声なきものの唄1話ネタバレと感想。両親を失ったサヨリとチヌ。船で行き着いた先は八津遊郭だった・・!?

か行

こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。
今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~1話を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。【無料ポイント】を使って本編を読まれてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪

↓↓↓

【声なきものの唄】1話を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

声なきものの唄1話 あらすじ

明治後期。瀬戸内の伊之島で生まれたチヌ、14歳と姉のサヨリ17歳。
母を幼いころに亡くし、優しい漁師だった父と美しい姉・サヨリに支えられチヌは育ちます。しかしそんな中で父が事故で死去。借金のために2人の娘は奉公へ出ることになったのです。

そんな中でもチヌは泣き通しであり、サヨリは優しく慰めるのでした。そうして奉公先で金を貯め、きちんとした両親の墓を建てることを約束し、島を出た2人。

船に乗り、H県の八の浦へ降り立った先は八津遊郭だったのです。

↓↓↓

【声なきものの唄】1話を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

声なきものの唄1話 ネタバレ

明治後期、2人の姉妹は生まれ育った島を出る。2人の母は長いこと病気で伏せ亡くなり、漁師だった父も事故で亡くなり残ったのは多額の借金のみ。

残された借金の矛先は姉妹へと向かいます。仕方なく島を出、奉公へ出る決意をする姉妹。姉はサヨリ妹がチヌという名でした。

船である県の矢津ノ浦に降り立ち、向かった先は矢津遊郭と呼ばれる場所でした。チヌは今まで見たことのない大きな屋敷に口をあんぐりさせます。チヌはその規模に慄き、自身がきちんと奉公先で女中が務まるのかと口にします。そんなチヌにサヨリは優しく諭すのでした。

チヌはサヨリがいることで元気づけられ、なんとかなりそうだと元気を取り戻します。しかしそんな中でここまで案内してくれた男性が横暴になります。チヌはその様子になんだか不穏なものを感じます。

男はどこか屋敷の中に案内します。するとそこで2人の姉妹を値踏みするかのような男がいます。美しい姉と比べられたことで、チヌは慣れていても泣き出してしまいます。

管理人halu
管理人halu

チヌは自分の容姿にコンプレックスを持っているのね。

サヨリとチヌは別々の部屋に通され、チヌが入ったところには女がたくさんいました。その頃サヨリが通された部屋には男がたくさんいます。困惑するサヨリをよそに男はサヨリの名と年を告げ、着物をはだけます。着物をまくりあげられ、サヨリは声を上げます。
おまけに男はなぜか見世という言葉を発します。

その瞬間男たちは競りを始めるのです。サヨリの声を聞き、危険を感じたチヌはサヨリの通された部屋に駆け込みます。するとそこで見たのは両腕を締めあげられ、着物をはだけさせられた姉・サヨリの姿でした。ショックを受けながらもサヨリを助けようと、男を殴ると競りを邪魔するなと殴られます。

そしてそこでチヌの顔を殴ったことを男は叱責されます。チヌも売り物だと。意味のわからないチヌは困惑した顔で事態を聞き返すのです。
しかしチヌたちは奉公へやってきたと思わされていたのは、実は女郎屋の奉公=女郎として売られたのでした。しかしサヨリはその話を知っていた様子でした。
そんな中サヨリとチヌの前に流れ者の女衒の男が出てきます。そしてチヌの着物をまくり、チヌの陰部に足を突っ込み、金になるのはここだと教えるのです。
その仕草を見たサヨリは止めに入る。するとその顔を気に入った流れの女衒はサヨリを買いたたき、連れて行くのだった。チヌは後を追いかけるが、女衒は吹き飛ばし、気を失ってしまうのだった。

次に目が覚めたときはチヌは須賀屋の楼主に買われており、姉はいなくなっていました。涙の中でチヌは自身の顔の走馬灯を見ます。そこにはここに来た経緯があり、その時にサヨリはすべてを知ったうえで奉公の意味を知っていたと感じるのでした。

チヌは須賀屋に買われたのですが、泣きわめき話になりません。楼主はまだ客は取らなくて良いと話すのですが、女将には嫌われまた泣きわめくチヌ。しかし飯を見てその気が変わります。そうして夜に店の中を見てみれば美しくなった女ばかり。チヌは圧倒されるのでした。

それから一年が経ち、チヌにある試練が立ちはだかるのです。

↓↓↓
【声なきものの唄】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

声なきものの唄1話 感想・考察

かつてはこの漫画のようなことがいたるところで行われていたという事実。そんな運命にあらがう術もなく生きていくかないチヌ。

今回一話の見所は、妹を守ろうと必死になるサヨリの姿です。いくら姉だからとは言え、こんなに守ろうとする姉はなんと優しく美しいのでしょう。

管理人halu
管理人halu

姉妹で生きていく為には仕方なかったのかもしれんけど、サヨリはチヌを最後まで守ろうとしていたね。

顔も美しいと評判だったそうなので、やはり心が美しい人は顔も美しいのでしょうか。
そして主人公、チヌと言えば泣いてばかり。

彼女はこれから一体どうなっていくのか、きいちんと生きていけるのか、本当に心配でなりません。続巻がかなり気になる話でした。

↓↓↓
【声なきものの唄】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回2話のネタバレはこちら!

↓↓↓

声なきものの唄2話ネタバレと感想。あまりの境遇に海に飛び込んだチヌ。しかし謎の青年に救われ・・?
こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。 今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」2話を読んだので紹介したいと思い...

コメント

タイトルとURLをコピーしました