声なきものの唄 61話ネタバレと感想。うさぎ屋でのサヨリの暮らしぶり

か行

今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~61話を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【声なきものの唄】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

声なきものの唄 61話 あらすじ

前話ネタバレはこちら

↓↓↓

声なきものの唄 60話ネタバレと感想。そんなおイトの姿を目撃してしまったチヌは・・
今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」60話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含みます。 管理人...
だんだんとうさぎ屋の面々とも打ち解けてきたサヨリには、彼女を指名する客もつくようになりました。
しかし相変わらず気力を失ったように生きるサヨリは、馴染みの客がトラブルを起こしたと聞いても心配するそぶりさえ見せません。

↓↓↓
【声なきものの唄】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

声なきものの唄 61話 ネタバレ

まだうさぎ屋へ来たばかりの頃に棒で殴ってウサギを屠殺する場面を目の当たりにしてしまったために、サヨリはウサギの肉を食べることが出来ません。
管理人halu
管理人halu

ふむ・・。

しかしうさぎ屋にいる他の女たち・・・ツル、スガ、カメ、そしてセン姐にとっては唯一のご馳走と呼べるものであり、とりわけ今日のようにいつもより多くの客が見込める給料日には、精をつけるため欠かせない大切な食料でした。

間もなく懐が暖まった男たちがうさぎ屋に詰めかけますが、客を取るのはツルとカメ、そしてサヨリの3人だけです。

まだ幼いスガは順番を待つ男たちのもとへウサギ汁を運ぶ役を務めていました。

しかし待ちきれなくなったらしい男の1人が強引にスガの手を引き相手をさせようとしたことで、思わぬ騒ぎへと発展します。

男に迫られたスガは恐慌状態へと陥り、
そんな彼女を守るべくセン姐は刃物まで持ち出したのです。

管理人halu
管理人halu

うーわうわうわ

しかもこのことがキッカケとなってかつての辛い経験を思い出したらしいスガは、それから寝込んでしまったのでした。

__

__

そんなスガの代わりにウサギたちへエサをやりながら、サヨリは己の末路を知らずに飼われている家畜の姿と自分とを重ね合わせます。

するとそこへツルとカメもやって来て、サヨリは2人の会話から、ウサギを殴打するのはそれが最も余計な苦痛を与えないやり方だから・・・ということを知ったのです。
管理人halu
管理人halu

そうなんだ・・いや・・でもきついな・・笑

おかげでウサギの肉に対する忌避感が消えたサヨリへ、彼女を指名する客が来たと声がかかります。

それは先日テツと揉めた矢吉でした。

翌日サヨリを抱いたと矢吉から聞かされたテツは怒りに任せて相手へと掴み掛かり、結果厳しい罰を受けることになります。

しかしそれを知ってもサヨリは彼自身を心配することはなく、客が減ってしまうと残念がるだけなのでした。

一方その頃、海神迎えの祭りに備え魚をさばいていたチヌは、ふと公三郎と過ごした幸せだった頃の記憶を思い出してしまいます。

そしてそんなチヌの内心を見透かしたかのようなタイミングで、トシが「本祭りの日に若様早みどりの身請けするようやで」と教えてくれたのです。

「知っとったほうがええ思てな」と続けたトシに、チヌは笑顔で「なんも大丈夫ですわ」と答えたのでした。

そうしてその早みどりことセツは、自分が単なる身代わりでしかないことを思い知らされ、精神的に追い詰められる日々を送っていました。

しかもそんな状態で利一が収監されたことや、すべて公三郎の計画の内であることを西海楼のおトウさんの口から聞かされて、大変な衝撃を受けてしまうのです。

セツの好みなど聞こうともせず用意されるドレスにしろ、公三郎が自分に何も教えてくれなかったのは、すなわち彼がセツの意思を尊重する気がないことをハッキリ示しているように思われたからでした。

↓↓↓
【声なきものの唄】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

声なきものの唄 61話 感想・考察

61話の見どころは、うさぎ屋でのサヨリの暮らしぶりです。

前回登場時は思わず目を背けたくなってしまうほどボロボロの状態でしたが、今話での彼女は多少持ち直したような印象で、このまま瀬島のことを吹っ切ってチヌのことを思い出してくれるのではないかという希望さえ抱いてしまいます。

一方チヌの方も、公三郎との思い出に多少の痛みは伴いつつも穏やかな心持ちで浸れるほどになったようで、真っ直ぐすぎて隠し切れていない栄太の想いにハラハラしつつも、このまま2人が幸せになって欲しいとしみじみ感じました。

管理人halu
管理人halu

しかしセツと公三郎の関係はどうも雲行きが怪しく、次話あたり波乱がありそうな気配です。

↓↓↓
【声なきものの唄】を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回ネタバレはこちら

↓↓↓

声なきものの唄 62話ネタバレと感想。セツが公三郎に別れを切り出し・・
今回は安武わたる先生の「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」62話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含みます。 管理人...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました