【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版87話ネタバレと感想。ナビエ・ハインリの東大帝国脱出編・開幕。国境の街へ

【小説版】再婚承認を要求します

今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の

再婚承認を要求します原作小説版87話(漫画版は80話?)を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説87話 あらすじ

前話、原作小説第86話のネタバレはこちら

↓↓↓

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版86話ネタバレと感想。エルギとハインリの友情・ソビエシュは文献を漁り・・
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の86話(漫画版は79話?)を読...

エルギ公爵の機転もあり、
ナビエは馬車の中で2人が座るベンチの中に身を隠して移動します__

中は車輪近くのため、激しく揺れ、
時々ハインリはナビエの様子を気遣いますが、
エルギ公爵はそんなナビエの反応を見て楽しそうに笑います。

そんなナビエたち一行は無事、西王国との国境近くのとある街に到着します__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説87話 ネタバレ

ベンチの中の箱の空間。
最初は大きく見えたが、中に入るとそうは感じなかった。
膝を抱えて、「私は一体何をしているのだろう」と考えた。
…どう見ても、私は王妃ではなく、逃亡者なのだ。

管理人halu
管理人halu

!!!!ツッコミ的確 笑

馬車は順調に走っていたが、ベンチの中の空間は車輪の近くにあった。
小さな衝撃が私の体を揺さぶり、頭が箱の上部にぶつかり、
次に足が床に落ちぶつかった。
何回かの痛みを伴う衝撃を受けた後、
私は少しだけ痛みを和らげる位置を見つけることができていた。

管理人halu
管理人halu

ナビエ、空間把握のプロに。笑

『クイーン、…大丈夫ですか?』

時折、ハインリは私を安心させるように話しかけてくれていた。

『クイーン、もうすぐ国境を越えます』

話す代わりに私は箱の壁をノックした。

箱から出た自分の声が変に聞こえるのはわかっていた。
最初にハインリが私に『大丈夫ですか?』と言った時に、
私は 『大丈夫です』と答えたのだが、
エルギ公爵の笑い声が聞こえ、私は恥ずかしさに赤面した。

管理人halu
管理人halu

エルギコノヤロ笑

しかし、私のノックの音もまたエルギ公爵を楽しませてしまったようだった。
私は彼がまた笑うのを聞いて、
続いてハインリが彼に『(笑うのは)止めてくれ!』と怒鳴るのを聞いた。
しかしそれは何の役にも立たず、私は唇を噛んだ。

『何だよ、お前も笑っているじゃないか。
違うのは声を発しているかいないかのことだけだろ?』

管理人halu
管理人halu

ハインリも、ニヤけてた。笑

エルギ公爵のせいで、二人の会話は急に止まったように見えたが、
ハインリが黙ってエルギと口論しているに違いないことはわかっていた。

はぁぁぁ…。

私はため息をついて、しっかりと目を閉じた。

眠りたい。
その方が時間が早く過ぎるから__

__

__

思った以上に心が疲れていたのだろう。
知らぬ間に眠りについていたことに気がついた。

箱の蓋が開いて、新鮮な空気を吸い込み、瞬きをしたとき、
上からハインリが微笑んでいたので、私は羊のように微笑み返した。

『まるで神話の一場面のようです…。
{彼女が目を開けて私を見た瞬間、私は心臓がドキドキするのを感じました。}、と。』

私は彼の褒め言葉に顔を赤らめた。
もちろん感謝はしていたが、その言葉は私にとっては大げさだった。
私は膝を広げて、震えながら立ち上がった。

『ああ…!ゆっくりで大丈夫です』

ハインリは私を起こそうと手を差し出した。

『同じ体勢でじっとしているのは良くないですね、クイーン』

私はぐーっと伸びをしてから、しわくちゃのドレスを下ろし、
彼に微笑み返した。彼がこれ以上恥ずかしい褒め言葉を言う前に私は話した__

『もう着いたの?』

『いいえ、ここは国境近くの町です』

『でも衛兵が…

『彼らはまだ命令は受けていないと思います。』

彼の言葉にもかかわらず、彼は馬車の外を慎重に見ていた。

『もうすぐ着きますよ』

私は完全に箱の外に出て、ハインリの手を取り、馬車を降りた。
エルギ公爵は真剣な顔で馬車の運転手と話していた。
彼は私を見ると、微笑んで、少しだらしなくなった私に手を振った。

管理人halu
管理人halu

なんか、エルギいいやつだったなぁ・・

その間に、私は振り向いて周囲を見渡した。
国境の町はどれも国の重要な場所で、私は一度は全ての町を訪れたことがあった。
実の兄もこのような国境の町に流刑になったことがあった。

ああ…ここはラックスかしら

ここは兄が流されていた国境の町ではなかったが。

私、ここに来るまでの間ずっと寝ちゃっていたのかしら

驚いて目を瞬きしていると、
エルギ公爵がハインリとの会話を終えて私に近づいてきた。

『私が同行できるのはここまでです』

『ありがとうございます、エルギ公爵』

『私も楽しかったですよ、クイーン』

トロビー邸では “元皇后 “と呼んでいたのに
彼はいきなり私のことを “クイーン “と呼んだ。
ハインリを意識したのかどうかは、私にはわからなかったが、

ふとハインリの反応を確認しようと、彼の方をちらりと見た。
彼は軽く微笑んでいた。

『ああ、気に食わないな、ハインリ。お前のその嬉しそうな顔が。』

ハインリは、
エルギ公爵にからかわれるのを聞きながら、リラックスした表情をしていた。
実際には…ハインリとエルギ公爵はとても友好的に見えた。
そうでなければ、こんなに気軽に話すことはないだろう。

管理人halu
管理人halu

からかい合ってるもんね。悪友なんかね。

エルギ公爵は舌を鳴らした。

『この街の商人が良い商人たちなのかどうかはわからないが、
信頼できる商人たちであることは間違いない。
そいつらはお前の到着を待っているはずだ、行ってこい、国王。』

管理人halu
管理人halu

この街から西王国までの陸路はエルギではなく、
この街の商人たちを使って(手伝ってもらって)行く、ってことだね?

『え、行くってハインリが…?』

私が寝ている間に二人は話をしていたのだろうか?
ハインリは私の方を向いたが、驚いた様子はなかった。

『クイーンと、一緒に行けば怪しまれるので』

『ハインリは他の護衛と一緒に行くの?それとも傭兵を雇うの?』

『まあ…えーと、ひとりで行きます。』

『それは危険よ、私もあなたと一緒に行きます。』

ソビエシュが再びハインリを捕らえようとする可能性は低いが、
一匹狼の西国王が一人で国境を越えることはできないと感じた。

この場所にはあまり人がいなかったが、
影に盗賊集団がいるかもしれないし、強盗に入られるかもしれない。

しかし、ハインリは自信に満ちた笑みを浮かべて
「大丈夫です」と言ってくれ、エルギ公爵もそれに同意してくれた。

『ハインリは神出鬼没だから、心配しなくていい』

私は抗議して危険だと言いたかったが、舌を抑えた。
ハインリが単独でウィルウォルにやってきて、
東大帝国の宮殿にも気づかれずに入ってきたことがあったからだ。

不安は消えないが、私は同意してうなずいた。
もしハインリが本当に気づかれずに一人で動くことに長けているのなら、
私の存在は彼を危険にさらすだけかもしれない。

『それじゃあな、ハインリ、俺はもう行くわ。
クイーン、お気をつけて。』

エルギ公爵は黒い馬車で出発した__

管理人halu
管理人halu

エルギ!ありがとう!!

__

ハインリと私は街にある普通の宿屋に入った。
一人の女性が近づいてきて、私達の間を交互に見ていた。

『私はどちらを運べばいいの?』

私は手を挙げたが、胸の中で心臓が速く脈打っていた。
離婚してから数日が経ち、
帝国内のポスターに私の顔が張り巡らされているのは確かだった。
離婚して再婚した皇后の噂は、最も孤立した国境の町にまで届いていただろう。

私の長いマントとフードは顔を隠していたが、
もし彼女にそれを脱ぐように言われたら…

しかし__

『行きましょうか』

女性は何も聞かずに、振り向いて去っていった

このまま行っていいものかしら?

私は不安になりハインリを見ると、彼は私に微笑んだ。

『心配しないでください。
彼らとは何度か一緒に仕事をしたことがありますが……
彼らは私が王子であることを知らなかった。
とにかく、彼らはこの仕事には最適なんです。』

まあ、ハインリがそう言ったのなら。
私はお返しに頷いて、この女性の後を追った。

ハインリは少し離れたところで私の後を追い、
私が別の馬車に乗り込むのを見ていた。

馬車が発車するまで、彼はそこにいた。
女性が話しかけてきたので、私は一瞬向こう側を見てから窓の外を見た。
彼はいなくなっていた。

頭上で鳥の鳴き声が聞こえた__

管理人halu
管理人halu

そうだった、ハインリは鳥になってひとりでスイスイ行けるし、
空からクイーンを見守れるもんね・・!

__

__

その女性はこの街の商人グループの一員で、
おそらく他の民族との代理人役も務めていたと思われた。

彼女はノンストップで話していた。
自分のことはもちろん、私のことなど全く聞かない。
私が彼女から聞いたのは、知人や同僚から拾ってきた噂話ばかりだった。

なかでも”離婚・再婚されたばかりの皇后の話”には、私は緊張した。
しかし、今回の事件に対する国民の反応を聞くのは、自分にとっても興味深かった。

『私は皇后様の行動を支持してるの!』

『そうなのですか?』

『身勝手な行動だった、という意見もあるけど
でも自分たちには関係ないことだから、そんな批判するべきではないわ!』

『…』

『皇后は離婚を要求したわけでもなく、
彼女は陛下との話し合いの場も持たれず、一方的なものだった。
離婚した後のこと?どうだっていいじゃない、そんなの!』

私は、『ありがとうございます』と言うように、強くうなずいた。

『本当に、感謝します。』

『あなたとっても丁寧な口調をするのね!』

『・・!!』

管理人halu
管理人halu

あぶねっ!笑

女性は、馬車が停止して食事の時間になるまで、話を続けた。

食事の途中で新しい馬車の運転手が現れ、馬を変えて運転席に乗った。
その後、女性と私は馬車に乗り込んだ。
私は、西王国の首都までずっと移動することを想定し、
窓の外の景色を楽しみながら、窓の外を見つめた。
ソビエシュの騎士たちが私を追いかけていたのかどうかはわからないが、
今のところすべてがうまくいっているように思えた。

__

__

私の予想に反して、西の国境を越える前に女性が私を降ろしてくれた。
彼女は隣国の小さな村に私を置き去りにして、
私がここに連れて行かれることになっていたことを知らせてくれた。

彼女は「気をつけてね」と短い言葉で別れ、消えていった。

管理人halu
管理人halu

ナビエ、大丈夫・・?

私は一人でこの見知らぬ場所に立っていた。
程なくして、大きな馬に乗ったハインリが現れた。
私は驚いて目を丸くした。

『いつここに来たの?』

彼は外からではなく、村の中から来た。
つまり、私よりも先に到着していたのだ。
私の馬車は一泊もせずに走り続けていたが、ハインリは私よりも先に到着していた。

『…少し早く着いただけですよ。』

『全く見かけなかったわ』

『私たちの道は重ならなかったみたいですね』

私は通常の進路を使い ハインリは近道をしたのかしら?
まあ、彼は馬車で来たのではないようだった。
私がうなずくと彼は微笑んで馬の上から手を差し出した。

『乗り方を知ってるの?』

__

__

放心して馬に乗るのは久しぶりだった。
ハインリが乗馬服まで用意してくれていたので、
私は興奮して馬に乗るとすぐに馬を全速力で急発進させた。

『クイーン…!早すぎませんか…?!』

ハインリは少し慌てたような声で私の腰を後ろから掴んだ。
風が彼の言葉を吹き飛ばした。私は彼の方を向いて微笑んだ。

『私はこのくらいが好きなの!』

管理人halu
管理人halu

昔のナビエは今まで所々で出てきたけど、快活そうだったもんね。

ほとんどの貴族は乗馬を含むレクリエーションスポーツに参加していた。
皇后になってからは忙しくてできていなかったが、昔は乗馬が好きだった。

皇太子妃になる前は庭で一人でポニーに乗っていたし、
皇太子妃になってからは現職の皇后から美しい黒馬を贈られた。

ソビエシュも乗馬が好きだったから、よく一緒に…

…そんなことを考えるのはやめよう

昔のことを考えるときはいつもソビエシュのことばかり考えていた。

私は彼がいつも私と一緒にいるのが当たり前だと思っていた。
彼のことを思い出すのを無理やり押しのけて、
ハインリがあまりにも無口なことに気がついた。

速く走るのが嫌いなのかしら?

『ハインリ?』

『・・・。』

『ハインリ?!』
私は声量を上げて彼を呼んだ

『…はい。』

彼は答えたが 声は弱かった

管理人halu
管理人halu

あれ?余裕そうだったけど、馬怖いのかな・・?

『…怖いの?スピードを落とした方がいいかしら?』

私は心配そうに彼を見たが、彼は首を振った。
そうしているうちに、彼の胸が背中にずれるのを感じた。

私は急に、私たちの距離が近いことに自意識を感じ、手綱を強く握った。
私は長い間乗っていなかったので、馬では前の方に座りたかった。

ハインリの手は私の腰を強く掴んでいた。

私たちの身体の間には隙間がなかった__

『ハインリ』

『はい、クイーン』

『あなた…少し手の力を緩めてくれる…かしら?』

『それでは私が落ちてしまいます…。』

『…』

『それは恐ろしいことです…』

ハインリは私のように、自意識過剰ではないようにも見えた。
私だけなのだろうか。無駄に身体が緊張していた。

でもこんなに近くにいるんだから、きっとハインリもそう感じているのだろう

それでも自分だけがおかしいと思い、
風を感じるようにスピードを上げ、ハインリの手を無視した。
うまくいかなかったので、最終的には少しペースを落とした。

…待って、この振動は何?

私はハインリがかぶさる背中がかすかに震えているのを感じた。
その時私はあの馬車の箱の中にいたときの無言で笑っているハインリの姿が思い起こされた。

管理人halu
管理人halu

あれ?ハインリ笑ってる?笑
(ナビエがちょっと緊張してるの気付いて、かな?笑

多分、ハインリと私が今位置を入れ替えれば…
でも、それではまた不器用な配置になってしまうだろう。

後ろに座るということは、ハインリが今私にしているように、
私は後ろからハインリを抱きしめなければならないということだ。

そうすれば、彼は間違いなく私の心臓が背中で激しく鼓動しているのを感じるだろう。
私の前に今、良い選択肢はなかった。

ハインリは微笑んで私を見た。

『クイーンと一緒に手綱を握ります。それでいいでしょうか?』

これで彼は私をきつく抱きしめる必要がない。私はうなずいた。

『えぇ、その方がいいわ。ちょっと窮屈だったから…』

管理人halu
管理人halu

素直になれないナビエ。

ハインリは笑って手綱に手を伸ばした。
彼は私の手を隠さなかったが、私たちの指はお互いに擦れ合っていた。
手が触れただけでなく、腕も一緒に触れた。

私は唇を噛んで、まっすぐ前を見ようとした。
彼はさっきまで私の腰に抱きついていただけだったが、
今回は彼の腕のゆりかごに包まれていた。

『私は…馬車に乗るのがいいと思うけど。』

『馬に乗るのが好きなのですね』

”馬車に乗るのが”好きです』

『でも馬は速いですよ、クイーン』

『なぜもう一頭別の馬を用意しないのよ?』

『今すぐには難しいでしょうし…

仮に手に入れるとしても、
その一頭を借りるためにここに止まっているのは長すぎるでしょう。

西王国はもうすぐです。マッケナも待っていますよ?
どうしたっていうのです?ご気分優れません・・か?』

彼の胸や腕や手の感触が恥ずかしくて、なんて言えなかったので、
『いいえ』とだけ答えた。
彼の言葉通り、私たちには時間がなかった。

彼は気にしていないし、私だけが自意識過剰なのも変だし。
これは…当たり前のことなのよ。一緒に馬に乗っているだけ。

私は自分の愚かさを飲み込んで、手綱を握り締めた__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説87話 感想・考察

ナビエとハインリの東大帝国脱出編、が始まりましたね。
冒頭いきなり王妃らしからぬベンチ内の狭すぎるスペースに入れられるナビエ。

管理人halu
管理人halu

そしてエルギ爆笑。笑
(ちょっとハインリも笑ってた

そんな幕開けですが、エルギは最後までナビエを送り届けてくれ、一行は国境の街へ。
そこから馬車で移動し、最後に2人は馬に乗ります。

管理人halu
管理人halu

なんか2人のイチャイチャがいきなり始まった!笑

微笑ましい限りでした。
ナビエもハインリと2人きりでこんなに長いこといることはなかったと思うので、
この脱出劇を十二分に気をつけながらも楽しんで欲しいと願う読者です・・!

管理人halu
管理人halu

まぁ、西王国に無事着ければずっと一緒なんだけどね!
(でもなんかこういう2人だけの逃避行はドキドキする・・!

気になるのは、
ソビエシュが放った追手の位置と、離婚取り消しの件、ですかね。

管理人halu
管理人halu

あとエルギ、絶対恨まれたよね、ソビエシュに・・
これからエルギも逃げ続けないとだよね、ごめんな、ありがとう!

次回も気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回原作小説版第88話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版88話ネタバレと感想。前王妃・クリスタとの邂逅・ナビエとの対立?!
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の88話(漫画版は81話?)を読...

コメント

タイトルとURLをコピーしました