ハーレムの男たち 50話ネタバレと感想。「心の声」が聞こえる能力について

は行

今回はLINEマンガで連載中のAlphatart(原作)・Yeongbin(作画)・HereLee(脚本)先生の

ハーレムの男たち50話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

休日に至福の漫画・映画三昧が送れます…(幸せかよ…)

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

ハーレムの男たち 50話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

ハーレムの男たち 49話ネタバレと感想。一糸まとわぬ姿でベッドで待ち受けるザイシン
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart(原作)・Yeongbin(作画)・HereLee(脚本)先生の 「ハーレムの男たち」49話を読んだので紹...
ラティルはザイシンに向かって、秘密裏に動かすことの出来る忠実な部下がいるかどうかを単刀直入に尋ねました。
対するザイシンの答えは否で、ラティルは少々残念に思いつつ次の質問をぶつけます。
しかし「心の声」が聞こえる謎についてもザイシンは何も知らないとのことで、仕方なくラティルは自分自身でこれがどのような能力なのか確かめることにしました。
その方法とは、側室たちとそれぞれ二人きりで過ごし、「心の声」が聞こえてくるかどうか試すというシンプルなものです。
そうしてラティルはまずラナムンを訪ね、それが失敗に終わると今度はタッシールのもとを訪れるのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

ハーレムの男たち 50話 ネタバレ

管理人halu
管理人halu

ベッドにはザイシン・・笑

側室としての働きは求めていないとキッパリ告げるとたちまち不満をあらわにしたザイシンに向かって、ラティルは「水面下で動ける部下はいないかしら?」と本題の質問をぶつけます。

そして「水面下と言いますと・・・?」といまいち反応の鈍いザイシンに、ラティルが「どんな命令も遂行できる従順な部下。もし捕まったとしても・・・・・・追及される前に自害できる部下と言い換えて説明すると、彼は「部下と言っても同じ神に仕えれば皆兄弟ですので、そんな命令を下すのは・・・」と答えました。

管理人halu
管理人halu

・・・ゴクッ。

しかしそれを聞いたラティルが口にした「いないのね?」という確認の言葉にわずかな失望の色を感じ取ったのでしょう。ザイシンは一度ためらうように俯いた後、「”百花繚乱”という聖騎士でできた団体がございます」と意を決して告げたのです。

管理人halu
管理人halu

聖騎士団・・。

ただしラティルが興味を持つそぶりを見せたのも束の間、ザイシンが「彼らは私が大神官であるがゆえ尊重し力を貸してくれる集団に近いです」と言い添えたことで、彼女は期待はずれだとでも言いたげに腕を組み「私が求めているのは尊重ではないわ。見返りを求めない忠誠心よ」と理想を語って聞かせます。

そして皇帝らしい高慢さの滲むその言葉にザイシンは「彼らが無条件に崇拝する対象は神のみです」と返し、ラティルは諦めたように「そう・・・」とため息を吐いたのでした。

その後ラティルは気を取り直し、「突然不思議な能力が発動しては消えるを繰り返す・・・そんな症状を耳にしたことは?」ともう一つの気がかりである「心の声」が聞こえる現象について尋ねます。

しかしザイシンの口から出てきたのは「聞いたことがございません」というまたもや期待を裏切るもので、結局ラティルは取り立てて収穫のないまま彼の部屋を後にしたのです。

管理人halu
管理人halu

ザイシンもわからず、か。

翌日、ザイシンから情報が得られなかったラティルは自力で「心の声」が聞こえる能力について理解を深めようと、側室たちを相手に実験を開始します。

まずはじめに最適なターゲットとして思い浮かんだのはゲスターでしたが、彼はあいにく図書館に行っており不在でした。

またカルレインは先日「心の声」を聞くことが出来なかったため除外し、その結果トップバッターにはラナムンが選ばれます。

口数が少なく表情もあまり変わらないラナムンならば「心の声」を聞く相手として妥当だろう・・・

などと考えつつ彼の隣に腰掛けたラティルでしたが、
待てど暮らせど「心の声」らしきものが聞こえてくることはありません。

やがてひたすら続く居心地が良いとは言えない沈黙に耐えかねたようにラナムンのもとを去ったラティルは、次にタッシールの部屋へと向かうのでした。

管理人halu
管理人halu

理由はあれど、次々に男性部屋を移動するラティル。笑

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

ハーレムの男たち 50話 感想・考察

初めてザイシンと顔を合わせた即位祝賀パーティーの日から「心の声」らしきものが聞こえるようになったことを考えれば、この不思議な現象に彼が関与している可能性を考えていた読者は少なくないと思います。

しかし今話のザイシンの言葉をそのまま受け取ると、彼に心当たりはないようです。
トゥーラがなにか人智を超えた力を使って死を免れていたらしいことを踏まえれば、もしかすると皇族には特殊な力が備わっているのかもしれません。

管理人halu
管理人halu

とすると、ラティルの力はまだ開花したばかりで不安定なのだと考えることも出来るでしょう。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第51話ネタバレはこちらから

↓↓↓

ハーレムの男たち 51話ネタバレと感想。ラティルに聞こえてくるクラインの心の声
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart(原作)・Yeongbin(作画)・HereLee(脚本)先生の 「ハーレムの男たち」51話を読んだので紹...

コメント

タイトルとURLをコピーしました