薬屋のひとりごと1巻ネタバレと感想。時代劇の医療系きた

か行

今回は向日夏先生(原作)、ねこクラゲ先生(作画)の「薬屋のひとりごと」1巻を読んだので紹介したいと思います。

高確率でネタバレを含みますので、【お得なクーポン】を使って先回りされてもいいかもです。本編を読む方はこちらから♪
↓↓↓


「薬屋のひとりごと」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

薬屋のひとりごと1巻 あらすじ

父親の薬屋を手伝いしていた猫猫(マオマオ)は、誘拐されて後宮に売られてしまいます。

 

性格はかなり無愛想ですが、好奇心があり、特に薬絡みになるとソワソワしてしまうほど。

 

猫猫が後宮に来て3ヶ月。後宮ではある事件が起きました。なんでも『呪い』がどうとか。

 

曲がった事が大嫌いな為、薬屋の知識を使い”呪い”と噂される奇妙な病を解決しようと一人で行動し始めます。

 

だが猫猫にある人物が目を付けていました。

 

大人しく2年間真面目に働いていれば解放されるのに、猫猫の周りで次々と謎の事件が起こっていく。

 

猫猫に隠された左腕の傷とは?今後の運命はどうなるのか・・・。
↓↓↓

「薬屋のひとりごと」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

薬屋のひとりごと1巻 ネタバレ

三ヶ月前、いきなり誘拐されてから下女の仕事が身に付き、すっかり慣れてしまった猫猫。

 

「真面目に仕事をしていれば、二年で解放される」と毎日与えられた仕事を黙々とこなしていました。

 

今まで毎日の様に薬を作っていた為、たまに薬を作りたい衝動にかられ、モヤモヤした気持ちが募ってきていました。

 

そしてある噂が流れるようになりました。

 

それは

「皇妃の子が次々と亡くなり、東宮の生母・梨花(リファ)と公主の生母・玉葉妃(ギョクヨウヒ)が寝込んでしまった」

 

と噂が流れました。下女達は「呪いよ・・・!」とざわざわしています。

 

猫猫は変にウズウズしてしまい、薬師の血が騒いだのか庭から二人が言い争う声が聞こえた時にある事に気がつきました。

 

フラフラしていて衰弱しているのにも関わらず、肌は白いまま。

 

症状は目に見えてわかるのに誰も気づいてはいませんでした。

 

そして猫猫は、ある物が原因だとわかり「何か書くものは無いか・・・」と考えながら歩いていると、すれ違った人物に気がつかずに一人の世界に入っていました。

 

その人物は、後宮を管理する壬氏(ジンシ)でした。

 

ある日、壬氏は母子共に体調が良くなってきた玉葉妃の部屋を訪ねました。

 

「私の所にこれが・・」と見せてきたのは、

「おしろいは毒」と書かれた布切れでした。

 

その布を見て壬氏はピンと来たのか、ソバカスがある下女達を部屋に集めました。

 

勿論その中に猫猫も居ました。

 

壬氏は紙に書いた文字を下女達に見せると「解散していいぞ!」とニコッと笑っていました。

 

その紙には「ソバカスの女は居残り」と書いてあり、他の下女達は文字が読めない為、何故集まったのかもわからないままでしたが、猫猫は文字が読めるためビクビクしていました。

 

部屋を同じく出ようとした所、壬氏に「お前は居残りだ」と怪しい笑顔を見せられ、まんまと引っかかってしまいました。

 

そのまま玉葉妃の部屋まで案内され、玉葉妃は猫猫の姿を見ると身分が上にも関わらず、猫猫に頭を下げお礼を言いました。

 

助けてくれたお礼にと、猫猫は玉葉妃の侍女に迎えることにしました。

 

そしてもう一人、かなりの衰弱で弱っている人物が居ました。

 

梨花は皇帝との間に男児が居ました。病に犯され猫猫が原因と解決方法を知らせたのにも関わらず男児は亡くなります。

 

梨花も自分の子と同じく衰弱が進んでおり、”死を待つ”と考えていましたが、皇帝の命令を受けた猫猫は熱心に看病し徐々に回復していきました。
↓↓↓

「薬屋のひとりごと」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

薬屋のひとりごと1巻 みどころ

次々と病に倒れる原因を調べたくてウズウズしちゃう猫猫の姿は、まるで探偵のようです(笑)

 

布に気づいた壬氏にあっけなくバレてしまいますが、梨花の症状はなんと侍女による犯行のものでした。

 

猫猫が置いた布をみても、「いつまででも綺麗に・・・」と言っておしろいを塗り続けていたのです。看病を続け、何とか回復した梨花は前のように美しい姿を取り戻しました。

 

ところで、猫猫の左腕はいつも包帯を巻いています。

 

侍女に出世した時も「昔虐待されていたんだわ・・・」と勘違いされ、他の侍女達に優しくされていましたw

 

実のところは「この毒は・・・この薬は・・・」と自分の腕で試していた痕でしたw

 

変に毒の抵抗力が付いてしまった猫猫は、侍女になって毒味役になります。

 

ちゃんと仕事をこなしてると言うより「薬を触れる、毒味が出来る」と喜びを隠せられない猫猫。次はどんなミステリーな話になるのでしょうか。
↓↓↓

「薬屋のひとりごと」を無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました