舞妓さんちのまかないさん8巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。

ま行

こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。
今回は小山愛子先生の「舞妓さんちのまかないさん」8巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、【お得なクーポン】を使って先回りされてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

舞妓さんちのまかないさん8巻 あらすじ

前巻はこちら↓↓↓

舞妓さんちのまかないさん7巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。
こんにちは。ネタバレの総合商社、ハッピー☆マンガ道場へようこそ。 今回は小山愛子先生の「舞妓さんちのまかないさん」7巻を読んだので紹介したいと思います。 ...

理子が百はなのかご持ちをした時のことです。

キヨから手紙を預かっていたことを思い出し、お茶屋さんの前で百はなに渡しました。

折りたたまれているので、開かないと何が書いてあるのかわかりません。

 

“わざわざ手紙で書くなんて口で言えないようなことなのか”

 

と百はなは気になりますが、時間がないので中身を見ずに帯に挟んだままお座敷に出ます。

 

手紙の内容が気になってあれやこれやと妄想が膨らんだ百はなは、なかなか集中できないままお座敷を終えました。

 

考えすぎて手紙を読むのが怖くなり、かご持ちに来た理子に代わりに読んでもらうと、「今日のごはんはからあげだよ」の一文がwww

 

最近百はなの食が細いことを心配したキヨが、好物を準備してくれていたのです。

それを読んだ百はなは、急いで置屋へと帰るのでした。
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

舞妓さんちのまかないさん8巻 ネタバレ

おどりの会の千秋楽が終わると、舞妓達は羽をのばします。

舞台などの千秋楽の後、ひいき筋のお客さんが芸舞妓達の労をねぎらうために食事に連れて行ってくれることを“足洗い”といいます。

 

百はなもお客さんに連れて行ってもらいましたが、踊りの反省をしてしまい食事が喉を通らないまま帰ってきました。

そんな百はなを見越していたキヨは、ねぎらうための食事を用意していました。

好きな具材を好きなだけトッピングできるピザです。

落ち込んでいた百はなですが、ピザが焼けるのを2人で眺めながら“また明日からがんばろう”と元気を取り戻しました。

 

翌日は皆、緊張の糸が途切れてロス状態になっていました。

つる駒が気分転換に台所に行くと、他の舞妓達も何人か集まって黙々とキヨの手伝いをしています。

卵の殻をむいたりコップを磨いたりと単純作業をしていると、気分が落ち着いてくるようです。

 

キヨがお手伝いの内緒のご褒美にと食パンの耳の部分をカリッとあげたラスクを作ってくれ、皆はテンションが上がるのでした。

 

 

理子がいつまで経っても言葉を京ことばに直さないことをつる駒が注意し、そのことでまた喧嘩になってしまいました。

怒ったつる駒は台所にきてしばらくふてくされていましたが、ご飯の準備をしているキヨにぽろっと本音をこぼします。

どうやらよそで何年か前に、言葉を直さなかったために田舎に帰らされた子がいたようなのです。

つる駒は、理子がそうならないようにと心配してうるさく注意していたのでした。

 

廊下で立ち聞きしていた理子は、その後つる駒の前でちょっとだけ京ことばを話してみせますが、目を輝かせて過剰に喜ぶつる駒に、また天邪鬼な態度を取ってしまうのでしたw

 

 

健太は基本的に無表情です。

普段もそうだし、下級生に告白された時でさえもそうです。

そんな健太も無意識に微笑むことがあります。

それは、キヨのことを考えている時です。

桜を見上げて、幼いころキヨと百はなと3人でお花見に行ったことを思い出し、“京都でどうしてるかなあ”と優しく微笑むのでした。

 

キヨの誕生日には欲しいものをわざわざ聞いて、京都へプレゼント(リボンのラッピング付きしゃもじ)を贈るなど、離れていても気にかけている様子です。

 

キヨの誕生日に合わせて百はなは休みを取りました。

百はなが誕生日にキヨの日常を知りたがったように、キヨも百はなが外でどうしているかを知りたがり、一緒におけいこ帰りに寄る喫茶店に行きました。

ボリューム満点のトーストを口いっぱいに頬張って満足そうです。

 

 

そして5月の第2週の日曜日は“母の日”です。

市のおかあさんには、全員で手作りの御飯をプレゼントすることにしました。

皆のおこづかいで買った具材がもりだくさんのクレープです。

準備から自分たちでして、おかあさんに喜んでもらうことができました。

後日、キヨは自分のおかあさんに送るアップルパイを作っていました。毎年作っておかあさんに“お供え”しているのだそうです。
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

舞妓さんちのまかないさん8巻 みどころ

キヨのことを考えているときの健太の笑顔が可愛いですね!

無意識なのがまた健太らしい!

 

それにしても、キヨも百はなも健太も、青森でのことを思い出している時はだいたい3人(+たまにキヨのおばあちゃん)で、キヨと百はなの親が出てきたことが無いようなと思っていたら、キヨのおかあさんは亡くなっていたんですね。

 

それもあって余計に健太はキヨとおばあちゃんのことを気にかけてくれるのか……。

 

5巻でも、健太が一人暮らしのキヨのおばあちゃんのところに雪かきに行くシーンがあります。

そこで、健太の家族も登場し、キヨのおばあちゃんとは家族ぐるみで付き合っているように描かれています。

でも、百はなの家族は一切出てきません。

それぞれに家庭の事情があるようです。今後、どこかで描かれることがあるのでしょうか……。
↓↓↓
「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました