【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版80話ネタバレと感想。アルティナの帰還・ロテシュの陰謀・離婚裁判へ

【小説版】再婚承認を要求します

今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の

再婚承認を要求します原作小説版80話(漫画版は73話?)を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説80話 あらすじ

前話、原作小説第79話のネタバレはこちら

↓↓↓

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版79話ネタバレと感想。幼い2人の記憶・分け合ったクッキー
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の79話(漫画版は72話?)を読...

ソビエシュは大神官に全てを話し終えます__
大神官はその足でナビエの部屋に向かい、
皇帝陛下から離婚の要請があったことを伝えます。

元々は仲睦まじい2人の結婚式も担当した大神官。
『どうしてここまで憎み合う仲になってしまったのですか・・。』
そうナビエに尋ねますが、ナビエはひとこと。

陛下の心は他の人に移ったの。それだけです。』
と答えます_

そんなナビエのもとにアルティナが帰ってきますが…?

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説80話 ネタバレ

幼いソビエシュは母親に嘘をついた。
ナビエは薬の入ったクッキーを食べてしまっていた。

副作用は誰にでも現れるわけではない・・

__

ソビエシュは大神官に全て話終えた後、こめかみに手を押し当てて目を閉じた。

大人になるまで私は、ナビエはたった一回食べただけだから大丈夫だと思っていた。
母はその薬を多用していたが、あの時ナビエも私も健康で若かった。
私たちの食生活も、あれから薬の効果を中和する食材に置き換えた。

しかし、私たちの間には子供ができなかった。

大人になってから、子供がいないのは薬が皇后や私に影響を与えたからなのか、
それともその両方なのかと考えた。

しかし、ラスタが妊娠してからは、
不妊の原因は皇后にあると確信するようになった。

管理人halu
管理人halu

同じクッキーをお互い食べたけど、ってことね。
皇后にあるのも、お前のせいだぁああ

大神官はソビエシュの話を冷静に聞いていた。
皇后は妊娠していなかったが、
すべては数年前に無意識のうちに食べてしまった薬のせいだった。
それだけで、彼女の不妊を想定するには十分だった。

管理人halu
管理人halu

・・・大神官、こんなソビエシュの肩を持つんかなぁ・・。

さらに、事件には元皇后であるソビエシュの母親が関わっていた。
彼女はすでに一連のスキャンダルに巻き込まれ、多くの側室たちを苦しめていた。
これ以上の不祥事は許されず、ソビエシュは彼女の名誉を守るために口を閉ざさなければならなかった。

大神官は最初、前皇后が将来の娘婿(ナビエ)が不妊だと分かったときに、
若い夫婦を別れさせなかったのは珍しいことだと感じた。

普通の皇后ならば、皇家を守るために予防策として皇太子妃を交代させたはずだ。
前皇后はナビエに好意を抱いていたのではないかと以前から思っていたが、大神官は今日このことをを確信した。

管理人halu
管理人halu

ナビエは皆から愛されていたんだぞ。。

『私は唯一の皇家の血筋を手放すことはできない。
我が子を守らねばならないのだ。』

ソビエシュの重い言葉に大神官はため息をついた_

__

__

管理人halu
管理人halu

ナビエパートです。

もうすぐ話の決着はつくだろうか。どうなるかはわからない。
大神官とソビエシュはどんな会話をしているのだろうか、と頭の中は考え続けていた。

__

三時間後_
大神官が私に会いたいとの連絡を受けたとき、私は不思議な安堵感を覚えた。

『彼が来る。』

私は目を閉じて深呼吸をした。

『大神官がいらっしゃってます…。
なぜ…ですか…?』

エリザ伯爵夫人は、大神官が来たことを私に知らせていたが、
彼女の表情は不安そうだった。

『私にはわかりません…まずは会ってみないと…』

エリザ伯爵夫人は頷いて部屋を出て行った。
しばらくして再び扉が開き、大神官が入ってきた。
私は彼が結婚の誓いを立てるときにソビエシュと私をからかったときの顔を思い出しましたが、今回の彼のひげは年を経て白くなっていた。

管理人halu
管理人halu

・・・。

彼はドアを閉めたが、すぐには私に近づかなかった。
彼はただ私をじっと見つめていた。
彼の目は暖かくても、しわくちゃになった顔の下で震えていた。

私が気まずそうに微笑むと、
彼は『実は…』とつぶやいて、
やっと呼吸の仕方がわかったかのように肩と胸が急に下がった。
彼は、ソビエシュが私と離婚したいと言っていることをどう伝えればいいのか悩んでいた。

『こちらに来てくださりますか?』

私は机から立ち上がると、彼のために椅子を引っ張り出した。
彼は私に伝えるべき言葉を逡巡しながら、重い足取りで前に歩いてきた。

『…離婚…ということになってしまった。』

『えぇ』

『ナビエ皇后。お二人はとても親しかったはずです。』

『えぇ、でも結局ただの砂の城のようでした。』

管理人halu
管理人halu

一瞬で崩れてしまって元に戻らない・・。

大神官は唇を合わせていた。
彼はそれは真実ではないと反論したかったように見えた。
ある意味では私も同じように考えていた。
ソビエシュと私が共有した時間・笑顔は決してすべて砂でできたものではなかった。

しかし、それはすでに過去のことだった。
彼は新しい恋を見つけていて、私はただの通りすがりの人間だった。

大神官はテーブルに手を置き、拳を何度か握りしめた。
その間、エリザ伯爵夫人はコーヒーとクッキーを運んできて、
不安げな目でその様子を見守っていた。
彼女は軽食をテーブルの上に置いておいたが、大神官は食べ物には手をつけなかった。

『宜しければどうぞ。』

彼に食べるように誘ったが、彼は首を振った。
いや、彼はクッキーを固く見つめて胸を掴んだ…。

クッキーが嫌いなのかしら・・?
管理人halu
管理人halu

・・・。

彼の胸を抑える反応は予想以上に激しかった。
クッキーを取り上げてもらった方がいいのだろうか。
どうしようかと考えていると、彼はまた話しかけてきて、
ソビエシュが離婚を申請した理由を教えてくれた。

『ソビエシュ皇帝は、離婚の理由として、
皇后の弟であるコシャール卿が、
陛下の妊娠中の側室を押し倒し、
側室の弱点を探るためにロテシュ子爵を誘拐し、
危害を加えたこと、
側室の偽の両親を買収して詐欺を働いたことを挙げています…』

『そんなのでたらめよ!』

『…そして、皇后は不妊症であるため、
ソビエシュ皇帝は側室の子を守らなければならないと…』

『それも全部でたらめ!』

大神官はため息をついたが、
私は以前よりも毅然とした口調で話した。

『もう私は何も受け入れられないわ。』

たとえソビエシュが事前に離婚の準備をしていることがわかっていたとしても、
こんな侮辱的な理由を受け入れることはできなかった。
たとえ離婚の手続きにあまり影響がないとしても、私は断るしかなかった。

大神官はまた重いため息をついて、
を合わせて懇願するような仕草をした。

『どうして二人はここまで憎しみ合う仲になってしまったのですか…?』

『理由は一つだけよ』

『一つ?』

陛下の心は他の人に移ったの。それだけ。』

大神官は息を吐いて、私を見ていた。

『私は離婚の手続きを進めますが、
あなたとっては簡単なことではないでしょう…私の言っている意味がわかりますか?』

私は答える代わりに、やわらかく微笑みを返した。

管理人halu
管理人halu

ソビエシュの言うことをナビエは受け入れないわけだからね。
戦いになりそうね・・。

その後、大神官は去っていった。
私は彼が残していったクッキーを全部食べて、机に戻った。
大神官が悪い知らせを届けに来てくれたとはいえ、私の心は落ち着いていた。
どんなに恐ろしい状況であっても、私は常に冷静さを保っていた。
幸いなことに、自分の執務に集中することは難しくなかった。

管理人halu
管理人halu

クッキー食べちゃうナビエ。
過去のことは知らないもんね・・。

夜遅くになり、メイドがアルティナが戻ってきたことを知らせに来た。
私は驚いてペンを置いた。

アルティナ!

タイミングは少し遅かったが、私には他に選択肢がなかった。

私は急いで応接間の部屋に出て、
私はアルティナが疲れ果てた顔でそこに立っているのを見た。
いつもはきれいに整頓されていた彼の髪は、泥だらけで汚れていた。

『申し訳ありません、皇后陛下』

管理人halu
管理人halu

えっ・・

私はアルティナを椅子に座らせた。
私はすぐに彼が手紙を届けたかどうかを尋ねたかったが、彼はひどい状態に見えた。

侍女がコーヒーか紅茶はいかがですかと尋ねたので、
アルティナは何も言わずに、肯定するようにジェスチャーをした。
侍女が出て行くと、彼はようやく話した。

『ファラン侯爵はあっという間に旅立ってしまっていて、
彼に追いつくのに予想以上に時間がかかってしまいました。

しかし…彼が国境を越える前になんとか届けました…!

管理人halu
管理人halu

おおおおおお!!!

『届けた?手紙を?』

『そうです。
私はすぐに戻ってきましたが、
もうファラン侯爵はすさまじいスピードでした…
すでに国境を越えて西王国に入っていることでしょう…!』

私の心臓は破裂しそうになった。やっと、やっと、やっと、手紙が届いた!

それなのに…

遅かった。
先ほど大神官が来て、面談は終わった。
離婚裁判はすぐに開かれることになっていた。
ハインリには情報は伝わったがここまで来るのには、間に合わなかった_

管理人halu
管理人halu

でも!!ナビエはファラン侯爵のスピードでも西王国に入るのがやっとって思ってるけど、実際はハインリ飛べるから!!
(ナビエはそれを知らないけど・・。

__

__

同時刻__

ロテシュ子爵はまだラスタに怒りを覚えていた。
二人きりの時はある程度見下していたラスタが、両親と一緒にいる時のあの無愛想な態度たるや!

ロテシュ子爵自身は、決して有力な貴族の一人ではないにもかかわらず、
自分の領地では常に王様のように君臨していた。
彼は自分の元奴隷に侮辱されたことに唖然とした。

『ヤツはこのままではすまさんぞ・・!』

彼は毛布に顔を突っ込んだ。
どうやってラスタに復讐するか。
それも彼女の価値を落とさずに。
どうすれば彼女を壊して従順にさせることができるのだろうか?

管理人halu
管理人halu

価値を落とさないってのはロテシュはまだラスタを使いたいからだね。

ベッドに戻った彼は、息子のアレンが前を通り過ぎるのを見た。
彼の腕の中にはラスタに似た赤ん坊がいた。
赤ん坊がアレンに向かってキャッと鳴き笑うのを見て、
アレンはその子を愛おしく思っていた。

このバカが!

ロテシュ子爵は首を振って、
名前すらまだ名乗れない子供を可愛がっている息子を哀れに思った。
しかし、ロテシュ子爵は赤ん坊を見つめているうちに、ある考えが頭をよぎり、
「あぁ!」と叫んだ。

赤ん坊だ。
赤ん坊はラスタの弱点だったのだ!!
一度はラスタに赤ん坊を見せるべきではないか?
いくら皇帝の寵愛を受けていたとしても、無敵というわけではない。
ロテシュ子爵はニヤリと笑ってアレンを呼んだ。

『アレン、こっちに来い』

『どうしたんですか、お父様?』

アレンが近づくと、ロテシュ子爵は赤ん坊を連れ去るかのように両手を広げた。

『お父様?』

アレンは目を見開いた。
かつて赤ん坊に触ることを拒んでいた父親が、勝手にアンを抱こうとするのは不思議な気がした。
赤ん坊は両手を広げて、明るく笑った。

ロテシュ子爵は
「はい、私はあなたのおじいちゃんですよー」
と、ニヤニヤしながら言った。

しかし、ロテシュ子爵は30分も経たないうちに気が変わった。
ロテシュ子爵のもとに、よく社会情勢を伝えに来ていた友人が訪ねてきた。

『子爵。聞いたか?』

『何をだ?何か変わったことが?』

『陛下が離婚するかもしれない!』

ロテシュ子爵は驚いて彼を見つめた。

『どういう意味だ?”離婚”だと・・?』

『わからない。ただ大神官が突然やってきて、陛下と皇后を順番に聞き取り調査をしていた』

『…?』

『疑ってるのか?これは間違いなく離婚を意味してる。分からないのか?』

ロテシュ子爵は理解してなかった。
子供の頃から首都の政治とはかけ離れた生活をしていたため、
皇家の離婚がどのように進むのか知らなかった。

彼は友人の話を聞いて、ようやく理解が深まった。
彼の友人は、自分で伝えたこの知らせに驚いたかのように、コップ3杯の水を飲んだ。

『ラスタのせいでしょう。
陛下は彼女に心を奪われている。』

ロテシュ子爵の反応は、友人の興奮とは大きく異なっていた。

陛下が皇后と離婚したのはラシュタのせいだと?

彼は慎重に状況を見守る必要があると判断した。
ラスタは離婚によって利益を得るのか、それとも実害を被るのか。
もしラスタに火種が飛んでくるようなことがあれば、
ロテシュ子爵はすぐに首都を離れるだろう。
それが彼女の利益になるなら、彼はそれを利用するだろう。

しかし、ルベティの反応は全く違っていた。
彼女はその知らせを聞いた時、父親とその友人にお茶を汲みに来ていたのだ。
彼女は彼女が保持していたカップを落として叫んだ。

『ありえない!!!』

友人はガラスが割れる音に驚いた。
ルベティの目はショックで大きく見開いていた。
友人は何か間違ったことを言ったのだろうか?
友人が混乱してまばたきをしている間に、ルベティはぐるりと回転して部屋に逃げ込んだ。

『ルベティ?ルベティ!』

ロテシュ子爵は、ルベティが皇后をまるでアイドルのように崇めていることを知っていたので、ベッドから降りて娘に声をかけた。
しかし、足に激痛が走り、大きな音を立てて床に転げ落ちた。

ルベティは部屋に行き、ブランケットと手袋を着てその場を離れた。
ルベティは馬車の運転手に急いで行くように促した後、すぐに宮殿に到着し、衛兵のところに行き、皇后に会いたいと要請した。

いきなりやって来た若い貴婦人が泣き出したので、
衛兵は皇后陛下の侍女の一人に電話をして、その話をした。

『ルベティ・リムウェルが皇后にお会いしたいそうで、
門前で泣いております・・』

侍女はルベティの名前を知っていたので、ナビエにそのことを伝えた__

__

__

ルベティがこんな夜に泣きに来るとは思わなかった。

『どうかしたの?』

私は困惑してまばたきをしたが、こんな遅くまで来ていた若い女性を追い払うことはできなかった。
私が応接間に出ると、彼女は侍女たちがくれたホットココアを飲みながら泣いていた。
私がやって来たことで、彼女は飛び跳ねて大声で泣いた。

『ルベティ?』

私が驚いて彼女に近づくと、
彼女の顔を流れる涙の跡が、よりはっきりと見えた。

『皇后…皇后陛下…本当です…か?』

『?』

『…本当に離婚されるのですか?』

侍女たちは、その質問を聞き、明らかに硬直していた。
私は大神官の訪問の後に侍女たちから同じ質問を受けると思ったが、
彼女らは口を閉じて知らないふりをしていた。
だからこそ、ルベティの素直さは、侍女たちに衝撃を与えた。

『ルベティ様!失礼です!』

エリザ伯爵夫人はすぐに彼女を叱ったが、
隠しきれぬ好奇心は彼女の顔にも明らかだった。

管理人halu
管理人halu

エリザ伯爵夫人・・。笑
そりゃ口に出せないけど気になるよね・・。

離婚についてはもう決定した。
これ以上何を隠すことができるのだろうか?
このことは、もう、誰もが知っている。

『大丈夫です、エリザ伯爵夫人』

私はできる限り冷静に答え、穏やかな笑顔を浮かべた。

『その通りです、ルベティ』

ローラは叫んだ。
他の侍女たちもまた、お互いに囁き合い始めた。
ルベティは涙を流し、侍女たちは私に向かって走ってきました。

『離婚は…本当なのですか?!』
『それが大神官が皇后に話をしに来た理由ですか?』
『皇帝は皇后との離婚を求めていたのですか…!?』
『嘘です…私は信じない…!』
『皇后は離婚を受け入れてはいけません!!』

侍女たちが話せば話すほど、彼らの顔はより赤くなった。
ルベティはなんとか落ち着きを取り戻したところで、思い切った声で話した。

『…ラスタのせいですよね?』

『・・・。』

『皇后陛下、今起きていること…、それはラスタのせいなのですよね?』

侍女たちは同時に黙り込んだ。
何も言わなかったが、誰もが同じことを考えているようだった。

私は何と言えばいいのか、一瞬考えた。

ラスタは夫と関係を持ち、夫と寝て、私の真似をして、私を笑い者にして、兄と私のことで嘘をついていた。

ソビエシュは別の女性と関係を持ち、その女性と寝て、私に恥をかかせ、私たちを笑い者にし、信頼関係を破壊した。

また、ラスタが何をしようと、いつだって彼女に味方して、彼女を皇后にしようとした。
そして…私との離婚を決めた。

離婚の責任が大きいとすれば、ソビエシュの方だった。
感情的に言えば二人に責任がある。ラスタはソビエシュと同じくらい悪かった。
でもそんな複雑な感情を どうやって言葉で表現すればいいの?

『皇后陛下の…仇を討つ…。』

私が何も言わないでいると、
ルベティは拳を握りしめながら話し出した。

『必ず…復讐します。』

管理人halu
管理人halu

ルベティ・・。

『…大丈夫です』

私は微笑んで彼女の背中をなでた。
彼女がどうやって復讐するっていうの?
一人は皇帝で、もう一人はもうすぐ皇后になるのだから。
ラスタはルベティを憎んでいた。
むしろそれを勘ぐったラスタがルベティへ報復をする可能性の方が高かった。

『ルベティ。自分のことだけを考えて。復讐はいらないわ。』

『いいえ!それにもし離婚しても私がついていきます、皇后陛下!
私と一緒に暮らしましょうよ!お力になれます!』

それは…無理だった。
皇后に仕えるのは貴族の間では名誉なことだが、私はもう皇后ではなく漂流者になるようなものだから。その上、私はルベティを連れて西王国に行くことができなかった。

『ルベティ。あなたはとっも優しくて素晴らしい人です。
そんなあなたを私がキープしておくわけにはいかないでしょう?』

管理人halu
管理人halu

あなたの人生があるじゃない、とナビエ。(泣

微笑んで彼女をなだめると、私は身を乗り出して彼女の耳元でささやいた。

(ラスタに関わらなくて大丈夫。
過去に執着しないで、今を幸せに過ごして…、ね?)

ルベティを家まで護衛してくれる騎士を依頼した後、
私は寝室に行き、侍女たちとアルティナに手紙を書いた。
私の再婚が成功してもしなくても、彼らに別れを告げなければならない。
前もってそうしておきたかった。

{本当にありがとう。
ぜんぶ、ぜんぶありがとう。
どうか怒らないで。全て忘れて、幸せになってください。}
管理人halu
管理人halu

ウワアアアアアン‼︎

『・・・。』

書いているうちに涙が溢れ出してきてしまった。
水滴が紙の上に落ちるので、天井を見上げた。

すると突然__
窓際で大きな音がした__

なに…!?…青い鳥…?

私は驚いて振り返った。
マッケナはここに来ると撃たれてしまうことを知っていた。
彼はまたここにいたの?驚いて窓に駆け寄ると、窓枠の上に鳥がいた。

しかしそれは青い鳥ではなかった__

『クイーン!!』

管理人halu
管理人halu

ハインリいいい!!!間に合ったぁああああ!!!!!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説80話 感想・考察

物語は離婚裁判へと向かいます。
しかし、ソビエシュがナビエとの離婚に持ち出した理由。

  • 皇后の弟であるコシャール卿が、陛下の妊娠中の側室を押し倒したこと
  • 側室の弱点を探るためにロテシュ子爵を誘拐し、危害を加えたこと
  • 側室の偽の両親を買収して詐欺を働いたこと
  • …そして、皇后は不妊症であること
管理人halu
管理人halu

まず、半分ソビエシュね。(論外。
でもう半分はコシャールがナビエを守るためにしたことでしょ。
ナビエいっこも悪くない・・。

ナビエ、これは争っていいと思います・・。

管理人halu
管理人halu

大神官もナビエにちょっと戦って欲しそうだったしね。

でもナビエは、ハインリの到着が絶望的になり、
噂がいくら周りに広まろうとも、今ナビエが周りのためにできることをします。

管理人halu
管理人halu

侍女への手紙・・。泣いた・・。

そこに!クイーンが!!!

管理人halu
管理人halu

きたあああ!!
ソビエシュ衛兵の弓をかいくぐれて良かった・・

もうソビエシュは青い鳥を撃ち落としたと思ってるから、
2回目の鳥が来ないと思って何もしなかったのでしょうか。
あるいは、ナビエが悲しんでいた(てゆか失神)のでさすがにやめたのでしょうか。

管理人halu
管理人halu

このあたりのソビエシュの甘さ、ちょっと引っかかるわよね。
ハインリからの証拠になる手紙燃やしたりとかさ。

1年計画でナビエと元どおりを未だに計画してるなら、さすがに呆れてしまいますが、
何かまだ明らかになっていないことが、ありそうな気もします。

しかし!!ハインリ!!
間に合いましたね!今からだと離婚裁判までに少し打ち合わせる時間も取れそうです。

管理人halu
管理人halu

良かった!良かった・・!!

次回も気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回原作小説版第81話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版81話ネタバレと感想。窓枠にやって来たクイーンだが様子が・緊急国家会議へ召集されるナビエ
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の81話(漫画版は74話?)を読...

コメント

タイトルとURLをコピーしました