【外伝・原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す “外伝1章” 267話 268話 ネタバレと感想。家族愛と伝統と。

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す原作小説版  外伝(サイドストーリー)1章 267話・268話(漫画版は86話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

休日に至福の漫画・映画三昧が送れます…(あぁ幸せ…)

電子書籍

↓↓↓

\31日間無料で最新漫画も読める/
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 267話 268話 ネタバレ

・・・の前の管理人のつぶやき。

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【外伝・原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す "外伝1章" 265話 266話 ネタバレと感想。その後の後日譚。アリアが愛する人たちと。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版  外伝(サイドストーリー)1章 265話・2...

267話

管理人halu
管理人halu

アースとの結婚式を控えるアリア。100着のウェディングドレスの中からアース特性の1着をチョイス。残りはジェシーとアニーにもあげたんだけど、そのことでジェシーとアニーがケンカしちゃったんだよね・・?

それから間もなくして、
クロア王国からピアスト侯爵家の人々が結婚式に出席するためにやってきた。

式まであと数日しかない中での急ぎの訪問だった。

今にも泣きそうな顔で到着したバイオレットは、「遅れてきてごめんなさい」とアリアに謝り始めた。

管理人halu
管理人halu

おっ、カリンとかバイオレットおばあちゃまとか来たわけだね!てゆかあっさり書かれてるけど、バイオレット、これ相当勇気出して来たはずだよね・・・!?だって色々あったから・・

『いいえ、遠いところご足労いただき、ありがとうございます。』

アリアの答えは心からのものだった。
彼女は、家族が出席することがあまり重要だとは思っていなかったが、式までに日数がなくなってくると、心配になってきていたのだ。

『早く来ようと思っていたんだけど、
思ったよりも爵位を継承するのに時間がかかってしまったのよ…』

と、カリンはクロエを指差して言った。

管理人halu
管理人halu

おぉ!ってことはピアストじいちゃまはクロエに正式に侯爵位を継承したんね!

アリアは、クロエが侯爵の称号を受け継いだことを手紙で聞いていた。

今では完全に侯爵夫人となったカリンは、本当に優雅で美しく、身分相応の落ち着いた雰囲気を醸し出していた。

カリンの過去の姿はどこにもなかった。

管理人halu
管理人halu

これでカリンも身分どうこうで誰にも口を挟まれることもないね!

母のことは心配していなかったが、カリンは思ったよりも元気なようで、安心したアリアは、”見せたいものがある”と言って、バイオレットとカリンを部屋に案内した。

管理人halu
管理人halu

・・・?

『なぁに?』

『見たらきっと驚くわ?』

アリアがこのような行動をとるのはとても珍しく、バイオレットはもちろん、カリンも驚いていた。

そしてしばらくして、アリアが苦労してかなり大きな箱を持ってきた。

『思っていたよりも重いわね、、これね?結婚式で着るドレスなの。

箱の中にきれいに折りたたまれていたのは、もはや美術品に近い美しいドレスだった。

『なんてこと…!!こんな綺麗なドレスがありますでしょうか…!!』

バイオレットは、その後に、もはや言葉を発することができなかった。

『着てみましょうか?』

管理人halu
管理人halu

そしてドレスに着替えるアリア・・。

__

__

『・・・あなたは私が今まで見た中で一番美しい花嫁です…!こんな派手なドレスがあなた以外に似合う人がいないわ…!そしてこんなに美しい娘が私の孫だなんて…!』

涙ぐんだバイオレットがハンカチで目尻を拭いながら言うと、カリンは納得したように頷いた。

『あなたは私が産んだ子供だけど、本当に美しいわね。このドレスもとても似合っているわ。誰が作ったのか知らないけど、賞をあげたいくらい。』

カリンの言葉に、アリアは待ってましたとばかりにドレスを作った人を口にした。

『じゃあ、結婚式で会った時に一言言ってあげて?これ、アースさんがオーダーしてくれたドレスなの。』

『…!!!』

皇太子様がご自身でドレスをオーダーされるなんて…!

2人は信じられないような表情を浮かべていたが、それ以上は聞かなかった。

それも、アリアによく似合う、派手でありながらも繊細なドレスで、彼がどれほどの努力をしたかがはっきりとわかるからだった。
改めて鏡越しに自分の美しい姿を見たアリアも、微笑みながらバイオレットとカリンに言った。

『ドレスだけがここに届いたから、これしか見せられないの。私のドレスに合うジュエリーも彼が作っているのですよ。数日後には届くそうなので、その時にまた一緒に見ていただければと思います。』

『はい…!!もちろんです。
アリアお嬢様と一緒にジュエリーを選ぶことができて光栄です…!』

こうして、とても温かく会話が終わるかと思いきや、バイオレットの答えに不服そうな顔をしたアリアは、すぐにその理由をバイオレットを見つめて言った。

管理人halu
管理人halu

不服そうな顔・・・

『ねぇ、バイオレットさん。
そろそろ…私を“お嬢様”と呼ぶのはやめてくださりませんか?』

『・・・えっ。』

突然の質問にかなり困惑したバイオレットに対して、
質問の意味が分からないと捉えたアリアが、再び口を開いた。

『…誰かが私を呼ぶときは、お嬢様と呼ぶのが確かに正しいのですが、…バイオレットさんは私のお祖母様ですよね?ですので…少し変かと…。

管理人halu
管理人halu

おお…!!泣

その時ばかりは、アリアの意図を理解したバイオレットが、すぐにまぶたを瞬かせた。

すぐに割れそうなガラスの上を歩いているかのように緊張していたこれまでとは違い、些細なことでも気にして疑ってしまうアリアを、カリンは遠くから微笑ましく見守っていたのだった。

『母が私を”お嬢様”と呼ばないように、祖母様が私をお嬢様と呼ぶのは変だと思います。もちろん、祖母を持つのは初めてなので、正確にはわかりませんが・・間違っていたらごめんなさい。』

『・・・!!』

管理人halu
管理人halu

もっと気楽に呼んでほしいってことだね。

しかし、バイオレットは圧倒され、予想外の要求だったので困惑していた。

そして、それを見守っていたカリンは、
バイオレットのために、そして娘のために一言付け加えた。

『そうよ、アリア、あなたの言うとおりよ?普通、家族が肩書きで呼び合うのは、何か特別なことがない限りはないわ?悪い関係にあるような、壁があることを示したい場合は別だけど。』

『まあ…!では私たちは悪い関係ではないので、肩書きを使って呼び合う必要はありませんね?』

管理人halu
管理人halu

おおおお悪い関係じゃないよね・・!?変わったもんね・・!!泣けるううう

『えぇ、そうね?』

会話の後、カリンとアリアは2人でバイオレットを見た。

しかし、注目を浴びたバイオレットは、どう答えていいのかわからず緊張で固まっていた。

バイオレットの顔には、本当にアリアを名前を呼ぶべきかどうかわからないという表情がまだあった。

管理人halu
管理人halu

・・・バイオレットも律儀だから・・。

『・・・どうしても“お嬢様”と呼びたいのであれば、仕方がありませんが…。』

アリアが最後のチャンスとばかりに無造作に話してドレスを着替えようとすると、驚いたバイオレットが最後まで口ごもりながら名前を呼んでくれた。

『ア…アリア…!!』

『……はい…。おばあちゃん?』

管理人halu
管理人halu

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(涙腺崩壊

そして、アリアも “バイオレットさん “ではなく、“おばあちゃん “と呼び返した。

年の割には可愛くて若く見えるバイオレットには不似合いな呼び名だったが、バイオレットはとても気に入ったように泣き出してしまった。

管理人halu
管理人halu

おおおおおおおんん!!バイオレットおばあちゃま、ここに来て良かったねえええええええ!!

放っておくとこのまま更にバイオレットが泣き出してしまうので、カリンは咄嗟に二人の間に割って入り、話題を変えた。

『さぁて…、挨拶が終わったところだし、お屋敷を見てみませんか?帝国の中でも比較にならないほど美しい屋敷ですよ?私たちが手間とお金をかけて飾っていたので、このまま置いておくのも名残惜しいくらい。』

管理人halu
管理人halu

そっか、バイオレットはじめて来たから・・!勇気出して来てくれたんだものね・・!!

『うん、おばあちゃん。そうするといいわ。
母が一生懸命飾った室内庭園もなかなか見応えがあるのよ?』

しかし、話題を変えたにもかかわらず、
アリアがバイオレットを再びおばあちゃんと呼んで、バイオレットは涙を止めることができなかった。

管理人halu
管理人halu

バイオレットおおおおおおお・・・

それでもバイオレットはとても明るく優しい笑顔で頷き答えてくれたので、カリンとアリアも同じく優しい笑顔で応えた__
管理人halu
管理人halu

なんて優しい世界や・・。

__

268話

結婚式まであと数日というのに、ドレスに仕立てた装飾品が届かない。
それは、アースの過剰な要求により、ドレスの完成が遅れたためである。
管理人halu
管理人halu

おわおわおわ・・!!

そもそも結婚式までの十分な日数を設定していれば、ここまで逼迫することはなかったのだが、一刻も早く皇太子妃を迎え入れて王室の安定を図るべきだというアースの強い要求と主張により、最短日数が設定されてしまったのだ。
管理人halu
管理人halu

そっか・・・

その間、アリアはすべての予定を後回しにして、久しぶりに帝国を訪れた家族と楽しい時間を過ごした。

何か特別なことをしたわけではない。

ピアスト侯爵の屋敷にいたときと同じように、バイオレットと散歩をしたり、お茶を飲んだり、一緒に食事をしたりしていた。
とはいえ、この素朴な楽しみがもうすぐ終わってしまうことを、アリアはそろそろ残念に思っていた。
管理人halu
管理人halu

・・・。

『お嬢様!お客さんですよ!?宝石店の方です!』

アニーが駆け寄ってきて、爽やかな声で来客を告げた。

管理人halu
管理人halu

来たか・・・!!!!間に合ったっぽい??

『宝石店?』

『そうです!大きな箱をいくつも持ってきてくれています!!ロビーでお待ちしていますよ!!!』

『本当?!』

もはやあまり日程も残されておらず、ジュエリーなしで式を挙げた方がいいのではないかとすら心配していたアリアは、喜びを露わにした。

『あぁ…!到着したのね、よかった…。』

階段から降りてきた、カリンも言った。

バイオレットもカリンに続いて登場した。

バイオレットは、宝石店からの訪問を聞いたのか、目を輝かせてアリアに確認に行くように促した。

__

__

ロビーに着くと、宝石店の使用人と思われる男性が深々と頭を下げて3人を迎えてくれた。

服装や話し方が宝石店のものであるというのは少し違和感があったが、3人はこれから出会う装飾品に気を取られ、それらに違和感を感じずに大興奮でそのまま応接室に入った。
管理人halu
管理人halu

違和感・・

『アリア様。』

『…!!!』

そして、ロビーに現れた意外な人物に、アリアは石のように硬くなってしまった。

『なぜ、なぜ殿下がここに…?

管理人halu
管理人halu

・・・え?笑

そこでアリアに代わって、カリンがアースが屋敷を訪れた理由を尋ねた。

『アリアお嬢様に会いに来ました。』

管理人halu
管理人halu

アース来ちゃった。笑

『・・・ああ、なんということですか…!!結婚式を目前に控えているというのに…!!当日の花嫁のおめかしを見にきてください…!』

管理人halu
管理人halu

先にドレス姿を見にきちゃダメよってことだね。

バイオレットが柔らかな笑みを浮かべたが、
その答えがあまりにも無情だったため、アースは言い訳をした。

『その…装飾品の中に、私の指示で作ったものがあり、それを確認しに来たので、そんなに怒らないでください…。もう式まで時期が迫っていたので、仕方がありませんでした…。』

その答えを聞いてバイオレットは笑った。
その笑いには、アースがアリアのことを本当に大切にしてくれる良い人だと確認できた安心感が含まれていた。

それはカリンにとっても同じで、彼女は優しく微笑みながら、装飾品の確認を促した。

『まぁまぁ、これだけの装飾品をチェックするには時間がかかりますから。』

カリンとバイオレットが急いで装飾品のチェックをしている間、それまで静かに見守っていたアリアがアースに近づき、とても小さな声で、仕事を捨ててどうしてここに来たのかを尋ねた。

『…アース様は忙しかったのですよね…?』

『えぇ、その急ぎの仕事を全部やって、ここに来たんです。』

“緊急ではない残りの仕事は、他の人が処理している”とアースの言葉の隠された意味を解釈したアリアは、

私のせいで多くの人が苦しんでいるのね…

と心の中でため息をついていた。

管理人halu
管理人halu

この辺もアリア、変わったわよね・・人のことを思いやれるようになってる。

『ああ、これを見てください、お義母様。このエメラルド、アリアに似合うかしら?』

『もちろんそうでしょう。指輪に合わせたこちらのサファイアのイヤリングもよく似合いますよ、きっと。』

まるで自身が着るかのように、カリンとバイオレットは一つ一つの装飾品を丁寧にチェックしていた。

しかし、それを見ていたアリアが「その必要はありません」と言った。

管理人halu
管理人halu

・・・?

『どうして?』

『アリア、見においで?』

『いいえ、私はもう装飾品は持っていて、既にもう決めているのです。』

『見もしないで…?』

バイオレットとカリンは彼女をじっと見つめ、詳細を聞いた。

アリアは、一度アースをちらっと見ながら答えた。

『アースさんがオーダーしてくれた装飾品で決めます。』

『・・・事前にそのことを聞いていたのですか?』

『いえ、そうではないのですが、彼が自分でオーダーしたドレスにふさわしいデザインのジュエリーがあるのではないかと思いまして。』

管理人halu
管理人halu

そっか、ドレスだけじゃなくてきっとアースオーダーの装飾品もあるってことだね。

アリアの結婚式ではあるが、一生に一度かもしれない結婚式なのだから、
恋人が作ったドレスや装飾品を身につけるのも悪くないと思ったのである。

『そうなの?では…楽しみにしていますよ、アースさん』

そして、その彼女たちの反応を待っていたかのように使用人が取り出したのは、アースが用意した装飾品で、他の箱とは形も色も少し違っていた。

管理人halu
管理人halu

あった・・笑

『・・・とても綺麗ですね。』

『そう、ですね・・・最初にこれを見せればよかったです…。余計なことをしてしまった気がします。』

アースが用意した装飾品は、
カリンとバイオレットが文句を言えないほど、鮮やかで美しいものだった。

管理人halu
管理人halu

ほう!

アリアを純白の花嫁にしたいと本気で思っていたのか、白と透明のダイヤモンドを基調としたジュエリーだったが、細部の一つ一つが繊細で感動的だった。

『・・・こんなことを言っていいのかわからないのですが…、皇太子殿下はもしかしたら副業でデザイナーをやられたほうがよろしいかもしれないですね…。』

『えぇ、そうですね。きっとそちらでも大成すると思いますよ。予約が取れなくなるでしょうし、今、私、予約してもいいですか?新しいヘッドドレスを買おうと思っているのですが…。』

管理人halu
管理人halu

笑う。

いたずら心と真摯さが入り混じったカリンの問いかけに、アースは申し訳なさそうな表情で答えた。

『その…お言葉はありがたいのですが、私はアリア様以外の女性に装飾品は作れませんので…、どうか私の心をご理解頂ければ…。』

『・・・なるほど・・・』

『・・・あ、はい・・・』

管理人halu
管理人halu

笑う。笑
アース、ユーモアのある返しもない、お固めの回答だったね。笑

そんな返事でも、彼女らがアースを嫌いにならなかったのは、アースがアリアを心から愛していると感じたからだ。

『アースさんったら…』

自分たちが愛し、大切にしていた子どもが、
こんないい男に出会ってしまったのに、どうして憎むことができようか。

管理人halu
管理人halu

いや、できない。

やがて、前向きな結論を出したバイオレットとカリンは、少し恥ずかしそうにアースの腕を叩くアリアの姿を見て、少し笑った。

『ねぇ、アリア?もう装飾品は決まったようだけど、せっかくだからつけてみない?』

『そうね、アリア、あなたがこの可愛い装飾品を身につけている姿を見てみたいです。主人やクロエにも見てもらえればいいのですが…、彼らは今毎日出かけるほど忙しそうにしているので…』

管理人halu
管理人halu

ピアストおじいちゃまとクロエは忙しいんね。

バイオレットは、夕方に帰ってきた二人が、
アリアが装飾品を身につけていたと聞いたら、きっと悲しがるだろうなと同情した。

『えぇ、私も、アリア様がこれを身につけているところを見たいです。』

それを見ながら、アースも喜び、同意した。

アリアも、彼らの意見に同意し、うなずきながら装飾品の方へと歩いていった。

ところが、突然アースに近づいてきたバイオレットは、明るい笑顔でアースにこう言った

『申し訳ありませんが、殿下はここで、お帰りください。』

『・・・どういうことですか?』

管理人halu
管理人halu

おお・・笑

__

__

アースが少し困惑して尋ねると、バイオレットはごく自然なことのように答えた。

『式の日まで花嫁に会わないのが帝国のしきたりではないですか?帝国の皇太子殿下ともあろうお方が、自分のわがままで、皆さんが守っていた伝統を破ったら、皆さん悲しみますよ?可愛いお嫁さんを早く見たいと思うのはあなただけではありませんから…。』

『…』

『たしか殿下は”装飾品を確認しに来た”と仰っていましたよね?確認されたのであれば、もう御用はお済みのはずですが…。』

バイオレットはアリアとは違って早口言葉のように話した。

管理人halu
管理人halu

バイオレットはさっきっからこういうところはちょっと強情なのね笑

そんなしきたりがあったが、皆がそれを守っているかどうかはバイオレットにはわからないし、ずっと帝国にいたアースでさえ知らなかった。

それにしても先ほどから…、なぜ彼女(バイオレット)は私が戻らなければならないと言うのだろうか…?アリア様以外の女性のために装飾品を作るつもりはないので、断固として断ったからだろうか…?いや、これはささやかな復讐のつもりなのだろうか…。
管理人halu
管理人halu

あー、ささやかな復讐って当時王家から追い出された、っていう、あれ? んー、そうなのかな・・。

アースはアースは熟考していたが、それにしても、ショックは大きかった。

『そうですね、殿下はもうお帰りになった方がよろしいかと思います』

『…』

カリンもバイオレットを助けて、彼を追い詰めた。

管理人halu
管理人halu

カリンまで。笑
アース四面楚歌だなぁ・・笑

『アリア様…』

結局、アースはアリアに救いの目を向けたが、アリアが答える前に、カリンが答えた。

『ほら、こうしてひとつ、ひとつ、と見せることほど不謹慎なことはありませんよ?あと数日しかないのですから、完璧なドレス、ジュエリー、ヘアメイクをお見せした方がいいと思います。そうすれば殿下もより感動されるでしょうし、こうしてつまんでいかれると、すぐに心が冷めてしまいますよ?』

アースしか聞き取ることしかできないほどの小さな言葉を付け加えたカリンは、さりげなく扇子を振った。

管理人halu
管理人halu

なんか2人には2人の意図があるっぽいよね、なんだろね?

アリアは、この二人が熱っぽく話しているのが気にかかって、バイオレットとカリンを、自分の味方にしたいと強く願っていたこともありアースにお願いすることにした。

これは結婚式を挙げる前に、ピアスト侯爵家を出る前に、アリアができる小さなお願いだった。

『アースさん、申し訳ありませんが…。
そのような伝統があるらしいので、当日、見てくださると…。』

アースは彼女の答えに残念そうな顔をしたが、その後、仕方がないというように納得してうなずいた。

しかし、そうやって帰るかと思いきや…。

チュッ

『あら!!』

『・・・なんてこと・・!!』

管理人halu
管理人halu

・・・オッフ。(お前は出てくんな

このままでは帰れないと、アリアの頬に短くキスをした。

『・・・それでは、結婚式当日にお会いしましょう』

そして、アースは驚いて口を塞げないバイオレットとカリンに、何事もなかったかのように丁寧に別れを告げて、ロビーを後にした。
残されたアリアも頬に手を当てて赤面していた。
バイオレットとカリンは少女のように恥ずかしそうに微笑み、すでに行ってしまったアースの話で盛り上がっていた。

『皇太子殿下がこのようなことをする御方であると、想像できましたか…?』

『・・・本当に。時々聞いたり見たりするけれど、さっきのは驚きました…。』

管理人halu
管理人halu

びっくりするバイオレットとカリン。

アースの無念さはあったが、
結婚式の日まで、相変わらず時間はあっという間に過ぎていった__

↓↓↓

\31日間無料で最新漫画も読める/
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 267話 268話 感想・考察

ドレスも決まり、装飾品も届き、結婚式まで残すところあとわずか、ですね・・!

今話では、アリアとバイオレットの家族愛が描かれる場面もありました。

管理人halu
管理人halu

ここよかったよね・・!!
“・・アリア。” ”おばあちゃん”。 グッときた・・。

またドレス100着だけに飽き足らず、大きな箱に入った装飾品を、これも何十個と持ってくるアース・・。笑

管理人halu
管理人halu

本人がわざわざ持参でね?笑
しかもドレスも装飾品もどちらもアリアに最高に似合うように自身でプロデュース済み。笑 気合の入りようが違います。

ただ、終盤では2人の何らかの意図(?)で、アースは当日までアリアの姿を見られないことに。

管理人halu
管理人halu

意図なのか、本当に伝統なのか、わからないけど、アースはしょんぼりして帰って行ったよね、せっかく来たのに・・。って思ったらやっぱりキスして帰るあたり、しっかりアースしてたわ。(”アースしてた”って動詞みたいね。笑

さて、次回待ちに待った結婚式、でしょうか・・!

次回も楽しみですな・・!!

↓↓↓

\31日間無料で最新漫画も読める/
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから!

↓↓↓

【外伝・原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す "外伝1章" 269話 270話 ネタバレと感想。ただ、アリアの幸せを願う。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」原作小説版  外伝(サイドストーリー)1章 269話・2...

コメント

タイトルとURLをコピーしました