緑陰の冠 33話ネタバレと感想。ラン、ラチア公爵領を出発し、首都へ

ら行

今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の

緑陰の冠33話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 33話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 32話ネタバレと感想。ランをバルコニーから突き落とすユスタフ・・?
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」32話を読んだので紹介したいと思います。 管...
首都へ発つ日が迫ったランは、ユスタフへ新事業のための調査を依頼します。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 33話 ネタバレ

ラチア公爵家の当主として首都へ赴く日が近付いてきたランは、留守を任せるついでにユスタフへあることを頼みます。

それはこの世界において高級品の部類に入り、今後さらなる価格の高騰も有り得る砂糖の製造についてでした。

ランは領内に生えているとある特定の種類の木から採取される樹液がその原料となるはずだ・・・とユスタフに伝えますが、その作り方に関しては煮詰めるということ以外良く分かっていないようです。

管理人halu
管理人halu

うむ・・!

というわけで、自分が首都で社交に勤しんでいる間、最適な砂糖の精製技術を調べておいて欲しいというのがランからのお願いでした。

砂糖を生産出来るようになればラチア公爵家の財政を上向きにする一助となることは間違いないためか、ユスタフも素直にそれを了承します。

それから話題は氷水晶のことに移りました。

現在首都では「天馬の翼」という氷水晶を使用した馬用のアクセサリーが貴族間で大流行しているのだそうです。

これを着けるとまるで天馬のごとく美しい翼が生えた姿となり、筋力と持久力までアップするという優れものらしく、こういった加工品を売り出せばさらなる収益を見込めるのではないか・・・と2人は語り合います。

管理人halu
管理人halu

筋力と持久力までアップする・・笑
パワプロではぜひ欲しいアイテムね。笑

しかし、この「天馬の翼」に限らず社交界のトレンドが生まれ、発信されるのは首都であり、ビジネスチャンスを掴むにはうってつけの舞台であることを重々承知していながらも、ランは首都へ向かうのを億劫に感じていました。

というのも、氷水晶の産地となったことでこれまでその役割や立地から優遇されていた税を大幅に引き上げられてしまう可能性があるからです。

だからと言って行かないという選択肢はないため、ユスタフと相談した結果、皇室に対して支払っている手数料を上乗せしようという話になりました。

__

それからランは程なくしてラチア公爵領を出発し、およそ一ヶ月かけてようやく首都へと到着します。

氷水晶の発見によって、すでにランの名は社交界で広く知れ渡っているようでした。

その証拠に、繋がりを持ちたい貴族らから彼女宛ての招待状が山ほど届き、久しぶりに対面したゴールデンローズ商会のリベリーも、現在最も注目を集めているのはランだと断言します。
管理人halu
管理人halu

ふむ。

ところで、多忙なリベリーがわざわざランを訪ねてきたのは当然理由がありました。

それは、「キャメロン侯爵」という人物には気を付けたほうが良いという忠告です。

キャメロン侯爵はこれまで魔石の採掘できる鉱山を独占的に所有していたのだそうです。

しかし従来の魔石よりもハイクオリティな氷水晶が流通し始めたことによって大幅に売り上げを落としたため、ランやラチア公爵家を敵対視している可能性がある・・・というのがリベリーの話でした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 33話 感想・考察

ランは氷水晶に続き、砂糖の製造を新事業として始めようと考えているようです。

不思議な力のおかげでこの世界のことを良く知っている上、現代社会の先進的な知識も有している彼女は、これまで様々な試みを成功させてきましたが、今度もあっさり上手くいくのかそれとも一波乱あるのか、今後の展開が楽しみです。

管理人halu
管理人halu

そして次話からはいよいよ他の貴族たちとも関わることになりそうですが、その中でもリベリーが名前を挙げたキャメロン侯爵は実際にどんな人で、ランにどういった態度をとってくるのか、非常に期待が膨らみます。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第34話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 34話ネタバレと感想。ランのもとへ様々な求婚者が押し寄せ・・!?
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」34話を読んだので紹介したいと思います。 管...

コメント

タイトルとURLをコピーしました