舞妓さんちのまかないさん4巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。

ま行

こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。
今回は小山愛子先生の「舞妓さんちのまかないさん」4巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、【お得なクーポン】を使って先回りされてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む 

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

舞妓さんちのまかないさん4巻 あらすじ

前巻はこちら↓↓↓

舞妓さんちのまかないさん3巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。
こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。 今回は小山愛子先生の「舞妓さんちのまかないさん」3巻を読んだので紹介したいと思います。 ...

ある寒い日の昼のこと。

朝のお稽古から舞妓達が置屋に戻ると、停電でエアコンも炬燵もつかなくなっていました。

唯一、暖がとれる石油ストーブは食堂に1つだけ。

皆食堂に集まり、毛布やはんてんにモコモコとくるまって寒さをしのぐことになりました。

そこにキヨがお昼ご飯を持って現れます。

ぐつぐつと湯気が立ち上る土鍋をカセットコンロにセットして、いただき物のとびきりおいしいお肉でしゃぶしゃぶです。

鍋を囲んで温まっていると電気が戻りエアコンも復活したのでした。
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

舞妓さんちのまかないさん4巻 ネタバレ

百はなは真面目な努力家です。

空いた時間にはお茶屋さんのおかあさんに挨拶をして名前を覚えてもらったり、お座敷に出してもらえるようお願いするなどお茶屋さん回りをしています。

留守の時は一筆お手紙を書いて預けるなど、きめ細やかな心配りを忘れません。

相手が喜ぶように考えながら、“あそこのおかあさんは「〇〇が好き」”などそれぞれ好みに応じた便箋を選びます。

文房具屋に行った百はなは、ある時ドーナツ模様の便箋を見つけました。

朝、キヨがご飯を作ろうと台所に行くと、そのドーナツ模様の便箋にキヨへのメッセージが書かれ机に置かれていました。

それを見たキヨは、はりきってまかないさんの仕事に励むのでした。

市のおかあさんが風邪をひいてしまいました。

お見舞いに来た男衆さんに「こっち(京都)で体をこわした時に食べたいもん言うたら、うどんやで!」

と言われますが、キヨの地元のうどんのおつゆは“黒い”ので、京都の人間の口には合わないようなのです。

しんどそうなおかあさんの顔を見ていたキヨは、休養中のおばちゃんに電話して京都風の作り方を聞きます。

街の人達の協力でうどんの材料を手に入れたキヨは、透き通ったおつゆに九条ねぎと甘いおあげが乗った“京都風うどん”を作り、おかあさんに食べてもらうことができたのでした。

さて、花街では節分の日に「お化け」という行事がひらかれます。

芸妓達は鬼をあざむくため、様々な仮装をして用意した出し物を披露してお座敷をまわります。

市の舞妓達も衣装作りを手伝っていたのですが、お座敷が終わった夜遅くからで疲れているため、集中力が途切れておかしなテンションになりなかなか準備が進みません。

百はなが、何か気分転換になるものがないかと台所に行きましたが、おかしもジュースもありません。

そこにざわざわした雰囲気で目を覚ましたキヨがやってきて、お夜食にホットドッグを作ってくれました。

「一緒にもうひとがんばり」と手伝ってくれるキヨを見ながら、中学の文化祭の「お化け屋敷」の準備の時も、お夜食においなりさんを作って来てくれて、健太と一緒に遅くまで残ってくれたことがあったと百はなは思い出していました。

節分の日当日。

踊ったり豆をまいたりと、いつもと違う一日に舞妓達は途中でぐったりと疲れて、座り込んでしまっていました。

そんな皆を見たキヨは、輪切りのレモンが入ったレモネードを作ります。

酸っぱさのあまり重い腰が上がってしまうほど酸味の強いレモネードなのでした。

バレンタインデーがあることに気が付いたキヨは、おかあさんから食費の足しにともらった商品券千円分を持って、皆のチョコレートを買うためデパートに向かいます。

 

初めてデパートに来たキヨは、バレンタインコーナーを見て千円の商品券一枚ではデパートのチョコレートをたくさん買うことができないと知り、ショックを受けます。

 

しおしおと帰ろうとしていましたが、製菓用コーナーの売り子さんに声を掛けられ、千円ちょうどのフランス産チョコレートを買って帰ることにしました。

 

おかげで、皆のためにちょっといいビターチョコレートをたっぷり使ったぜいたくなブラウニーを作ることができたのでした。
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

舞妓さんちのまかないさん4巻 みどころ

4巻では節分やバレンタインデーなど2月頃のことが描かれています。

「節分の豆まきの豆は落花生と大豆に分かれる」という”ご当地あるある”や、豆まきをしたあと数日間は、「こんなとこにも」という場所や隙間に豆が落ちているといった細かい描写に、つい子供の頃を思い出してクスッとしてしまいます(笑)
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

次巻はこちら↓↓↓

舞妓さんちのまかないさん5巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。
こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。 今回は小山愛子先生の「舞妓さんちのまかないさん」5巻を読んだので紹介したいと思います。 ...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました