小説の中の悪女皇帝になった 27話ネタバレと感想。フェリックスとユーストと一緒にスチェータ男爵の元へ

さ行

今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の

小説の中の悪女皇帝になった27話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 27話 あらすじ

の前の管理人のつぶやき…

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 26話ネタバレと感想。ベヌース伯爵の意図を汲み取るつぐみ(ユリア)
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」26話を読んだので紹介したいと思います。 管理...

ベヌース伯爵から話を聞いたつぐみは、
早速スチェータ男爵の元へ単身向かおうとしました。

しかしフェリックスとユーストから猛反対された結果、
彼らを引き連れて行くことになります。

その道中、物思いに耽っていたつぐみはフェリックスから何を考えていたのか言い当てられて驚きました。

そして、自分と「ユリア」は別人なのにユーストを思って浮かべる表情は同じだと知り、不思議な気持ちになったのです。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 27話 ネタバレ

帝国出身の貴族ばかりで占められている城内において、ベヌース伯爵はただ一人要職に就いている他国出身者・・・という風当たりの強い立場にいます。

そんな彼がその無表情の下に押し隠していた複雑な心境を少しだけ垣間見せてくれたやり取りの後、善は急げとばかりにつぐみは遠出する支度を済ませました。

管理人halu
管理人halu

ベヌース伯爵の前で宣言した通り、スチェータ男爵領へと出向くため、だね。

しかし、一人で乗り込むつもりだった彼女の行く手は早々に阻まれました。

管理人halu
管理人halu

・・・?

出端を挫いたのは、誰あろうユーストとフェリックスの二人です。
以前から折り合いの良くなかった彼らですが、先の休日に街へとおりた際ユーストだけを共に連れて行ったことをフェリックスがずいぶんと気にしており、そのせいで元々深かった両者の間の溝はさらに深まっていました。

とはいえ「ユリア」の身を心底から案じる気持ちは共通しており、
いくら護衛など必要ないと主張してもどちらも聞き入れそうにありません。

ユーストは城下町よりも遠いのだからと譲らず、フェリックスに至っては些細なはずの案件を皇帝のところにまで上げたベヌース伯爵に対して恨み言を口にし始める始末です。

つぐみは仕方なく彼らの言い分に従い、
馬車に乗って三人でスチェータへ行くことを受け入れたのでした。

管理人halu
管理人halu

結局みんな一緒に仲良く出発。笑

ベヌース伯爵の正当性をきちんと言い聞かせたおかげか、対面に座ったフェリックスも馬車内では大人しくしていたため、流れる景色を眺めながら、つぐみは小説で書かれていた伸び伸びと振る舞う「ユリア」と、現在置かれている物々しい自分の状況をなんとはなしに比較していました。

フェーズ公爵の策略によって正気を失う前の「ユリア」のことを考えれば、
その隣にはいつもユーストがいたことに自然と思い当たります。

激動と評して差し支えない「ユリア」の人生において、
彼と過ごした日々は最後の穏やかな時間だったのかもしれません。

そんなふうにつらつらと小説内の情景を思い浮かべていたところ、
それまで黙っていたフェリックスが不意に口を開きました。

「ユーストとの思い出を振り返っている時の顔をしていた」

という彼の鋭い指摘に、つぐみは大いに驚きます。

自分は「ユリア」ではなく、
ユーストへ抱く感情も同じではないはずです。

管理人halu
管理人halu

・・・!!!
え??ってことは・・?!!

それなのに、病的なほど「ユリア」を慕い見つめているフェリックスから彼女と同じ表情を浮かべていると言われたことで、つぐみはなんとも言い難い複雑な気持ちになったのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

小説の中の悪女皇帝になった 27話 感想・考察

27話の見どころは、まるで恋のトライアングルのように感じられる展開です。

ユーストとフェリックスが皇帝のお供を巡りバチバチと火花を散らす様子はなんとなく子供っぽくて微笑ましいですし、その後フェリックスからユーストとの思い出に浸っていたことを見抜かれてドキッとする場面も、フェリックスの諦念まじりの嫉妬が可愛らしいのと、ユーストに対するつぐみの微妙な気持ちに妄想が捗ります。

管理人halu
管理人halu

これ気になる展開がまたひとつ増えたわね・・!!

ベヌース伯爵の笑顔を思い出すシーンもあり、
恋愛要素少なめの本作で貴重なときめきが味わえる回と言えるでしょう。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第28話ネタバレはこちらから

↓↓↓

小説の中の悪女皇帝になった 28話ネタバレと感想。スチェータ男爵登場回・ユリアとの心理戦
今回はピッコマで連載中のmiraenavi/S.Yang先生の 「小説の中の悪女皇帝になった」28話を読んだので紹介したいと思います。 管理...

コメント

タイトルとURLをコピーしました