【韓国原作小説版翻訳】再婚承認を要求します。小説版67話ネタバレと感想。ソビエシュがラスタに伝えたラスタがずっと聞きたかった言葉。それを聞いてしまうナビエ・・

【小説版】再婚承認を要求します

今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の

再婚承認を要求します原作小説版67話(漫画版は61話?)を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説67話 あらすじ

ソビエシュはラスタの部屋にあった髪の毛の束を見て、そして去っていきました。

『アランは私の人生にいらない!』

またしても子供が足を引っ張ることになるなんて・・。

その間、
ソビエシュはその夜から一度も顔を見せていませんでした。

しかし、数日経ったある日__

『酒を飲まないか?』
ソビエシュから、急な呼び出しがラスタにあります__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説67話 ネタバレ

『アランは私の人生にいらない!』

ソビエシュは髪の毛の束を見て、そして去っていったので、
ラスタは怒りを抑えるのに必死でした。

しかし、
赤ん坊の髪の毛が自分の髪の毛と同じ色であったこと
が幸いしました。

ラスタはすぐにその髪をゴミ箱に捨てます。
ラスタは最初、
その髪の毛を赤ちゃんの思い出として取っておきたいと思っていましたが、

またしても子供が足を引っ張ることになるなんて・・。
彼女と子供はお互いに対立し合っていました。

髪の毛を捨てても全く気が休まらないので、
彼女は一日中寝室に閉じこもっていました。

  • ロテシュ子爵の身に何かが起きたこと、
  • ソビエシュが赤ん坊の髪の毛を発見したこと、
  • 彼女の過去を何人かの人が調べていることなど、

さまざまな問題が四方八方から彼女に押し寄せてきました。

ラスタにとってそのすべてがとても難解で、疲れるものでした。

その間、
ソビエシュはあの(髪の毛を見つけた)夜から一度も顔を見せていませんでした。

管理人halu
管理人halu

ソビエシュは、何かを悟ってしまった・・?

ラスタは、彼が見た髪の毛はラスタの髪の毛ではないことに気づいたのではないか、
あるいはロテシュ子爵が騙しているのではないかと怯えていました。

その時、彼女は自分がしがみついていたものがすべて幻想だったことに気づきました。
一人の人の優しさに安らぎを見いだすことがどれほど危険なことか。
しかしこの時点で、彼女はただ恐怖に震えることしかできませんでした・・・。

ソビエシュのラスタへの愛情が冷めてしまえば、
彼女は抵抗できずに全てを失ってしまうのです__

“ラスタ様、陛下がお見えになりました”

ラスタは瞬きをして、肘掛け椅子から身を起こした。
彼女は考え事に没頭していて、メイドがそこにいることにさえ気づかなかった。

『陛下がいらっしゃるのですか?』

『はい、そうです。』

『なぜ寝室に入らないのでしょうか?』

『陛下は、お酒が飲みたい、と仰っています。
応接間にお越しくださいませ。』

ラスタは急いで髪をまとめて寝室を出ます_
ソビエシュは椅子に腰掛けて絵になるような姿で、
新米メイドのデリスがテーブルに飲み物を並べていました。

ラスタがデリスを見たとき、彼女の心臓は震え始めました。
彼女の動きはカタツムリのようにゆっくりとしていました。
メイドはグラスとシャンパンのボトルを置きます。

どうしてあんな風にわざとするんだろう?

ラスタは不快そうな顔をしますが、
他人が不安そうな顔をしているのを見ると、
自分も不安にならずにはいられなくなるといいます。

管理人halu
管理人halu

この顔はソビエシュに見せるわけにはいかない。

その為、ラスタはソビエシュに近づき、いつも以上に愛情を込めた声で話しかけます。

『陛下』

デリスは普通のペースで食事を置くと、その場を後にします。
幸いなことに、ソビエシュはデリスに興味がないようでした。
むしろ、何にも興味がないように見えました。
椅子にもたれかかって考え事をしていましたが、
ラスタが何度も自分の名前を呼んだことで正気を取り戻します。
彼女はソビエシュの前に立ち、彼に向かって愛情を込めて話しかけます。

『ラスタは一日中陛下を待っていました!』

ソビエシュはラスタに愛くるしい笑みを浮かべます。
心配していたにもかかわらず、ソビエシュは怒っている様子はありませんでした。
ラスタは本当にほっとした様子で、ソビエシュとテーブルを挟んで座ります。

『お飲み物はいかがですか?』

ソビエシュが頷くと、
ラスタは素早くシャンパングラスに金色の透明な液体を注ぎました。
ソビエシュはラスタからグラスを受け取りましたが、
グラスからは飲まず、ただ指の間でグラスの柄を転がすだけでした__

『陛下?』

彼は怒っているようには見えませんでしたが、
(もし怒っていたら?)
恐怖の波がラシュタを再び襲い 彼女は彼の名前を呼びます

『陛下』

『ラスタ』

『はい、陛下。ラスタはお側におりますよ。』

『・・・。』

『 ? 』

『・・。一年間皇后になるか?』

管理人halu
管理人halu

・・えっ?・・はい??

ラスタは聞き間違いだと思いました。
ソビエシュの口から出た言葉は、ラスタの予想を大きく覆すものでした。
おそらくソビエシュはエルギ公爵の言葉を聞いていたのでしょう。

その知らせに喜びを感じるどころか恐怖がラスタの心を掴みます。
彼女が固まってしまうと、ソビエシュは彼女を見てため息をついた。

『まあ、お前には負担が大きすぎるかもしれないが』

ラスタは唇を開くのがやっとでした。

『えっ…どういう意味でしょうか…?皇后とはどうするのですか?』

『離婚するつもりだ』

離婚!

ラスタは、安堵、喜び、不安、様々な感情に圧倒されます。

管理人halu
管理人halu

開いた口が塞がらないラスタ。

ソビエシュは、ラスタが皇后の席に興味がないと思っていたので
ラスタに非常に不快な思いをさせてしまったと感じています。

ラスタは両手で頬を覆います。

『一年だけだから、あまり負担にはならないと思う。』

『なぜ…一年も…そんな重要な地位に….?』

『1年あれば、お前の子供が正式に王子様・お姫様になれるのだ』

『ああ…!』

ソビエシュはラスタを優しく見つめ、手を伸ばして彼女の手を覆います。

『お前が一年間その地位に耐えられるなら、私は一生お前から離れない』

ラスタは目を見開きます。
ラスタはなぜ一年なのかはわからないままでしたが、これは特別な機会だと考えました。

エルギ公爵はラスタに皇后と向き合う準備をするように言っていましたが、
ラスタはまだ準備ができていませんでした。

ラスタはまだ教育を始めたばかりで、
庶民の共感は得られていましたが、法の支持を集めるのは別問題です。

皇后を嫌っている者でも、
その立場にあるラスタには敬遠されることをラスタは知っていました。

しかし、彼女に差し出された飴(提案)は甘い香りがしました。
エルギ公爵から勧められた教育を受けても、
ソビエシュが今の皇后と離婚しなければ意味がありません。

またいつ次に、こんな機会が訪れるのでしょうか。
自分が皇后になることができるのに、なぜ皇后と対峙する準備をするのでしょうか?
ソビエシュは一年だけと言っていましたが、ラスタは法律や国事のことは何も知りませんでした。

でも生まれてくる赤ちゃんが ソビエシュの愛を受けたら…
一生懸命勉強して 皇后の役をしっかり演じていれば…

『でも陛下…離婚って…皇后ご一家は反対されないのですか?』

『当然するだろうな』

『どうするのです?』

『心配するな、任せておけ。』

ラスタはソビエシュの手をしっかりと握り、目を閉じます。
彼女は怯えていましたが、それ以上に興奮していました。

心臓が止まりそうで、息をするのがやっとでした__

彼女は奴隷から皇后の座に昇ることができるのだから__

『ラスタ』

『はい、陛下』

『勉強に励んで体を健康に保つことだけしていろ』

『はい….。』

ソビエシュはラスタの傷だらけの手を強く握りしめます。

『そして、このことは誰にも言うな。わかったか?』

『わかりました。』

ソビエシュはラスタの背中を心地よく揉みほぐします。

『何か食べたいものはないか?』

『うーん…何もない』

『お前は欲張りだろう?』

『ラスタには陛下だけが必要なの』

ラスタは優しい声で囁き、ソビエシュの肩にそっと頭を傾けると、
ソビエシュはラスタをそっと抱き寄せます__

一時間ほどして、ラスタはソヴィエシュの隣で眠りにつきました。
ソビエシュはメイドにクッションを持ってきてもらい、
それを彼女の頭に当ててから静かに部屋を出ます。

いつもならベッドまで運ぶところですが、今日はそれをしたくありませんでした。

管理人halu
管理人halu

ソビエシュはラスタが赤ん坊から離れてしまったことに同情しながらも、ラスタが自分に嘘をついていることを知っていたので、複雑な気分ではあったよね。

ソビエシュは廊下のドアを開けましたが、
寝室に戻る前に周りを見回します。

( ? )

幻覚だろうか?見覚えのある香りが漂っていました。
それは、皇后が楽しんでいたバラ風呂の香りでした。
一瞬考えた後、ソビエシュはヴェルディ子爵夫人とメイドたちを呼びます。

『ここに皇后は来たか?』

『いえ、お見かけしておりません』

ソビエシュは首を振って、皇后はいなかったか、と思いその場を後にします__

管理人halu
管理人halu

ナビエ、聞いてたか・・。

暗い廊下を歩いていると、
カール侯爵がその日のうちに言ったことが思い出されます。

なぜあなたの計画を事前に皇后に伝えないのですか?たとえ最終的に皇后を復位させるつもりであっても、あなたの行動に皇后は驚き、傷つくでしょう。

『できることならそうしたい』

ソビエシュは舌を鳴らします。
ナビエの強いプライドと、
ラスタの赤ん坊に対する愛情の無さはよく理解しているつもりです。

自分の気に入らない赤ちゃんを守るために
俺がナビエから離れていくことを、ナビエは受け入れられないだろう・・。

__

皇室廊下にて__ナビエ__

視界が歪み、耳に妙な音が響いた。
私は足を動かすことに集中した。
左、右、左、右の順に。
何度も足を止めて壁にもたれかかってようやく自分の部屋にたどり着いた。
窓際に座り、聞いたことを思い出す__
ソビエシュ…ソビエシュはラスタを皇后にすると約束していた私と離婚した後、ラスタを皇后にすると…。彼の優しい声。ラスタの興奮した声。声……!声……..!声…….!声…….!声……!声……..!声…….!声…….!
管理人halu
管理人halu

ナビエ・・。

呼吸が苦しくなるほど胸が痛んだ。
私は身を乗り出し、胸に手を当てた。ソビエシュが私と離婚しようとするなんて、考えたこともなかった。
確かに愛のために結婚したわけではないし、
最近はラスタのことで喧嘩したこともあったが、
友情と呼べるものはなかったのだろうか。昔は二人で力を合わせて国を強くしようと計画していたあの頃はどうなったんだろう?
私たちはカップルだったのに、あの男は一体どこへ行ってしまったのだろうか。
兄がラスタと赤ん坊を嫌っていたことが、ソビエシュにとっては威圧的だったのだろうか?離婚したら私はどうなるの?

カフメン大公の言葉が頭に浮かんだ。

もしあなたがソビエシュと離婚したら、あなたはもう皇后ではなくなるでしょう。

その時は彼の言葉を馬鹿にしていましたが、
ソビエシュは本当に私と離婚したいと…

ナビエは手を握りしめて、額を腕の上に乗せます。

管理人halu
管理人halu

ナビエ・・。
ナビエの幼い時からの努力の結晶だもんね、今のこの地位は。

そんなこんなでしばらくすると、
ナビエはなんとか立ち上がれるようになり、書斎に向かいます。
東方帝国の簡単な歴史をまとめた本を取り出し、部屋に持ってきて調べます。

(平民の側室から…皇后…。)

管理人halu
管理人halu

平民から皇后になった事例と、
皇后が追放された事例を探すナビエ・・

『…』

一通り読み返して勉強した後、呆れて本を置きます。

皇帝が平民の側室を初婚として娶(めと)った例はない。
でも、元の人が亡くなったり、追放されたりして平民が皇后になったことはあった。
滅多にないことだが、前例はあった。私はどうなるの?

ナビエは本を閉じてテーブルの上に置き、深呼吸をします。
いつまでその状態が続いたのかわからず、
再び目を開けると、赤い夜明けがカーテン越しに淡く光っていました。

目はその景色を見つめていましたが、
ナビエにはもう何もかもが絶望的に感じられていました…。

どんなに一生懸命生きても、
どんなに頑張っても、
最後には愛だけが偉大なものだった。吟遊詩人のロマンティックな言葉は真実に響き、
世界の中心的な原動力は愛だった。ソビエシュとラスタの情熱のせいで、
私が持っていたものはすべて奪われてしまった。私たちの大切な家族、一緒に過ごした時間、長い仕事と教育、
そして交わした誓いさえも、もう一つの大きな愛によって奪われてしまった。

__

『ああ、皇后陛下!』

伯爵夫人のエリザがメイドと一緒に部屋に入ってきました。
私の顔色を見て愕然としているようです。
彼女はメイドにバスタブを満たすように命じ、駆け足で私に近づきました。

『皇后陛下、何かあったのですか・・?!』

私は重いまぶたを開けて彼女を見つめました。

『ああ……』

私は人から見える自分の様子が悪いことを知っていた。
エリザ伯爵夫人は辺りを見回し、私の机の上にある歴史書を見つけてさらに混乱した。
歴史の本を読んで落ち込むように見えるのは彼女にとって不思議だったのだろう。

『ひょっとして……コシャール卿(ナビエの兄)と関係があるのでしょうか?』

エリザ伯爵夫人は心配そうにナビエを見ます。
ナビエは空虚な声で答えます___

『そうです』

管理人halu
管理人halu

・・・。(違うよね・・?)

私はエリザ伯爵夫人の困惑した表情を見ながら席を立ちました。
このままではいけないと思ったし、
すぐに追放されてしまうようでは悲しむこともできない。ソビエシュが私との離婚を考えていたとしても、
それは今日ではないだろう__そして、もしソビエシュが離婚に踏み切ったとしても、私にはどうすることもでない。
過去の歴史を見ても、皇帝の意向に逆らえる皇后はいなかった。たとえ名家の出身であろうと、
恐ろしい皇后であろうと、
偉大な後継者を産んだとしても・・・。
私にできることは、離婚裁判を引き延ばすことだけらしい。何よりも、その後の生き残り方を考えなければならない・・。
管理人halu
管理人halu

辛すぎる・・。

__
翌日__

『今日は…ピンクのドレスをお願い。』

お風呂に入ってエリザ伯爵夫人にお願いして
私をできるだけ明るく見せてもらいました。

管理人halu
管理人halu

・・・。

彼女は私の沈んだ目を化粧で隠し、
暗い雰囲気を紛らわすために美しいピンクのドレスを着せてくれました。

ソビエシュは私が彼の会話を聞いていたことを知らなかったが、
おそらく私のことを考えていたのだろう。

おそらく彼は一晩中ラスタとの約束を囁いていたのだろう。
私は、敗北した姿を見せたくなかった。

その間、エリザ伯爵夫人は宝石選びを手伝ってくれて、
今朝の11時までにエベリーに手紙を送ると言ってくれた。

彼女の話を聞いた後、私はその代わりにエベリーに直接会った方がいいと思った。
しかも、
その手紙を書いた時は心がどこかに行ってしまっていて、本音が出ていなかった。
自分で慰めてあげた方がいいと思った。

『手紙は出さないで。自分で会いに行くから』

その後、私はできるだけ落ち着いてソビエシュとの客席に向かった。
しかし、ソビエシュ近づいた途端、また心臓がドキドキしてきた。
昨日聞いたソビエシュがラスタに愛を約束しているという衝撃的なニュースが、
またしても頭に浮かんできたのだ。

ソビエシュは私と離婚するつもりだ。
彼は私をどう見て、どう接するのだろうかと思った。

『明るい色が似合うな』

意外と彼はいつもと変わらなかった。
そのおかげでいつもの落ち着きを取り戻すことができた。
彼と同じ部屋にいることに不安はあったが、
少なくとも彼の前では平静を装うことができた。

私は微笑んで褒めてくれたことに感謝し、
彼が手を差し伸べてくれたのを無視して自分の席に歩み寄った。

『私の手が見えなかったか?』

『見て見ぬふりをしました。お構いなく。』

『お兄さんのせいか?』

『外の空気を吸いたいわ』

『散歩に行こうか?』

『いえ、エベリーに会いにウィルウォルに行きますので。』

『ウィルウォル?いつだ?今から調整するのは少し大変だ』

『心配しないでください。一人で行くつもりですので__』
そうナビエは静かに伝えます__

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

再婚承認を要求します 原作小説67話 感想・考察

ラスタはソビエシュから急に呼び出されたとき。
先日の髪の毛の件以来、全く会えていなかったので、

きっと良くないことが起こる。
だから、顔だけでも、明るく。
と臨みますが

そのソビエシュからの言葉は想像もしない、まさかの

『一年間だけ、皇后にならないか』

というものでした。

管理人halu
管理人halu

しかも、ナビエと離婚・・する・・?

今までの願望がついに実現した喜び、安堵。
しかし、
なぜいきなりこの話が出たのか、何をすれば良いのか、なぜ一年なのか。
その後はどうなるのか、の不安。
様々な感情が一気にラスタに押し寄せます。

管理人halu
管理人halu

でも最終的には、喜びが勝っただろうね。

しかし、ソビエシュにもどうやら、”計画”がありそうです。

管理人halu
管理人halu

これは何なの・・どうしてナビエが。。

そして、2人の会話を聞いてしまったナビエ__
翌日のソビエシュとの執務の際には、明るい服を着て何事もなかったかのように、
いつも通り気丈に振る舞います__

管理人halu
管理人halu

偉すぎるよ・・。
でも・・。

次回がとても気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回原作小説版第68話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作小説版】再婚承認を要求します。小説版68話ネタバレと感想。ロテシュ子爵を呼び出しラスタの過去を探るソビエシュ。その頃ナビエはウィルウォルにて__
今回はLINEマンガで連載中のAlphatart,SUMPUL, HereLee先生の 「再婚承認を要求します」原作小説版の68話(漫画版は62話?)を読...

コメント

タイトルとURLをコピーしました