ホリミヤ 3巻 ネタバレと感想。旧友進藤登場巻!『前から堀のことが好きだ』宮村の想い

は行

今回はHERO | 萩原ダイスケ先生の「ホリミヤ3巻を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【ホリミヤ】を
U-NEXT無料登録でもらえる
600ポイントで無料で読む

管理人halu
管理人halu

U-NEXTでホリミヤのアニメも見れる!

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ホリミヤ 3巻 あらすじ

前巻第2巻はこちら

↓↓↓

ホリミヤ 2巻 ネタバレと感想。そっと手を重ねる堀と宮村・『好きだよ』とお互いに言い合い・・?
今回はHERO | 萩原ダイスケ先生の「ホリミヤ」2巻を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含みます。 管理人お勧めの最新...

堀も宮村もあの好きはなんだったのかとグルグルと考え続けています。
宮村は心ここにあらずで、
バスケの授業でぼーっとしすぎて石川のパスほもろ顔面で受けてしまい鼻血を出します。

石川に促されて宮村が保険室に行くと、
先日の好きだ発言からくるストレスで気持ちが悪く吐いてしまった堀がぐったりとして座っています。

保険の先生は席を外していて、
2人きりで会話をしてみようとするものの、変な空気が流れ会話が続きません。

その空気に耐えかねた宮村は変なことを言った堀のせいだと絞り出すように訴えます。
好きだ発言とカップルつなぎの先日の場面を思い出してしまう堀はテンパりまくって、
もう言わないとか死ぬとか言いながら、宮村の鼻を一発かまして帰ってしまいます__

↓↓↓

【ホリミヤ】を
U-NEXT無料登録でもらえる
600ポイントで無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ホリミヤ 3巻 ネタバレ

宮村はノートに、
好きだ?手のこと…俺?ってそんなわけはないだろう
と書き突っ込みをしながら、
先日の堀の好きだ発言を冗談であり、からかったのだと自分に言い聞かせます。

管理人halu
管理人halu

なかなか進みませんねぇ・・!
(そこがいいかもなんだけど

堀は捨てたと思っていた宮村伊澄の字をキャビネットの引き出しで見つけ眺めています。

一限は体育のバスケですが、
そこには堀の姿がなく由紀とレミは口々に堀が無断欠席なんて珍しいと言います。

宮村は心ここにあらずで、
ぼーっとしすぎて石川のパスほもろ顔面で受けてしまい鼻血を出します。

石川に促されて宮村が保険室に行くと、
先日の好きだ発言からくるストレスで気持ちが悪く吐いてしまった堀がぐったりとして座っています。

保険の先生は席を外していて、
2人きりで会話をしてみようとするものの、変な空気が流れ会話が続きません。

その空気に耐えかねた宮村は、
変なことを言った堀のせいだと絞り出すように訴えます。

好きだ発言とカップルつなぎの先日の場面を思い出してしまう堀は、
一気に赤面したのち耐えかねて気分が悪くなりいっそ殺してと言います。

テンパりまくってしまう堀はもう言わないとか死ぬとか言いながら、
宮村の鼻を一発かまして帰ってしまいます。

管理人halu
管理人halu

激しい。笑

堀は言わなきゃよかったと後悔しまくり、
でも宮村も好きって言ったと考えこむことをループしてしまい、
ふと宮村も同じかもしれないと思います。

なんだか宮村の様子がおかしい、
堀と何かあったはずと勘繰り石川はしつこく宮村から聞き出そうとしますが
宮村は答えません。

いつも通りにしばらくたてば戻るはずと言い聞かせながら、
平静を保って宮村はいつものように堀の家へとやってきます。

堀もまた精一杯のいつも通りを頑張りますが、
宮村の舌を引っ張ても反応はいつも通りで、自分だけ気にしてバカみたいだと思う一方、
どこか普通にしていられてほっとしたりもしてしまいます。

堀の家から出てくる宮村はため息をついて堀はあんなことがあったのになんで平然としていられるのだろう、自分だけバカみたいだと堀と同じことを感じます。

堀は宮村と書店へ一緒に行って本を見ています。
堀が財布を忘れてしまって買えないでいると宮村が買ってくれます。

後で返すと言う堀に、
宮村は自分の好きな白いやつを作ってくれたら本代はいいよと言います。

白いやつ?とわからないでいると創太がシチューだと言い、判明します。
堀はシチューか困ったなとため息をつきます。

管理人halu
管理人halu

ん?どうしたん??

__

宮村の実家のケーキ屋が雑誌に載り、女子たちが宮村に群がっています。
そして背景にうつった普段の宮村に色めき立った女子が騒いでいます。

その様子を見て気に入らない堀はシャーペンやら定規やらを折ってしまいます。
女子高生がいっぱい来てると言う実家からの連絡に石川が堀がまた怒るし、
写真に写っている人物が宮村だとバレるのは時間の問題だぞと言います。

宮村は堀が怒るならバレたくないなと自然に口に出します。
宮村の生活の中心は堀?いや堀の生活の中心が宮村?
と考えると石川は虚しくなってしまいます。

そこへ堀の母親と偶然出くわし、宮村は石川に内緒の関係を知られまいと焦ります。
堀は母親にシチューの作り方を教えてと言い、
母親はだってあなたシチュー嫌いじゃないと不思議がります。

管理人halu
管理人halu

そういうことか・・

一方、宮村は石川から堀がシチューが苦手だということを聞き驚きます。
宮村が堀の家に行くと、創太が出てきて今日の夕飯はシチューだよと言います。

驚いた宮村は急いでシチューを作る堀のもとへと行き、
後ろからごめんなさいと抱きしめます。

管理人halu
管理人halu

えええええええ!!!!!///

赤面して焦りまくる堀
宮村は嫌いなら嫌いって言ってくれればいいのにと言います。
堀の作る料理ならなんでもよかった宮村はバカだなと切ない表情で呟きます。

__

__

桜が生徒会室から落としてしまった書類を石川は拾い集め届けてあげます。
石川は誰に見られなくても頑張っている桜をかっこいいと言い、
桜は気恥ずかしいような表情を浮かべます。

石川と帰る約束をしていた宮村の手には、
暑苦しい恰好をした宮村を見かねた堀からもらったアイスがあり、堀にも渡しますがメロン味で食べれません。

そこへ仙石が暑そうに通りかかり、
丁度よかったとメロンアイスを食べてもらいます。
宮村のアイスが当たり無事石川もアイスを食します。

三人で雑談をするなかで、
生徒会長である仙石がたまには生徒会室のクーラーで涼んでもいいという話になります。

早速、
堀も加わって生徒会室で快適に涼むべくジュースを買いに行く人ジャンケンをしています。
堀と宮村が負けて二人で買いに出かけます。

2人がいない生徒会室では、
レミが誰もが興味をもちつつあえて触れなかった、
2人は付き合っているのかという問いをぶっこみます。

それぞれがそれぞれの思惑のもと悶々とします。
ついには宮村が落として石川のコーラーを振ってしまったり、
小銭を落としてしまったりと2人はなかなか帰ってこず、
如何わしいことをしているのではと勘繰る事態になってしまいます。

堀に気持ちがある石川は相当テンパってしまい、
コーラを落とす失敗をやっちゃたと表現する宮内やみんなにひとりアタフタしてしまいます。

そして、やっちゃったコーラの蓋をあけるその瞬間にやっと誤解が解け、
同時に石川はコーラーがあふれ、慌てまくります。

コーラもかかり半泣きになりながら理解した石川に、
桜はそっとティッシュを差し出します。

__

写真を加工できるアプリをいいなと言う宮村に堀は何を撮るのかと尋ねます。
堀を撮ると言い、それを冗談と言ったのにも関わらず、また最後になんてねとつけます。

創太は堀と宮村に気を遣って、学校から自宅に帰れずにいます。
当の本人たちはまったく創太の気遣いに気付いていません。

管理人halu
管理人halu

創太・・優しい・・。

堀の家のクーラーが壊れていて暑くてごめんと言う堀に、
暑さには強いけど夜寝るときは服を着ないという宮村に堀は衝撃を受けます。

そして堀は宮村が自分の前でも平気で脱ぐことに気付き、
トンチンカンな質問を宮村に投げかけます。

はっきり聞いてほしいという宮村に何をしたら宮村は恥ずかしがったりするのかと堀は尋ねます。
すると、宮村は一切動じないなんてことはなくて、
例えば先日、中学時代の友人に堀と歩いているところを見かけられ、堀を彼女と間違えられたときは照れてしまったと吐露します。

ちゃんと今度は否定するという宮村に、
堀は恥ずかしそうに否定しなくてもいいとつぶやきますが、
宮村に先ほど話題にのぼった友人からメールが入り宮村は聞いていません。

管理人halu
管理人halu

なんと・・

メールの内容を見るや否や、宮村の顔は硬直して見ようとする堀から隠します。
内容は自分も彼女ができたので今度ダブルデートをしましょうと言う旨と
避妊はお互いしっかりしようというものです。
慌てうろたえ、宮村は速攻メールを削除します。

堀はこんな宮村を初めて見るなと思うと同時に友達いたんだなとも思います。
こいつが本当にバカでさなんていつもの宮村で話していたのに、
友人に電話をかけると豹変して、死ねと凄まじい勢いで怒ります。
堀は中学時代の宮村はどんなふうだったんだろうと、まだ知らない宮村がいると心の中で呟きます。

管理人halu
管理人halu

おおうおおう。

中学時代の宮村はペンを落としても誰からも拾われることもなく、
グループ課題ではメンバーにシカトされ、
家では耳に安全ピンで穴をあけ痛いと感じるが、孤独の痛みには慣れてしまっています。

そんな生活の中、
ぶつかられてノートや引き用具を落とすが疲労気力もなく立ち尽くしている宮村
進藤が声をかけ、それらを拾ってあげます。

まったく違う名前で呼んでくる進藤ですが、
宮村をシカトせずかまってくるようになります。

トイレで進藤が手を洗っていると、
同じクラスの谷原は宮村と仲良くするのはやめた方がいいと進言してきます。

話すとおもしろいよと進藤は聞く耳をもちません。
更に単なる憶測で、宮村は暗いしピアス開けまくってて、
キレたら何するかわからないと誹謗中傷を並べ立てます。

進藤は濡れた手の水を谷原にかけ、
宮村を暗くさせたのは誰なのか、
ピアスを開けるのは自由だし、キレたらヤバイのはみんなだと言い切ります。

管理人halu
管理人halu

進藤、いいやつだね。。

そして、谷原たちは自分を取られるのが悔しいだけだろ
と進藤は核心を突いた言葉とゆがんだ表情の谷原を残し去ります。

進藤は変わらず、宮村をかまい、二人はいつも言いたいことを言い合っています。
高校進学の話になり、離れてしまうのがわかり寂しさを感じる二人ですが、
進藤の遠くないからと言う言葉に、進むべき前をちゃんと見る宮村の姿があります。

__

うだるような暑さの中、堀は街を歩いていて、
知らない人から自分の名前を呼ばれ、手を振られていることにフリーズします。

そこに通りかかった宮村と石川ですが、
見つけるや否や、宮村は進藤を躊躇なくビンタします。

管理人halu
管理人halu

あれ!!!?

その様子に堀と石川は引いてしまいます。
痛いといいながらもましな方と、堀を見つけて嬉しくなり思わず声をかけたと説明します。

しかし、進藤が堀の肩に手をポンと置くと再び、
宮村は恐ろしいくらいの形相で、進藤の頭蓋骨を手でギリギリと掴み帰れと威嚇します。

思いっきりスルーして去ろうとする宮村ですが、
進藤の昔からの親友を紹介しろという言葉に検索キーワード並みの短さで終えます。

宮村の意図とは反して、
進藤はぺらぺらと中学時代の宮村の話をぶちまけ、
キレた宮村に胸ぐらをつかまれています。

そして進藤が一番の進学校の生徒ということがわかり、
堀と石川は尊敬のまなざしを向けますが、進藤は片桐も行ってみたかったと言います。

なんでと尋ねる宮村にこそっと
彼女のおかげで宮村が楽しそうだからと意味ありげに進藤は言います。

赤面した宮村は進藤に否定しながらも、
宮村は中学時代を変えたのは進藤、今を変えたのは堀だと心の中で呟きます。

管理人halu
管理人halu

また出逢えてよかったね、宮村・・

__

__

宮村にも指摘されたようにお腹をだしていたためか、
堀は38.7℃の高熱を出して体調を崩してしまいます。

夏風邪はバカがひくものだと、
よくわからないことで学校へ行こうとする堀を創太がとめてベッドに寝かせます。

知らないうちに創太もしっかりしてきたと思いながらひとり眠りにつく堀ですが、
小さい時熱をだしても母親が仕事でひとりにされ、何か言いたげにしている自分の夢をみます。

目が覚めたその場所にはかいがいしく堀の世話をする宮村の姿があります。

管理人halu
管理人halu

ええええ看病してくれてるの・・?

熱はと聞く宮村に堀は低めの数字を応えて嘘をつきます。
宮村はそんな堀のウソをすぐ見抜きます。

薬はのんだかとか聞きながら、
宮村が飲み物を取りに部屋の外へ出て行こうとすると
堀はベッドから落ち、必死な形相でどこにいくのかと詰問します。

そのただならぬ堀の様子に宮村はビクビクしてしまいます。
小さい時の自分が病気で母親にそばにいてほしくても、
我慢していってらっしゃいと微笑んでいたことを回想しながら、
堀はいつもいつもどこにいくのと泣きじゃくります。

宮村は堀の手を握りながら、行かないででしょと言います。
もう一度、どこに行くのとぼろぼろこぼれる涙をぬぐうことなく、
まっすぐ宮村を見て言う堀に、宮村は目をそらしません。

どこにも行かない、
堀がどこかへ行ってしまえと思わないかぎりここにいると宮村が言うと、
安堵したかのように、堀は更にたくさんの涙を瞳から落とします。

ぼーっとする堀は気持ち悪くなり再びベッドに横になります。
宮村は学校の連絡事項を伝えた後、
前から堀のことが好きだと言い残し、部屋を出て行きます。

管理人halu
管理人halu

ええええええええ!!!//

堀は勢いよく起き上がり、事態を飲み込めずにいます。
そして堀の言葉にびっくりしすぎて熱が下がったことに気付き驚きます。

宮村の好きなんだけどという言葉を思い出して、赤面しつつも何がなんだかわからずグルグルと考えます。

↓↓↓
【ホリミヤ】を
U-NEXT無料登録でもらえる
600ポイントで無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ホリミヤ 3巻 感想・考察

宮村がシチューを作っているときに、宮村が切ない顔でバックハグをする場面では、

管理人halu
管理人halu

宮村がそんな大胆なことをするとは少しも予想しなかったのでドキッとさせられた・・!!///

なかなかグイグイいけない二人の関係は恋を超えて、
お互いの存在自体をかけがえなく支えにしているからこそなのでしょう。

そして、きっとお互いを通して自分自身でも気付かなかった自分を発見しているように感じます。

管理人halu
管理人halu

進藤と宮村のやりとりも、過激だけどお互い大好きなのが伝わってきてほっこりしてしまいます。

↓↓↓

【ホリミヤ】を
U-NEXT無料登録でもらえる
600ポイントで無料で読む

管理人halu
管理人halu

U-NEXTでホリミヤのアニメも見れる!

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

 

次回第4巻ネタバレはこちらから

↓↓↓

ホリミヤ 4巻 ネタバレと感想。好きだ。ようやく2人の関係は・・?変貌を遂げた宮村
今回はHERO | 萩原ダイスケ先生の「ホリミヤ」4巻を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含みます。 管理人お勧めの最新...

コメント

タイトルとURLをコピーしました