「20歳の私」になるクスリ4話ネタバレと感想。中身は48歳昭和の女!

は行

今回は青波エコー先生の「「20歳の私」になるクスリ4話を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。【お得なクーポン】を使って本編を読まれてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓

「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

「20歳の私」になるクスリ4話 あらすじ

あらすじ・内容
「あんたにいいものをやろう。若返りのクスリじゃ」
――妖しい老婆に渡されたのは、20歳(ハタチ)に若返ることができる不思議なクスリ。
28歳の時に結婚まで考えた彼氏を妹に奪われ、48歳までの20年間、男性不信をこじらせ生きてきた恵利。
記憶も知識もそのままに肉体のみ20歳に戻れる夢のようなクスリ…だが戻れるのは1年間のみ。
躊躇する恵利だが元彼で妹の旦那に「昔は美しかったのに」といわれブチ切れ。
若返りのクスリを飲み20歳になった恵利は、48歳に戻っても内面を愛してくれる男性を求め究極の婚活をはじめるが?

前回のおはなし

「20歳の私」になるクスリ3話ネタバレと感想。中身は48歳昭和の女!
今回は青波エコー先生の「「20歳の私」になるクスリ」3話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含みます。【お得なクーポン】を使っ...

 

場面は劇場、省吾が相方の加山と段ボールコントの準備をしていました。

 

省吾は今日の劇場ライブのチケットをりりに渡して誘っていました。りりが来るのが嬉しいのか、うっすら笑顔な省吾。

 

「おい、省ちゃん。今日何かええことあるんか?」

 

と相方の加山から聞かれてしまうほど。

りりと省吾、お互いに脈ありですがこの先の展開は?
↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

「20歳の私」になるクスリ4話 ネタバレ

りりはその頃、客席で「省吾さんはどういうつもりで、私にチケットをくれたのかしら?」などと、ぽわ~んと考えていました。

 

省吾にとってりりが女の子でチケットを渡した初めての女性なのでした。

 

恋愛がしたくて、(実年齢48歳の恵利なのに)若返りのクスリを勢いで飲んだりりでしたが、いざ男性と向き合う局面に立たされ怖気づいていました。

 

りりは杏里の母親の美奈代を連れて劇場に来ていました。(ちなみに美奈代は恵利の妹)

 

りりは美奈代に、杏里が年配の男性と仲良くなる活動をしていることを美奈代に告げます。

 

美奈代は信じられず「冗談でしょ?杏里がそんなことするわけないわ?」と言い返します。

 

そうこうするうちに前座のお笑いコントが始まりました。省吾たちの段ボールコントです。

 

コンビ名は

「段ボールと加山」(クソだせええwwww

 

 

美奈代は、こんな段ボールの怪しい男に送迎されてパパ活なんて・・

 

「やめさせてよお姉ちゃん!」

 

とりり(恵利=実姉)に頼みます。

 

妹の願いもむなしく、りりは「私は杏里の仲良しって立場だから無理よ」と断ります。

 

そんな話はよそに、「段ボールと加山」のコントは進みます。

 

会場はしーんと静まり返っており、ウケてたのはりりだけでしたw

 

そんなりりを他所に、不安にかられた美奈代は携帯電話で何かを送信していました。

 

 

すると、現れたのは杏里。

省吾に気がある杏里は自分だけ呼ばれてなくて「ズルい!」と言い飛んで来たのでした。

 

取り繕うりり。「ごめんね。おばさんにはお世話になってるから・・」

 

とは言うものの、りりの正体を知る美奈代は素の自分を出せる貴重な存在なのでした。笑

 

強引な杏里は省吾を出待ちして、次回は自分にもチケットをくれるようせがみます。

 

そこでギョッとする省吾。

 

(誰だこのBBA)みたいな顔www

 

 

自己紹介する美奈代。「杏里の母です。娘がお世話になってるようで。」

 

いきなり若い女性2名+BBA1名に囲まれる省吾に嫉妬してか?絡んでくる加山。(うぜえw)

 

あまりのウザさにりりが割って入り、今日のネタが面白かったと加山を褒めちぎります。

 

気を良くした加山。「また見に来てくれな」と言い機嫌を持ち直しました。

 

ここで肉食女子の杏里。省吾に車で家まで送って欲しいとねだります。

 

これを承諾する省吾。みんなを乗せて送ってあげるようです。

 

車に乗り込む前にりりだけに声をかける省吾。うざい加山を制してくれたお礼を伝えます。

 

これに気の利いた言葉でかえすりり。省吾も満面の笑みを浮かべます。

少しずつ省吾とりりの距離が近づいている雰囲気が出てきました。

 

 

家に到着し、別れの挨拶をしているところに、まさかの杏里のお父さん登場!!

 

 

いきなり省吾をぶん殴ります!笑

 

 

このお父さんの名前は俊彦(としひこ)。

今は杏里のお父さんで美奈代の夫ですが、20数年前は恵利と付き合っていた事がありました。

 

「お姉ちゃん早く隠れて!」美奈代が気を利かせます。

 

 

俊彦に呼び止められ捕まるりり。

じーっと顔を見る俊彦に美奈代は「遠い親戚の子で久しぶりに--」と誤魔化そうとしますが、

 

「恵利・・・?」
↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

「20歳の私」になるクスリ4話 感想・考察

うわぁ~!バレちゃったのかどうなのか?かなり気になる終わり方でした。

 

りりには省吾とうまくいって欲しいけど、クスリの効果は1年しかないし、どう考えてもバッドエンドしか見えてこないwww

 

管理人halu
管理人halu

そこをどうにか乗り切って実年齢48歳の恵利には頑張って欲しいです!By実年齢18歳の管理人より

↓↓↓
「20歳の私」になるクスリ|初回登録600Pで無料読み

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました