帝陛下が、ナビエ様とラスタをすでに妻にしているのに、お前を気にすると思うのか…?』

『私の何に問題があるっていうのよ!?』

ふかふかのクッションがアランに向かって飛んでいった。

頭にクッションがぶつかったアランは、慌ててアンを抱きしめ、立ち上がって自分の部屋に逃げ込んだ。

管理人halu
管理人halu

あれ・・?なんかルベティ結局行動しない感じ?笑

__

__

_

管理人halu
管理人halu

ナビエパートに戻ってきます!今話ナビエ多めで嬉しい!

朝食を用意するのは、今やハインリの習慣になっていた。

管理人halu
管理人halu

ハインリできる男よの・・

寝ていると食欲をそそる匂いがしてきた。

目を開けると、ハインリがベッドに座って、食事の台車を横目に私を見ていた。

目が合うと、彼は私の額に軽くキスをし、
私がシーツで顔を覆うと、そのシーツを握っていた露出した指にキスをした。

結局押し負けて、私が渋々シーツを降ろすと、
ハインリは足で台車を押しのけて、「もう少しそばにいたいのです」と私に囁いた。

ハインリはとにかく私の隣に寄り添っているのが好きだから、朝の仕事をこなすには気を遣わなければならなかった。

管理人halu
管理人halu

オッフ。

__

__

『どうして…そんなに元気なの?』

管理人halu
管理人halu

へ?笑

その直後、彼が用意してくれたスープを飲みながら、私は自分の言葉を後悔した。

自分の言ったことが少し変に聞こえたので、すぐに “体調のことですが… “と付け加えた。

言った後にさらに変になったので、私は黙っていた。

管理人halu
管理人halu

ハインリのハインリのことデスカー?わかりません!!

『クイーンにはスタミナが足りません。』

ハインリはため息をついた。

管理人halu
管理人halu

“夜”の持続力に定評がある男。

『はぁ、そうねあなたは素晴らしいスタミナの持ち主です。』

『それは良い先生のおかげです、クイーン。』

『!』

私が目を細めて彼を見つめると、彼は巧妙な笑みを浮かべて鳥に変身し、私の膝の上に乗ってかわいい目を開け、無邪気な鳥のふりをしてみせた。

これは彼が最近覚えた新しい芸で、私が怒ると思うたびにやっていた。

管理人halu
管理人halu

新しい“芸”wwwwwwwwwwww

そうすれば私が怒らないことを知っていたのだ。

『この悪い鳥!』

あまりにも生意気なので、鳥の姿のままでお尻を叩いたのだが、その後、彼は裸の男に変身し、それを利用してさらに私をからかった。

管理人halu
管理人halu

自由自在に悪い鳥と全裸の男を行き交う不審者が皇宮に出没するらしいです。

『なによこのいたずらな手は!どこを触っているのよ?!

『鳥の形をしているときは、羽がたくさんあるから大丈夫なのです。』

管理人halu
管理人halu

大丈夫ってww
ナビエ関係ない笑笑

『鳥の形をしている時にだけじゃないでしょう!!?』

『!』

私が目を細めて再び見つめると、ハインリは鳥になって飛び立とうとした。

しかし鳥の状態の彼は寝室から出る方法がなかったので、結局私が彼を捕まえた。

管理人halu
管理人halu

不覚 笑

『グー!』

『どうしてそうやって無邪気なふりするのよ!』

『グ…』

管理人halu
管理人halu

可愛すぎる笑笑

『もう、騙されないから。』

__

__

混乱した朝食の後。風呂上がりの着替えの時にちょっとした問題があった。

暑くなってきたので、私は薄手の服を着なければならなくなった時だった。

ハインリ・・・ハインリのせいで身体中に跡がついてしまっていたのだ。
管理人halu
管理人halu

/////////////////////////
愛のついばみの痕ですな・・

皇后として、いや、皇后でなくても
このような跡がついたままでは、落ち着いて歩けない。

結局、細くて長いドレスを選んでいたジュベル伯爵夫人は少し怒ってしまった。

『皇后陛下 このドレスの半袖はきれいですし、もう一着のドレスの首元の露出も大変おきれいです。皇后陛下に着ていただきたいドレスはたくさんあるのですが…、その…皇帝陛下のそのご行為のために…選択肢はとてもとても限られてしまっています…。』

『申し訳ありません。』

『いえいえ、皇后陛下のせいではありません。でも、皇帝陛下にはお伝えください。』

管理人halu
管理人halu

笑う。

ぎこちない笑顔でうなずいた後、
ジュベル伯爵夫人はため息をつき、私が数日前に着ていたドレスを再び取り出した。

『痕のある部分をすべて覆うには、これしかありません…。』

このドレスを着て執務室に行くと、思いがけずハインリが中にいた。

管理人halu
管理人halu

ついばみ王こんちわ。

彼は私の机に寄りかかり、私が作成していた書類に目を通していた。

『ハインリ?』

私が彼の名前を呼ぶと、ハインリは書類を置いて微笑んだ。

『クイーンの筆跡は、クイーンらしいです。』

筆跡が私らしいという意味はわからないが、私は字がきれいだと言われたことがあった。
たくさんの書類にサインをしなければならないと思っていたので、当時ソビエシュと一緒にたくさん練習していたのだ。
管理人halu
管理人halu

・・・。

私は返事をする代わりに、彼に近づき、彼の上着の襟を少し引き下げた。

『クイーン?』

『・・・見えています』

『何がです?』

『赤い印』

管理人halu
管理人halu

ええええええええついばみ、ついばみ皇后やないかあああああ!!

ジュベル伯爵夫人が、ハインリにこのような痕を残してほしくなかった理由がわかった。

『あぁ。』

ハインリは首を揉み、少し微笑んで、私の首も見た。

『秋まで気をつけましょうか…?』

『そうですね、今は服が薄く短くなっていますからね。』

『でも誰にも見られないところなら、やっても大丈夫なのですか?』

答える代わりに、彼が机の上に置いた書類に目を通すふりをしながら聞いてみた。

管理人halu
管理人halu

全力で無視してて笑う。

『どうして今日はここに?』

『ああ、閣議のことをお伝えしに来たのです。』

『閣議?』

管理人halu
管理人halu

閣議=国の重要な意思決定をするために開く会議、だね。

『せっかく一緒に参加できるのだから、クイーンも一緒にどうかと思いまして…』

『一緒に参加してもいいのですか?』

『前王妃のことをお聞きになりたいでしたら…私が知っている限りでは、義姉は参加していませんでした。しかし、クイーンは東大帝国時代、閣議にはよく参加していたと聞いていましたので…。』

『そうね、私は自分の出席が必要な会議にしか出席しなかったけれど』

ハインリは眉をひそめて、『ああ…。』と言った。

ハインリはこのことを知らなかったのだろう。

悩んだ末、私は彼に「一緒に行きましょう」と言った。

このことを伝えるために、ハインリは私の執務室に来たのだ。

また、ここ西大帝国での閣議の様子も見てみたいと思った__

管理人halu
管理人halu

b(親指上げてグッ!)

__

__

案の定、ハインリの隣に私が現れると、閣議関係者は戸惑っていた。

彼らは、皇后が会議に参加しないことに慣れているのだ。
私はその雰囲気を無視して、黙って会議に集中した。

幸いなことに、最初は私をじっと見ているだけだった。

しばらくすると、みんな自分の仕事に夢中になっていた。

それが普通だった。

会議室では、言葉が剣であり、情報や知恵が盾である。

同じ目的を持っていても、役人の間では利害が一致しないことが多い。
自分のことで精一杯で、私のことまで気が回らない。
しかし、そんな中でも、私を狙っている人がいた。

それは、クリスタのいとこであるケトロン侯爵である。

管理人halu
管理人halu

でた・・ケロリン・・!!!

彼はずっと私を横目で見ていたが、いざ盗賊団・エターナルサウザンドの話になると、堂々と私を指差して難しい質問をした。

『”盗賊団・エターナルサウザンド”に襲われる可能性の高い領地は1つですが、その周辺には合計5つの領地があります。この6つの領地はいずれも、有事の際には軍隊を送ってほしいと要請を受けておりますが、6つの領地すべてに支援を行うと、軍隊が広範囲に分散してしまいます。東大帝国は長い間、エターナルサウザンドの盗賊と戦ってきましたから、皇后様はその経験が豊富なのでしょう?どうか賢明なご意見を伺いたいのですが、陛下はどこに支援を行うべきだとお考えですか?』

管理人halu
管理人halu

ケロリンわざと・・!!
でもこんな質問でナビエ様がビビると思うなよ・・!!
あと、対盗賊特化型秘密兵器・コシャール兄さんもいるんだから!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説 127話 感想・考察

西大帝国の皇帝と皇后は相変わらず仲がよろしいようで・・

管理人halu
管理人halu

ついばみ皇帝とついばみ皇后のつがいですな。笑
まじ前話とか東大帝国が冷え切りすぎて、一気にこっちくるとポカポカ陽気。寒暖差で風邪引くわ。笑

そして更にロテシュ陣営ではルベティが東大帝国のソビエシュを誘惑しようと第3の側室として名乗りを上げるとかなんとか・・笑

管理人halu
管理人halu

これルベティまで乗り込んだらマジカオスだよね笑
北のエベリー・南のルベティ・西のジョアンソンに・東のロテシュ陣営。言葉通りソビエシュ四面楚歌。笑

西大帝国にも一応ケロリンとかいう桶キャラ(彩色・イエロー)がおりますが、東大帝国の脅威と比べたら微風すぎて・・笑

管理人halu
管理人halu

ナビエには腕まくりして、ハインリとの痕を見せて“このついばみの痕に見覚えがねぇとは言わせねえぜ!!”とやって欲しいですね。キャラが違いますね。

さて、次回も気になります・・!

 

管理人halu
管理人halu

コメント気軽にくれると嬉しいですイェイ!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回原作小説版第128話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作小説翻訳】再婚承認を要求します 小説版128話ネタバレと感想。盗賊団への秘密兵器。ラスタがメイドたちに課す、テスト。
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の128話(漫画版は121話?)...

コメント

  1. より:

    haluさん、今回も新婚夫婦のあまーい素敵なイチャイチャをありがとうございます!
    カフメンのせいで本当にめんどくさい事になってるけど(あいつ許さん!)、2人でポジティブに知恵を合わせて早くクリスタをなんとか追い出せますように。
    クリスタの事が気にかかったり気分が沈んでしまうナビエ様に、それ独占欲だから!嫉妬だから!って教えてあげたいです。
    ナビエ様はもうだいぶハインリの事好きですよね。
    良かったね、ハインリ。

  2. にゃんち より:

    haluさま
    いつも楽しく読ませていただいています
    今回も堪え切れず吹き出しました(爆笑)
    ついばみつがいご夫婦は仲が良すぎて、着る物が制限されると
    たしなめられる程(#^.^#)
    元王妃をうまく遠ざける事ができれば、2人の仲は安泰なんだけどな
    ケロリン以外に使える奴は居ないのかな
    だとしても、聡明なナビエさまならいずれ若干の反抗分子も掌握するでしょう

タイトルとURLをコピーしました