おじさまと猫 4巻ネタバレと感想。最新刊を無料で読む。エキゾチックショートヘアのマリン登場回

あ行

今回は桜井海先生の「おじさまと猫4巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、無料ポイントで先回りされてもいいかもです。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【おじさまと猫】を
U-NEXT無料会員登録で
もらえる600ポイントで読む。

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

おじさまと猫 4巻 あらすじ

前巻のネタバレはこちら!

↓↓↓

おじさまと猫 3巻ネタバレと感想。おじさまの過去、ふくまるの過去が少し明らかに
今回は桜井海先生の「おじさまと猫」3巻を読んだので紹介したいと思います。 高確率でネタバレを含みますので、【無料ポイント】で先回りされてもいいかもです。 ...

やさしいおじさま、神田冬樹は『ふくまる』と名付けられたエキゾチックショートヘアという鼻のつぶれた猫と穏やかな日々を送っています。
行きつけのペットショップで出会ったのは、以前ピアニストとして活躍していた頃にライバルと言われていた日比野奏でした。日比野は苦手な母から押し付けられた猫、ふくまると同じエキゾチックショートヘアのマリンを飼う為に、ペットショップを訪れていたのです。
大量の荷物を抱えた日比野を手伝う為、神田は彼の家まで一緒に荷物を運びます。そこに居たのはふくまるの姉猫のマリンでした。
猫たちに癒されながら交流した神田と日比野は、以前あった確執も乗り越えて猫友達となったのでした。

↓↓↓

【おじさまと猫】を
U-NEXT無料会員登録で
もらえる600ポイントで読む。

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

おじさまと猫 4巻 ネタバレ

ペットショップで大量の荷物にフラつき倒れてしまった日比野奏は、目の前で助けてくれた人物、神田冬樹を前に絶句していました。

自分もピアニストとして活躍していながら、必ず比較され、自分よりも絶賛されていた人物、神田冬樹。余りにも比較されて、意地になって自分からは話しかけなかった孤高の存在が目の前に居るのです。

しかし、
「日比野奏さんですよね。お久しぶりです。覚えていないかもしれませんが神田冬樹です。」

穏やかに挨拶をしてくる神田に、
「こちらこそ、お久しぶりです。」そう言いながらも内心歓喜に震えていました。

演奏者として音楽の話を振られると思っていた日比野ですが、
神田は日比野の荷物を拾いながら「猫を飼っているんですか。」と猫話をはじめます。

実は苦手な母から強引に猫を渡された日比野の所には、
猫と入れてきたキャリーケースしか無かったのです。

大量のペット用品を半分持って自宅に一緒に来てくれる、という神田の申し出に驚きながら、日比野はその強引さに渋々同意しました。

猫飼いの経験者であるという神田が猫飼いのノウハウを教えてくれるというのも魅力でした。仕方なく自宅に招いた日比野は、キャリーケースから消えた猫を不思議に思います。

「猫は臆病なので、怖いとすぐに隠れてしまうんですよ。」

神田の言葉に二人で室内を探すと、
猫は壁と家具の僅かな隙間に隠れてブルブル震えていました。

猫の姿を見た神田は、大興奮。余りにも姿がそっくりなので、
自分の飼い猫『ふくまる』の兄弟かもしれないと微笑んでいました。

『そんなに気に入ったのなら、貴方が飼いますか?』
そう言いたくても、日比野は声が出ません。

そして、幼い頃にやはり母が思い付きで飼った犬の事を思い出したのです。
コロンと名付けられた子犬は、
「今日からうちの子になるの。」という母の言葉で突然やってきました。

追いかけられた事があり、犬が怖かった日比野は、
買ってきたきり何もしない母のせいで怖いながらも子犬の世話をして、やっと慣れてきた一週間後。

「だって懐かないんだもの。」
という母の言葉で学校に行っている間にペットショップに返されてしまったのです。

管理人halu
管理人halu

酷すぎる・・

やっと家族になった子犬を突然奪われた悲しみを思い出し、
日比野は出会って飼うと決めた時から、猫はもう家族になっていると気付いたのでした。

壁と家具の隙間に入り込んだ猫を救い出すため、名前を呼ぼうと提案する神田なのですが、日比野は猫の名前も聞いていないことに気が付きます。

「元の飼い主さんに聞いてみては?」
という神田の言葉に日比野の顔は暗くなりました。

元の飼い主である日比野の母と日比野との関係は最悪で、
関わろうと思うだけで全身から嫌な汗が出るくらいなのです。

自分の葛藤をぼそぼそと神田に伝えると、
自身も母との葛藤を抱える神田は「わかります。」
と素直に頷いて、ならば新しい名前をつけようと提案するのでした。

新しい名前、その方が母と関わらずに済むのだが、
でも、猫には聞きなれた名前の方が安心できるはず。

何度も葛藤しながら電話を手にする日比野。
「マリン」
日比野の声に反応して、猫がおずおずと出て来ました。

そして、後日。
神田の家に日比野とマリンがやってきました。

神田の家のふくまるとマリンが兄弟か合わせてみることになったのです。
一番確実な、マリンの血統書は日比野の母の手ですでに処分されていました。

血統書が無いということは、マリンの誕生日も分からないということです。
恐る恐るマリンのキャリーケースを開けると、出てきたマリンもふくまるも嬉しそうにすり寄って、仲良く遊んでいます。

兄弟かどうかはふくまるとマリンには分かりましたが、日比野や神田には確証はありません。ですが、嬉しそうに寄り添う二匹を見て、日比野はふくまるの誕生日を聞きます。
そして、その日をマリンの誕生日にしたのでした。

神田は、ピアノ教室の講師を辞めようと決意します。
以前に行った日比野のコンサートで体調を崩し、
会場にも居られない自分は、生徒たちの演奏会で同じ会場を使う為、生徒を支えてあげることも出来ないし周りに迷惑をかけてしまうかも知れないから。

