【原作小説(ノベル)翻訳】ルシア 3話 ネタバレと感想。狂犬ロイ登場回・”結婚、しませんか?”

【原作小説版】ルシア

今回はピッコマで連載中のSkye / TARUVI /Kidari Studio, Inc. 先生の

ルシア“原作小説版” 3話(漫画版は3話?)を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。
また120%原作様に敬意を払いながらの韓国小説版翻訳(原作様が最高!)となり、ここではhaluの解釈(感想?いや、感情?笑)が多分に入ります。笑
正確に内容を知りたい方は是非ピッコマで原作様も合わせてお読みくださいませ!

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

ルシア  原作小説 3話 ネタバレ

・・の前の管理人のつぶやき

前話振り返りはこちらから!

【原作小説(ノベル)翻訳】ルシア 2話 ネタバレと感想。黄色い薔薇は別れの合図。
今回はピッコマで連載中のSkye / TARUVI /Kidari Studio, Inc. 先生の 「ルシア」"原作小説版" 2話(漫画版は2話?)を読...

3話 “結婚、しませんか?”

ヒューゴ・タランは消えていく彼女の姿を冷たい目で見た後、ある場所に意識を固定した。

『出てこい。泥棒猫。盗み聞きは、そろそろやめにしないか?』

管理人halu
管理人halu

こっそりタランの後を付けてきたルシア(最初っからバレバレだったけど・・笑)。ついにタランから出てこいって言われた・・

ルシアは最初、盗み聞きをするつもりはなかった。

ただただ、タランの後を追いかけてきただけだったのだ。

でも…いったいどうやってここから会話を始めればいいのよ…?

タランに直接会いたいという気持ちが強すぎて、この時の準備(いざタランに話しかけたれたときの準備)を怠っていたのだ。

しかしそれでも、ルシアの足はすでに彼の方向に向かっていた。
彼を見つけたとき、ルシアは足を止めて躊躇した。
ちょうどその時、彼女は他の女性にチャンスを奪われてしまったのだ。

管理人halu
管理人halu

ソフィア、だね・・。

思わず見つかるのが怖くて、彼女は背の高い草の塊の後ろにしゃがみ込んだ。
二人の会話を聞きたくはなかったが、この近さでは聞かないわけにはいられなかった。

え…ローレンス様…?彼女は…ソフィア・ローレンス様じゃないかしら…?

ソフィアはルシアの夢の中で有名な人物だった。

ルシアは彼女と友好的な関係を持っているわけではないが、ルシアは何度か彼女を見たことがあった。上流社会には多くの美人がいるが、その中でもソフィアは頂点に立っていた。自然界の食物連鎖に例えれば、彼女は肉食動物の上位に位置する。

管理人halu
管理人halu

食物連鎖に例えなくていいよ笑

ソフィア・ローレンスは…彼の元恋人だったの?

ルシアは、タランに多くの恋人がいることをすでに知っていた。

さらに悪いことに、彼は何のためらいもなく頻繁にパートナーを変えていた。

どの相手も、スイカのような大きな胸とアリのような細い腰を持ち、グラマラスな顔をしていた。敢えて共通点を挙げるとすれば、どの女性もほぼ同じ顔をしていたので、ルシアはこれが彼の女性に対する好みだと思っていた。

しかし、ソフィア・ローレンスは違った。

ソフィアはまるで白百合の花束のようだった。
多くの美人の中にいても、ひときわ目立つ大らかな美しさを持っていた。
男爵の父は子供の教育に力を入れていたので、彼女は上品で慎み深い令嬢として知られていた。

でも…ソフィアは全然控えめではないわ…。彼女は変装したオオカミよ…。
管理人halu
管理人halu

そうなんだ・・笑

とある侯爵が彼女の美しさに惚れ込み、
ルシアが上流社会のパーティに積極的に参加して回っていた頃には、ソフィアはすでに結婚していた。

侯爵は男やもめだったが、男爵の娘としては適当な結婚だったのだろう。

そして遠い将来、
ソフィアは死産して亡くなってしまう。ルシアはなぜか妙な気分になった。

管理人halu
管理人halu

え・・予知夢では、ってことだよね。。そうなんだ・・。

・・だから彼女は必死になって彼にしがみついていた…。

華やかなお嬢様だったソフィアが、プライドを捨てて懇願したのだ。
彼女の言葉を聞いて、ルシアはそんな哀れさを感じた。

はあ…それにしても。元恋人に死を匂わす発言をするような男性だとは…。

もし、ルシアがソフィアの立場だったら、その場で気絶してしまうだろう。

これは…私の想像をはるかに超えていたわ…。

ルシアはこの男について多くのことを知っていたが、それらはすべて彼女があちこちで拾った噂だった。

彼女はヒューゴ・タランを個人的には全く知らない。
夢の中で一度だけ挨拶をしたことがあるだけだ。

いつも遠くから眺めていたのである。
舞踏会で大勢の人が彼を取り囲んでいるのを見て、
彼のイメージを描いていたが、それも小さく砕け散ってしまった。

タランはルシアの予想よりもはるかに残酷で、何よりも同情の余地がないように見えたのだ。
契約結婚って私言ったっけ…?
そんなとんでもないことを提案して、彼に怒られたらどうしよう…。

彼を怒らせたら、自分もソフィア同様殺されてしまうのではないか?

どうしよう?どうしたらいい?どうしたら・・。

ルシアが死ぬほど心配していたとき、彼は快く彼女の行動にストップをかけてくれた。

『出てこい。泥棒猫。盗み聞きは、そろそろやめにしないか?』

管理人halu
管理人halu

ここで冒頭のシーンに戻ってくるわけだね。

__

__

ルシアは怖くてたまらなかった。

一瞬、息を止めたが、彼が自分を呼んでいるのは確かだった。
ルシアは今更引き下がるのは遅すぎると思い、しゃがんだ状態から立ち上がった。
案の定、彼はまさにルシアを見ていた。

『…すみません、公爵様。盗み聞きするつもりはなかったのですが…』

『…話し合いにしては少し(距離が)遠いのでは?』

ルシアはためらいがちに背の高い草の中を歩き、彼から2、3歩離れたところで立ち止まった。

『その・・・本当にごめんなさい。本当にあなたの会話を盗み聞きするつもりはありませんでした。聞くつもりはなかったですし、このことは他の人には一言も言いません。約束します。』

『あぁ…それは、いい。で?何か言いたいことがあるのか?』

『…えっ…?』

『お前がここ数日、私に付きまとっているのは、私に言いたいことがあるからだろう?』

彼は、この女性の目的を把握して、もう急いで家に帰りたかった。
さっきまでのルシアの目的を知りたいというような気分はもうなくなっていた。

なんてことよ…。
最初から知っていたの?
私がずっとあなたをストーキングしていたのを…?

ルシアはショックを受けた、いや、恥ずかしくなった。

そして、背中に冷たい汗が滴るのを感じた。

ヒューゴは、彼女が蝋人形のように固まっているのを見て、気分が明るくなった。

彼女は、近くで見るのと遠くで見るのとでは雰囲気が違う。
彼女の穏やかな声は落ち着いたトーンで、表情はとても生き生きとしていた。
管理人halu
管理人halu

およ・・?

先ほどまでのぐったりとした姿は、これまでに蓄積された彼女の疲労のせいだったようだ。

美人ではないが、なんと言えばいいのだろう。

かわいい、か?
管理人halu
管理人halu

え????笑 まさかの???笑

彼女は小さな草食動物のようだった。
リスかウサギのようなものだろうか?
彼はリスやウサギを見てかわいいと思ったことはなかったが。

追い詰めるほどの価値もなかった。
しかし、彼は自分自身の矛盾を寛大に受け入れる男だった。

『お前の目的、だ。何度も繰り返させるな。』

『その…それは…だから…。契約・・・私は契約を提案したかったのです…。』

管理人halu
管理人halu

言った__

『契約?』

ヒューゴは少しがっかりした。思っていたよりもつまらないものだった。

管理人halu
管理人halu

あぁ、ヒューゴ・タラン誤解してるわね。なんか結婚とかじゃなく、土地とか仕事の依頼とかのただの契約だと思ってる。

『そう、契約。人生を変えるための契約です。』

“私の人生の”ね。

ルシアは自分の考えを心の中で付け加えた。

『人生を変えるための契約、と?』

それは面白そうだ。
思わず「ほう、」とつぶやいてしまった。

『で?自己紹介が遅れているのではないか?』

『えぇ、そうです…。そのとおりなのですが…。
でも…、すでにお話ししたように、これはとても重要な契約ですから……。』

ルシアは、このメッセージをどのように伝えるべきか、力いっぱい考えた。

私は今の状況から逃げ出したいのだ。
この先の問題は、その都度解決していきたい。

『ここは、そんな話をするにはふさわしくない場所です。私が誰なのか、契約の内容はどうなっているのか、そのすべてが、です。』

怪訝な顔をされたが、彼は彼女の要求を受け入れることにした。

彼の感覚では、この辺りには誰もいない。
しかし、彼女が伝えなければならない情報が機密情報であれば、安全に配慮するのは悪いことではないだろう。

自分に利益をもたらす契約であれば、彼はいつでもそれを受け入れる。

『どこに行けばよかったのだ?』

『あなたの屋敷で話してもいいですか?』

彼はしばらく考え込んでいた。

『あぁいいだろう。いつだ?』

管理人halu
管理人halu

いいんだ笑
いきなりお宅訪問やないか

『…今後、連絡します。』

管理人halu
管理人halu

ルシア、なんか立場的に上に立ってるわね。

『いつ来るかわからないお前のメッセージを待てということ、か?』

ルシアの背中には冷や汗が流れていた。
しかし、彼女は堂々とした態度で臨んだ。

『あなたは、そのくらいのことには耐えられるはずですよ。だってあなたにとっても人生を変えるような契約なのですから。』

彼は面白そうにルシアを見つめていた。
自分が生まれてから、これほどまでに無分別な行動をとる人はいなかった。
彼女の外見から性格を判断することはできないが、彼を騙そうとするほど恥知らずには見えなかった。
しかし、彼女が目を見開いて、自分の恐怖を知らないふりをして睨み返している様子は、彼の興味をそそった。

『お前の言葉がお前の言った通りであることを願うよ。私はそんなに親切な人間ではないからな。』

管理人halu
管理人halu

ヒィ!

ルシアはここで一つのことを理解していた。
この男は紳士ではない。

『…はい。そのことを肝に銘じておきます。』

管理人halu
管理人halu

・・・ゴクリ。

__

__

ルシアは自分に助言をしてくれる人を必要としていた。

ルシアはこのことを他の誰かとよく考えたいと思っていた。

彼女がきちんと信頼してアドバイスできるのは、ノルマンだけだった。

管理人halu
管理人halu

ノルマン、1話ぶりだね。

ノルマンはルシアより年上だが、
ルシアの夢での人生を考えれば、ルシアの方が人生の年数は長い。

ただノルマンは、彼女の人生の苦労や経験を生かして、たくさんの小説を書いてきた。

自分の力になってくれるだろう。

だが彼女はノルマンにすべての詳細を打ち明けることはできなかった。
ノルマンはいまだにルシアを宮内のメイドだと思っていたからだ。

管理人halu
管理人halu

・・やっぱり言えてなかったんだね。

『私は本当はお姫様なの。
タラン公爵と契約結婚をしようと思っています。私が成功すると思いますか。』

そんなことをルシアが言えるはずがない。

『ノルマン、私は人生において重要な選択をしなければならないの。』

ルシアは、抽象的な言い方をせざるを得なかった。

『目の前に2つの道があるの。このまま何もしなければ、左の道に行ってしまう。その道で自分がどうなるかはわかっているの。多くの苦しみを味わい、辛い人生を送ることになる。しかし、私は正しい道に行こうと挑戦することができるの。この試みが成功するかどうかは全くわからない。仮に成功したとしても、それがどんな道なのかもわからない。右の道は、より良い人生につながるかもしれないけど、同時に、地獄よりも悪い場所に住むことになる可能性もあるの。…ノルマン、あなたならどちらの道を選ぶ?』

『私だったら、右の道に賭けるよ。』

『・・・考えるまでもなかった?』

『”左に行くとどうなるかわかっている “と言っていなかったか?悲惨な人生になるんだろ?そんな時は、思い切って行動するしかない。たとえ、右の道が最悪の事態を招くとしても、それは自分で決めたことだから、後悔はしない。』

管理人halu
管理人halu

ノルマン、かっこいい!!

『後悔はしない…』

『もし、自分の将来がすべてわかっていたら、それはそれでつまらないと思わないか?人生は何が起こるかわからないからこそ楽しいんだ。今日は寂しいと思っても、明日はどうだろう?人はこの希望を胸に抱いて、生きていくしかないんだよ。』

『…素敵、ノルマン。まるで賢人のようね。』

『プハハ…!賢人って!ただ 私は『明日』という言葉の意味も知らずに生きている人間なだけだよ。人生はギャンブルだ。一発勝負しかない。多少の危険を冒さずに、何かを得ることなどあり得ないよ。』

ノルマンの言葉を借りれば、これはギャンブルである。
彼女の人生を賭けたギャンブルだ。

もし、この賭けに成功して公爵の妻になれば、彼女の人生は一変する。
たとえ結婚しても離婚しても、生活に必要な基本的な報酬は保証される。
2階建ての小さな家に住むという夢は、もはや遠い夢ではなくなっていた。
夢の中で生きてきた人生は最悪だった。
これからは、のびのびとした平和な生活を送りたいものだ。

『そうだね、とりあえずやってみよう。人生は一度しかないのだから。』

管理人halu
管理人halu

ルシアも前向きでいいなぁ。

__

__

勇気が消えないうちに、ルシアはノルマンの家を出て、タラン公爵の屋敷に向かった。

管理人halu
管理人halu

早速!

彼女は、道行く人に公爵邸への道を尋ねれば、誰もが道を教えてくれるだろう。

ここまではすべてが順調だった。

しかし邸宅のそびえ立つ鋼鉄の門を前にして、彼女は息ができなくなった。
せっかくの勇気が、豆粒のように小さくなってしまったのだ。

・・・それにどうして誰もいないの?

公爵の屋敷を守る兵士は一人もいなかった。

管理人halu
管理人halu

ふむ・・。

私の努力は無駄だったの・・?

王室の警備員に「お前は何者だ」と問い詰められたら、
逃げ出すしかないのに、誰もいないことに妙な虚しさを感じた。

悔しさをぶつけるように門を押してみると、あっさりと門が開いた。

うわぁ…開いちゃった・・

と思った。

管理人halu
管理人halu

少しの後ろめたさと、できればやらない理由が欲しかったからこそのこのやるしかない状況の辛酸ね・・笑

彼女は何度も門の中を覗き込み、躊躇しながらも慎重に屋敷の中に入っていった。

ここは公爵の屋敷だから、自分を迎え入れたらすぐに誰かに見つかるだろうと思っていた。

しかし、どれだけ歩き回っても、人影すら見つけることができなかった。

どうしてここはこんなに警備が甘いの・・?
私はちゃんと公爵の屋敷に着いたのだろうか・・。

『・・お前は誰だ?』

屋敷の周りをうろうろしていたルシアの前に、突然一人の男が現れた。

管理人halu
管理人halu

ヒィ!

ルシアはショックで息をのんだが、一方で両手を胸に当てて気持ちを落ち着かせた。

その男は、少女にショックを与えてしまったことを詫びる様子もなく、すぐに近づいて少女を観察し始めた。

『この屋敷の使用人には見えないが・・、ここで何をしている?』

と、失礼な口調でまくしたてた。
無礼な赤毛の男は、黒い獅子が刻まれた堂々とした鎧を身につけていた。
ルシアは背筋を伸ばしたままだった。

管理人halu
管理人halu

・・・衛兵・・?

『あなたは公爵様の騎士の一人ですか?』

男は面白がって、「なんだそりゃ」とルシアを上下にスキャンしながら呟いた。

管理人halu
管理人halu

なんか余裕そうね・・

『あぁそうだ、それで?』

『公爵様は現在、家の中にいらっしゃるのでしょうか?』

『あ?どうしてその公爵様を探すんだよ?』

『突然お邪魔して申し訳ありませんが、 公爵様にご伝言があることをお伝えしてもよろしいでしょうか?タラン公爵様にどうしてもお会いしたいのです』

『だから、お前は誰なんだよ?』

『公爵様に重要なメッセージがあります。
先日の舞踏会で”契約を提案した人物だ”と言えば、彼は快くお会いしてくださるはずです。』

『そんなことはどうでもいい。お前が誰なのかを聞いているんだ。お前の名前も知らないのに、私たちの主の屋敷に招待することはできない。貴族には見えないな。商人か?』

ルシアは耳が熱くなるのを感じた。
今の状態では、王女どころか、貴族だと言い張るのも難しいだろう。
使いの者のふりをしてメッセージを伝えればよかったと後悔した。

しかし、今さら後悔しても仕方がない。

『このような格好をして、取るに足らないように見えますが、私は貴族です。』

男はしばらくの間、ルシアを見つめたまま固まっていた。突然、彼は振り向いた。

『ついてこい。』

管理人halu
管理人halu

・・・ホッ。。

__

__

先ほどの男はバンバンと拳をドアに叩きつけた。

返事を待たずにその彼はドアを開けた、

『入るぞ。』

その赤髪の男が頭を出して中の執務室に入ると、広い机の後ろに陰気な黒髪の男が座っていた。

公爵は、うやうやしく部屋に入ってきた男をちらりと見た。

管理人halu
管理人halu

タランだ・・

タラン公爵はサインをしながら書類に目を通していた。

『お前と遊んでいる暇はないんだ。一人で遊べ。』

『…おい。お前はいつも俺を子供扱いしやがる。』

管理人halu
管理人halu

公爵に対しての言葉遣いじゃないね・・笑
それとも、悪友みたいなものなのかな?

お前は俺とそんなに年も変わらないのに・・、と赤髪の男は息を切らしてつぶやいた。

その赤髪の男は憤慨してふてくされた。

ヒューゴは面白がって、少し微笑んだ後、いつもの冷たい表情に戻ってしまった。

ヒューゴが感情を表に出すのは、この男の前だけだ。

管理人halu
管理人halu

ほう、なんかいい関係っぽいね。

『お前にお客様、だ。』

『…今日はそんな予定はない。』

ヒューゴに会いたいという人たちの列は途切れることがない。
ヒューゴが全員に会うことを承諾したら、彼は一生眠れないだろう。
大多数の人は敬意を表して、正式に謁見を求める手紙を出している。
しかし、中には彼に会いたくて押しかける人もいる。
警備兵の忠告を無視して、強引に入ってくるのだ。
恥ずかしげもなく居間でくつろいだり、
「もう家に入っているのだから、許可を得ている」と言い張ったりする。
管理人halu
管理人halu

。。。

それが面倒くさいので、ヒューゴは警備兵を完全に排除した。
門を越えてきたら、不法侵入で通報する。

その不法侵入の輩には、喉元に剣を突き立てた。
刀が皮膚を切り裂くと、少しずつ大量の血が流れ落ちる。
このようなショーの後、二度と彼の屋敷に押し入る勇気のある者はいなくなった。
管理人halu
管理人halu

うお・・・笑

しかし、同時に彼は悪の公爵として悪名を馳せることになった。

『でもよ、アイツはとても愉快な客だ。ご覧になってはいかがですか?っと。』

『”アイツ”?誰だ?』

『いいや知らね、アイツはみすぼらしい平民のようだが、自分は貴族だと言っていたな。』

赤毛の男は鼻で笑って続けた。

『それどころか、服はボロボロだし、使用人もいない。それなのに、自信満々なんだよ。面白くないか?なぜアイツがお前に会わなければならないのか、知りたくてたまらないよ。』

その赤髪の男…ロイの目が光り、ヒューゴは舌打ちした。

管理人halu
管理人halu

赤髪の男はロイ・・。

ロイは自分がいかに退屈しているかを延々と語り続けていた。

もし断ったら、ロイは彼をとことん困らせるだろう。
ちょうどその頃、ヒューゴは目を通さなければならない書類が次々と出てきて、疲れを感じていた。少し休憩もした方がいいだろう。

『で?他にその男は何か伝言を言っていたか?』

『男?…何を言っていたんだ?まず第一に、アイツは女だ。』

ヒューゴは今までずっと男だろうと思っていたので、怒りのあまり眉をひそめた。

ロイは火傷をしたように身動きがとれなくなり、執務室の一番隅に逃げ込んだ。

『彼女はこの前の舞踏会のことで、お前に契約について何か話したんだと。でお前は何があっても自分に会うだろう、だと。』

ヒューゴの目が揺れた。
10日間もメッセージがなかったので、その女性の意図を疑ったのだ。

管理人halu
管理人halu

10日間は経ってたのか。

『で?その客は今どこに?』

『リビングルームに。ああ、一人で部屋に置いてきたわけではない。メイドに命じてお茶を出してもらった。俺も基本的なマナーは知ってるぞ?』

自慢のロイの姿が、ヒューゴには痛々しいほどに哀れに見えた。

管理人halu
管理人halu

笑う。
ロイ、いいキャラね。

__

__

ルシアの真向かいには二人の男が座っていた。

管理人halu
管理人halu

ルシアとタランとロイ・・・。

ルシアは時々公爵をちらっと見ながらお茶をすすっていた。自分がこうして公爵と同じ部屋に座っていることが信じられなかった。公爵を見るのは初めてではなかったが、それでも実際に公爵を見るのはとても興味深いことだった。

彼は本当に…タラン”公爵”なのね…。

鴉のような黒髪と血のように赤い緋色の目のコントラストは、彼の目に会った人を怖がらせるだろう。

その存在感は、忘れられないほどの印象を残していた。
先日の舞踏会以来の再会を果たした二人は、明るい部屋で向かい合って座っていた。

『私が屋敷にいることを知っていて訪れたのか?』

『いいえ。留守でしたら、伝言を残したのですが…。』

その声は、彼の外見をよく反映していた。
重い低音の声でありながら、突き刺すような威厳のあるオーラを放っていた。

彼女は草の茂みのそばにしゃがみながら、「この人、声もすごいな」と思っていた。

そして私は…人の外見や声にこんなにも簡単に影響されるとは思わなかったな…。

彼女は夢の中で、何度も詐欺に遭いながらも懲りずに、
夢中になっていたハンサムな男性に貯めていたお金をすべて失ってしまったのです。

管理人halu
管理人halu

ふむ・・最後はそういう人生だったんかな、ルシアは・・。

どんなに苦しい人生を送っても、
人間の気持ちは望んだだけではなかなか変わらないものだ。

マタン伯爵のせい、だろうな…。

ルシアは王宮の中に閉じ込められて暮らしていた間、男性を知らず、見たこともなかった。

ルシアが初めて会った男は、年寄りで、肥満で、背が低くて、醜くて、暴力的だった。

そんな経験をした彼女は、ハンサムな男性に心を奪われずにはいられなかったのだ。

管理人halu
管理人halu

・・・なるほどね・・。

まぁ、ハンサムだからといって、いい男とは限らないのだけれど…。

目の前の男がその証拠だった。

この男は悪い奴だった。
女心をオモチャのように踏みにじるのも平気なのだ。

ルシアはそんなことは百も承知だが、将来自分がソフィアのような人間にならないという自信はなかった。

あの顔と声で耳元で甘い言葉を囁かれたら、彼女は自分を見失ってしまうだろう。

自分を自分をしっかりと持つのよ、ルシア…!

ルシアは、震える心を落ち着かせた。

『事前の連絡もなく謁見を求めた失礼なことをしてしまいました。紹介が遅れたことをお許しください。私は国王陛下の第16王女、ビビアン・ヘッセです。公爵とお話しできることを光栄に思います。』

管理人halu
管理人halu

え・・・?言うんだ・・!!

『プッ…!!』

ルシアが自分を「第16王女」と紹介すると、彼は爆笑した。

彼は、ルシアを屋敷に案内した赤毛の男だった。

管理人halu
管理人halu

おい、ロイ。

ルシアは彼の笑い声をあまり気にせず、
ただ彼がいかに無分別であるかを無心で観察していた。

その時、彼女はこの男が誰なのかを思い出した。

ロイ…クロチン。

タラン公爵の忠実な部下。

赤毛の青年、クレイジードッグ・クロチンと呼ばれていた。

管理人halu
管理人halu

クレイジードッグ・クロチン!!笑
“狂犬”って意味だね!!笑
黒獅子に狂犬に、一匹狼にくすぐられるぜヒャッホウ!!

クロチンにまつわる話はほとんどが誇張されたものだったが、その半分を占めるだけでも「クレイジードッグ」の称号を得るには十分だった。
管理人halu
管理人halu

・・また今後「クレイジードッグ」談義を聞かせてくれ・・笑

『公爵の時間を無駄にしないためにも、本題に入ります。

私は公爵に結婚を申し込むために来ました。

管理人halu
管理人halu

えええええええええええええええしかももう言ったああああああああああああああ!!!笑 もっとこう、前フリとかシチュとか・・ええええええええ笑

ルシアは言い終わるとすぐに息を止めた。

静けさの中で心臓が爆発するような気がした。
限界点を超えた後、彼女は言ったことで気が楽になった。
ルシアは彼の表情を観察し続けた。
一瞬、眉をひそめたが、意外にも淡々とした表情を保っていた。
その時、二人の間で熱い反応が起こった。
管理人halu
管理人halu

・・・?

『プワハハハ!!!!!!!!!!!!!!!!!』

ロイは死ぬほど笑っていた。

管理人halu
管理人halu

おいロイ。おい。笑

タラン公爵は、気が狂ったのかと冷ややかにロイを睨んでいた。

それでも、ロイの笑いは止まらなかった。
結局、公爵が後頭部にパンチを放ち、笑いを止めさせることができたのだが、代わりにロイは痛みで叫んでいた。

『うるさい。出て行け。』

『えっ、なんでだよ?もう、黙って静かにするからさ、ほんとに~。』

管理人halu
管理人halu

ロイ。笑

ロイは口をつぐみ、ヒューゴは舌打ちをして、向かいに座っているルシアに目を戻した。

王女様、ですか。

管理人halu
管理人halu

敬語・・・。

ヒューゴは、王女を自称する若い令嬢を観察していた。
過去の舞踏会では、彼女は確かに高貴な女性のように見えた。
今は、街中で見かける平凡な女性と変わらないように見えた。
ただヒューゴは王室には全く興味がなかった。
王様自身も、自分の子供たちがみんなどんな顔をしているのか知らないのだろう。
子供の数も一人や二人ではないのだ。
だから彼は、彼女が本当に王女なのだろうと思った。
わざわざふりをして嘘をつくには身分のランク(16番目)が低すぎ、おまけに妙に詳しかったのである。
ヒューゴは様々な女性を愛していたが、自分なりのルールを持っていた。
必要以上にトラブルを起こすような人には近づかなかった。
酔っぱらっただけだと言って放り出せるような、寝るだけの女が必要だったのだ。
王女は、彼の禁猟区リストの第一位だった。
管理人halu
管理人halu

禁猟区リストというパワーワード。

そもそも、連絡を取り合う余地がない。
もし、彼女が王女だと知っていたら、この会談には応じなかっただろう。

『誰だ?』

『・・・え?』

『王女様、あなたをここに送り込んだのは誰ですか?黒幕がわからないとこれ以上話が進みません。』

管理人halu
管理人halu

・・・なるほどね、ルシアの意思じゃないだろ、と。

『あなたは、私が王女であることを信じてくれるの?』

ルシアは、自分をだまそうとする彼が怒ると思っていた。

彼女はどんな侮辱的で攻撃的な言葉でも文句を言わずに受け取ることにしていた。

しかし、彼の反応はあまりにも穏やかだった。

『王女様は嘘をついていたのですか?』

管理人halu
管理人halu

・・タランの敬語に違和感しかない・・笑

『ああ!いいえ、嘘ではありません。私は…あなたが怒ると思いまして…。』

『あなたが嘘をついていたら、私は怒っていたでしょうね。』

ルシアはあの日の彼の言葉を思い出していた。
彼女の背筋に冷たい寒さが走った。
『怒る』という言葉の重みが違うこの人ほど、他人に恐怖を与えられる人はいないだろう。

管理人halu
管理人halu

“タラン、怒っちゃうぞ?”=”お前何回死ぬ?塵も残さねぇからな。”

『嘘ではありません!!その…言えないこともありますが……私は嘘をつく人間ではありません。私以外に裏で糸を引こうとしている人はいません。私がすべてを決めています。』

『・・王女様、あなたがここにいることを知っている人はいますか?』

『…誰も知りません ビビアン姫が王宮を出たことなんて誰も知らないです。』

これは嘘ではなかった。
彼女はビビアン王女に仕えるメイドとして王宮を去ったのだ。
現在、ビビアン王女は自分の離宮の中で静かに仕事をしていると記録されていた。
管理人halu
管理人halu

なんの仕事だろうね・・笑

『…それがどのようにして可能なのかは、後ほど考えてみます。さて、前回、契約を依頼されたのではありませんか?前に言っていたこととお話が違うのですが。』

『いいえ何も違わないです。私はあなたに契約を提案しているのです。結婚を前提とした、人生を変えるような契約です。』

タランは、怒るタイミングを失ったことに驚き呆然とした。

胃の中から煮えたぎるような熱がこみ上げてきた。
時間の無駄、全くのナンセンス。
目の前の彼女はタランの嫌いなことをすべてやっていた。
タランは冷酷に彼女を睨んだ。
管理人halu
管理人halu

うわうわうわうわ・・・

『あなたは無意味な言葉で遊んでいるのですか?』

『私があなたに根拠のない言葉を言っていることはわかっています。そして根拠のないことを言っているからこそ、私の突然の言葉に反発を覚えるのもわかります。それでも私は、あなたが私と結婚することで手に入れることができるものをすべて紹介しに来ました。それを聞いた上でなら、この申し出を断っても構いません。私はあなたの時間を奪うことはありません。そして、もう二度とお邪魔しません。』

管理人halu
管理人halu

ルシアと結婚したら手に入るもの、が交換条件、か・・。

ルシアやってのけられるのか・・!!?

か弱いウサギのようなこの女性は、骨の髄まで緊張しているように見えたが、言葉は雄弁だった。

その素直な目は、まっすぐに彼を見ていた。
とても必死な感じがしたが、同時に欲も感じられなかった。
その結果、彼はずっと彼女に興味を持っていたのである。

今までくだらない言葉を聞いていたのは、純粋にその目のせいだったのだ。

彼はもう少し時間を無駄にすることにした。

『わかりました。お話しください。』

管理人halu
管理人halu

きたあああああああ!!

『あの…その前に あなたの隣の人を…部屋から出して頂いてもいいですか?』

やだー!!どうして?!!』

管理人halu
管理人halu

“やだー”じゃねぇよwwww

それまで目を輝かせて見ていたロイが、突然怒り出した。
こんなに面白いショーを見逃すなんて、と抗議したのだ。

『やだよ、王女様、あなたがここにいて公爵と議論できるのは俺のおかげだろ?今さら俺を追い出してどうするんだよ。』

『本当にこの節はありがとうございます。そして、申し訳ありません。将来、私に致命的なダメージを与える可能性のある情報なのです。あなたを信じていないわけではありませんが、これだけの理解をしていただけると大変に幸いです。』

ヒューゴは息を切らして笑っていた。

ロイもこのような高貴な女性に逆らおうとするのはとても気が進まなかった。

ロイは体格がよく、気性が荒く、言葉にフィルターがなく、思ったことを素直に口にするので、下品で不謹慎な言葉がよく出てくるし、おまけにその大きな声で周りの人を圧迫し、いじめているように見えた。
管理人halu
管理人halu

散々な形象で笑う。

しかし、よくよく考えてみると、彼ほど単純な人間はいない。
頑固な大型犬のようにも見える。

管理人halu
管理人halu

大型”狂”犬、ですが。

『部屋を出ろ』

『…チェ』

ロイは静かに不平を言ったが、あまり戦わずに出て行った。

二人きりになったので、ルシアは再び神経が張り詰めてくるのを感じた。

彼女はもう一度、前回のシナリオを頭の中で再現してみた。
これはギャンブルだ。彼女はサイコロを振った。

『私は…公爵様には後継者となる息子さんがいらっしゃることを存じております…。』

管理人halu
管理人halu

ふむ・・・!!!
タランはすでに子持ち、だったのか・・!!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

ルシア  原作小説 3話 感想・考察

舞踏会の夜、あとを付けてきたルシアを無下に追い払うこともなく、ルシアからの提案を聞いて、後日自分の家に招くことにも承諾を出したタラン。

管理人halu
管理人halu

意外だったね。
てゆかルシアのことを”かわいい”って言っててこれワンチャン気がある説もあるよな笑

そして新キャラのタランの騎士の狂犬・ロイの登場話でもありました!

管理人halu
管理人halu

ロイいいキャラしてるよなぁ!笑
“やだー!”には笑ったわ、笑

そしてルシアはタラン公爵家を訪ね、そのまま結婚の提案へ・・

管理人halu
管理人halu

展開早すぎないか?笑
これで結ばれてハッピーエンドならもう5話とかで終わるぞ・・笑

でもタラン公爵にはすでに息子が・・いる・・・?

管理人halu
管理人halu

まぁ女性関係が奔放だったみたいだから何もおかしくないけど、公爵の爵位とか財を仮にその子が出来損ないだったり、母親が酷い人間だったら跡継ぎにはしたくないわなぁ?

次回も気になります・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

次回ネタバレはこちらから

↓↓↓

【原作小説(ノベル)翻訳】ルシア 4話 ネタバレと感想。"私は公爵様に恋をしません。"ルシアの決死のプレゼンテーション。
今回はピッコマで連載中のSkye / TARUVI /Kidari Studio, Inc. 先生の 「ルシア」"原作小説版" 4話(漫画版は4話?)を読...

コメント

  1. ぱんだ より:

    初めてコメントさせていただきます。
    他の作品ですが毎回更新楽しみに読ませていただきました。その作品が終わってしまい寂しく思っていた所にルシアの翻訳を見つけ嬉しいです。漫画では描写されていない部分がわかり、より深く楽しむことができます。
    haluさんのコメントが面白くより楽しいです。
    一気に翻訳読ませていただき、漫画も最初から読み返してしまいました。
    これから更新楽しみに待ってます♫

    • halu halu より:

      ぱんださん
      おおおお!!初コメントありがとうございます!!
      今後とも_/\○_ ε=\_○ノオネガイシャアアアアス!!

タイトルとURLをコピーしました