【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について65話ネタバレと感想。ジェニットが家族について語るとき、アナスタシウスは・・?

ある日、お姫様になってしまった件について

今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について65話を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。過去話を【無料ポイント】を使って振り返り読まれてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪

↓↓↓

【ある日、お姫様になってしまった件について】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について65話 あらすじ

ジェニットとクロードは2人きりで王宮内で話しますが、クロードはまるで覇気がありません。

ジェニットの問い掛けに

“あぁ。”とか

“いや・・。”とかしか答えないのです。

それでも、ジェニットは進展はしていると思い込むようにしますが、

クロード陛下と
“会話が成立したことがない”こと
“一度も自分について聞いてくれたことなんてない”こと

を嘆き、悲しみます。

アタナシアとも話しますが、思い返すとアタナシアも

“自分について聞いてくれたこと”

が一度もないことに気付きます。

そんなジェニットを見てアナスタシウスは

『それはあの2人がお前と同じ血が流れていることを知らないだけだ』

と諭します。

ただ、ジェニットもロジャー・アルフィアスに言われた、

“真実を伝えるには適切な時と場所がある”

の言葉もあり、言い出せずにいます。

そんななか、アナスタシウスがジェニットに

“家族とはどういうものか”

と尋ねます—–

↓↓↓
【ある日、お姫様になってしまった件について】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について65話 ネタバレ

王宮内でクロードとジェニットが2人きりで椅子に腰掛け対面で話しています。

『今日は暖かい日ですね。』

ジェニットが問い掛けますがクロードは

『あぁ。』と返すだけ。

続けざまにジェニットが

『今日は政治のお仕事がたくさんありましたものね、疲れて見えますので心配です。』

『私は紅茶の香りが好きなんですよ』

『貴方も好きですか?』

と問い掛けますが、クロードは

『あぁ。』、『いや。。』と答えるだけ。

まるで覇気がありません。答えるや否や椅子ですぐ眠ってしまう始末。

 

そんな眠っているクロードを見て、ジェニットは

(眠れるってことは、私といて心地良いって感じている証拠だよね?)

と自分に言い聞かせながらも

『用事がありますのでこの辺りで失礼しますね』

『また来ますので。。』

とだけ伝えてその場を去ります。

管理人halu
管理人halu

ジェニット、つらいよね。。

場面は変わり、、

ジェニットとロジャー・アルフィアス(シロおじさん)が自宅・執務室で会話しています。

『最近ずいぶん陛下と親しげじゃないか』

とジェニットに問い掛けます。

『そうなの!最初は陛下の近くはとても緊張してたんだけど、最近は私といる時間は陛下にとっても居心地良いみたいで。』

ロジャー・アルフィアス(シロおじさん)はいぶかしげにジェニットを見つめながら聞きます。

『陛下が貴方がそばにいると喜んでいる・・と?』

『そうなの!』

ロジャー・アルフィアスは考えます。

(ジェニットと陛下が2人きりの時間を過ごすようになってから、陛下に変化が起きたのか・・?)

そして再度ジェニットにこう問い掛けます。

『陛下は貴方について何か聞かなかったか?貴方のことをなにかひとつでも。何でもいい。』

心当たりが全くないジェニットは、しばらく考えますが、

管理人halu
管理人halu

この”んー。”と考えているときのジェニットむっちゃかわいい。

『ない、、ですね。』

と答えます。

ロジャー・アルフィアスはその反応をみて

(まだ、ジェニットは完全に陛下を味方に付けていない、、と。)

と考えます。

ロジャーは、疲れているでしょうから、自分の部屋に帰って休みなさい、とだけジェニットに伝えます。

 

執務室の扉をしめたジェニットは考えます。

『確かに陛下は私の質問には答えてくれたけど、陛下からは何も聞いてこなかったな。。』と。

『それって、私に全く興味ないってこと・・?』と。

 

『いや!そんなわけない!』

そんなこと考えてないで、アタナシアに会いにいこう!とアタナシアの元へダッシュします。

 

ジェニットを出迎えたアタナシア。

イゼキエルから貰った本を取り出して、『今読んでるところなんだけど、これ読み終わったら貸してあげるね、イゼキエルにも伝えておく』と話しかけますが、

ジェニットは

(そういえば、アタナシア姫も私について聞いてきたことが一度もない。。)

と考えてしまいます。

そんな様子をみてか、アタナシアは自分のベットの隣を指差しながら

『ね、座って。ちょっとおしゃべりしよう』

とジェニットに聞きます。

『はい。』

そのおしゃべりは一晩中続きました。

 

夜が明けました。

でもジェニットの気持ちは晴れません。

ため息をついているのをアナスタシウスに見つかります。

ジェニットは隠し通すことが出来ず、

友達の話なんだけどね・・”

というテイで”アナスタシウスに陛下とアタナシアとの関係”について相談します。

管理人halu
管理人halu

いや、ジェニット、あなたそれバレるて笑

 

そして、一瞬でアナスタシウスに見透かされます。

アナスタシウスはどう伝えるべきか考えますが、どうでもいいか。いう思いで、

『陛下と姫の仲は取り持ちたいとは考えている』と。

また、ジェニットに対して、

同じ血が流れているって2人が知らないから、”レディーの家族として受け入れられたい”って希望が理解されないのではないでしょうか?』

と返します。

ジェニットは

『そう・・ですね・・。』と返答しながらも、

ロジャー・アルフィアスに言われた、

 

“真実を伝えるのに焦ってはいけない。伝えるべき時と場所がある。”

 

という言葉を思い出します。

続けざまにアナスタシウスは

『レディーは陛下と姫様を本当に大切に思っているのですね・・。』

と意味深に問います。

当然、ジェニットは

『父と妹ですから。』と答えますが、

さらに意味深に

『それだけですか?』

と返します。

どういう意味かと聞き直すジェニットに対し、アナスタシウスは

『時に、家族とはどういうものでしょうか』と問います。

ジェニットは

『家族とは、無条件にお互いを愛し、支え合うものです』

と真っ直ぐ前を向いて目を輝かせて答えます。

アナスタシウスは不服そうに、曇った目でジェニットを見ています。

『自分でも変なこと伝えてるって思っておりますが、、結局、(逆にいえば)どんなにお互いを支え合った人同士がいたとしても、いくら親しくても、それは家族には、なれないのですが。。』

ジェニットは哀しそうな目をします。

一方アナスタシウスが苛立ちを込めてこう思います。

 

“あぁ、うるさい。”

 

↓↓↓
【ある日、お姫様になってしまった件について】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について65話 感想・考察

頑張ってクロードに話しかけるジェニットですが、クロードの反応はありません。

アナスタシウスは、『それはお前との血のつながりを知らないからだ』

と答えますが、ジェニットは伝えるのを逡巡します。

アナスタシウスはアナスタシウスの目論見があり、

ロジャー・アルフィアス(シロおじさん)にもそれはある気がする不穏な空気が流れ出す話でした。

管理人halu
管理人halu

こっからどうなるんや。まじで先が読みたい。。

↓↓↓
【ある日、お姫様になってしまった件について】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

 

次回第66話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について66話ネタバレと感想。いても立ってもいられなくなったジェニットはアタナシアの寝室を訪れますが・・
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」66話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含み...

コメント

タイトルとURLをコピーしました