【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 161話 162話ネタバレと感想。裁判官フレイとの再会・躍動するカイン

【小説版】悪女は砂時計をひっくり返す

今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の

悪女は砂時計をひっくり返す161話・162話(漫画版は59話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

ちなみに待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 161話 162話 ネタバレ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 159話 160話ネタバレと感想。皇太子アースを囲んでの昼食会・恋人以上の関係を。
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」159話・160話(漫画版は59話?)を読んだので紹介し...

161話

管理人halu
管理人halu

アースがロースチェント家にご挨拶に来て、伯爵もミエールもカインもてんやわんや。ミエールはカインに泣きついた。

『一緒にお父さんを止めましょう!
彼女を皇太子に関わらせるわけにはいかないわ!!このままでは、ロースチェント伯爵家は大変なことになるかもしれません…!裏切り者になってしまいます…!!』

管理人halu
管理人halu

と、ミエールは前話で申しておりましたが。

『…やめてくれ。父は公爵様と話すと言っていたから、何か方法を考えるのだろう。』

カインも裏切り者の烙印を押されないようにしながら方法を考えることにした。

それはとても単純なことだった。
アースはアリアをとても愛していたから、
アリアを通してアースをコントロールすれば、それでいいのだ。
公女とはこれは少し違う方法だが、皇太子を自分たちの人形にする方法の一つであった。

アリアが彼らに従うと決めれば、実現性の高い計画だった。

管理人halu
管理人halu

・・・カインこれをマジで言ってんの・・?
お主が、アリアを通してアースをコントロールする・・?できんやろ・・。

彼女もまた伯爵家の一員なのだから、彼らに従わざるを得ないだろう。
そして伯爵である父と公爵はきっとその計画に乗ろうとするだろう。

『だめ!そんなことしちゃだめです!絶対に!』

ミエールは、何かを思いついたのか、思いつかなかったのか、策を練ったように叫んだ。

カインの目はミエールからの見慣れない視線に逸らされた。

『・・・もし、彼女を殿下から引き離す確実な方法があるとしたら?』

『・・・何度も言うが、そのような方法は・・・』

『いいえ!お兄様、私にはあるのです。それはアリアを皇太子から引き離すだけでなく、彼女が誰かと永遠に一緒にいることができなくなるような方法なのです。ちょっと…危険なのですが。』

管理人halu
管理人halu

はぁ・・・?

彼女は自信に満ちた表情をしていた。
どうやら、彼女は空虚な言葉を言っているだけではないようだ。

『そういうことだとしても…それが危険なら…、俺は受けない。』

管理人halu
管理人halu

・・・てゆかアリア危険にさらすわけだよね?カインお前アリアに恋してるんじゃなかったか・・?ミエールを止めろよ・・笑

しかし、ミエールの表情があまりにも陰湿な陰りがあったので、カインは簡単には首を振れなかった。

__

__

管理人halu
管理人halu

さてアースとアリアの場面です。お庭に2人きりで行くんだったよね。

(ロースチェント邸は)皇城に比べれば馬小屋にも劣る邸宅に違いないが、アースは庭への道を一本も見逃すまいとしているようだった。

管理人halu
管理人halu

馬小屋にも劣るw

その輝く青い瞳には興味と感嘆があった。

アリアは人目を避けてアースに尋ねた。

『何もないただの小さな屋敷なのに、そんなに何が楽しいのですか?』

『…あなたがずっとここにいたと思うと楽しいのです。』

管理人halu
管理人halu

あーらお上手。

十数年住んで死に直面したアリアとしては、仮に楽しかった期間があったとしたら伯爵家に入ってからの最初の数年間の屋敷滞在だろう。

アリアが口を閉じると、それに気づいたアースは慌てて話題を変えた。

『今日はどうでしたか?』

『・・・はい?』

『その…伯爵ご夫妻が満足されたかどうか、です…。』

この時、アリアは別の理由で言葉を失った。
アースが本当に彼らの好意を得ようとしていたことを知ってショックを受けたのだ。

(あなたが)訪ねてくるだけでも名誉なことなのに…。

『・・・よくなかったですか?』

アースが再び尋ねると、アリアは小さく笑って首を振った。

『そんなことはありません。あなたが来てくれただけで、もう彼らはあなたを気に入っていたと思いますよ。そもそも、あなたはそのような立場にあるのですから。

『うーん……がんばったのですが、そう言われるとちょっと悔しいですね。』

『…!』

アースは努力をしたことを、子供のように褒めて欲しいと訴えていた。

ああ、もう。どうしてこんなに可愛く見えるのかしら…。

そう思って、アリアはアースの手のひらにそっと触れた。

すると、彼は少し耳を赤くして、歩みを速めた。
彼は恥ずかしくて人の目を避けたかったようだ。

今年の誕生日を境に、アースの正式な年齢はそれぞれ20歳と17歳となるが、アリアはアースよりも長い人生を生きてきた。

アリアはそんなアースをからかうように「早く屋内庭園に行きましょうか」と言った。

『・・・えぇ、なんだか恥ずかしいので、そうしましょうか』

アースの可愛らしさと素直さを同時に目の当たりにして、アリアは少し大きな声で笑った。

__

__

かの、裁判官がアリアに興味を持っているというのが本当らしく、彼の名前が書かれた手紙が屋敷に届いた。

管理人halu
管理人halu

あら?アースと庭園で秘密の会話があるとばかり思ってたけど、ない感じか。

苗字を除いて「フレイ」という名前で送られてきたので、投資を受けたい実業家だと思ってアリアは封筒を破り捨てたが、捨てる際にうっかり読んでしまって口を閉じることができなかった。

[私はフレイ、裁判官です。帝国城から来たので名字はありません。あなたはお元気にされているでしょうか。美味しいお茶とお菓子が届きましたので、ロースチェント様と楽しくお話したいと思います。いつお会いできるか、可能な日にちを書いて、お返事を頂ければと思います。]
管理人halu
管理人halu

・・・コイツ裁判官なのにどうしてアリアに直接手紙なんて出してくるのよ・・。(文章もちょっとキモいし・・笑)確かに法廷でなんかアリアに絡むような素振り見せてたけどさ…コイツもアリアに好意あるっての・・?

ああ、なんてことよ…。
アースが言ったように、本当に私に興味を示したって言うの…?
そういえばアリアはフレイが法廷で自分の顔を見て驚いていたのが気になっていた。
なぜ彼女はあの時そんなに驚いたのだろう?
彼女は私を知っているのだろうか…?帝国の…女性?。
管理人halu
管理人halu

あ!ごめん裁判官、女だったわ!笑
小説だからつい男性だと思って話進めてたわ!

アリアはまさかと思ったが、彼女に会って確認しなければならない。

彼女が自分に危害を加えることはないと思ったので、訪問できる一番早い日程をいくつか書き直した。
__

その返事が届くのに1日もかからず、まるでアリアの手紙を待っていたかのようだった。

フレイは、送ってきた中で一番早い日にアリアに会うことを提案し、その日は思ったより早くやってきた。

管理人halu
管理人halu

早速会う、と。

『アリアお嬢様、もう少し華やかに飾らないといけませんよ。もうすぐ皇太子妃になるのですから…』

アースが来てからというもの、アニーはどんな服を着ていてもそんな風に話していた。

アニーだけではなかった。
屋敷の使用人やメイドから、彼女の知らない人まで、みんなアリアのことを今までよりずっと大切にし、尊敬していた。

管理人halu
管理人halu

みんな気が早いわね・・笑

そして一瞬にして、誰かが呼ぶ声が聞こえてきた。

『馬車の準備が整いました、お嬢様。』

アリアは使用人の呼びかけに読んでいた本を置き、席から立ち上がった。

悪いことでなければいいんだけど…
管理人halu
管理人halu

不穏ね・・。

あまりにも物事が簡単なので、不安感が漂っていた。

鏡の中の自分を改めて見つめたアリアは、深く息を吐いて屋敷を後にした。

__

__

フレイの屋敷は郊外にあった。

皇族ではあるが、伯爵家の邸宅とは比べ物にならないほど簡素な家だった。
他の貴族の屋敷と違って、塀の高さから血統を推測することができた。

フレイの屋敷が小さいのは当然のことだった。
それは彼女が後継者ではない皇族だったからである。

皇室の権力を守るために、皇太子以外の王族には最低限のサポートしか存在しない。

皇太子や皇帝が信頼の厚い者に大きなポストを与えることはあったが、それは女性であるフレイには関係のないことだった。

彼女にとっては、判事の地位を得るだけでも大変な待遇だった。
独身の女性皇族が数人いるだけでなく、そのほとんどが帝国からの支援を受けてひっそりと暮らしていたのだから。
管理人halu
管理人halu

ふむ・・裁判官の目的はこのあたり(自身の境遇関連)にあるのかな・・?

『お嬢様 そろそろ到着しますよ!』

窓の外を見ると屋敷が近づいてくるのを確認したアニーが言った。
アニーが緊張した表情を浮かべているのは、初めて皇室の屋敷に来たからだ。
それはアリアも同じで、フレイの意図を汲み取ることができなかった。

アニーの言葉の直後、馬車は屋敷の門の前で止まった。

窓の外に見える皇室の警備員は厳しい表情をしていた。
しかし、とても簡単な手順で、警備員は馬車が通れるように正面の扉を開けてくれた。

馬車は、小さいながらも美しく飾られた庭を抜けて、屋敷の前に止まった。

到着を告げる運転手の声が聞こえてきた。
騎士とアニーの視線がアリアに注がれていても、アリアはすぐには外に出なかった。

彼女は自分の頭や服に触れて、『アニー、私の服はどう・・?』と尋ねた。

管理人halu
管理人halu

不安そうなアリア・・。

__

162話

『パーフェクト、です!』

アニーはそう答えながらも、念のためにアリアのドレスを直しておいた。

フレイとは宮廷で一度だけ会ったことがあるが、アリアをこのように招待したのだ。

だから、きっと大事な用事があるのだろう。

管理人halu
管理人halu
・・なんだろうね。まじで。
彼女の意図はわからないけれど、たとえ小さなことでも弱みは見せられないわ。

気を抜くことなく、アリアは優雅な姿で馬車から降りた。

待っていたフレイが、彼女を温かく迎えてくれた。

『長旅で疲れているでしょう。どうぞお入りください。』

『・・・お招きいただきありがとうございます。』

彼女は、アリアの心配とは裏腹に、とても明るい表情で親しげに迎えてくれた。

管理人halu
管理人halu

ふむ・・。

法廷で見た冷淡な裁判官はどこにもいなかった。
そこにいたのは、柔らかな笑顔の中年女性だった。

これに驚いたアリアは、ゆっくりと答えたが、彼女に非があるわけでもなく、フレイは一人でラウンジに案内した。

アリアは背筋を伸ばして彼女の凛とした歩みを追った。

さすが、皇族の方だけあるわね…。

小さな屋敷とは違い、屋敷の内部は立派なものだった。

飾られている小さな装飾品の一つ一つが、まるで職人の手による芸術品のようだった。
これまでに参加したパーティーで、かなりカラフルな金貨や銀貨に触れる機会が多かったアリアも、言葉を失った。

しばらく歩いていると、ラウンジにたどり着いた。

テーブルの上には、まるでアリアのために用意されたかのように、香りのよいお茶と甘いお菓子が置かれていた。

『あの法廷からお会いするのは久しぶりですね。突然、私に呼ばれてびっくりしたでしょう。ふとあなたのことが気になって、いてもたってもいられなくなって手紙を出してしまいました。お茶でも飲みながら少しお話をさせていただきたいと思います。ご迷惑をおかけしましたよね…。』

『あぁ…いえ…、お誘いいただきありがとうございます…。』

『そう言っていただけると、私も安心します。
このお茶と軽食、きっとあなたのお気に召すと思います。』

フレイが味と香りを堪能しながらそう言うと、アリアも紅茶のカップを手に取り、しみじみと答えた。

その言葉通り、香りの良い紅茶だった。

『すごくいい香りがしますね』

アリアは柔らかな笑みを浮かべ、ティーカップを口に運んだ。

なんでこんな美味しいお茶を出してくれるのかしら・・

フレイの好意に驚きを隠せないまま、彼女の真意を探ろうとしたが、無理だった。

柔らかな笑顔でお茶や天気の話をする彼女からは、何の情報も得られなかった。

そこでアリアはお茶を飲みながらお菓子を食べて本題を待っていると、突然フレイが 『あなたの趣味は何ですか?』と変な質問をし始めた。

管理人halu
管理人halu

・・・。

あくまでも彼女の趣味とのことだった。
アリアは目を強く丸くして、会話を続けるための質問なのかフレイがとても気になったので、自分にはない趣味を探してみた。

『趣味…ですか?えっと・・・そんなに特別なものではないと思いますよ。その…本を読むことくらいです。』

『なるほど、読書ですか。
だから知識が豊富だったんですね。
読書には一生ものの知識と充実感が得られますものね。』

『いえ…。』

『では…、お好きな食べ物は何ですか?』

管理人halu
管理人halu

・・・なんか質問も簡単な自己紹介みたいでつまらん(よくわからん)けど仲良くなろうとしてる・・?

ここでもフレイはアリアの好きな食べ物にとても興味を持っていた。

アリアは、意図にまだ少し戸惑いながらも、考え続けていた。

『好きな食べ物は・・・えっと・・・お肉、でしょうか。』

『なるほど。お肉は成長に大切ですね。では、好きな色は何ですか?』

『・・・青?』

『きれいな色ですね。好きな花は何ですか?』

『チューリップ…とユリです…』

いったいなぜ彼女はこのような質問をするのよ…。
管理人halu
管理人halu

・・・。

__

__

アリアはずっと不思議に思っていた。

フレイがこのようなありきたりな質問を続けているので、純粋に自分に興味を持っているように見えたからだ。

しかし、会話をするためではなく、ただ質問をするだけのようだった。

母でさえも自分のことをこんなに興味深く尋ねたことはなかった。

自分から何も得るもののない人から、これほど大きな関心を寄せられるのは不思議なことで、異性からならそのような関心も理解できるのだが・・。

不思議ね・・。

とアリアは思っていた。

さらに、フレイが時折感心したり驚いたりするので、彼女は話題を変えることができなかった。

『ああ、ごめんなさい。私ばかり…。ご迷惑をおかけするつもりはなかったのですが、知らず知らずのうちに失礼なことをしてしまいました…。』

『いいえ、大丈夫ですよ。』

『まぁ…どうしてそんなにお心が広いんですか?今年で17歳になるって言ってらしたっけ?』

『はい? えぇ、そうです。今度の誕生日で…。』

『タイミングが似ていますね…』

管理人halu
管理人halu

・・・タイミング・・?

アリアはフレイの言葉に首をかしげた……
そして、一瞬柔らかい表情を見せたフレイが、ひとつお願いしてもいいかと慎重に聞いてきた。

管理人halu
管理人halu

・・本題・・?

『えぇ…私にできることならなんでもいたしますわ。』

アリアは、フレイが初めてのお客さんに変なお願いをするわけにはいかないと思い、優しい微笑みを浮かべながら、立派なレディのふりをして言った。

フレイの要求はアリアにとっては可能だが、奇妙なものだった。

管理人halu
管理人halu

・・・?

『サイズはちょっと大きいけど、いい感じだね……戻ってきたみたいだし。』

『・・・。』

アリアはこれにどう反応していいかわからず、ただ黙っていた。

フレイに男物の服を着て欲しいと言われたのだ。

管理人halu
管理人halu

・・・はい?どゆこと?これ?
タイミングって言ってたけど、この人亡くなった息子さんとかいる感じ?わからん・・。

様々な複雑な感情と衝撃で言葉を失ったアリアは、
まるで人形になったかのように、フレイの要求に従うしかなかった。

アリアは一体何が起こっているのかを尋ねることができなかった。

そして彼女(フレイ)のこの寂しげな表情は何を意味しているのだろう・・。

『…ごめんなさい。こんなつもりではなかったのですが、あなたを見たとき、思い出にとらわれてしまい、このような行動をとってしまいました。』

管理人halu
管理人halu

思い出・・。

『・・・いいえ。』

どちらかというとショックを受けたのはアリアの方だったはずだ。

しかし、アリアが再び着替えている間にフレイはいなくなってしまい、久しぶりに戻ってきたフレイは目を真っ赤に染めていた。

管理人halu
管理人halu

・・。

アリアは、そんなフレイに文句は言えないと思い、『もう戻ります。』とだけ言った。

とはいえアリアは理解しがたい状況に満足していなかったが。

『申し訳ありませんが、長くはいられません。先約もありまして…。』

『いいえ、本日はわざわざ御足労ありがとうございました。これはあなたが今日飲んだお茶です。とても貴重なお茶ですので、お帰りになってからお召し上がりください。』

『・・・ありがとうございます。』

贈り物を受け取り、騎士に護衛されたアリアは馬車に乗ろうとしていた。

突然、フレイが大きな声でアリアの名前を呼んだ。

『あの、ロースチェント様!』

『・・・はい?』

アリアは驚いた。
振り返ると、そこには切迫した顔のフレイがいた。

フレイはしばらく言葉を選んでいるようだったが、アリアを呼んだ理由を口にした。

『その…伯爵夫人は何も言わなかったですか?』

『はい…?その…何を…?』

この人は私の母を知っているとでもいうの…?

アリアはフレイの質問が理解できなかったので、聞き返してみた。

フレイは何かを言おうとしているかのようだったが諦めた表情で首を振った。

管理人halu
管理人halu

なんだよこの人・・今日一日ずっと掴めん・・。(イライラ

一体なんなの…?

『…ごめんなさい。私はまだ老衰するような年齢ではないのですが、歳を取り過ぎたようで…』

『フレイさん・・・何を言っているのです・・・?私は本当によくわかりません…』

『…もう遅くなります。』

するとフレイは、「気をつけて帰られてください」とだけ言って、
アリアが馬車に乗る前に屋敷の中に消えていった。

管理人halu
管理人halu

まーじ謎。

『あれは一体何だったのです?』

アニーは、帰ってきた馬車の中で”アリアが聞きたかったこと”をアリアに聞いた。

管理人halu
管理人halu

確かに。笑

しかし、アリアの質問に答えるはずの人はすでにいなくなっており、馬車の中には沈黙だけが残った。

戸惑いながらも、アリアはまっすぐに屋敷へと向かった。

__

__

屋敷に到着した後、アリアは今日の緊張のために少し疲れていた。

しばらく休んで、アリアは夕食の時間になるとダイニングルームに降りていった。
食事が始まって間もなく、兄と妹は前もって準備していたかのように伯爵を説得し始めていた。

『お父様、皇太子様とアリアが縁があるのは良くないと思います。』

『カイン、他の貴族との話はもうついたと言っただろう?』

『再考された方がいいです…!!』

カインは決意に満ちた表情で答えた。

管理人halu
管理人halu

でたー!!笑

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

悪女は砂時計をひっくり返す 原作小説 161話 162話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

カイン、見事にミエールに手のひらコロコロされとるやないか・・お主の自主性どこ行った・・。

それはともかく、裁判官のフレイ。
あのエマ断罪裁判の時はモブキャラとばかり思っていて、性別も男性だと思ってたのですが、女性でした。そして、アリアと何らかの関係がある・・?

管理人halu
管理人halu

なんかありきたりな質問して、男装させて、何かを言いにくそうにしてアリアを帰した、わよね・・?なんなの・・?

帰りがけに、伯爵夫人の名前を出したのでアリアは恐らく母親に聞くとは思いますが、不穏でしたね・・。

管理人halu
管理人halu

息子でもいんの・・・
でも本人悪気はなさそうだったけどね・・どうなんだろう。

次回もどうなるでしょうか・・気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

待望のコミックスは2021年11月05日発売・・!!

次回ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す 163話 164話ネタバレと感想。裁判官フレイの弟・ミエールの計画・サラの手紙
今回はピッコマで連載中のAntstudio/SANSOBEE先生の 「悪女は砂時計をひっくり返す」163話・164話(漫画版は60話?)を読んだので紹介し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました