【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について61話ネタバレと感想。皇家の血筋かと問う青年・ロジャーと青年の陰謀

ある日、お姫様になってしまった件について

今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について61を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 61話あらすじ

前話、第60話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について60話ネタバレと感想。クロードがジェニット謁見の申請を承認・ジェニットの宝石眼
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」60話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含み...

宝石眼を見られたジェニットは、青年から逃げ出しました。

皇家の血筋かと、青年は問いかけます。
誰にも言わないでと、ジェニットはお願いします。
青年は快諾します。
アタナシアは2人を隠れて見ています。

アタナシアは青年についてジェニットに質問しますが、
ジェニットはよく分からず、全く疑っていません。
それで、アタナシアは直接調べることにしました。

クロードのすぐ上の世代の皇族は、情報もほぼ消えていました__

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 61話 ネタバレ

アルフィアス公爵邸。
青年はジェニット・マグリタの宝石眼を指摘します。
ジェニットは部屋から駆け出しました__

管理人halu
管理人halu

ジェニットは”大変だ!”って思ってるところからだね。

自室に戻ったジェニットは、顔色が悪く、ベッドに横になっています。
具合が悪いのかと、姫・アタナシアはベッドに腰かけて尋ねます。
ジェニットは否定します。
悩みがあるなら話してと、アタナシアは頼みます。
ジェニットは何も言えません。

管理人halu
管理人halu

”実は私はあなたの姉で、秘密にしていた宝石眼を知らない人にバレてしまって・・”なんて言えないジェニット。笑

翌日。
ジェニットは木陰に隠れて、
アルフィアス公爵邸に滞在している青年を覗き見します。
しかし、彼にはバレています。

ジェニットは一晩中考えて、
秘密にしてほしいとお願いするしかないと思いました。

青年に怪しまれることをジェニットが想像しておののいていると、
彼がジェニットを呼びました。

青年は辺りを見回した後、ジェニットの前に跪き、
皇家の血筋かと問いかけます。
彼はジェニットの青ざめた表情で分かりました。

管理人halu
管理人halu

隠し事が出来ない子・・!笑

誰にも言わないでと、ジェニットは震えながらお願いします。
青年は笑顔で快諾します。

ジェニットは涙を浮かべてお礼を言います。
2人の様子を、別の木陰に隠れてアタナシアが見ていました。
アタナシアは彼を怪しみます。

管理人halu
管理人halu

ジェニットの信頼をまず取りに行ってるのが見え見えってことね。(利用する為に・・。

同日、ジェニットの部屋。
ジェニットは満面の笑みです。

邸宅の中で市場で出会った紳士様を見かけたのですがお客様ですか
と、アタナシアは質問します。
滞在していると、ジェニットは答えます。

アタナシアが学んだ貴族の系譜にあんな人はいませんでした。
あの方は私たちが一緒に外出したことをアルフィアス公爵に伝えてないか、
信頼できる方なのかと、アタナシアは尋ねます。
ジェニットが全く疑っていないので、アタナシアは直接調べることにしました。

後日。
アタナシアはオベリアの歴史の本を読んでいます。
皇族の傍系まで調べても、それらしい家門や人物はいませんでした。
それにクロードのすぐ上の世代の皇族は、情報もほぼ消えています。

管理人halu
管理人halu

なるほど・・

パパと似ているのは偶然かと、アタナシアは思います。
アタナシアはクロードの記憶を取り戻したくて、
魔力や記憶に関する本を探していますが進展なしです。

アタナシアはルーカスを頼ろうと、
頭の中でルーカスに話しかけました
が、すぐにやめました。
疑いすぎかと、アタナシアは思います。

管理人halu
管理人halu

”ルーカス、聞こえますか・・?今あなたのあたまのなかに・・”笑

ロジャーの書斎。
ジェニットに近づきすぎないでほしい
と、ロジャーは青年にお願いします。

バレたのは君がジェニットを管理できていないからだ
と青年が指摘すると、ロジャーは怯みました。

ジェニットが気づいたらと、ロジャーは危惧します。

俺を疑うのか、俺の仕事を増やすなと、青年は言い放ちます。

ジェニットがクロードに興味を持ち続けるようにしろ、
そうすれば俺については気にならなくなると、青年は話します。

ロジャーが承諾すると、青年はニコッとしました。

管理人halu
管理人halu

コイツの仕事、、ね。。

↓↓↓
ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 61話 感想・考察

大人の姿のルーカスが登場したのですが、
アタナシアが思い浮かべたルーカスなのか、本物のルーカスなのか分からなかったです。
アタナシアの声が聞こえたのかも分かりませんでした。

アタナシアの声が聞こえていて、帰りを急いでほしいです。

管理人halu
管理人halu

事態はどんどん不穏な感じになってきたよね・・

青年の仕事とは何なのでしょう?
クロードを呪うことでしょうか。

管理人halu
管理人halu

そうだね、、まずは魔力の回復、
そしてクロードを呪うことと、
さらにおそらく、、皇帝への返り咲き、だろうね・・

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

 

次回第62話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について62話ネタバレと感想。ジェニットとの面会・無言のクロード・皇宮に戻るアタナシア
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」62話を読んだので紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを含み...

コメント

タイトルとURLをコピーしました