しかし、同僚の講師たちはそんなことで辞めないでくださいと大騒ぎ。
日比野に続き、周りの人たちとの関係も穏やかで温かいものに変わっていくのでした。

同僚の講師、森山良春から、自分のバンドのライブに誘われ、二つ返事で行くことにした神田ですが、ピアノコンサートの会場のように倒れてしまったら、と心配になりました。

そこで、親友の小林夏人(本名は高御堂夏人)に相談します。小林は、「自分に近い音楽ホールだから症状が出たのかしれない。」と、先に別のライブに行くことを提案しました。
不安に思う神田ですが、初めてのロックライブが楽しみでもありました。
神田の母が嫌っていたので、ロック自体を禁止されていたからです。

実際は小林に請われて楽譜もない楽曲を聞いてはピアノで弾いて、それに合わせて小林がカラオケのように歌っていたので、隠れてロックを聴くことは何度もあったのです。

「悪いことは大体俺が教えるのさ。」
笑って答える小林に

「それは母にとってだ。私にとっては楽しいことばかりだったよ。」
神田も笑って答えます。

小林に連れられて訪れたライブハウス。もし、万が一体調を崩したら。
そう考えていたのは小林も一緒でした。

案内しながらも、一瞬ドアを持つ手を躊躇いますが、
「行こう」二人はドアを押し開けて入っていきました。
大音量の音楽と声援に驚いた神田は両手で耳をふさいで、しっかりと前を見ました。そして。

「平気みたいだ。」
ゆっくりと手をおろし、「平気みたいだ。」さっきより大きな声で伝えます。
驚きと嬉しさの混じった神田の表情。

「よっしゃあああ」小林も満面の笑顔で答えます。
久しぶりに全身で音楽を感じる喜びと、これで、森山先生のライブに行けるんだ。

友人と
交わした約束を守れる安心感と、
ライブを終えても上機嫌な神田は「音楽って最高だ」久しぶりに充足感を味わいました。

「他のライブもはしごするか」小林の提案に
「もちろん!」と答えて、次の会場へと入りました。

__

「日比野さん?」
ステージの上に居たのは日比野奏その人でした。
天才ピアニスト・神田冬樹。決して追いつけない奴が居ない世界に行きたくて始めたギターは、天性の音楽の才能か、急速に上達していったのです。

周囲も「天才だ!」「今度助っ人にきてくださいよ」などと褒め称え、
ピアノや神田のこともチラつかないので素直に受け取れて楽しい。

ここが自分の世界だ!と浸って演奏していた時だった。
「日比野さん」
声が聞こえた。目の前最前列に陣取って、神田が笑っていたのです。

少し前のピアノコンサートでは曲の終わらない内に席を立った、あの神田冬樹が。
自分の世界の邪魔をするな!帰れ!怒りのあまり威嚇するような、音を叩き付けるような、ひどい演奏をしてしまったと、会場の外で項垂れていました。

「ヒビノン!」ライブの仲間の声に狼狽えるも、
「すげえ良かったッスよ!」仲間たちは絶賛の嵐でした。
何故か分からずにキョトンとする日比野の前に神田がやってきた。

「日比野さん、痺れました!」
キラキラとした笑顔の神田は感心したように日比野を称えます。

「日比野さんはピアノでもギターでも感動させてしまうんですね。」
その言葉に日比野は強い怒りを感じます。

「私のピアノで感動したことがあるんですか」
自分のピアノコンサートの途中で神田が帰ってしまったことを気付いていたことを語ると、神田は「失礼しました。」と、穏やかな顔で語りだしました。

神田の妻が亡くなってから、これまでのことを。ただ、淡々と。
そして、日比野は自分の子供のような感情に返す言葉も出て来ませんでした。
「日比野さん、マリンちゃん元気にしていますか?」
穏やかに笑う神田の姿に、敵わないな、と思い知らされて。
「また、会いに行っていいですか?」
そうやって佇む神田の姿を好ましく思う自分がいるのを、日比野も分かっていたのです。
「はい、いつでも会いに来てください。」
まだ幼い自分をライバルだと言ってくれた神田に憧れていた自分を思い出す。
長い間、二人の中で冷たく流れていた時間が、温かなものへと変わったのでした。

神田の留守の間、窓の外を眺めていたふくまるは、ペットショップに居た頃知り合った、黒いメインクーンが窓の外に居るのに気付いて驚いていたのでした。

↓↓↓

【おじさまと猫】を
U-NEXT無料会員登録で
もらえる600ポイントで読む。

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

おじさまと猫 4巻 みどころ

ふくまるの姉、マリンの登場です。
飼い主の都合で勝手に日比野の元へと引き渡されたマリンが、日比野の愛情を受け、幸せそうにしているのが心温まります。

管理人halu
管理人halu

日比野もまた自身の母によって刻まれた心の傷をマリンによって癒され、長年の憤りだった神田との関係が変化していく心の機微にマリンの存在が強く描かれています。

神田、日比野、どちらも天才と言われているピアニストですが、その母との確執に暗い影が付きまといますが、猫のパワーで払拭され、それを笑いに変えるのは流石だと思います。

↓↓↓

【おじさまと猫】を
U-NEXT無料会員登録で
もらえる600ポイントで読む。

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

 

次巻5巻のネタバレはこちら!

↓↓↓

おじさまと猫 5巻ネタバレと感想。ふくまると感動の再会・おじさまが森山先生のためにステージに立つ事を決意
今回は桜井海先生の「おじさまと猫」5巻を読んだので紹介したいと思います。 高確率でネタバレを含みますので、【無料ポイント】で先回りされてもいいかもです。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました