【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について 108話ネタバレと感想。皇宮に現れた男・次の行き先。

ある日、お姫様になってしまった件について

今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について108話を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。

過去話を読みたい方へ管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

管理人halu
管理人halu

 9/3に待望の5巻発売しました!
本をお手元に置いておきたい方はこちらをどぞ!

ある日、お姫様になってしまった件について 108話 あらすじ

…の前の管理人のつぶやき

前話107話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について 107話ネタバレと感想。抱き合う家族・次なる器。
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」107話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含...

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 108話 ネタバレ

管理人halu
管理人halu

カリオ公子に忍び寄る黒い影・・。これ(黒い影)ってアエテルニタス・・だよね?でも、そしたらアナスタシウスからはもう抜けたってことでおK・・!!?

皇宮_アタナシアへの謁見を希望する貴族たち__

管理人halu
管理人halu

そんな貴族たちのコソコソ話から始まります。

『もう今日は姫様はどなたにもお会いにならないそうですね。』

『ですね。日も落ちてきましたし、そろそろ帰りましょうか。』

『えぇ、でも先ほどの“哀れな光景”はなんだったんだ?』

『えぇ、“姫様のお荷物”があんなに宮殿に張り付いているとは思ってもみませんでした。何ともみっともない。』

シッ!彼に聞こえたらどうするのよ!?』

管理人halu
管理人halu

“哀れな光景”、”姫様のお荷物”どっちもレッドフォード家のカリオ公子(金髪モブ顔)のことだね。前話でアタナシアになんとか取り入ってもらおうと必死だった姿を見て、貴族たちが揶揄してる。

『あぁ、気にするな。彼はもう何処かへ去っていったよ。』

『へぇ、どこに行ったのかしらね?』

『さぁ?何かブツクサ呟きながら消えていったよ。』

『待ちくたびれて、脚でも伸ばしに行ったんじゃないか?』

管理人halu
管理人halu

アエタルニタス(仮)とブツブツ呟きながらそのままどこかへ消えていったわけね・・不穏ね・・。

__

__

ところ変わり皇宮_とある庭にて

管理人halu
管理人halu

アタナシアとクロードが一緒に報告書書いてる!
前回報告書ダメ出しで終わってたから、クロードが一緒に直してくれることになったのね!(こういう幸せな光景がわたしぁ見たかったよ・・。

『その書き振りだと言い訳にしか見えない。その部分は俺が教えたように直すんだ。』

クロードはアタナシアが作成した報告書を見ながらアドバイスをします。

管理人halu
管理人halu

アタナシア→カキカキ…
クロード、やり直せって言ってたけど、結局手伝って一緒にやってくれるんね・・。ほんわか。

『…ねぇ、パパ。
皇宮の官僚たちは、パパがいつ職務に復帰できるのか心配してるわ。』

報告書を書きながらアタナシアはクロードに問いかけます。

『…どうでもいい。』

どうでもいい?!
パパっていつもこんなにのんびりしてたっけ?
管理人halu
管理人halu

クロードのぶっきらぼうな答えに思わず驚愕するアタナシア笑

『よく、やった。』

クロードは完成した報告書を一通り眺めて終了を合図します。

『ちょっと寝る。』

管理人halu
管理人halu

そう言っていきなり寝だしたクロード。平和かよ・・笑

パパは確かに脇役に徹するとは言ってたけど、叔父や貴族のことまで私に任せるようね…。
管理人halu
管理人halu

冗談やめて…って呆然とするアタナシア(カワイイ

『ってパパ…もしかして…まだどこか痛むの…?』

管理人halu
管理人halu

でもいつもと様子がやっぱり少し変だから心配になったんだよね。

『いや、もう大丈夫だ。』

管理人halu
管理人halu

ああああよかった・・!!
(でもすぐ寝ちゃったりウトウトするのはちょっとまだ後遺症みたいのが残ってるのか、全開じゃないのかもね。

ここで突然、ピンと空気を張り詰めらすクロード。

『でもまぁ…勘はまだ鈍ってるのかもしれない。
俺たちに近づいてくる”ああいう奴”に気付かなかったんだからな。』

管理人halu
管理人halu

・・クロードの背後からスーツ姿の男が来た・・
これってたぶん・・

__

__

危ないところだった。
“互換性のある身体”を見つけられたのは、運が良かった。だが…、この身体の魔力はほとんど役に立たない。
クソが…。まぁ…いい。
皆殺しだ。ヤツ(クロード)の体調が寛解する前に、ヤツを引き裂いてくれる。もし、ルーカスが俺を止めようとしても、
俺はこの身体を投げうってでもやってやる。姫は泣き叫ぶだろうよ。さぁ…始めようか…。
管理人halu
管理人halu

いや、これ…まぁ想像の通りカリオ公子に乗り移ったアエテルニタスなんだけどさ…なんか…雑魚キャラ感というか、しょぼくないry…(殴

『カリオ公子、どうしてあなたはここに立ち入っているのですか?』

そんなカリオにアタナシアは正面から立ち向かいます。

なによ…?
どうして彼がここにいるのよ…?確かここはルーカスが誰も入れなくした場所じゃなかったっけ…?

『やめろ…。』

『えっ?』

『俺を蔑んだ目で見るのを止めろと言っているんだ…』

な…に…よ…?

さすがにちょっと恐怖を感じるアタナシア。

『お前はずっとそこに座って、俺を馬鹿にしただろうが…?』

『な…なにを仰られているのですか?意味がわかりません。』

『臆病者が…俺の見えないところでコソコソと…今まで馬鹿にしていただろうが…!』

管理人halu
管理人halu

なんだよコイツ…注目して欲しいかまってちゃんかよ…。
そして、ここでクロードはじっとカリオ公子を睨み付けているだけなんだけど、その頭の中には、前にアナスタシウスがクロードに同じように言ってたこと(”俺をそんな目で見るな”って)を思い出してる。

『私は決してそんな…!

『権力があるといいなぁ?
すべてに対して、自惚れた返事をしやがって…
だが一度でもお前の顔を平手打ちすればお前みたいな女は…

『はっ…?

管理人halu
管理人halu

ここで前世(前前世かな)の自分がファーストフード店で上司にぶたれてる姿が脳裏に蘇るアタナシア…。前にもあったけど、結構突然蘇るよね、記憶。嫌なことがあったときは特に…

『あなたねぇ…!

アタナシアも思わずその言葉に激昂してしまいますが…

パシッ

アタナシアの肩をクロードが掴みます。

『下がってろ。』

クロードはそのまま優しくアタナシアの目を片手で覆い、カリオ公子の前に立ちます。

管理人halu
管理人halu

クロードおおおおおおおお!!!泣
カッコいいよ・・!!”もう見なくていい”って配慮も素敵・・

『俺がいない間に、こんな汚いものを見せてしまっていたんだな。』

『だ…ダメ!大丈夫!私がなんとかするから!』

パパが目覚めてからまだ時間が経ってない。
もしここでパパが魔法を使ったらまた…!!

シャッ‼︎

『なっ…!!』

一陣の風がカリオ公子を突然襲い、思わずカリオ公子は体勢を崩しその場に倒れます。

管理人halu
管理人halu

んで転んだだけじゃなく咳き込んで血を吐いて…る…?
クロードの魔法だろうか…(それにしてもカリオの”やっぱりね…”感たるや…

『ガハッ!息が…!!』

コイツ…もう寛解(完全に元通りになった)したというのか…?
そんなカリオをクロードは睨みつけて言います。

『非常に不愉快だ。

管理人halu
管理人halu

か、カッコいいいい・・!!

『貴様よくも俺と娘の休暇を邪魔してくれたな…

管理人halu
管理人halu

“あ、パパ本当に休んでたんだ!”ってハッとするアタナシア。笑
※クロードはずっと”休んでた”ことになってます。(そういうテイにしてたよね。

ドガッ‼︎

クロードはそのままカリオ公子を蹴り上げます。

管理人halu
管理人halu

IT’s NOT A MAGIC!(魔法じゃねぇ!)

『よくもその口で俺の娘を貶してくれたな。』

『ガハッ!!』

『で?どっちの手で俺の娘に手をあげるって?

こっちか?あ?』

グシャ!

『あああああああああああああ!!!!!!

そのままカリオの右手を踏みつぶすクロード。

管理人halu
管理人halu

完全にキレちゃっておりまする…(さっき平手打ちするってカリオ言ってたからその手を再起不能にした…ガクガクブルブル…。

そして、クロードこれ・・完全★復活です。えぇ。

思わず目を伏せるアタナシア…。

『この雑種が。お前のことは既に聞いた。
俺のいない間に随分評議会ではお喋りだったみたいだな。』

管理人halu
管理人halu

“大切なことは全てアタナシアの報告書が教えてくれた”・・笑

『舌を出してはいけない時、顔を出してはいけない時を知らないのか?あ?

きっとこの頭が良くないんだろう。お前の身体から切り離してやろうか?

管理人halu
管理人halu

ヒィ!

アタナシアもさすがにこれ以上は止めないとまずい、と考えていると…

__

__

『おぉ、まじで現れやがったか。』

とルーカスがふらっとやってきます。

管理人halu
管理人halu

ルーカス!!!!!
(めっちゃ余裕そうに来るやん・・笑

『ルーカス!!』

『言ったろ?お前のパパがいるから、結界は必要ないって。』

管理人halu
管理人halu

結界は必要ない=クロードがなんとかする、ね。

『そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!止めなきゃ!!』

『どうして?』

管理人halu
管理人halu

どうしてwwwww
めっちゃ楽しそう笑笑

『あぁもう!とにかく!!』

そういってクロードのもとに駆け出すアタナシア。

『パパ!!もういい!!このままだと死んじゃう!!!!』

『見なきゃいい、下がっていろ。』

管理人halu
管理人halu

そういう問題じゃない笑

『ゴホッ!ガハッ!』

血を吐きながら咳き込むカリオの前にルーカスもちょこんと座ります。

『俺がお前が来るのがわからないとでも思ったか?

ようこそ、アエテルニタス。』

管理人halu
管理人halu

か、かっけえええええ!!!
(spoon先生Twitterの4枚目です・・

『ねぇ、彼(カリオ)死んでない…?ルーカス。』

アタナシアは心配そうにルーカスの後ろから問いかけます。

『ハッ!元気だよ。アエテルニタスに支配されてらぁ!』

管理人halu
管理人halu

(・・元気ではない。)ボソッ。

『え?は?誰に支配されてるって?』

『アエテルニタス。』

え・・?
管理人halu
管理人halu

前話で、アタナシアはアナスタシウスの中にいる存在についてはちょっと気付いてたよね。名前がわかったのはここで初めて、かな。

『前帝の体を捨てたのだから、また狙ってくるだろうとは思っていた。』

『へ?ソイツは身体を入れ替えれるってこと?』

『おぉ、そんな感じだ。』

『どうしてそのこと黙ってたのよ!!私たちみんな危険だったじゃない!!!』

管理人halu
管理人halu

ここでクロードも”アエテルニタス?”って思う。
クロードも何か思い当たる節があるんかね・・・?

『急いで!捕まえて!!』

『もういねぇよ。』

管理人halu
管理人halu

え!!!!!????

『見失ったっていうの???!』

“行かせた”んだ。

レッドフォード家がこんな騒動に巻き込まれたら、頭痛の種だろうが。

んで、“アイツ”の次の行き先はもうわかってるから。』

__

__

皇宮_ジェニットの寝室

未だベットに横たわり眠っているアナスタシウスを心配そうに見守るジェニットの姿がそこにはありました__

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 108話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

・・いやいやいやいや!!最後!!!!
待て待て待て!!!絶対コレ、アエテルニタス、ジェニットに行くやつじゃんか・・!!それだけは・・それだけはやめてほしかったのに・・!

でも、ルーカスは敢えて行かせたような発言をしていたので、何かしらの対策はありそうですが・・

管理人halu
管理人halu

確かにあえて、呼び込んで、逃がしてって感じだったけどさ・・、いや、これでジェニットの身体が変になったらもう立ち直れないよ・・てゆか闇落ちするジェニットを見たくない・・

それにしても残忍なクロードの姿が垣間見える108話でした・・。

管理人halu
管理人halu

いやもう完全復活だったね。笑
なんか黒魔法の呪い除去して、感情取り戻したら優しくなって、今までみたいな冷たいクロードはいなくなってしまうのかな・・なんて思ってたらいたわ。すぐ出てきた。むしろこれがクロードだったわ。笑

あとはそうですね、カリオ公子のなんといいますか前座感といいますか、ショッカー感といいますか・・

管理人halu
管理人halu

やっぱりモブキャラだったね。笑
今までは器がアナスタシウスだったから強すぎた。
なんかアエテルニタス言動とかも大したこと無さそう、って思っちゃうんだけど・・油断はできないわね・・。

今話での良かったポイントのひとつは
やっぱり完全にアナスタシウスからはアエテルニタスは出て行ったみたいですね。

管理人halu
管理人halu

ってことはさ・・優しいアナスタシウス兄さんがもうすぐ見れるってこと・・?(歓喜)それこそアナスタ兄さんはジェニットに優しくして欲しいから、なおさらジェニットに乗り移らせちゃダメだ・・!!わたしぁ幸せが見たいんじゃあ…

次回も気になりすぎます・・!

↓↓↓
ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

管理人halu
管理人halu

 本をお手元に置いておきたい方はこちらをどぞ!

 

次回第109話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について 109話ネタバレと感想。クロードの心にずっと引っ掛かっていたもの。
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」109話を読んだのでご紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました