緑陰の冠 50話ネタバレと感想。ランは未だにユスタフの気持ちに気付いていない・・

ら行

今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の

緑陰の冠50話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

しかも登録時に600ポイントもらえる♪

緑陰の冠 50話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 49話ネタバレと感想。ユスタフの意味深なセリフ・皇族の混沌
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」49話を読んだので紹介したいと思います。 管...
ユスタフが決闘に向けて相手を引き受けてくれたキリックス侯爵と剣を交えている間、ランとリゼは邸内でお茶やケーキを楽しむことにします。
しかしその際中もユスタフのことが心配で仕方ない様子のランを見て、リゼは2人は互いに姉弟以上の想いを抱いているのではないか?と感じ、素直にそう尋ねてみました。
しかしランから返ってきたのは迷いのない否定の言葉で、リゼは思わず心中で首を傾げます。
一方ユスタフの方はランに対して自分が特別な感情を抱いていると自覚しているようで、愛について母から教えられたことを1人静かに思い返していたのでした。
↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

しかも登録時に600ポイントもらえる♪

緑陰の冠 50話 ネタバレ

皇太子との決闘に備え、ランがキリックス侯爵にユスタフの「相手」をして欲しいとお願いすると、彼は「ラチア公爵家に恩を売っておくのも悪くないでしょう」と快くその依頼を引き受けてくれました。

管理人halu
管理人halu

はぁ・・。(内心複雑。)

さっそく「緑のアーチ」まで足を運んできてくれたキリックス侯爵とユスタフが手合わせをしている間、ランはリゼをお茶の席へと招きます。

しかしランの表情はいつになく固く、どうやら彼女は

明確なルールがあるわけではないこの決闘でユスタフにもしものことがあったらどうしよう・・・

と思い悩んでいる様子でした。

現状が知っている展開とあまりにかけ離れているのも、不安を煽る一因となっているようです。

そんなランにリゼは「ラン、食べましょう。少しは気分が晴れますよ」とケーキを差し出し、「ユスタフ卿は心配いりません。カロクが指南役なら負けるはずありませんから」と力強く励ましたのでした。

管理人halu
管理人halu

う、うん・・。

おかげでぎこちないながらもなんとか笑顔の戻ったランに、リゼは思い切って「ところで・・・失礼な質問かもしれないんですけど、ユスタフ卿は・・・ランのことが好きなのでは?」と以前から抱いていたらしい疑問をぶつけます。

管理人halu
管理人halu

ええええええええええ!!///笑
いきなりきた!!笑

するとランはちっとも動揺することなく、あっさり「まさか」と即答しました。

「でもランへの振る舞いが姉弟には見えなくて。男性として接してるというか」とリゼが続けても、やはりランは冷静に「そうですね。私を姉だなんて1秒たりとも思ってませんよ」と返すだけです。

管理人halu
管理人halu

あああああああ・・・。

納得がいかないリゼはアプローチを変え、
今度は「それじゃランは?」と本人の気持ちを訊いてみました。

ランはこれにも一切迷わず「私もです。」と言い、「今は各々の事情で同盟関係にあるだけですから」と淡々と説明します。

管理人halu
管理人halu

おおおお・・・泣

そこまでキッパリ言い切られたリゼはそれ以上追及するのを諦めますが、心の中では

(ユスタフ卿はランのことが好きだと思うんだけど・・・私の勘は当たるのに)

と少々不服そうな呟きをもらすのでした。

管理人halu
管理人halu

うむ・・!!うむ・・・!!!

一方キリックス侯爵との手合わせを終えたユスタフも、ランに関することで物思いに沈んでいました。

どうやら彼はランに対する自分の感情を扱いあぐねているようです。
管理人halu
管理人halu

b

かつてユスタフの母親は、

「愛してるという言葉を信じてはいけません」

という残酷な言葉を我が子に向かって放ちました。そして、そんなふうに価値観の歪んでしまった母が口にした

「もしもあなたが誰かを愛することになったら、自分のものにしたいと望むなら、殺してしまいなさい」

という教えは、彼の胸に深く刻み込まれていたのです。

管理人halu
管理人halu

なんて教えなのよ・・。

ユスタフがそんな幼い頃の記憶を反芻し、薄く笑みを浮かべながら「お母様・・・わかっています」とひとりごちていたことなどつゆほども知らないランは、ドレスアップした彼と共に機嫌良くキリックス侯爵夫妻とのディナーへ向かうのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

しかも登録時に600ポイントもらえる♪

緑陰の冠 50話 感想・考察

50話では、ずばり核心的な部分へと切り込んでくれたリゼのおかげで、ランは未だにユスタフの気持ちに気付いていないらしい・・・という衝撃の事実が判明しました。

管理人halu
管理人halu

いや・・まじか・・笑

彼女のモノローグがないため本当のところはわかりませんが、表情を見る限りリゼからの追及を誤魔化すためというよりも、ランは本心からユスタフとの関係を否定しているように感じられます。

管理人halu
管理人halu

となると、例の舞踏会があった日の皇宮からの帰路でユスタフが告げてきた意味深な言葉を、一体ランはどんなふうに解釈したのかが非常に気になるところです。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

しかも登録時に600ポイントもらえる♪

 

次回第51話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 51話ネタバレと感想。ユスタフの回想・アカデミー時代のランとの思い出
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」51話を読んだので紹介したいと思います。 管...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました