緑陰の冠 44話ネタバレと感想。ランを抱き抱え、彼女の足をハンカチでていねいに拭い始めるユスタフ。

ら行

今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の

緑陰の冠44話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 44話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 43話ネタバレと感想。 探していた"茶葉"の件。ユスタフは「緑影」を動かし
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」43話を読んだので紹介したいと思います。 管...
「緑影」を使い、ランが自分には内緒で誰かを探していることを知ったユスタフは、いったんそれ以上の詮索をやめ、代わりに彼女に護衛をつけると決めました。
その後ユスタフは庭で偶然ランと出くわします。
驚いたことにランは裸足で、ユスタフは遠慮する彼女の足をきれいに拭いてあげました。
彼の態度は相変わらずクールでしたが、その時ランはいつになくユスタフに対してドキドキしてしまいます。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 44話 ネタバレ

「緑影」からの報告書を燃やしながら、ユスタフはランが捜し出そうとしている相手について思いを巡らせます。
管理人halu
管理人halu

・・・。

正統な血を引く後継者であるユスタフの命令が最優先とはいえ、現当主の彼女にも「緑影」を動かす権利はあるのです。

にも拘わらずわざわざイルミニティ伯爵に依頼しているということは、この件をユスタフには知られたくないのでしょう。

ならばその尋ね人は過去に彼女と縁があった人物かもしれない・・・

と考えたユスタフは「緑影」に「これ以上の調査は不要だ」と伝え、その代わりランに護衛をつけるよう命じました。

やがて夜になり、ユスタフは寝付けないことを理由に剣の素振りでもしようと庭へ出ます。

するとそこには思わぬ先客がいました。
就寝用の簡素なワンピースにストールを羽織っただけ・・・という無防備な姿のランです。

管理人halu
管理人halu

あら・・//

護衛も連れずに1人で何をしているのかと尋ねれば「おおげさね」と微笑んでみせた彼女は、ユスタフが訓練場へ向かっていると知ると「私も習おうかな」などと言い出します。

さしものユスタフも、この発言が公爵の座から退き貴族の身分を捨てた後の暮らしに備えてのものだとは思わなかったのでしょう。

「剣術の練習見学してもいい?」というランのおねだりに快く頷いたユスタフでしたが、ここで初めて彼女が靴を履いていないことに気付き、思わず眉根を寄せました。

ラン本人は地面の感触が気持ち良いから・・・と楽しそうですが、これ以上彼女を裸足のまま歩かせるわけにはいきません。

軽々と義姉を抱き上げてみせたユスタフは、そのままの体勢で目的地まで移動します。

管理人halu
管理人halu

きたあああああああああ!!笑

そうしてベンチへとランを座らせたかと思うとなにも言わずに目の前で跪き、土で汚れてしまった彼女の足をハンカチでていねいに拭い始めたのです。

義弟のこの行動に驚いたランは、真っ赤になりながら「いいから!全然平気だから!」と言って彼を制止しようとします。

しかしユスタフは「そうですか」と返しながらもその手を止めようとはしません。

しかもランが思わずこぼした「誰にでも優しくしちゃダメだからね」という忠告にも、彼は「誰彼かまわず優しくしたりしません」と答えたため、ランの顔にはますます朱が差します。

また、早鐘を打つ鼓動は何食わぬ顔でユスタフが剣の稽古を始めてもおさまることを知らず、その晩ランの胸はいつまでも高鳴っていたのでした。

管理人halu
管理人halu

あら・・・//(2回目 笑

翌日、ランのもとへ皇太子から美しい薔薇とチューリップが盛り込まれた花籠と舞踏会への招待状が届きました。

嫌っている相手からのアプローチに心底ウンザリしているランは、社交シーズンの終わりを待たず早々にラチア公爵領へ戻ることを考え始めます。
首都での宣伝活動はすでに充分効果を発揮していますし、その結果得られた資金で領内の大規模改修工事にも着手したかったのです。
そんなことを考えている間にも不意に脳裏を過るのは、昨夜のユスタフとのやり取りでした。

自分の素足に優しく触れる彼の手を思い出し思わず赤面してしまったランは、雑念を振り払うようにリベリーへ新しい身分に関する相談を持ちかけたのです。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 44話 感想・考察

44話の見どころは、ランがユスタフから優しく足に触れられたことで彼にドキドキしてしまうシーンです。
今までも2人は単なる義理の姉弟関係とは思えないほど距離が近く、まるで恋人同士のようなスキンシップもたびたびしていました。しかしユスタフは常に無表情でしたし、ランの中ではあくまで彼は義弟で、カッコイイとときめきを感じても恋心に発展することはありませんでした。

管理人halu
管理人halu

しかし今話のランはこれまでになくユスタフとの接触に動揺し、意識しています。そのドキドキは果たして本当に恋愛感情なのか、ランはいつそれに気が付くのか、今後の2人の関係から目が離せません。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第45話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 45話ネタバレと感想。礼服を着こなし、髪型もセットしたユスタフ
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」45話を読んだので紹介したいと思います。 管...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました