緑陰の冠 14話ネタバレと感想。おもむろに立ち上がり、ランの首を絞め始めたユスタフ・・

ら行

今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の

緑陰の冠14話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 14話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 13話ネタバレと感想。リンドバーグ男爵の言葉・ユスタフの言動。
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」13話を読んだので紹介したいと思います。 管...

ユスタフから矛盾した考えの理由を問われたランは、ありのままの自分の気持ちを彼に伝えました。

理解しがたい彼女の答えに納得がいかないながらも、
ユスタフはそれ以上追及することを諦めます。

それよりも問題なのは、リンドバーグ男爵が送り込んだと思われるスパイです。

裏切り者を見つける方法を二人が話し合っていた頃、リンドバーグ男爵は着々と彼らを陥れラチア公爵家を我が物とする計画を進めているのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 14話 ネタバレ

ユスタフが自分の命を奪おうとしても仕方がないと語ったランに、彼は何故そんなふうに考えているのか?と疑問を投げかけます。

同情か、罪悪感か、それとも自暴自棄なのか?
と続けながら立ち上がったユスタフは、おもむろにランへと手を伸ばしました。

そうして「いずれにせよ不愉快です」と冷たく告げたかと思うと、彼女の首を絞め始めたのです。

管理人halu
管理人halu

うわうわうわ・・!!

苦しさから声を詰まらせつつも恐怖で怯えることもなく、
ランは「ユスタフは私のこと憎んでない?」と自分を睨み下ろしている義弟へ向けて問いかけます。
すると彼は「どうでしょう」と答えながら、スッと彼女の首から手を離しました。

管理人halu
管理人halu

ふぅ・・

ランはほっと息を吐いた後、「後ろめたい気持ちは感じてる」と素直に打ち明けます。

その言葉を聞いたユスタフは、いじめられていたのは確かに事実だとしても、その仕返しとして命を奪おうと考えるほどのものではなかった・・・と心の中だけで呟きました。

それから、「もしもユスが私を殺すとしたらそれなりの理由があると思ってる」と言ったランに、「歪んだ信頼ですね」と返します。

そうして、自分が邪魔になった時は、そう言ってくれればすぐに屋敷から去り「二度とあなたの前に現れない」と宣言した義姉に、ユスタフは深いため息を吐いたのでした。

それよりも・・・と話題を変えたユスタフから、リンドバーグ男爵がずいぶんとラチア公爵邸の内情に通じていた点を指摘されたランは、本来秘匿すべき情報に当たる当主の体調まで知っていたあたり、自分の近くに密告者がいると見て間違いないと答えます。

さらに「一人だけとは限らない」と忠告してきたユスタフに密告者をあぶり出す方法を訊ねたところ、彼は「あえて堂々と探しましょう」と提案し、ランもそれに同意したのでした。

その頃自身の屋敷へと戻ったリンドバーグ男爵は、ヒステリックに怒鳴りながら、ランに対する激しい怒りに震えていました。

彼はラチア公爵家の血が一滴も流れていないランのことを「娼婦の娘」と見下し、蔑んでいたのです。

管理人halu
管理人halu

・・・。

と同時に、次男に生まれてしまったせいで一度はその機会を逃したものの、自分こそがラチア公爵家を統べるに値する正当なる後継者なのだと信じ込んでいました。

それゆえ、自分より遥かに格下のはずの小娘が己の意に反したことが、酷く許し難かったのでしょう。

リンドバーグ男爵は息子であるロビーを呼び寄せると、あたかも決定事項であるかのようにランと彼が結婚することを告げ、「次期ラチア公爵はお前のものだ」と不穏な言葉を口にしたのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 14話 感想・考察

14話の見どころは、一応の和解を見たランとユスタフの関係と、なかなか根が深いらしいリンドバーグ男爵の権力欲です。

原作小説の流れを変えようとしたにも関わらず、どうしても抗えなかったという経験を持つランが、シナリオ通りにユスタフが動く可能性を捨てきれないのも、そんなランの心情をユスタフが理解できないのも分かるだけに、どこか切なさが漂うシーンを是非ご覧下さい。

 

管理人halu
管理人halu

また、これまでさほどモノローグの無かったリンドバーグ男爵の考えが今話ではたっぷり描かれているのもポイントです。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第15話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 15話ネタバレと感想。「ルミエ」の解放・薬で眠らされるラン
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」15話を読んだので紹介したいと思います。 管...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました