声なきものの唄 70話ネタバレと感想。岸が懐から短刀を取り出しチヌに襲い掛かる。

か行

今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~70話を読んだので紹介します。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。
物語の結末を知りたくない方はご注意くださいませ。

↓↓↓

 

声なきものの唄 70話 あらすじ

前話ネタバレはこちら

↓↓↓

声なきものの唄 69話ネタバレと感想。胸騒ぎのするような笑みを貼り付けて現れた旦那候補の岸
今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」69話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu この記事は物語...
突然現れてチヌに本気で惚れているのだと言い出した岸は、さらにチヌも自分のことを客としてではなく本当に好いてくれているのだろうと決め付けてきます。
明らかに様子のおかしい彼を警戒したチヌはひとまず話を合わせました。
しかし岸は1人で勝手に盛り上がり、女郎をやめさせ自分だけのモノにするためだと言ってチヌに刃物を向けたのです__

声なきものの唄 70話 ネタバレ

管理人halu
管理人halu

いや・・岸がキモ(怖)すぎるって・・!!

「おんしがおるの見えたでよ。
驚かせよ思て、反対側からこっそり登ってきたんやで」

と言いながら編んだおさげに頬を寄せた岸が吐いた、「ああ・・・千鳥の匂いや」という呟きに、チヌはぞわっと己の肌が粟立つのを感じます。

管理人halu
管理人halu

うわああああああああ…!!!(もう無理すぎ…鳥肌…

しかし、すっかり青ざめてしまっているチヌの顔色など、岸の目にはまるで入っていないようです。

彼は東陽楼におけるチヌとの情事についてうっとりと語り出したかと思うと、なんと「あねえにやさしゅうしてくれたんは、ホンマにわしんこと好いとってくれたからやろ?と問いかけてきたのでした。

管理人halu
管理人halu

ヒィィィ…
ヤバい、コイツまじでヤバいって…。

無論、岸とはあくまで「娼妓と客」という関係でしかないつもりだったチヌは驚きに目を見張ります。

それでも尋常ならざる岸の様子に、ここで下手に彼を刺激してはいけない・・・という判断を下したチヌは、「こねぇに女に惚れたんは生まれて初めてやでぇ・・・千鳥」と愛を囁いてくる岸に、とりあえず

「うれしいわぁ岸様。うちかて岸様好いとりますもん」

と返しました。

管理人halu
管理人halu

いや・・よく言ったわ・・チヌ・・。

そうして興奮状態にある岸を宥めつつ、なんとか穏便にこの場から逃れる術はないかとチヌは考えを巡らせます。

しかし、岸がその懐から短刀を取り出し

「顔にキズついたら廃業するしかねえやろ」

と恐ろしいセリフを口にしたことで形振り構ってなどいられないと瞬時に悟ったチヌは、体当たりして彼を突き飛ばすと盛田医院めがけて一目散に駆け出したのです。

管理人halu
管理人halu

ヤバいだけじゃないわもう…イカれてやがる…

公三郎が再びチヌとの距離を縮め始めたことで、岸は彼女を「わしだけのモン」にするには最早女郎でなくするしかない・・・と思い詰めていたのでした。

当然、そんな男がそのままチヌを逃がすはずもありません。

抜き身の刀を手にしたまま後を追ってくる岸に焦ったチヌは、うっかり足を滑らせたあげくに運悪く負傷してしまいます。

管理人halu
管理人halu

あああああああああ・・!!!

おかげで動けなくなったチヌに間もなく追いついた岸は、正気を失った目で「千鳥、わしを裏切るんか?」と彼女に迫りました。

管理人halu
管理人halu

いやああああああああ!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました