【完結】まいりました、先輩 10巻ネタバレと感想。最終巻を無料で読む。卒業式・想いを伝える樋口・指輪を渡す水川・グアム旅行

ま行

今回は馬瀬あずさ先生の「まいりました、先輩10巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、【無料ポイント】で先回りされてもいいかもです。【無料】で本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓

「まいりました、先輩」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

まいりました、先輩 10巻 あらすじ

前巻のネタバレはこちら!

↓↓↓

まいりました、先輩 9巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。水川は世里奈へ告白し・・樋口も・・
今回は馬瀬あずさ先生の「まいりました、先輩」9巻を読んだので紹介したいと思います。 高確率でネタバレを含みますので、【無料ポイント】で先回りされてもいいか...

無事に大学受験が終わった水川。
楽しい時間はあっという間で、卒業式の日がやってきます。

緊張しながらもツーショットを取る樋口と世里奈。
そして思わぬ形で想いを伝えてしまいます…

最後の最後まで名残惜しく、学校に残る水川と世里奈。
思い出の席には、水川から最後のメッセージか書かれていました。

水川のスパルタ授業のおかげか、世里奈も無事に大学へ合格し、新生活がスタートします。

大学生ならではのデートを楽しむ二人ですが、
大学生には大学生ならではの忙しさがあり、再びすれ違いの日々が…

↓↓↓

「まいりました、先輩」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

まいりました、先輩 10巻 ネタバレ

いよいよ卒業式当日。
無事に式が終わると、
写真撮影やボタン、かばん、さらにはブレザーまで欲しいと言われ、大忙しの樋口。

やっと世里奈を見つけますが、緊張して上手くカメラが起動できません。
世里奈も気まずそうな表情でしたが、
一転、樋口の腕を取り、満面の笑みで写真を撮るのでした。

「ありがとう、越野さん」
そう言って樋口は学校を後にします。

管理人halu
管理人halu

樋口・・。

帰宅途中の河川敷で座り込み、
「俺モテんだぞ!なのに2年近く他に目もくれず好きだったぞ。
彼氏の100分の1でも好きになってくれてたら彼氏の1万倍大切にしてたぞ!
くそー。けど…俺は…〈水川の彼女、越野世里奈〉を好きだから…」

管理人halu
管理人halu

泣けてくる・・。

これで終わりだと、叫ぶ樋口でしたが、
その様子を写真を送ってほしいと思い追い掛けてきた世里奈が見ていました。

樋口の気持ちに涙し、感謝を伝える世里奈。
それを見ていた樋口も

「ありがとう。最悪の片想いだったけど、君は最高でした。元気でな」
と涙を流すのでした。

学校へ戻ると、井上に手を引かれ、教室に入る世里奈。
そこにはいつものメンバーからの世里奈への寄せ書きが黒板いっぱいに書かれていました。
その真ん中に立つ水川。

井上が去ると、指輪ケースに第二ボタンが入っていました。
名残惜しいように暗くなるまで教室にいる二人。

「世里奈、俺がわざわざボタン入れるためだけに箱買ったと思う?」

そう言い、シャツのポケットから指輪を取り出す水川。

「卒業してもずっと一緒だよ」

そうして二人は唇を重ねるのでした。

__

翌朝、黒板を消しに行くと、水川の寄せ書きだけないことを不思議に思った世里奈でしたが、この教室が世里奈が1年生だった時の教室と気づきます。
あの頃の席へ行ってみると、水川からのメッセージが書かれているのでした。

そして本格的に受験勉強が始まります。
水川と会えなくなるのは寂しいと思っていた世里奈でしたが、
水川によるスパルタの勉強会が始まるのでした。

そのおかげか、世里奈も無事合格し、
春から水川の通う大学からそう離れていない都内の大学に進学することになりました。

管理人halu
管理人halu

怒涛の展開!

楽しい大学生活もつかの間、お互いの忙しくなるタイミングがバラバラで、すれ違うことが多くなってきた二人。

しかし今度は伝える努力、理解してもらう努力をします。
世里奈は夢だった交換留学の試験へ挑みますが、残念ながら落ちてしまいます。

水川にもらったものを見ていると辛くなるから預かってもらおうと、
箱に今までプレゼントされたものを詰め、水川に会いに行く世里奈。

「私…そんな簡単には大人になれないみたいで…ごめん…」

そう言って涙する世里奈を水川は抱きしめます。

「私、全部捨てて先輩のために生きてもいいんだよ?」

と言う世里奈に

「俺も全部捨てて世里奈のためだけにいきてもいいよ」
と返します。

「何度でもいうよ、好きだよ」
さっきまで苦しかったはずなのに、
水川に抱きしめられて、世里奈は元気を取り戻すのでした。

世里奈の誕生日が近くなった、
夏休みも終わりの頃、久しぶりにデートをすることになった水川と世里奈。

「最高のプレゼントを用意しました!」
と水川が連れてきたのはなんと空港。

世里奈へのプレゼントに、水川はグアム旅行を計画していたのでした。

買い物に海に、ひとしきり遊んで日が暮れるころ。
浜辺で、付き合って最初の冬に校庭で雪遊びをした時のことを話す水川。

「雪の中で世里奈の笑った顔がすっごいかわいくて。死ぬ時思い出す景色これがいいなって本気で思ってた。本気で…思ったんだよ…世里奈…」

そう言い、水川は涙を流すのでした。

あの歌詞みたいな二人になりたい、
そう思っていたけれど、いつのまにかそれを超えていた二人。

いつまでも一緒だよ…

「誕生日は始まったばかりだから、今夜からもお楽しみに♡」

そんな水川の言葉に顔が真っ赤になる世里奈なのでした__

↓↓↓
「まいりました、先輩」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

まいりました、先輩 10巻 みどころ

いよいよ水川先輩の制服姿も見納めです。
最後の最後まで粋な演出をしてくれる先輩ですが、
卒業式の回はなんといっても樋口先輩の心の叫びが印象的です。

管理人halu
管理人halu

あんなこと言われたら気持ち傾いちゃいますよ!もうとにかくカッコよかったです。

世里奈の受験シーズンはあっという間でしたが、
大学生デートが楽しそうで羨ましい限りです。
カフェでパソコン作業する姿、運転する姿…大学生の水川先輩もカッコいいです。

世里奈の交換留学試験がダメで、もらったものを返しに行くくだりは、
なんかよくわからない展開でしたが、若さゆえの暴走?といったところなのでしょうか…

管理人halu
管理人halu

それにしても学生でグアム旅行一式プレゼントって…どんだけバイト頑張ったんだ…

本当最後の最後まで水川先輩の努力凄いです。
ほっこり笑顔になれる最終巻!大好きな大好きな作品です。」

↓↓↓
「まいりました、先輩」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました