御手洗家、炎上する1巻ネタバレと感想。復讐系サスペンスの決定版

ま行

藤沢もやし先生の「御手洗家、炎上する」1巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、【お得なクーポン】を使って先回りされてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓



【御手洗家、炎上する1巻】初回ログインで貰える50%OFFクーポンでお得に読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

御手洗家、炎上する1巻 あらすじ

村田杏子(むらたあんず)25歳は、妹の柚子(ゆず)とアパートで2人暮らしをしています。旧姓は御手洗(みたらい)。

 

元は開業医の令嬢として育ちましたが、13年前の突然の火事が原因で両親が離婚をしてしまいました。

 

父親の再婚相手の御手洗真紀子(みたらいまきこ)は、現在は主婦モデルとして数々の雑誌に載っています。性格は高飛車ですが表面上には決して見せません。

 

真紀子には秘められた過去があります。

 

杏子は過去の火事の真相を暴く為、潜入調査を実施します。あの火事は一体誰の仕業なのか・・・?
↓↓↓
【御手洗家、炎上する1巻】初回ログインで貰える50%OFFクーポンでお得に読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

御手洗家、炎上する1巻 ネタバレ

杏子は、13年前の真相を調べに元自分の家の御手洗家に家事代行の仕事として派遣で潜入します。

 

父親の再婚相手の真紀子は、息子が二人いる元は貧しい生活を送るシングルマザーでした。

 

昔は杏子の母とは仲が良く、杏子達姉妹と真紀子の息子達は遊んだりする仲でした。

 

そして御手洗家に派遣で仕事の日。

山内しずかと偽名を使い、着いてから直ぐに言われた言葉は「採用するかどうかは、仕事を見てから」

計画の為に気を引き締めます。

 

真紀子が外出する際、「2階には絶対に入らないで」と念を押すように言われ、「何も盗まないでね」と言いながら真紀子は振り向きました。

 

杏子は作り笑いをし真紀子を見送り、真紀子が外出した後、杏子は「採用にならないと話にならない」と考え、テキパキと仕事をこなしました。

 

掃除をしていると、ソファーの下に昔母が使っていたバレッタが落ちているのに気づき、それをソっと自分のポケットに入れました。(真紀子が昔、杏子の母親から盗んだものでした)

 

その時、後ろに誰かがいる気配がして勢いよく振り向くと、気のせいなのか誰もいません。

 

真紀子が帰宅すると、ホコリが付いていないか部屋を調べ「契約するわ。」と言われ、杏子は一安心します。

 

杏子は、仕事が終わったその足で病院に向かいました。そこには母が入院しており、お見舞いに来ていました。

「あの女に沢山の物を奪われた」とずっと恨んでいて、杏子は全てを取り戻すと決めて生きてきました。

 

あの火事を疑っていた杏子は、真紀子が何か隠している事が残っていないかなど探し始めます。

 

杏子が御手洗家の仕事に慣れた頃、杏子は行ってはいけないと言われていた2階へと向かいます。手前のドアから音が流れているのに気づきます。

 

扉を開けると部屋の仲はゲームと雑誌で溢れかえっていて足の踏み場がない状態でした。

 

すると「ここで何してる?」と言われ、驚いて振り向くと一人の若い男性が立っていました。

 

杏子は自分が家事代行で来た事を伝えますが、部屋を追い出されてしまいます。

 

仕方なく1階に降りる時、真紀子に二人の息子が居る事を思い出しました。

 

長男の希一(きいち)は商社に勤めており、次男の真二(しんじ)は帝明大の医学部に通っていると言われていたのに、2階に居る人物が一体誰なのか考えていました。

 

希一は成績優秀で明るく社交的な性格で、むかし杏子は好意を抱いていました。

弟の真二はゲームばっかりして、内気な性格で勉強もあまりできませんでした。

あの若い男はたぶん真二だろうと思い、何とか手懐けて過去の調査の手伝いをさせる事を考える杏子。

 

それから杏子は、御手洗家に来る度に隙を見て2階に上がり、無理にコミュケーションを取って打ち解けようと頑張ります。

 

そうこうしておる内に、このひきニートの若い男はまさかの希一である事が判明します。

 

毎日のように部屋の前までくる杏子に希一は少しずつ心を開き始めます。

 

偽名を使いバレないようにしていましたが、希一は”山内しずか”に興味を持ち何者なのか調べ始めるのでした・・。
↓↓↓
【御手洗家、炎上する1巻】初回ログインで貰える50%OFFクーポンでお得に読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました