裏世界ピクニック 6話ネタバレと感想。八尺様との戦いに決着が・・!?

あ行

今回は宮澤伊織 | 水野英多 | shirakaba先生の

裏世界ピクニック6話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【アニメも観れる!】裏世界ピクニック最新刊を
U-NEXT無料会員登録でもらえるポイントで読む!

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

裏世界ピクニック 6話 あらすじ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

裏世界ピクニック 5話ネタバレと感想。八尺様との邂逅・消えた肋戸
今回は宮澤伊織 | 水野英多 | shirakaba先生の 「裏世界ピクニック」5話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...

八尺様へ近づく仁科鳥子を必死に止める紙越空魚ですが、鳥子は制止も聞かずに進んでいきます。

そして空魚は、今まで隠していた本音が漏れだします。
そして言うのです。一人にしないでと。

その言葉で止まった鳥子の元へ駆け寄る空魚ですが、自身の背後から鳥子の声が聞こえました。そして気付きます。

自分が鳥子だと思っていたものは八尺様だったのです。
鳥子の銃弾によってなんとか八尺様から離れる空魚は、作戦を考えます。

八尺様に限らず、裏世界の存在が認識の錯覚を利用して自分達に接触しているのだと考えた空魚は、くねくね対峙の時に裏世界に接触した自身の右目と鳥子の左手を使って八尺様を倒すことに成功しました。

気付くと二人は秩父の山の中にいました。
八尺様が消えた後に残った帽子も一緒に。

空魚は、冴月がいるかもと思ったのに何故止まれたのか鳥子に聞きました。
鳥子は、空魚が心配だったからだと答えました。

空魚はその言葉にまんざらでもない様子です。
帰ろうと手を差し出す鳥子に空魚はうんと答えて手を取るのでした。

↓↓↓

【アニメも観れる!】裏世界ピクニック最新刊を
U-NEXT無料会員登録でもらえるポイントで読む!

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

裏世界ピクニック 6話 ネタバレ

八尺様へ近づこうとする仁科鳥子を紙越空魚は必死に止めました。
二人には会いたい大切な人に見えている八尺様も、空魚の青く変わった右目には鳥居のようなものに見えています。

それは、親しい人のイメージを重ねて神隠しをする存在なのかと空魚は考えました。
そして、自分が騙されないのはどうしてだろうと考えます。

右目のせいか、それとも、大切な相手が自分にはいないからなのか。
空魚の制止も聞かずに進んでいく鳥子に、バカ!と声をかける空魚。

自分の知らない友達の名前ばかり呼んで、置いていかないで、一人にしないでと叫ぶ空魚。

その言葉に、鳥子の歩みが止まります。
今だと走って鳥子を掴む空魚ですが、背後からダメだよと鳥子の声がします。

そこでハッとなる空魚。自分が掴んでいるものの正体が、八尺様だと気付きます。
黒い虚空の瞳と口から、ぽ、と声が出る八尺様ですが、その瞬間に鳥子の銃弾が八尺様を貫きました。

続けて何発も銃弾を入れ、座り込む空魚を掴んで鳥子は起こします。
自分も騙されていたんだと空魚は気付きました。

どうすれば八尺様を倒せるか鳥子は空魚に問いました。空魚は考えます。
八尺様の存在は、全てが錯覚でまやかしです。

ここにあるものは本当は一体なんなのか考え、錯覚という言葉で思い出しました。
前回くねくねと対峙した時、自身の認識の中でくねくねの場所に関する錯覚が生じたのです。

裏世界の生き物は、人間と接触するときに錯覚を伴うのか、もしくは錯覚を通して人間と接触しようとしているのか。

そして前回、右目はその接触を受けました。
それによって、裏世界の生き物の真の姿を認識できるのかもしれないと仮説を立てた空魚は、右目で八尺様を凝視した状態で、鳥子に銃弾を打つよう指示しました。

銃弾は見事に当たります。認識すれば当たることがわかった空魚。
鳥子は空魚に攻撃が効いてるかを確認します。

それを否定すると、鳥子は散弾銃に持ち替えました。
しかし効き目はありません。打つ手がありません。

どうすべきか思案していると、空魚は思い出しました。
空魚の右目と同じように、鳥子の左手も裏世界と接触しているのです。

鳥子の手袋を取り、八尺様の元へ行く二人。
変なもの触らせるけど許してと空魚は言い、鳥子の左手を八尺様へ押し付けました。

空魚の思った通り、鳥子の左手は八尺様を掴むことが出来ました。
そこで空魚は確信します。

自身の右目は裏世界の存在を「見る」ことができ、鳥子の左手は「触る」ことが出来るのだと。

鳥子に触らせたまま、空魚は銃を八尺様に打ち込みました。
その瞬間、中からぼぼぼぼぼという音と共に黒い球が吹き出してきました。

八尺様が消失していきます。
そして後には、八尺様が被っていた帽子だけが残ったのでした。

ふと気づくと、二人は裏世界から現実へ戻ってきていました。
変なものを触らせたと抗議の視線を鳥子は送ります。

感触は、人間をダメにする感じだったそうです。
ここがどこか確認すると、秩父の山中でした。

肋戸は一緒にはいません。消えてしまったからです。
代わりに八尺様の帽子が一緒にこちらへ来ていました。

帽子を手に取り眺める鳥子に空魚は問います。
冴月があっちにいると思わなかったのかと。

鳥子は思ったし凄く行きたかったと答えました。
でもそうしなかったのは、空魚が心配だったからです。

どっか行っちゃいそうで危なっかしいと言う鳥子は、座る空魚に手を差し出します。

それはこっちの台詞だと抗議したい気持ちもある空魚でしたが、それ以上に、鳥子の自分への言葉は嬉しいものだったようです。

帰ろうと言う鳥子の手を空魚は取りました。

↓↓↓

【アニメも観れる!】裏世界ピクニック最新刊を
U-NEXT無料会員登録でもらえるポイントで読む!

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

裏世界ピクニック 6話 感想・考察

とても危険な八尺様との邂逅でしたが、二人がくねくねとの対峙で得てしまった右目と左手の能力でなんとか切り抜けることができました。

途中から空魚が本音を漏らすところも素敵ですし、鳥子が大切で仕方ない冴月に会えるかもという想いを我慢してまで空魚が心配だからと残れたことは、お互いがかけがえのない存在になってきているようで、それを知ることができた素晴らしい回だと思いました。

二人が得た能力は今後も役に立ちそうですし、最初は喧嘩していた二人も仲直りできたようでよかったと思います。

管理人halu
管理人halu

人をダメにする八尺様の感触とはどういうものなのか少し気になるね・・!。

お互いの絆を確かめ合うことができた今回。
わだかまりも解けて、きっとまた仲良く探検にいけるようになることでしょう。

↓↓↓

【アニメも観れる!】裏世界ピクニック最新刊を
U-NEXT無料会員登録でもらえるポイントで読む!

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第7話ネタバレはこちらから

↓↓↓

裏世界ピクニック 7話ネタバレと感想。2人は知らぬ間に夜の裏世界へ
今回は宮澤伊織 | 水野英多 | shirakaba先生の 「裏世界ピクニック」7話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu ...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました