「20歳の私」になるクスリ3話ネタバレと感想。中身は48歳昭和の女!

は行

今回は青波エコー先生の「「20歳の私」になるクスリ3話を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。【お得なクーポン】を使って本編を読まれてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

「20歳の私」になるクスリ3話 あらすじ

若返りの薬を飲んでしまった恵利は、記憶はそのまま、外見は20歳の自分に若返ってしまいました。

 

自分が48歳に戻っても、変わらず愛してくれる人を探すため、自分を「リリ」と名乗るようにしました。

 

ある日、

年上男性と仲良くなろうと姪の杏理の誘いに乗ったリリは、車で迎えに来た運転手の正体を杏理に聞かされます。

 

中身の48歳のリリはその人物を見たことがありましたが、”何処で”会ったのかは二十歳の設定上は教えられませんでした。

 

そう。外見は20歳に戻ったリリですが、中身は48歳w

 

今時の若い娘の考えや言葉が出てきませんが、リリはこの状況をどう乗り切るのか・・?

運転手とはどんな繋がりがあったのでしょうか?
↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

「20歳の私」になるクスリ3話 ネタバレ

リリは杏理と二人で、迎えに来た車に乗り込むと杏理から運転手を紹介されます。

 

迎えに来た運転手は38歳の「省吾」と言う男性でした。

 

杏理の話によると、省吾は芸人で金持ちの運転手の掛け持ちをしていました。

 

芸人と言っても、ダンボールを被り、中の人間が全くわからない状態のコントをする芸ですが、リリは「そのコント見たことあります!」と言ってしまいました。

 

ですが、見たことあるのは48歳の自分の方で、その頃のリリはフォーマルショップの販売員をしている頃でした。

 

自分は表にでないからこそ評価されるのが面白い、と言う省吾に対し、リリは「謙虚な人なのかな」と不思議そうにしていました。

 

目的地の場所に着くと、杏理のパパ活の相手「石原」と出会います。

 

4人は食事を取りながら話をしていましたが、リリは相手から評価されることが1番苦手な事なので、石原に対して睨むような顔で見つめていました。

 

石原は勇ましいリリの姿を気に入ってしまい、杏理がトイレに立つと「今度二人で食事でもしよう」と誘われます。

 

リリは、一人ではなく杏理と一緒でなければ行かないと断ります。

 

それでも引き下がらない石原は「杏理より金額を多く出そう」と提案しますが、リリは「杏理と自分の価値に差を付けて欲しくない」と素直に断りました。

 

石原は簡単には落ないとわかったのか、笑いながら諦めました。

 

リリは良い男を探すと言うより、48歳の自分では出来なかった事をやろうと決断します。

 

そしてアパレルブランドのスタッフ募集を見て、早速面接に行き、見事ブランドの店員として働く事になりました。

 

そこの職場は5年前働いてた同じビルの中にある職場でした。

 

リリはフォーマルショップで働いていた頃は、声を出して売る事を求められていなかったので、久しぶりに生き生きとした働きっぷりを見せていました。

 

そこへ偶然にも省吾と出くわし、話しかけられ「昼間のリリちゃんは全然雰囲気違うね」と明るいリリの姿に驚いていました。

 

バイトが終わったら食事でも行こうと誘われたリリは、即答で「はい!」と答えてしまいました。

 

「若いって良い!何もかもが楽しい」

 

とバイトが終わって省吾と食事中もニヤニヤが止まりませんでした。

 

省吾はそんなリリを見て、石原のときの事を話始めました。

石原の誘いを断ったのはリリが初めてな事、自分もそんなリリの姿を見て、断る勇気を持たなければいけないと気づかされた事を話しました。

 

簡単だけど、難しい事を気付かせてくれたお礼にと、省吾が今度前説で出るチケットをリリに渡しました。

 

チケットを渡すのは省吾にとってリリが初めての女性でした。
↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

「20歳の私」になるクスリ3話 感想・考察

どうしても48歳の自分が抜けないリリは、可愛い姪を傷つけられないようにと、怪しいパパ活に同行します。

 

ですが、会話の中でも昭和臭い会話や、考え方が抜けずに危うくバレる寸前のところまで来てしまい、なんとか誤魔化す事に成功するんですねw

 

一方で、石原との会話では逆にそれが省吾にとって良い刺激にもなりました。

 

車に中の会話で、省吾を見たことがあると言ったリリが気になり、当時コントをやっていたビルに足を運ぶと、そこには明るく服を売ってるリリの姿を見つけます。

 

省吾は内気な性格かと思っていましたが、実はそうでもなく、リリを食事に誘い出します。

 

省吾との食事中に前説のチケットを渡されるリリですが、省吾の「初めて渡した」の言葉に今後リリの気持ちはどう展開していくのか・・

 

省吾がまだ本当はどんな男か分かりませんので、この先予想がつかない展開がありそうです。
↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました