緑陰の冠 12話ネタバレと感想。リンドバーグ男爵に、借金一万ベラトを耳をそろえて返したが・・?

ら行

今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の

緑陰の冠12話を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 12話 あらすじ

前話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 11話ネタバレと感想。ランの身体を案じてくれているユスタフの優しさ
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」11話を読んだので紹介したいと思います。 管...

ランに会うためラチア公爵家を訪ねたリンドバーグ男爵に、彼女の代理としてユスタフが一万ベラトプラス利息を耳をそろえて返します。

しかし、返済してもらうことが目的でなかった男爵は慌てました。

彼は公爵家乗っ取りという野望のために我が子とランを結婚させようと目論んでいたのです。

邪な計画を諦めきれないリンドバーグ男爵は、ランを出せと騒ぎます。

拒否する正当な理由がないとして、ユスタフはランを呼びに向かいました。

ロス卿は、感情が読めない主の行動に対して、心配そうな眼差しを向けるのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 12話 ネタバレ

ユスタフにお姫様抱っこされたまま移動中のランは、ふと原作小説における無視できない設定のことを思い出し、彼に相談を持ち掛けます。

それはラチア公爵家の傘下にあるイルミニティ伯爵家の娘が、原因不明の病を患っているというものです。

管理人halu
管理人halu

む・・新キャラね・・?

原作小説には、治療師も匙を投げたこの病気に効く薬が手に入ると唆されたイルミニティ伯爵が、ラチア公爵家を裏切る・・・という展開がありました。

しかし時期的に今ならば伯爵が偽の情報に騙されることを阻止し、病床のご令嬢を救うことが出来るはずです。

そこでランは、せっかくできたツテを頼らない手はないとゴールデンローズ商会に薬の手配を頼むことを思いつきます。

ユスタフも彼女の案を「悪くない」と肯定してくれました。

そうこうしている内に寝室に到着し、ユスタフはまるで壊れ物を扱うかのように丁寧にランの体をベッドへ横たえると、「ゆっくり休んでください」とだけ言って早々に退室してしまいます。

部屋に一人残されたランは、眠りにつく間際、軽々と自分を抱き上げここまで運んでのけたユスタフのたくましさを思い返すのでした。

管理人halu
管理人halu

あら・・///

日付は変わり、リンドバーグ男爵がラチア公爵家にやって来ました。
先日交わしたランとの約束通り、彼女に代わってユスタフが彼の応対をします。

しかし、利息分も含めて借金を全額返したというのに、リンドバーグ男爵は不満そうです。

それもそのはず、彼の狙いは借金をタテに己の息子を婿入りさせ、ゆくゆくはラチア公爵家の実権を握ることでした。

借金という取引材料が無くなったとしても、直接ランに会って結婚を承諾させさえすれば良いと考えたリンドバーグ男爵は、彼女に会わせろと声を荒げます。

しかし、立場をわきまえるようユスタフに警告されたことで落ち着きを取り戻した彼は、それまで出し渋っていた借用書を手渡すと、一応の礼節を以て現当主との面会を要求したのです。

そうなると無下に男爵を追い返すわけにもいかず、
ランに取り次ぐために仕方なくユスタフは彼女のもとへと向かいます。

そんな主君を複雑な表情で見守っていたロス卿でしたが、ふと、ランについてどのように考えているのか?という彼らしからぬ疑問をユスタフに向かって口にしました。

管理人halu
管理人halu

ふむ・・。

ユスタフはそれに「敵だとしたら彼女に勝る脅威はない」と答えます。

管理人halu
管理人halu

・・・。

彼はランの実務能力と人心掌握力を高く評価していました。

もし卒業時期を早めず、当初の予定通りに公爵家へと戻っていたならば自分の居場所はなかっただろうと冷静に分析するユスタフの本心は、彼に長く付き従ってきたロス卿にも推しはかることが出来ないのでした。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

緑陰の冠 12話 感想・考察

12話の見どころは、お姫様抱っこのまま自然に会話しているユスタフとランの無自覚なイチャつきっぷりと、ロス卿の「ラン殿」呼びです。

管理人halu
管理人halu

前者に関してはもうカップルとしか思えない距離感と、貴重なユスタフの笑顔を見ることが出来ます。

そして後者は、本人がいないところでは「女狐」、本人の前では一応「当主様」とランのことを呼んでいたロス卿が、とうとう名前を口にするまでに至ったというある種の感動が味わえますので、是非読んでみて下さい。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第13話ネタバレはこちらから

↓↓↓

緑陰の冠 13話ネタバレと感想。リンドバーグ男爵の言葉・ユスタフの言動。
今回はピッコマで連載中のSarkk/Eunhye kim/binu/Siya先生の 「緑陰の冠」13話を読んだので紹介したいと思います。 管...

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました